794383 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スパ郎の旅日記

PR

カレンダー

プロフィール


Topping

コメント新着

Topping@ しげさんさん これでハッキリしましたw いやぁ~ あの方と二人だとね、、、ことご…
しげさん@ Re:10月と言えば解禁のこれ!(10/05) 9時早上がりとは… ここだけの話(笑)Sさん……
Topping@ すずきんさん ワタシは『超良い子』ですよぉ~ そうそう、すずきんさんもワタシみたいに…
Topping@ しおどめさん こちらこそご無沙汰しております 釣ったのは6枚ですよぉ~ 写真見て数える…
Topping@ うぞっさん そりゃもう、すげー焦りましたよ 当たり掛けそこなった次の瞬間、裏で喰わ…

サイド自由欄

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

全1179件 (1179件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年10月05日
XML
カテゴリ:釣り
早いもので気づけばもう10月、今年もあと残り3ヶ月となった。目

そしてそう、10月と言えば南沖のヤリイカか、大原のヒラメの
解禁だ。いなずま

去年は両方いけず、一昨年は7枚+ヒラマサ、3年前は8枚と
相性のいい大原解禁ヒラメだが、今年はいかに!?うっしっし



4時集合ということで、3時半に行ってみると先客は2名で、
釣り人は隊長含めて3人に船長が操舵室横で竿を出すようだ。ひらめき



隊長の釣り座は船長の指示で右の前、右舷3人に左舷ミヨシので、
もしかしたら高配当なのか?っと期待に胸を膨らませて出船。荒波



準備ができたところで、ゆっくりと出船し、船長はポイントまでも
ゆっくりゆっくりと船を走らせる。ひよこ

協定の開始時刻に合わせてゆっくり走り、ポイントに着くころには
夜明け前の綺麗な空を見ることができた。きらきら



エサのイワシが桶に配られ、いよいよスタートフィッシング!スピーカ



開始早々、裏の左舷ミヨシでヒラメ1号があがり、船長も、トモも!
隊長以外ポンポンと本命ゲットして焦る。。。ほえー

隊長はというと、いきなり『ぐぃーーーん!』っと大きなアタリが
あったのだが、『よいしょ!』っと合わせたら『スカ!!!』。どくろ

うーん、焦りすぎたかな。。。ショック

その後も左舷でポンポンヒラメを上げて4枚、、、船長も4枚。。。ほえー

隊長はというとイワシをガジガジしている気配を感じるものの、
今か今かと喰い込みを待っている間に何事もなかったように沈黙。お化け

左舷が5枚上げたところで、隊長にもようやく『チラメ』が、、、。ダッシュ



なんと、開始1時間半も掛かってしまったが、小さくとも今期1号なので
ちょっとホッとした。あっかんべー

自分だけ釣れていないので、船長に仕掛けについてあれこれ聞いて
若干仕掛けを修正するも、芳しくないので、気分を変えて普段は使わない
『市販の仕掛け』にチェンジして若干調整。ひらめき

すると、これが功を奏したのか、ようやく食べごろサイズのヒラメゲット。ひらめき



仕掛けを再度投入して、エラを切って血抜きし、竿を手に持った瞬間、
またしても『ぐぐぐっ』っときて同サイズを連荘。ちょき



これでホッとしたのも束の間、仕掛けを投入して置き竿にして
血抜きしていると、船長が『おい!おい!』っと怒鳴っているので
竿を見ると根本まで竿がひん曲がって暴れているじゃないですか!いなずま



