139361 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新潟の汐のかおり

PR

全1240件 (1240件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.01.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
やー油断大敵とはよく言ったもので

バレーボールで言えばフェイント。

昔に比べれば左程でもないが暖冬に慣れた身には辛い。



路上は除雪が完備でも歩道はかくのごとし。

そんな中でも春は着実に近づいている。

毎年お送りいただく啓翁桜



御実家が山形県白鷹町の旧友の心遣い。

因みに大相撲 十両で今日6勝7負の白鷹山は

ご当地出身で皆様 町ぐるみで応援の由。

私の出身大学の練習船の船名は

海鷹丸 神鷹丸、雲鷹丸 青鷹丸等々

応援しないわけには行かない。






Last updated  2021.01.22 21:13:10


2021.01.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
去年殆ど降らなかった雪が

今年はその分を含めて大雪に。

昔に比べて除雪体制が整い車の走行は楽になったが

いまだ行政の手が届かないのが歩道除雪。

市民の悩みの種だ。雪道の車道歩行は危険で難儀。

そんな中 退職後ボランティアで地域の美化や活性化に取り組む男性。

雪の日は機械を使って一人黙々と除雪作業。



近隣の皆さんがどれほど有難いことか。頭が下がる。

さて私の持論(春 秋の叙勲の事)

「叙勲者」にとってそれが「仕事」で「給料」をもらっているのに

それでお褒めを頂く? 何か腑に落ちない。

本来は「仕事」でなく「報酬」も得ていない行為にこそ

光を当てることが大切なのではないだろうか






Last updated  2021.01.10 13:26:42
2021.01.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
恒例の神棚掃除

今年は46歳長男。

14歳中2(八代目)の孫

何と8歳の孫まで手伝い。



ちなみに我が家ではこの仕事は

男のみの作業と決められています。

この画像の撮影者は73歳の爺です。






Last updated  2021.01.02 19:56:49
2020.12.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年 初めて筍を掘った。

意外と難儀な仕事だな~。

そして今日は友人に誘われて人生初の

そば打ち体験。



友人宅で先生役のご指導の下

何とか完成。

出来上がりをお見せするのも恥ずかしい。







Last updated  2020.12.26 22:52:03
2020.12.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
それに留まらず

通常の患者も入院の必要がある。

医療崩壊が叫ばれてる中で

政治家の疑惑報道の直後の入院騒ぎ



今 政府の偉いポストに有る方を含め

我々はコンナ入院パターンを何回見せられて来たことか

そしてこの先 未来も見せられ続けるのだろうか






Last updated  2020.12.04 21:34:55
2020.11.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日 父親と合作の人形


いやロボットを制作。

感心している間もなく誕生日だと言う。


七歳に成りました。






Last updated  2020.11.28 19:53:47
2020.11.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
出来合い物も有るけれど

夫婦二人で休日の弁当つくり。


完成後は 大相撲千秋楽をテレビ観戦

健康が何より幸せと

しみじみ感じた一日でした。






Last updated  2020.11.26 09:45:18
2020.11.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日のTBS「所さんのお届け物です」

を 追っかけるように

地元テレビの取材です。


レポーターに聞かれました。

「お幾つですか?」

「73です」

「お若いですね~」

もうその手には乗らない。






Last updated  2020.11.21 11:40:02
2020.11.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
鮭も大不漁だそうです。
そう言えば去年はイカも空前の大不漁
一体 海中はドウナッテルンダト
怒りをブッツケタイ。


そんな折 会社を退職後は半農半漁の友人が
この不漁の中 銀鱗おどる鮭を二本 届けてくれた。
明日は何と鮭の日(11月11日を漢数字に直すと魚偏の旁の部分が、、、、ね!)
内訳はカナ(オス鮭)Ⅰのメナ(オンナ鮭)Ⅰ
明日の朝拝は一の鰭を神棚に奉り
北洋カムチャッカで鮭を追い求めた祖父、父の仏前に。


見事なはらこは家族の好きな醤油漬けにして
熱々のコシヒカリで謹んでいただきます。






Last updated  2020.11.10 23:13:58
2020.10.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
近場で昔からよく利用する宿へ

川縁に立つ建物から見える景色が魅力的。

何時もは緑濃い山並みと眼下を流れる川が疲れを癒してくれる。

翌朝目覚めてカーテンを開けたら



何と川面から湧き上がる朝霧が

全てを包み込んでいる。

日の出とともに霧が晴れてゆく様を

パチリ。






Last updated  2020.10.23 10:16:37

全1240件 (1240件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.