064028 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本秘湯を守る会完全制覇!?(番外編)

PR

X

プロフィール


スパマルちゃん

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

富久道義@ Re:星羅四万十の夕食(12/02) 四万十川…。四国も幾度か訪れましたが、時…
araiguma321@ Re:大平温泉滝見屋(10/04) はじめまして 秘湯の宿の様子をこちらで楽…
匿名希望@ Re:夕日が浦温泉佳松苑はなれ風香(09/21) 夕日ヶ浦温泉佳松苑はなれ風香が公開され…
匿名希望@ Re:白布温泉東屋旅館(07/12) 白布温泉東屋旅館が公開されました。温泉…
匿名希望@ Re:東鳴子温泉旅館大沼(08/08) 東鳴子温泉旅館大沼が公開されました。温…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.08.31
XML
伊豆の温泉旅行2日目は、伊豆の踊子の足跡をたどる旅にしました。
川端康成伊豆の踊子は、「道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追ってきた。」という一文から始まります。

主人公である私は、前日湯ヶ島温泉湯本館に宿泊していたところ、宿に流しに来た踊子一行を宿の階段の中途に腰を下ろして一心に見ていたのでした。

こんな感じかな?湯本館にて


私は、踊子一行も湯ヶ野温泉に行くのではないかと期待して、湯ヶ島温泉から湯ヶ野温泉に歩いて行くのです。その足跡をたどり、まずは湯ヶ島温泉近くの浄蓮の滝に立ち寄りました。


別に踊子がここに立ち寄ったわけではないのですが、入口に、伊豆の踊子像があります。


そこから下に降りていくと


滝が見えてきました。


天城越えの歌碑。そういえば天城越えの中に「九十九折り浄蓮の滝」という歌詞がありました・・・。大正時代の「伊豆の踊子」の世界と、昭和歌謡の世界の差のすごさ・・・。


浄蓮の滝。日本の滝100選です。


 滝のほとりは、天然の涼しさがあり、暑い夏にぴったりです。







最終更新日  2021.08.31 10:00:11
コメント(0) | コメントを書く
[日本の滝100選&ETC.] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.