本日最大となるヒラメはなんとアタリを見ることもなく、手が血で
ヌルヌルになっている中で釣ったので、『釣った感=0』。ショック

それでも、3枚連荘でナイスサイズがきたので、ホッとしてようやく
周りを見る余裕がでてきた。目



風の影響でウネリはあるものの、お天気は最高、この時まだ7時半で
既に満足感が漂い始めた。ダッシュ



良型を3枚上げたポイントだったが、船長は南に大きく移動して、
一宮沖から大東沖に移動。ひよこ



水深は相変わらず20m以内の浅場で、ポチンポチンとソゲクラスを
追加したところで、早くもエサきれで9時過ぎに試合終了。モータースポーツ



スタートダッシュで出遅れてしまったが、なんとか形になってホッとした。スマイル



相変わらず船長の腕は抜群だな。ポイント選定から流し方もさることながら、
操船しながら良型のヒラメを両手くらい釣ってたものな。ほえー



港に戻ってみると、他のお船が全然戻っておらず、いかに早く上がって
きたかがわかる。ダッシュ

あまりにも早すぎたので、お弁当は車に戻ってからパクパク。食事



相変わらず課題満載だったが、年に1,2回しかやらないヒラメで
これだけ獲れれば御の字かな。ウィンク

天の神様、海の神様、船長、今日も楽しい釣りをありがとうございました。スマイル

-------------------- 今日のオマケ --------------------



帰る途中で昼寝して買い物して、それでも1時過ぎには帰宅。車

いつもそのまま引き取ってくれるTさんが今週は戻っていいないので、
ソゲクラスは塩を振ってピチットシートで干物にして、実家用に
5枚下ししたお裾セットを作成して配達。マラソン



晩酌はヒラメのお造りと煮つけ。日本酒



しかし、、、煮つけで皮がボロボロに剥がれてしまい、美味しそうに
見えないのだが、なんとかならんものかね、、、。ダッシュ



それでも味は抜群でした。やっぱりヒラメは美味しいね。きらきら






最終更新日  2019年10月06日 19時57分55秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年09月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
小田原界隈でキハダマグロが激熱!という報がバシバシ飛び交っている
今日この頃。いなずま

キハダチャレンジするなら今!っと思っていたが、いつもの猿ちゃんから
『東丸の釣果見ました?凄いことになってますよ!』っという囁きに負け
赤いお魚狙いで保田へ。あっかんべー



猿ちゃんと一緒なら『凪』だけは保証されているらしいが、雨までは
担保されていないらしく、生憎の小雨模様。雨

まぁ、真鯛にはこのくらいのお天気がいいんだよなぁなんて朝のうちは
余裕をかまして出船。荒波



先の台風で甚大な被害を受け、屋根にブルーシートがかけられている
お宅が多数ある中、釣りなんてしてっと怒られそうだが、普段通りに
地元の経済に少しだけ貢献するので許してね。ウィンク

さて、お船はいつものように保田沖の40mダチからスタートし、
早々に右舷胴と左舷前で真鯛が上がったが、後が続かず渋い展開。ダッシュ

船長もしばらく保田沖で粘ったが、20分ほど南へ走って象背根へ。ひよこ



ここでは僚船が何杯か操業しており、タモを使う様子も見て取れたので
保田沖よりは魚っ気があるのだろうか。ひらめき

っで、隊長にもやっと今日最初のアタリ!目

くくくんっと引くところから真鯛様だとは思ったが、サイズは小型。ショック



まぁ、となりの猿ちゃんの手のひらサイズよりはまだましということで、
しっかり締めてクーラーへ。あっかんべー

その後、イサキタイムが始まり、船中イサキがポチポチと上がり始め、
たま~に真鯛が顔を出すパターンだが、圧倒的に真鯛が少ないので、
船長はまたまた保田沖にUターン。ひよこ

しかーし、保田沖に移動中から雨が本降りになってきて、辛い釣りに。

保田沖に戻っても魚の活性は上がらず、雨だけが本格的に降り続け
お弁当も雨でびしょびしょ。雨



っで、、、、左隣りの常連さんが良型の真鯛を上げたくらいで
全くいいところなく試合終了。モータースポーツ

うーん、凪だけはよかったんだけどなぁ、、、。爆弾



前回のタコといい今回といい、、、どっちに原因があるのかわからないが
とりあえずシゲさん、彼に壺を売ってあげて!!(*´Д`)






最終更新日  2019年09月29日 15時53分39秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年09月14日
カテゴリ:釣り
今日はサギ師仲間のむらっちから誘われて、頭合わせのため
全然ピュアじゃないけど、ピュアアングラーズの仲間入りを
させていただいた。ウィンク

