290360 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

想創舎日記

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

こころとからだの癒し処

2009.09.03
XML
P1030280.jpg


P1030281.jpg

念願の九州国立博物館に行ってきました。

前々から建物探訪に行きたかったのですが、
近くて遠い・・・でなかなか行く機会がなく
今回、ユーザー様から阿修羅展のチケットをいただいたので
水曜日、行ってきました!

中は撮影禁止なので、撮れませんでしたが
漆黒の空間に、阿修羅像や八部衆が
やわらかい一筋のスポットを浴びて
まるで息づいているような存在感でした。

館内の色の使い方、素材の組み合わせ方は
斬新で日本的でした。

今度は人が少ないときに
ゆっくりと行きたいものです。

K様、チケットありがとうございました。

M様はもちろん行かれてるだろうなあと
顔を思い浮かべておりました。。









最終更新日  2009.09.03 17:04:28
コメント(0) | コメントを書く


2008.06.23
6月21日夏至の日はキャンドルナイトでしたね。
今年は7月7日の七夕まで続くそうです。

毎年6月22日と勘違いしていた私は
遅ればせながら、昨日キャンドルを灯してみました。

P1010220.jpg

フロートキャンドルなので、ちょっと安心です。

今夜は子供達と一緒ではなく
みんなが寝静まった夜のひととき
母と食前酒ならぬ、寝前酒のびわ酒を
ちびりといただきながらの
キャンドルナイトでした。

電気を消したまま
キャンドルをもって階段を登って寝室へ。

ろうそくの灯りってけっこう明るいですね。

みなさまも
子供達と一緒に・・・
だんなさまと二人で・・・
家事が終わったあとの一人しずかなひとときに・・・
ほんの少しの時間でも試してみてください。

疲れたココロが癒されます♪


いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)









最終更新日  2008.06.23 14:44:21
コメント(4) | コメントを書く
2007.09.22
小学4年生の長男が慕っているおねえさんがいる。
その人の名は、「かまねえちゃん。」

日和窯という陶芸工房をしていらっしゃるかただ。

「かまねえちゃん」
数年前にその名を聞いたときは
「子供達って的確な名前をつけるなあ」
と感心していたが
日和窯の近所にすむ友達と
またまたお邪魔して
「おじいちゃんへの敬老の日のプレゼント」
を作ってきたらしい・・・。
それも格安価格で・・・。
これはお礼を言いに行かなきゃと
「日和窯」へ。

P1030289.jpg

素敵なたたずまい。
玄関先のタイルも彼女が創られたときき
しばしみとれる。

P1030286.jpg

その横で静かに主張しているかれ。
実は今日のもうひとつの目的。

P1030283.jpg

オリジナルの洗面台がほしい人が最近増えてきた。
特に店舗を考えていらっしゃるかたはなおさらだ。
そのご相談もかねてご挨拶。

「広告がはいってましたよ~。うちのアパートに。
あ、これはK君のお父さんとお母さんだって思ってました。」

10ヶ月になる赤ちゃんを背負って、陶芸教室を開かれていた諌山さん。
笑顔の素敵なとてもナチュラルな方だった。

子供を通じては存じていたが
仕事が一緒にできることを知ったのは
杜の湯」の社長さんからのご紹介。

この出逢いのご縁を大切にしていきたいとおもった昼下がり。


いつも応援ありがとうございます。

 にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

想創舎ホームページ

想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

子育て応援家(家づくりエッセンス集です)












最終更新日  2007.09.28 14:41:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.14
コブクロのコンサート。
言葉のひとつひとつに「たましい」がこもっていた。
その言の葉にメロディがつき
心のこもった歌声が会場に響く。

