本日も  気分は上々!

全6件 (6件中 1-6件目)

1

大滝詠一関連

2005年07月27日
XML
カテゴリ:大滝詠一関連
大瀧詠一先生の「カナリア諸島にて」。

名盤「A LONG VACATION」に収録されている歌。今日は関東は台風一過で猛烈に暑くなるらしい。

以前、ブログ仲間の青空さんもこの歌を取り上げてコメントしていましたが、山下達郎や大瀧さんのこのようなサマー・ソングは海辺のパラソルの下や木陰でゆっくりと聴くととても気持ちよい。

この間の海ではそんな優雅なひと時は送れなかったので、この夏もう一度くらいは、海に行って、そんな時を過ごしてみたい。






最終更新日  2005年07月27日 08時49分46秒
コメント(10) | コメントを書く


2005年03月13日
カテゴリ:大滝詠一関連
大滝詠一さんの「恋するカレン」。

私の選ぶベストアルバムのベスト3に入る「A LONG VACATION」に収録されている、「恋するカレン」。この歌のイントロが流れるだけで、とても切なくなってしまう。

「A LONG VACATION」は聴けば聴くほど癒される稀有なアルバムだが、その中でも、切ない恋心(片想いの)を歌ったこの歌は、歌詞、メロディーとも満点。

私はホントに大滝詠一さんを中心とした、山下達郎、佐野元春等のミュージシャンの歌に出会えて幸せである。

あー、またこのアルバム聴きたくなったな。今日も聴くか。






最終更新日  2005年03月13日 07時00分43秒
コメント(8) | コメントを書く
2005年01月17日
カテゴリ:大滝詠一関連
今日は今も心に残っているアルバムをお伝えします。

大滝詠一師匠の「A LONG VACATION」です。
多くの人を虜にした名盤であり、この中のどの歌が好きと選べないくらい、筆舌尽くしがたい名曲ばかりです。

大滝詠一師匠のプロデュースにより、山下達郎さんなど、数多くの素晴らしいミュージシャンが輩出されました。

まさに、J-POPのマザーコンピューターのような人です。

素晴らしい!






最終更新日  2005年01月17日 09時46分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2004年09月10日
カテゴリ:大滝詠一関連
大滝詠一師匠の「さらばシベリア鉄道」太田裕美がカバーししたりもした。割と夏のイメージというか明るいイメージのする歌が多い大滝作品の中で、思いっきり、強烈な厳しい寒さを感じさせる歌である。

特にこの歌は、イントロのメロディーがシベリアを想像させて(行ったことは無いが)とても印象深い。






最終更新日  2004年09月10日 10時17分04秒
コメント(6) | コメントを書く
2004年08月22日
カテゴリ:大滝詠一関連
日本人の皮をかぶった、ポップス歌手、大滝詠一が中心となって結成した、限定ユニット「ナイアガラ・トライアングルvol2」が歌った「A面で恋をして」。

「ナイアガラ・・・」は、若かりし日の佐野元春、杉真理がメンバーで、大滝詠一、佐野元春はその後日本のポップス界の中心となっていく。

まあ、そんなごたくはどうでも良いが、懐かしいこの歌は、とても明るい歌で、今でも良くカラオケで探し出して歌います。






最終更新日  2004年08月22日 08時58分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2004年06月16日
カテゴリ:大滝詠一関連
「君は天然色」はこの季節になると良く思いだす。

はじめて、この歌を聴いたのは中学のころだったかな。

すごく綺麗なメロディーで、日本にもこんなに綺麗な

メロディーを作るミュージシャンがいたんだ、とすごく

感動したことが昨日のことのように思い出される。

大滝詠一さんの声にはすごく癒される。






最終更新日  2004年06月16日 20時55分42秒
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.