お題目は『アマダイ五目釣り教室』。いなずま

お宿は、懐かの小網代漁港は『大和丸』さん。きらきら



最初に沖釣りで乗ったお船は小網代の『山星丸』さんで、
月に一度の仕立てに乗せていただいていたのだが、その企画が
無くなってしまい、小網代に来たのはずいぶんと久しぶりだ。ひらめき



懐かしい風景を眺めながら出港して、船は城ケ島の南沖へ。ひよこ

最初のポイントは城ケ島の南沖、水深60mダチでスタート。スピーカ



いやぁ、出船前から北東の風が強いなぁと思っていたが、沖はさらに
風が強く、そこそこ海は悪い状態。荒波

早々に反対舷でアマダイが上がったよ~という声が上がり、隣りの
むらっちもなんとかキープサイズのアマダイと同サイズのハタを
釣っているが、隊長は全く手が合わず、シマシマ模様のトラさん他
外道のオンパレード。ほえー

いいな、いいなぁと羨ましがっている声が海の神様に聞こえたのか、
回収指示で高速巻きしたときにチビアマが、、、。ショック



針を飲んでしまっており、高速巻きで目玉が出ちゃったので、
塩焼きになってもらうことに。炎

パッとしに状況を何とか打破しようと思い、大きくポイント移動する
タイミングで久し振りにお祈りさん登場。いなずま



次のポイントは北上して荒磯沖の水深80mダチのポイント。ダッシュ

ここで、ようやくアタリらしいアタリで『ビュッ』っと合わせを入れて
巻き巻きすると残り30mで暴れたところで本命確定のランプ点灯。ひらめき

っが、セブンイレブンがお稲荷さん3個セットをやめて巻き寿司との
セットになってしまったせいか、効果も半減に。。。失恋



それでもようやくキープサイズの尼さんをゲットして一安心。ウィンク

少し潮が変わったようで、魚っ気が出てきたので、追いうちを掛けるよう
デカい竹輪の乗ったぶっかけうどんでサイズアップ祈願。いなずま



すると、これが功を奏したのか、ちょっとだけサイズアップの尼さん。上向き矢印



ここが気合の入れどころと集中して底から1.5mを攻めると、納得の
アタリで同サイズの尼さんゲット。グッド



しかしこの後、再び底潮がおかしくなったのか、右の2人前と
左の2人後ろが祭ったのに巻き込まれたので、自分の仕掛けを切って
試合終了。モータースポーツ



それでも、なんとか合格点サイズの3つを揃えることができたので、
満足感はバッチリ。スマイル

左隣りの親子連れさんに一本進呈して気持ちよく帰路に。車



天の神様、海の神様、誘ってくれたむらっち、今日も楽しい釣りを
ありがとうございました。スマイル

一本はてんぷらにして食べたけど、身がふわっふわで美味しかったぁ~。ダブルハート







最終更新日  2019年09月16日 11時19分18秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年09月08日
カテゴリ:釣り
今年は東京湾ですごく湧いていて当たり年と言われているマダコ釣り。ひらめき

