000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ハードロック、メタル、ギターなら | 仮想現実 CyberMetalBar ACE OF SPADES

PR

Calendar

Archives

Comments

spades777@ Re:Ritchie Blackmore's Rainbow - Soldier Of Fortune(06/19) 去年(2016)2月、リッチーは指を怪我して…
spades777@ Re:今度は真剣にピッキング(06/24) ああ、明日からと言いながらまだ書けてな…
spades777@ Re:今のレインボーは(06/18) 一応リッチーフリークとしては、ちょっと…

Headline News

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

飲食

2007.07.09
XML
カテゴリ:飲食

インド料理の中でも最も好きなのが、タンドールチキンですら。
それを簡単につくれる瓶詰めペーストを発見しますた。

タンドール (1).jpg

これはなかなかいいゾ。

タンドール.jpg

きょうは鶏モモに加え、骨付きラムも一緒に漬け込みました。
漬ける前に少し味見、、、、、



ギザ ウマス  ━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━



これは本当にいいかも。

アレンジすれとすれば、ショウガとガラムマサラをプラスするぐらいでしょうか。

でも今回はショウガだけプラスです。

けっこうレモンは利いてます。

おっと、基本的にはプレーンヨーグルトと混ぜるだけのいたってシンプルな漬け込みスパイスです。

本物ではタンドールを使いますが、うちはそんな大層な釜は無いので、
魚焼き用のグリルで焼きます。
では

タンドール (4).jpg


約30分焼いた状態ですが、
スバラスーィ。
写真では焦げが強調されていますが、
実際にはそんなに焦げてはいません。
食欲をそそる色に仕上がっています。


これはですね、

完成度100%にかなり近い!!

んで、ラムも臭み全く無くOK.

これは本格的な味です。

保障します。



 







Last updated  2007.07.10 01:59:49
コメント(0) | コメントを書く

2007.05.06
カテゴリ:飲食

また、

 

 

 

 

 

 

博多ダーメンに行ってきました。(直方市なんですけど)

 

前回行った時は「味噌味ちゃんぽん風ダーメン」なんぞを食べてみたんですが、

いまいちピンとこなかったので、

この「ダーメン」とは何ぞや?

との疑問を解くべく再チャレンジのつもりで行きました。

 

 

 

 

しかし、う~む。

 

ちょっと考えた挙句、

 

 

 

 

今回は、

寝言堂氏の指摘に負けて、

 

 

 

 

 

店のおすすめである「チャーシューメン」を食すことにしました。(ダーメンじゃねーよ、ミ二チャーハン付きで)

ダーメンのチャーシューメン.JPG

 

で、

このチャーシューメンのチャーシュー 数えたら、

直径約40mm 

厚さ約2mmほどのものが14枚ありました。

さらに、このチャーシューの下に海苔とネギが隠れておりました。

麺は細角ストレート麺。

スープは、

表面にはラードの多い白濁の、

博多というよりも久留米に近いタイプかも、、、醤油ダレではなく塩か?

で、グルタミン酸ソーダ全開でしょうか? 

味は口の中に含むと、うわーっと広がる感じが、

少々、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ。

 

 

 

 

 

 

器はプラスチック製で、汚れというか蓄積したスープの色が、、、

 

 

 

 

 

 

イヤ。

 

 

 

 

 

 

 

マイナス点がドンドン出てくる。

 

 

 

 

 

 

ダーメンのベースになるはずのスープは、

う~む、

 

 

 

 

 

 

結局普通ですかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

容器、

う~む、

 

 

 

 

 

 

ダメ。

 

 

 

 

 

 

 

今回食べなかったのだが肝心のダーメンとは、

豚骨味をベースとし、カレーや味噌、キムチ、バター味などのアレンジと数々のトッピングを施したオリジナリティラーメンの名称であることが判明した。(だからチャーシューメンはダーメンではないらしい)

特別、なぞの製法のある麺とか、

新素材を使用したスープであるとかではないらしい。

「月見カレーダーメン」など見た目に味が想像できる

トッピングとスープバリエーションの組み合わせだということがダーメンの正体でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

私的評価では、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2007.05.07 00:45:51
コメント(4) | コメントを書く
2007.05.02
カテゴリ:飲食

久ぶりであります、

 

 

 

 

疲れています、

 

 

 

 

ブログ更新一ヶ月ぶりですけど、

 

 

 

やっと書く気になりました、

 

 

 

そしてついに行きました、

 

 

 

 

博多ダーメン八千亭。

 

 

 

 

 

 

ダーメン.JPG

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

なんでしょうか?

