059957 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本秘湯を守る会完全制覇!?(番外編)

PR

X

プロフィール


スパマルちゃん

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

araiguma321@ Re:大平温泉滝見屋(10/04) はじめまして 秘湯の宿の様子をこちらで楽…
匿名希望@ Re:夕日が浦温泉佳松苑はなれ風香(09/21) 夕日ヶ浦温泉佳松苑はなれ風香が公開され…
匿名希望@ Re:白布温泉東屋旅館(07/12) 白布温泉東屋旅館が公開されました。温泉…
匿名希望@ Re:東鳴子温泉旅館大沼(08/08) 東鳴子温泉旅館大沼が公開されました。温…
匿名希望@ Re:大丸温泉旅館(07/16) 那須塩原大丸温泉旅館が公開されました。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.26
XML
湯田中渋温泉郷は、我が家のお気に入りの温泉郷です。これまで、​渋温泉​、​安代温泉​、​角間温泉​の滞在記を投稿しましたが、今回は、秋の湯田中温泉を投稿します。
湯田中温泉は、湯田中渋温泉郷の玄関口にあります。長野電鉄の終電湯田中駅から、温泉街へ歩いて行くことができます。
 昭和2年に建設された旧駅舎が、有形文化財「楓の館」として展示などに活用されています。


その隣に、楓の湯という温泉施設があります。



今回は、楓の湯はパス。楓の湯の前にある足湯に行ってみました。楓の湯という名の由来である足湯の隣にはえている樹齢400年という楓も少し色づいています。



足はかけ流し温泉が、顔には秋風が・・・。心地よい時間を過ごしました。


湯田中温泉街をぶらぶら歩いていきます。


温泉街には、共同浴場が点在していますが、鍵がかかっていて、地元の人専用の共同浴場です。宿泊客も利用できるようですが、旅館によって管理する共同浴場が違うのか、私は大湯しか入浴したことがありません。
白樺の湯


この通りは、かえで通りと名付けられています。


共同浴場滝の湯


その隣にある湯宮神社。


境内の楓も色づいています。


綿の湯


そして、大湯。
湯田中温泉は、7世紀の天智天皇の時代に由僧智由が発見した温泉で、長寿によいことから、「養遐齢」と名付けたそうです。その流れをくむ共同浴場です。


大湯の前にある楓もすっかり色づいています。


大湯は、別に投稿するとして、街歩きを続け、梅翁寺に到着しました。


湯けぶり地蔵
 足湯につかっている地蔵に触ると「ぴんぴんしゃんしゃん」になるとか・・・。


小林一茶は、湯田中に何度も訪れたそうで、句碑があちらこちらに点在しています。梅翁寺の境内にあるのは、これ


子ども等が雪食いながら湯治哉


境内の木は黄色に色づいています。



梅翁寺の横には、湯けぶりの足湯があります。


しばしここで、休憩。


足湯の前には、湯田中共益会館前の楓が見事に色づいていました。


 秋の温泉街をぶらぶら歩くのは、情緒があっていいものです。








最終更新日  2021.10.26 10:00:10
コメント(0) | コメントを書く
[共同浴場のある景色] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.