本日も  気分は上々!

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

ビートルズ関連

2006年01月23日
XML
カテゴリ:ビートルズ関連
ポール・マッカートニー&ウィングスの「007/死ぬのは奴らだ」。

私は父の影響で、007シリーズが大好きだった。(過去形なのは、三代目ジェームス・ボンド役のロジャー・ムーアーまでしか、007シリーズは見ていないから。)

もちろん私が好きだったのは、初代ジェームス・ボンドのショーン・コネリーだ。(年とってからは、また当時とは違う感じの存在感ある俳優になったが。)


007シリーズが人気を博している頃、その人気映画の主題歌を歌ったのが、ポール・マッカトニー&ウィングスだった。

ウィングスのUSAツアーのビデオを見たときに、当然、この歌も演奏したが、その映像がとてもカッコよかった。

ウィングス時代のポールは、正直、何を目指していたのか良くわからなかったが、この歌はバンドと言う形態で歌って正解だったと思う。







最終更新日  2006年01月23日 12時40分27秒
コメント(4) | コメントを書く


2005年11月13日
カテゴリ:ビートルズ関連
ジョージ・ハリスンの「セット・オン・ユー」。

最近、ビールのCMで、この歌が使われている。(坂口憲二のヤツだと思ったが、違ったかな?)私はとても懐かしくて嬉しい。

ジョンもジョージも既にこの世を去り、ビートルズは永久に再結成されることは無く、ジョージの生の姿を見ることは出来ないけど、みんなに愛された歌はいつまでも心に残り、何度もリヴァイバルされる。

この歌は、確かセールス的にも成功して、ヒットチャートも賑わした。

軽やかなリズムと憶えやすく口ずさみやすいサビは今でも私の心に強く残っている。

今日は、久しぶりに、ジョージの追悼ライブDVD、「CONCERT for GEORGE」を見よう。






最終更新日  2005年11月13日 13時32分58秒
コメント(4) | コメントを書く
2005年09月01日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「ゲット・バック」。

ビートルズの解散原因、間際のイザコザに関しては、私より詳しい方がたくさんいるだろうから、あえてこの話題は詳しく触れない。

私は、映画「レット・イット・ビー」の中の、アップルスタジオの屋上でのこの曲の演奏シーンが大好きなのだ。

もう四人の心は離れてしまっているが、精一杯シャウトするポール、カッコよいギターを奏でるジョンとジョージ、それを後ろから見つめるリンゴ。

この歌の最後で、ジョンが「これでバンドのオーディションは通ったかな。」というジョークがすごく印象的だった。

[ゲット・バック」、ビートルズ末期のイカした名曲だ。







最終更新日  2005年09月01日 11時23分58秒
コメント(10) | コメントを書く
2005年08月26日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」。

今日は8時前からずっと動き回り、夕方17時半頃会社に戻って、一息つこうと思ったら、来客が来て、結局、今やっとPCを開いた。

台風が去った後はグングン気温が上昇するので、外回りはきつかった。

仕事でクタクタでバテバテの夜は、必ず、きつい一日だった→「ア・ハード・デイズ・ナイト」だな→♪ジャーン♪(ア・ハード・デイズ・ナイトの出だしのギター)という連鎖反応が必ず私の頭の中で起こる。(こんなヤツは私だけだろうか?いや、ビートルズフリークはそういう人が多いに違いない。)

「ア・ハード・デイズ・ナイト」、私の中では、きつい労働の後、かならずつぶやく歌だ。

※みなさん。私の勝手な質問に数多く貴重な御意見を寄せていただき本当にありがとうございました。







最終更新日  2005年08月26日 19時24分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2005年08月06日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「ミスター・ムーンライト」。

この歌はビートルズのオリジナルではないが、そのことは私にとってはまあどうでもよいことだ。

この歌はなんと言っても、出だしの♪ミスター~~、ムーンライ(ト)~~♪というジョンのシャウトで始まる箇所に尽きる。

このワンフレーズのカッコ良さは群を抜いている。

「ミスター・ムーンライト」というタイトルも洒落ている、夜明け前が似合う名曲だ。







最終更新日  2005年08月06日 14時50分33秒
コメント(14) | コメントを書く
2005年07月03日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「I Want To Hold Your Hand」。(邦題は「抱きしめたい」)