ずっと前から気にはなっていたものの、

ちかくの店には行けるのですが、

どうしてもここだけは敷居が高かった。

 

 

 

 

だって、

 

 

 

ダーメン

 

 

 

ですぜ、

 

 

 

 

自らダメって言ってそうなネーミング。

 

 

 

だけどついに行ってみたんです。

 

 

 

ダーメン (1).JPG

いたって普通なオバちゃんと店内。

 

 

 

そこで、

「ダーメンってどれですか?」

オバちゃん「豚骨スープが基本で味付けやトッピングがちがうもの」

 

???

 

・・・・・・・・・。

 

「じゃぁ味噌味ちゃんぽん風」

 

ダーメン (2).JPG

もろちゃんぽん。

しかし、これが意外にウマイ。

昔、近所にあった「すえひろ」のあっさりした「チャンラー」を味噌味にしたようなかんじがなんともいい感じ。

 

ダーメン (3).JPG

麺はストレート細角麺。

トッピングは、にんじん、タマネギ、もやし、キクラゲ、豚肉、イカゲソ、ナルトもどきのかまぼこ、ねぎ、ごま。

こいつは案外旨かったんですが、

そのほかのダーメンも食べてみないことには完璧な感想は書けないので、

このつづきは次回の講釈で。

 

 

 

 

 







Last updated  2007.05.03 01:32:25
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.30
カテゴリ:飲食

無性にハンバーグが、、、、、作りたくなった。

ハンバーグ1

デッカイやつを作ってピクルスをのせて、デミに生クリームをかけてみた。

 

 

 

 

 

もひとつ、無性にエビのパスタが、、、、、、、、これまた作りたくなった。

アメリケーヌ

白ワインと生クリームを使って1.9mmの太めのパスタで作りました。

 

 

 

 

これらが、

ハンバーグとパスタ.JPG

ワインに会うんです。

いつものモンダビは赤と白、メルローとシャルドネ。

はい、自分で言うのもなんですが、

旨い。

うますぎる。

また食べたい。

自分でも、

アホやないかと思う。

簡単に仕上げた部分はあるのですが、

よーできたと思いまふ。

今度暇があったらタンシチューでも作ろー(これも 本当に ウ マ イ !)。

 

 

 







Last updated  2007.03.31 00:21:03
コメント(8) | コメントを書く
2007.03.29
カテゴリ:飲食

 

ラーメンブログ(笑)再開です。

行橋市の三徳らーめん駅前店

三徳.JPG

ここのラーメンはちょっと変わっています。

スープは豚骨と鶏ガラで、かなりマイルドで あっさり。

飲みやすすぎなので、少々物足らないかも。

ここの麺は豚骨系としてはめずらしく、少しちぢれた平麺。

表面はつるつるで、ひやむぎかカップヌードルの麺のよう。

トッピングはチャーシュー、もやし、メンマ、ねぎ。

三徳2.JPG

スープが異常にあっさりなのと、ちぢれ平麺のつるっとした食感が私には合いません。

が、

このラーメンの値段は、

 

 

 

 

 

なんと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

¥380

 

 

凄過ぎ。

三徳3.JPG

こんなのがあったので持って帰りました。

 

 

 

 







Last updated  2007.03.29 19:50:43
コメント(4) | コメントを書く
2007.03.06
カテゴリ:飲食

最近ラーメンブログ化しておりますが、

ここはとりあえず、ラーメン専門ブログではないことを強調しつつ、、、、

やってまいりました直方へ。

さくら (2).jpg

とあるパチンコ屋さんの駐車場内であります。

寅さんシリーズではありませんが、、、、、、、

「さくら」です。      ジャーン

さくら.jpg

おー、

ここは久留米系です、500円です。

さくら (1).jpg

スープはくせの少ない飲みやすい久留米。

麺は細角ストレートでかんすい少なめかな。

トッピングは海苔、ネギ、チャーシュー、キクラゲ。

例によって骨髄のザラザラ、少々残りますが、スープそのものは至ってサラサラ。

東洋軒のドロッとした感じと正反対。

ここはですね、門司港からわざわざ行くほどのお気に入りです。

 







Last updated  2007.03.06 23:29:32
コメント(4) | コメントを書く
2007.03.04
カテゴリ:飲食

 小倉北区の無法松。

ビルの一階です。

無法松 (2).jpg

 北九州系と博多系のミックスのような感じ

無法松.jpg

 トッピングはネギとチャーチューとキクラゲ。

無法松 (1).jpg

 

麺は細麺ストレート、

チャーシューは醤油の濃いバラチャーシュー、これは好み。

無添加スープは結構あっさりとしてくせも少なく飲みやすい。

全体を通して完成度は高い、

駐車場が車3台分なのが難点。

 

