166492 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本秘湯を守る会完全制覇!?(番外編)

PR

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

日本秘湯を守る会完全制覇!?静岡編

2022.01.18
XML
テーマ:温泉旅館(4123)
朝食も個室でした。


 食卓に、朝食に最適な料理が並んでいます。


伊豆名物あじの干物。


その下の3種類


右側は、温泉卵と漬物。


サラダとごはん。


茶碗蒸し。


お粥もついています。



自家製の天日干しごはんがおいしい・・・。


温泉スタンドで温泉水をお土産にできます・・・。



 もともと、関東圏の東伊豆より、ひなびた西伊豆の方が性にあっています・・・。源泉湯宿の会にも所属していて、温泉もお墨付きな上に、料理もおいしい・・・。また行きたいものです・・・。









最終更新日  2022.01.18 08:00:07
コメント(0) | コメントを書く


2022.01.17
テーマ:温泉旅館(4123)
夕食は、別室の個室でした。



最初に並んでいたのは、3種類くらい。


前菜 鰹塩辛船上仕込み 煮蒟蒻 田子節 蕪と茎山葵のあちゃら 栗の渋皮煮 野菜カステラ




小鉢 地鰯と椎茸の南蛮漬け 山葵菜 ラディッシュ


台物 地魚つみれと野菜の鍋の三品でした。


そこから、料理が追加されました。
造り 駿河海の幸



薬物 鰤の風味焼き 磯自慢酒粕


鉢物 里山の幸炊き合わせ 大根 松崎牡丹の角煮 原木椎茸




揚物 明日葉真丈あられ揚げ 金目鯛真丈湯葉包み揚げ さんぽの塩



食事 桜田温泉アイガモ農薬米 持産茎山葵 田子節




水菓子 小奈津シャーベット 小夏ビール菓子



部屋に戻ると、布団が敷かれていました。


それと共に、おもちと竹炭に差された桜の華が、置かれていました。



どちらもお土産に持って帰りました。
竹炭は、今も我が家の玄関に・・・。








最終更新日  2022.01.17 18:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.16
テーマ:温泉旅館(4123)
桜田温泉山芳園には、家族風呂があります。そちらにも行ってみました。



脱衣スペース


中に入ると、家族の概念が他の旅館とちょっと違うかも・・と思うような風呂です・・・。


ここももちろん源泉かけ流し。


打たせ湯もあります。




贅沢な家族風呂でした。







最終更新日  2022.01.16 14:00:06
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:温泉旅館(4123)
桜田温泉山芳園には、貸切露天風呂があります。
我々が宿泊した時は、混浴露天風呂でした。


脱衣場。



12畳という広さの露天風呂です。



奥の方に源泉が流れ落ちてきます。


源泉注入口。




貸切にしては、壮大なスケールの露天風呂でした。










最終更新日  2022.01.16 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.15
桜田温泉山芳園は、男女別大浴場があります。男湯は桧風呂で、男女入れ替えはありません。


脱衣場。



ガラス越しに、源泉システムを見ることができます。


源泉システム。



堀削自噴泉のため地中に一本のバイブを通しただけの簡単な作りだそうです。


さて、浴室は、大小の桧の浴槽が2つあります。
手前が大?


奥の浴槽。


手前の浴槽。


逆から見ると、奥の浴槽の方が大きいようです・・・。


この宿は、地中直結自噴かけ流しが売り。源泉が、下からかけ流しされています。


天井が高く、露天風で、解放感もあります。



ついつい長湯してしまいます。
風呂から上がったら、竹炭入り水と温泉で水分補給。これはうまい。


伊豆あたりだと、冬といっても、むしろ温泉にはちょうどいい季節かも・・・。


















最終更新日  2022.01.15 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.14
テーマ:温泉旅館(4123)
本日は、下田から西伊豆に出て、松崎町の桜田温泉に宿泊しました。日本秘湯を守る会の宿です。


松崎町には、漆喰で作られたなまこ壁の建物が残されていますが、この宿にも残されています。


なめこ壁に沿って中に入っていくと、入口が見えました。


入口に、飲泉所があります。



館内に入って、


フロントでチェックインすると。


ウエルカムドリンクのサービスがありました。


ポーチと


タオルは選べて、オリジナルのアメニティーの完成。


この宿では竹炭が作られていて、竹炭アートのギャラリーもあります。



今回は、早苗という部屋に宿泊しました。


落ち着いた和室の部屋です。


浴衣など。


お菓子は、小夏葛餅。ニューサマーオレンジが餡に入っています。


竹炭水がおいしい。






鍵も竹が使われています。


 海側から、少し山の方に入ったところにあり、自然に恵まれた宿です。









最終更新日  2022.01.14 15:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.11
テーマ:温泉旅館(4123)
朝食も部屋食です。
 朝食の時間になると料理が並びました。



サラダ


伊豆といえばワサビ漬け




おひたし


煮豆


伊豆の名物アジの干物が追加されました。


玉子焼き


 この宿は、伊豆の踊子の舞台になっていますが、主人公の「私」は、この宿に泊まって、次の日に​天城峠​で踊子一行に追いつき、​福田屋​に宿泊します。
 福田屋に宿泊した後は、一緒に下田にいきます。というわけで、我々も下田に出ることにしました???








最終更新日  2022.01.11 08:00:09
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:温泉旅館(4123)
大浴場は、夕食後のわずかな時間、男女入れ替えになっています。






脱衣場もこじんまりしています。


浴室は、大理石が使われています。


源泉かけ流しです。












最終更新日  2022.01.11 04:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.10
テーマ:温泉旅館(4123)
湯ヶ島温泉湯本館の夕食は、部屋食でした。



前菜盛り合わせ。サザエなど魚介類が並びます。


酢の物も海の香り・・・。


鍋は。


しし鍋です。


山芋となめこ。


後から運ばれた料理は、まずは、刺身。新鮮です。


蓋物が持ってこられました。


おすまし。


川のものもあります。


炊き合わせ。



デザート


駿河湾の魚介類と伊豆の山の料理に狩野川の恵みと海の幸と山の幸たっぷりの夕食でした。









最終更新日  2022.01.10 18:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.09
テーマ:温泉旅館(4123)
湯ヶ島温泉湯本館の一つの名物が庭園露天風呂です。貸切で利用できます。



スリッパを履き替えて、外に出ると、今頃紅葉・・・。さすがに伊豆です・・・。


下に降りて庭園を歩いて行くと


脱衣場が見えてきました。



着替えていざ露天風呂へ。


狩野川のほとりにある岩風呂です。



脱衣場から少し下りたところにあります。


すぐそこに狩野川が流れています。


岩の間から源泉が流れ込んでいるのですが、


下からも注入されています。


伊豆の情緒あふれるかけ流しの渓流沿いの露天風呂でした。









最終更新日  2022.01.09 10:00:04
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.