行きたい行きたいと思っていたのだが、珍しく土曜日仕事とかがあり、
ようやく行くことができた。音符

前日もその前の日もトップが20タコとか平均10タコとか景気のいい
釣果が並んでいて期待で胸はパンパン。ダブルハート

何やら強烈な台風が江戸を目指してまっしぐらの様相だが、『凪だけは
保証します』といういつものお猿と一緒なら大丈夫かな。ダッシュ



っというわけで、三年ぶり二回目となる金沢漁港は『横内丸』さんから。いなずま



初めて本格的な『エギタコ』をやるにあたって、エギの仕入れもしたし
準備は完璧!のはずだったのだが、、、。ダッシュ



最初の仕掛けは白とオレンジのエギダブルを準備。グッド



そして、念のためテンヤもセットして準備万端で出船。荒波



八景島シーパラダイスのジェットコースターを久し振りに見ながら
船は湾奥へ走る。ひよこ



台風の影響は全く感じられないベタ凪微風の晴天だ。晴れ

さて、最初のポイントは3年前にも見た覚えのある東扇島アタリの突堤際。ひらめき



ここは根掛かり注意のポイントだが、攻めなきゃタコは釣れないと
果敢にチャレンジしたら即根掛かり、、、隣りの猿ちゃんが、、、。ショック

っで、隊長はというと、開始20分ほどで着底と同時にモタレを感じ
少し小突いてから『エイヤっ!』っと合わせたらズシっとな!どきどきハート



念のため猿ちゃんにタモをお願いして幸先よくキロサイズの女の子をゲット。グッド

っが、、、後が続かず、船中全く盛り上がらない。どくろ

船長もたまらず別のポイントへ移動。ここは昨日平均10タコ釣った
ポイントだというが、台風を警戒してタコが避難してしまったようで
まーーーーーったくタコが居そうな雰囲気がない。失恋

それでも何とか2ハイ目の600gサイズのマダコをゲットするも
船中全く盛り上がらないので、船長またまたポイント移動。ひよこ

20分ほどかなり沖に走って砂地のポイントで再開。スピーカ

ここではぽつーん、ぽつーんと小さいサイズのタコが上がるが、
聞いていた噂とは全く違う状況で、半数のお客さんが未だに
タコの顔を見ていないというひどい状況でこんな人も。眠い..



そして釣れないひどい状況に追い打ちをかけるように前には何やら
怪しげな雲が、、、。台風



はい、、、しっかりと10分後にはやってきました、、、土砂降りが。雨

全員パンツの中までびっしょりになるほどのスコールを食らい、
またまたポイント移動して朝のポイントへ。ひよこ



しかし、ここで何とか3つ目を捕獲するも、小学生サイズで微妙。ショック

そして船長はタコを求めて更に転戦。歩く人



今度は本牧埠頭の巨大キリンの下がポイントだが、ここも根掛かり
注意のポイント。ひらめき

まぁ、注意って言われてもね、、、着底と同時に根掛かりするんじゃ
防ぎようがないですよ、、、ワタシみたいな素人には、、、。ほえー

近くで見る巨大キリンはすごい迫力だなぁ、なんて言っていたら、
今までに経験したことのないくらいの豪雨到来。雨

滝のような雨で2度目のおパンツお湿り。雫

っが、すぐに夏の空がやってきておパンツ復活するも、タコは復活せず。失恋



根掛かりでエギが最後の一つとなり、心も折れかけたところで終了の合図。スピーカ



港に戻る途中で、3つ目にゲットした小学生は大きくなって恩返しに
帰っておいで!っと気持ちよくリリース。バイバイ

しかし、、、、、トップ20とか平均10とかってなに??ほえー

隣りで『そろそろ本気だしていいっすか?』っと何度も叫んでいた
お猿さんはイイダコの親分みたいの1つでなんとかタコ坊主回避。ダッシュ



まぁ、台風の影響もなく、なんとか一日遊ばせていただけただけ
感謝しなきゃですね。スマイル

天の神様、海の神様、猿ちゃん今日も一日楽しい釣りをありがとう
ございました。ハート(手書き)

今日は小さい方のタコを茹でていただきます!うっしっし



そう、、、『空箱や 兵どもが 夢の跡』という一句を肴に。。。







最終更新日  2019年09月09日 19時07分11秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年08月18日
カテゴリ:
シルバーフェリーの『2等寝台A』は2等とは思えないくらい快適で、
ぐっすりと眠って起きたらいいお天気の朝だった。晴れ



いつもは八戸に着いたらまっすぐ帰っていたのだが、なんだか折角
ここまで来ているんだからと、往生際悪く湯巡りして帰ろうかと。うっしっし

フェリーを下りて三沢方面に走り、最初に立ち寄ったのは
『天然温泉 三陸』さん。温泉42



こちらはドライブインとのコラボ施設だが、流石青森、姉戸川温泉の
ドバドバに比べるとちょっと引けを取るが豊富な湯量で床にどんどん
オーバーフローしている。音符

そして三沢空港方面に少し走り『三沢温泉 三沢保養センター』さんへ。温泉43



入ってすぐ左手にある打たせ湯は配管がぶっ壊れているて、何故か
無駄に広いような真ん中の空間が不思議だが、こちらも湯量豊富で
小さな源泉槽も大きな浴槽もお湯が惜しげもなく掛け流されている。ひらめき

