192965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本秘湯を守る会完全制覇!?(番外編)

PR

プロフィール


スパマルちゃん

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

株式会社アーキトリップ@ Re:赤湯温泉好山荘(09/28) 突然のご連絡失礼致します。 私、株式会社…
☆あっぷるまんごー☆@ おいしそうですね! 初めましてこんにちは。自分が死ぬまで行…
富久道義@ Re:星羅四万十の夕食(12/02) 四万十川…。四国も幾度か訪れましたが、時…
araiguma321@ Re:大平温泉滝見屋(10/04) はじめまして 秘湯の宿の様子をこちらで楽…
匿名希望@ Re:夕日が浦温泉佳松苑はなれ風香(09/21) 夕日ヶ浦温泉佳松苑はなれ風香が公開され…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.09.02
XML
川端康成の「伊豆の踊子」では、「私」は午前9時過ぎに、踊子一行に同行している男性と湯に行きました。川を眺めている時に、男から指摘されて、対岸の共同浴場を見ると、踊子が裸で手を振っていました・・・。
伊豆の踊子の映画では、有名なシーンですが、榧の湯の窓は高いところにあって、ちょっと対岸を見るのは難しそう。


福田屋旅館の対岸はこんな感じです。どこが共同浴場かよくわかりません。



そこで、対岸まで行ってみました。
福田屋の対岸にある湯ヶ野温泉の共同浴場は、一般客は入ることができませんが、福田屋旅館の宿泊客は入浴することができます。



「踊子は、脱衣場の突鼻に川岸へ飛び下りそうな恰好で立ち、両手をいっぱいにかざして何か叫んでいる。手ぬぐいもない真裸だ・・・。」の脱衣場。


こんな感じでしょうか?


浴槽は、男女別で、中は浴槽が2つに仕切られています。


 さて、共同浴場から、橋の方に戻ると、踊子の足湯があります。



橋を渡って福田屋の方に戻ると



伊豆の踊子の文学碑。除幕式には、川端康成本人が来たそうです。


 伊豆の踊子は、ここから下田の方に旅するのですが、我々の伊豆の踊子の旅は、一旦ここで終了して、次の目的地へ。








最終更新日  2021.09.02 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[共同浴場のある景色] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.