私は未だに、この歌を超えるシンプルで自然と口ずさめてしまう英語の歌に出会ったことが無い。それくらい難しい単語も少なく親しみやすい歌詞とメロディーの歌である。このことひとつとってもビートルズの偉大さがしみじみと実感できる。

つい手拍子をしたくなってしまう軽快なリズムも秀逸である。

「シンプル イズ ベスト」という言葉がピッタリの文句なしの名曲である。

※「今も心に残っている歌」のテーマにミュージックバトンが増えてきたので、ちょっとしばらく音楽ネタを投稿していこうかな、と、思ってます。








最終更新日  2005年07月03日 11時40分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年06月07日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」。

昔、あるゼネコン(建設会社)の営業マンと飲んでいる時に、その人がしたたかに酔っ払って、言い放った。「僕の葬式にはねー。必ず、フィナーレにビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」を流してもらうんですよ。その歌でみんなに送ってもらうんです。」と泥酔しながら彼は私に絡んできた。

まあ、いつ死んでもおかしくないような、無茶な飲み方をする人だったから、驚きはしなかったが、まだ、若いのに自分の葬式のことまで考えているとは酔狂な人だなと妙に感心してしまった。

この歌はビートルズのアルバム「レット・イット・ビー」に収められている。もう4人の気持はバラバラで聴いていて悲しくなるが、この歌はフィナーレにはふさわしい歌だと個人的には思う。私もなにかのメモリアルのフィナーレにはこの歌をかけてもらおう。


お知らせ   

明日で、私が気軽な気持で始めた「今も心に残っている歌」というテーマがちょうど丸一年になります。

明日のテーマへの投稿をを区切りとして、毎日投稿は終わりにさせていただきます。ありがとうございました。






最終更新日  2005年06月07日 09時00分49秒
コメント(14) | コメントを書く
2005年06月06日
カテゴリ:ビートルズ関連
ジョン・レノンの「イマジン」。

気がつけば、私もジョンが亡くなった時の歳になろうとしている。ビートルズ解散後、しばらくしてから、音楽活動は休止していて、活動を再開しようとした矢先に、凶弾に倒れてしまった。その時は私は中学二年くらいだったろうか?その訃報を聞いて、世界全体が悲しんだのを憶えている。

この歌は、言葉もいらないくらいの名曲である。ジョンにはもっともっと長生きして素晴らしい歌をたくさん作って欲しかった。

ジョンが今生きていたら、どんなメッセージを送ってくれただろう。つい叶わぬ夢を見たくなってしまう。







最終更新日  2005年06月06日 09時13分26秒
コメント(12) | コメントを書く
2005年05月30日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「HEY JUDE」。

今日は朝から仕事で立て込んでいるが、前からの歯痛が疼きだして、今は激痛に変わり、気が遠くなりそうだ。が、大事な決済を控えているので行かねばならない。

気力を振り絞って行く時には、ポールがジョンの別れた奥さんが連れて行った息子(ジュリアン・レノン)を励まそうと作ったとされるこの「HEY JUDE」を思い出すに限る。不撓不屈の精神だ。

なぜかこの歌を思い出すと元気が出てくる。今も激しい痛みが襲ってくるが、気合い入れて行こう!(おっしゃー!)






最終更新日  2005年05月30日 09時11分17秒
コメント(12) | コメントを書く
2005年05月23日
カテゴリ:ビートルズ関連
ビートルズの「のっぽのサリー」(原題は「ロング・トール・サリー」)。

ビートルズのオリジナルではないが、今週も元気良く仕事していくためには、R&Rで景気つけて行きたい。

私が生まれる前の洋楽ヒットチャートを賑わした歌だが、ポールの高音シャウトが若さ爆発のエネルギーを感じさせて、とても元気が出る歌だ。

週末は天気がイマイチで、天気が悪くなると頭痛が起こる私には辛い時だったが、
辛いといってるとホントに辛くなってしまうので、この歌を頭の中でリフレインさせて元気出して行こう。LET'S GO!






最終更新日  2005年05月23日 08時59分59秒
コメント(6) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.