そしてビックリなのが料金! 先ほどの三陸温泉が300円! こちらの
保養センターさんはなんと280円という破格のお値段でお値打ち!いなずま

っと言っても、この周辺の温泉は250円から高くて380円という
温泉マニアが泣いて喜びそうな値段設定だ。目がハート

そう、次の『太郎温泉旅館』さんは更にお安く250円でサウナ付き。温泉44



朝から立て続けにいい湯に浸かったので、ここの駐車場の木陰で
車のリアゲートを開けてチロルとお昼寝。眠い..

三沢の温泉は全て近隣にあるので、少し休憩を挟んで向かったのは
『桂温泉』さん。温泉45



ひばの大きな浴槽にドバドバ新鮮なお湯が投入されていて、ほかに
微発砲で白濁している『絹の湯』や打たせ湯などもあり充実のお風呂だ。きらきら

そしていよいよ今回の放浪の締め湯は『平畑温泉』さんでザブン。温泉46



小さいながらも露天風呂もあるしサウナもあるし、三沢の温泉群
おそるべし。ほえー

午前中の温泉5連発でお腹が空いたところで、最後の食事は中華の
『レストラン華林芭』さん。ごはん



ランチの酢豚定食を頂いたのだが、これまた最高に美味しくて
量も沢山あり、デザートと飲み物までついてかなりリーズナブル。ひらめき

今回の放浪はここですべての行事を無事に終え、後は帰るだけ。車

途中少しだけ渋滞していたが、おおむね順調に走ることができて
予定通り夜8時に無事帰着。モータースポーツ

今回も盛りだくさんの放浪だったが、全てがうまくいき安全に
無事に帰ってこれたことを放浪の神様と温泉の神様に感謝感謝だ。スマイル
■今回の走行データ車
8/10 埼玉~八戸~日高   711km
8/11 日高~沙流川~トマム 244km
8/12 トマム~上士幌~帯広 205km
8/13 帯広~浦幌~釧路   206km
8/14 釧路~標茶~川湯   210km
8/15 川湯~別海~網走   285km
8/16 網走~遠軽~足寄   324km
8/17 足寄~大樹町~苫小牧 436km
8/18 八戸~三沢~自宅   694km
          Total 3,315km










最終更新日  2019年08月31日 17時41分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月17日
カテゴリ:
いよいよ道内も最終日だが、今日も楽しみな&懐かしい温泉がズラリ。きらきら

まずは朝7:30から立ち寄り湯を受け入れてくれる糠平温泉『中村屋』さん。温泉34



この時間は大体お宿の朝ごはんの時間帯に被るので、お風呂に入っている
お客さんはほとんどいない。音符

っと、思ったら混浴露天風呂にカップル登場で隊長ちょいビビる。ほえー

それでも内湯と露天風呂を堪能してお隣りの『糠平温泉ホテル』へ。温泉35



ここの大浴場は左右対称っぽく見えるので、多分以前は男女別で間に
間仕切り壁があったのだろう。ひらめき

ただ、左右の浴槽で湯温が若干違っていたのは謎だった。わからん

この後は27年ぶりに訪れる幌加温泉なのだが、途中糠平湖の
『旧国鉄士幌線 三の沢橋梁』を見物がてらチロルとお散歩。ひよこ



さて、幌加温泉『湯元 鹿の谷』は巫女様とハーレー2ケツで回った
平成4年の秋以来なので、実に27年ぶりなのだが全く変わっていなかった。温泉36



内湯は『ナトリューム泉』、『鉄泉』、『カルシューム泉』と3つの浴槽と
打たせ湯があり、どの浴槽も縁は堆積物で盛り上がっている。きらきら



露天風呂は解放感抜群で湯温も適温、浴感は最高、もうずっと浸かって
いたいお風呂だ。ダブルハート



そうそう、糠平温泉では先の中村屋さんや糠平温泉ホテルさんなどと
この幌加温泉に入れる『糠平&幌加 湯めぐり切符』がありとっても
お得に入ることができる。ちなみに3か所で1,200円。いなずま