ファンになったきっかけは友人。
最初に借りたアルバム。
曲の一つ一つに解説があった。
どんな状況で、どんな想いでこの曲をつくったか…。

コンサートでも、そうだった。
誰もがもっている感情。
でも忘れてしまいそうな気持ち。
そのひとつひとつを捕まえて
言の葉というカタチにする。

一万人のコンサートとは思えないほど
コブクロのおふたりが近かった。

ときに涙し
ときにこころが震え
ときに笑う

素敵な時間を素敵な友人と共有できて
とってもうれしかった7月13日。

コブクロの声に逢いたくて
PCをさまよってると
思い出深い曲に出逢った。

木蓮の涙
初めて行ったスターダストレビューのコンサートでの最初の曲。
当時の思い出とともに
何年経っても色あせない「私のなかの区切りのうた」
…をコブクロの声で聞けるうれしさ。

ヒットしてメジャーになってもやはり大好きな曲
永遠にともに
オットとけんかしたとき
わかりあえない歯がゆさが心を占めるとき
この曲を車で聴きながら
なんどもなんども
「初心」に戻してもらったうた。



この曲が生まれる過程を話してくださった。
お二人がふたりである由縁がわかる気がした。
母を想い、故郷を思ううた。
それはきっと、映画だけではなく
小渕さんの亡くなられたオカンへの想いが
あふれているからだと、知った。


風見鶏
いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように
真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい
逃げ出さないように 流されないように
心に 深く深く 突き立てた 風見鶏
・・・わたしへの応援歌。

オットの好きなうた
あなたへと続く道


コブクロの原点のうた

私も路上で聴きたかった。
でも、一万人にたいしても
路上の人にたいしても
多分かわらないであろう
コブクロのお二人に出逢えて
感謝、感謝の1日だった。


いつも応援ありがとうございます。
ぽちっもよろしくです。
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

想創舎ホームページ

想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

子育て応援家(家づくりエッセンス集です)









最終更新日  2007.07.31 23:43:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.28
  
  きのう母が広島へ帰った。
  送りがてら
  一緒にランチをすることに・・・。
  場所は
  一度行ってみたかった
  With The Style
  
  東京でインテリアショップをされている
  green gablesの杉原さんおすすめのホテルだ。


  世界各地に行かれてる彼女が
  一番すばらしい!!
  と太鼓判を押すのも納得できる
  スタッフのサービスの気持ちよさと
  インテリアの完成度の高さだった。

  母と二人
  しばし言葉もなく
  ただゆったりとしたときをすごす。

  大切な友人が
  福岡を訪れるとき
  ぜひとも一緒に泊まりたいHotelだ。

  もちろん
  オット君とも
  時間を気にせずに
  ここでゆったりとした
  時を過ごせたらなあ・・。

  またひとつ
  かなえたいことが増えた。

  福岡へお越しの際には
  ぜひ大人の隠れ家へ
  足をお運びくださいませ。

070427_1312~01.JPG 070427_1329~01.JPG

  


  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  人気blogランキングへ ←one more,please!                

  想創舎ホームページ






最終更新日  2007.04.30 22:16:05
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.24
今日、母の付き添いで通っている整骨院で私も診てもらった。

10日近くアメリカ出張に行かれてた先生(といっても同年代かな?)
の登場を待っての診察である。

あ~だいぶ違いますね。
左右違うのがはっきりわかるでしょう?

碁盤の目のような線のある鏡に映る自分をみて・・・

ひやあ!
目の位置がち、ちがう・・・
右の目、口、あご、肩、腰すべて左より下がっているではないの。

確かにこの話は聞いたことがある。
人の顔は左右微妙にちがうとか、肩の位置が違うとか・・・

でも、じっくり自分の顔を見て
右の口の端が下がってたりすると
このままいくと神経麻痺!?
とちょっと怖くなった。

脳の神経の働きが鈍っているといわれ、
耳の後ろの3本の神経を刺激していただく。
頭痛、肩こり、腰痛もここからきているようだ。

おまけに背骨も右に傾いているようで・・・

やはりそろそろメンテナンスのいる年齢になってきているということか・・・

帰っておっとにいうと
そんなの昔からちがっとったやん。
鏡みてきづかんやった?

今日の大発見は10年前からの事実だったようだ。

でも体と笑顔が資本の妻母嫁は
体の不調で機嫌を悪くしないよう
しばらく通ってメンテナンスをしようと思った一日だった。













最終更新日  2006.11.25 01:02:33
コメント(4) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.