 







Last updated  2007.03.04 23:49:16
コメント(2) | コメントを書く
2007.02.17
カテゴリ:飲食

かかしうどん、

小倉南区です。

かかし001.jpg

ここはですね、

 

 

 

やられました、

 

 

 

 

 

うどん屋ですが、

 

 

 

 

 

そばを頼みました、

 

 

 

 

ごぼ天そば

かかし002.jpg

これがね、けっこう腰がある麺でうまいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

 

 

 

この牛蒡のてんぷら、タダモンじゃなかった。

 

 

 

 

 

 

7,8センチの長さで、1/2か1/4に切ったゴボウのてんぷらが、

 

 

 

 

 

12,3本入っていた。

 

 

 

 

 

 

で、

余裕で普通に食べていましたところ、

 

 

 

 

、、、、、

 

 

 

 

となりにオバちゃんが来て、このオバちゃんはごぼ天うどんを注文し、

すごーく、ゆっくり食べていたんですが、

とつぜん店員さんが金属製の急須を持ってきて、

オバちゃんのうどんの器に注ぎだしたのです。

 

 

 

 

 

 

がーん

 

 

 

なんじゃこりゃ状態、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

なんとこの店、あまりにモタモタして食べていると、

ゴボウのてんぷらの衣が汁を吸ってしまい、

どんどんてんぷらは膨張して、

汁がなくなる。

すると、店員さんが来て、

汁を継ぎ足すという画期的なわんこ汁的システムがあったのです。

どうりで食べても食べても減らんと思った。

 

 

 

、、、、

、、

 

 

 

まぁなんとか、急須による継ぎ足しなしで完食しましたが、

恐ろしい店です。

あとで胃が膨れるかも、、、、、、、、、

 







Last updated  2007.02.18 01:13:22
コメント(10) | コメントを書く
2007.02.16
カテゴリ:飲食

ぎょらんてい

 

 

 

 

へんな名前の

 

 

 

 

ラーメン屋

 

 

 

ほとんど車庫か倉庫。

ぎょらん 000.jpg

 

ぎょらん001.jpg

 

 二八(にはち)とか十割とかへんなメニュー、

で、二八とは、

鶏がらが2で豚骨が8の割合のスープ。

十割とは、

豚骨100%のスープらしい。

この日は十割しかなかったので迷うことなく素直に決まりました。

で、これが十割、500円。

ぎょらん002.jpg

ドロッとして透明感のないスープには背油のような小さな破片が浮いています。

トッピングにはネギとキクラゲとチャーシューが無造作に。△

ぎょらん003.jpg

久留米系濃厚豚骨に細角ストレート麺。○

ぎょらん 004.jpg

不思議と十割なのにくせがなく、まるで味噌汁のように飲めるスープ。◎

かなりドロッとしているので、骨髄の残りは多いかとおもいきや、

少なめで、なぜか色が黒め。

これで500円は◎

店内は倉庫かと思わせるほどにがちゃがちゃ。×

個性的な店ですが、味は本格派で◎

 







Last updated  2007.02.17 00:51:43
コメント(8) | コメントを書く
2007.02.15
カテゴリ:飲食

小倉北区黄金町の東洋軒だ。

久留米系です。

 

東洋003.jpg

塩とんこつです、

真ん中のピンク色のものは紅しょうがではなくて、

赤く着色したシナチク、こんなところが個性的。

 

東洋001.jpg

 

麺は中細角麺ストレート。

 

東洋002.jpg

 

スープは癖のないところが好まれているみたいですが、

私的には若干、豚臭いんではと思います。 ○

味付けには塩とグルタミン酸とラードが使われているようです。(塩分濃い目)

トッピングはねぎ、のり、シナチク、チャーシュー。 ○

で、この日はチャーシューの枚数が6,7枚あって多かった。◎

このチャーシューは色も味も切り方も薄めです。

麺は長浜系にくらべ、太く腰が強い。(かんすいが多めか?)

全体的には個性的で旨い店です。

ここはワンタンもおいしいので次はワンタンメンにしよう。

 

 







Last updated  2007.02.15 19:45:24
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

Freepage List

Category

Favorite Blog

ころーれころちゃん… ころーれころちゃんさん
筆文字で魂の一行詩… 寝言堂さん
ビーズな毎日 彩空間さん
非日刊アヒルちゃん… リアルhirakoさん
愛すべき自然、そし… Mr.大蛇山さん
COUNTER C… ろじゃーすさん
中国、働く、暮らす… at-and-m2000さん
ドラえもんの服を着… どらぼん47さん

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.