風呂上がりには立ち寄ってみたかった『タウシュベツ川橋梁展望台』で
チロルとお散歩。目



さて、ここからは山を下って帯広に出て市内にある『豚丼のかしわ』で
お昼ご飯を食べ、殿下推奨の『丸美ケ丘温泉ホテル』でザブン。温泉37



施設は古そうだが、お湯は新鮮で小さな源泉槽の方にお客さんが
集中している。ひらめき

市街地からすぐ近くにあるのに、帯広はいい温泉が多いようだ。ウィンク

なので、もう一つ市内にある『ひまわり温泉 森の郷』でザブン。温泉38



天然モール泉のいいお湯のうえ、塩サウナも露天風呂がついて440円とは
こんな温泉が近所にあったら毎週通うね。グッド

こんな温泉天国の帯広から後ろ髪をひかれる思いで向かった先は、
更別町『福祉の里温泉』さん。温泉39



名前に『福祉』と入っているように、老人保健福祉センター内にあるが
主浴槽、バイブラ、寝湯、サウナ、露天風呂までついてここは400円。ひらめき

次は一気に太平洋側まで走り、大樹町にある『晩成温泉』さん。温泉40



この温泉も2000年の夏以来なのだが、当時とほとんど変わらず
『あぁ、こんな感じだったなぁ。。。懐かしい。。。』っとチロルと
海を見下ろせるキャンプ場を散歩。ひよこ

お天気がいいので遥か彼方に見えるのは多分襟裳岬かな。目

19年ぶりに太平洋を見渡せる温泉を満喫したら、夜発のフェリーに
乗るために苫小牧までドライブ。車

途中、火のような夕焼けを見つつ、道内の締め湯として通り道にある
ひだか町の『静内温泉』へ。きらきら



ここのお食事処がきれいで、時間も節約できそうな感じだったので、
カレー蕎麦を晩御飯としていただいてからザブン。温泉41



苫小牧にはちょうどいい時間に着いて、すぐにフェリーの乗船手続き
をして乗り込んだら、ビールをプシュっとやっておやすみなさい。眠い..







最終更新日  2019年08月30日 18時52分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月16日
カテゴリ:
九州や西の方では台風の影響で大変なことになっているようだが、
ここオホーツク沿岸はオホーツク高気圧に覆われていいお天気の朝だ。
今朝のスタートは能取湖のほとりにある『能取湖サンゴ草群落』から。晴れ



素晴らしいお天気の中、朝イチなので誰も観光客がおらずチロルは
大喜びで散歩している。ひよこ

今日はお散歩日和ということで、続いて向かったのは『サロマ湖
ワッカネイチャーセンター』。車



センターのレンタサイクルで竜宮街道やサロマ湖ワッカ原生花園を
回ると面白そうなのだが、それは次回のお楽しみにとっておくとして、
地元のS先輩推奨の『北勝水産』さんへ。ひらめき

ここのホタテバーガーが美味しいらしいとうことで、今朝の朝食は
㈱北勝水産 直売店のホタテバーガーとホタテのお刺身。音符



ホタテの貝柱のお刺身は甘くて2,3個行けちゃいそうだが、
ドライブのお供の乾燥貝柱を買って次なる目的地へ。ダッシュ

本日の最初の温泉は遠軽から山の中へ20分ほど分け入ったところにある
『瀬戸瀬温泉』さんでザブン。温泉29



アルカリ性の優しいお湯が豊富に湧いていて、浴感はすこぶる良し。
ここからダートで峠越えをして向かったのは『生田原温泉 ホテル
ノースキング』さん。温泉30



公共のお宿のようで、レストランもあり綺麗な施設だったのだが、本日の
お昼ご飯は安国駅前にある『食事の店のぶりん』の『こがし醤油ラーメン』
と決めていたのだ。ウィンク

お昼時で混んでいて少し駐車場で待ったが、待つだけの甲斐はある
激ウマいラーメンで大満足。ダブルハート

今回の放浪はかなり美味しいものに巡り会えてる。オーケー

さて、食後は湯巡り再開で『北見温泉ポンユ 三光荘』さんでザブン。温泉31



こちらの温泉、近所の塩別つるつる温泉と同じ系統の『ツルスベ系』の
アルカリ泉でもちろん源泉掛け流し。きらきら

この後、『湯元』というネーミングに惹かれて『北見湯元のつけ乃湯』
まで走ったのだが、これが大失敗。街中にあるスーパー銭湯のような様相で
駐車場の車が溢れていたのでスルーして『おけと勝山温泉ゆぅゆ』へ。温泉32



綺麗な施設で地元の方に人気があるらしく、そこそこの人で賑わっていた。
次は本日の締め湯で今回の放浪の目的の一つでもある『芽登温泉』へ。温泉33

道道から川沿いにダートを走っていると、エゾシカが度々道路の真ん中に
出てくるので轢かないように注意しながら走るが、こんなシチュエーションに
期待感はMAX。赤ハート



まずは内湯へザブン。やや熱めの浴槽と適温の浴槽があり、それぞれに
ドバドバと源泉が投入されている。いなずま

この内湯は川側・山側と夜の8時で男女入れ替えになるらしいのだが、
この時間帯は川側が男湯だった。ひらめき



そして露天風呂は二つ。一つは湯浴着を着用して入る『巨岩の湯』と
内湯のすぐ外にある露天風呂で、明るければ渓流がもっときれいに
見えたことだろう。きらきら

素晴らしいお湯の質と雰囲気。ここまでやってきた甲斐がある温泉だ。
誰も他にお客さんがいなかったので、ついつい長湯してしまったが、
次はいつ来れるだろうか。スマイル

さて、抜群の温泉を楽しんだら足寄の町まで走り、『道の駅あしょろ
銀河ホール21』の近くにある『海平』さんで一人呑み。ビール



北海道の幸で満足、っとはいかなかったが、ほろ酔いで気持ちよく
なったらおやすみなさい。眠い..







最終更新日  2019年08月28日 18時57分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月15日
カテゴリ:
今日は隊長の北海道で一番好きな道東をブラブラしながらオホーツクへ
抜ける予定で、川湯パーク牧場からスタート。ウィンク



曇り空なので摩周湖は多分霧の中だろうと思ったが、通り道なので
霧の摩周湖も見物するも、やっぱり霧の中で湖面も見えない。目

そして本日の朝湯は『中標津保養所温泉旅館』さんでザブン。温泉20



掛け流しのお湯が豊富にあふれていて、露天風呂も貸し切りで
朝からご機嫌。音符

次は近所にある『ホテルマルエー温泉俵橋』さんでザブン。温泉21

露天風呂は解放感が抜群で、ついつい長湯してしまう。ダッシュ



本当はもう一つ同町内の温泉に入る予定だったが、2つでヘロヘロに
なってしまったので、早めのお昼ご飯ということで『根室 花まる 
中標津店』さんへ。食事



北海道の回転寿司屋さんはどこも秀逸で人気もあり、いつも行列が
できているが、食べてみればそれも納得するのだ。オーケー

北海道海の幸で満足したら湯巡り再開で、向かった先は『別海まきばの湯
しまふくろう』さん。温泉22



本当は木曜日定休だったらしいのだが、やさしい受付のお姉さんが
入れてくれた。ので、お客さんは隊長一人の独占浴。きらきら

そして尾岱沼方面に車を走らせ、ここも一度立ち寄ってみたかった
『温泉宿泊施設べっかい郊楽苑』さんでザブン。温泉23



モール泉のお湯もよかったが、チロルは施設内のお庭で思う存分
マーキングしまくってご機嫌だ。犬

風呂上がりは別海の大地に車を停め、しばしお昼寝タイム。眠い..

おっと、ちょっと寝すぎてしまったところで向かったのは野付湾に
面した『尾岱沼温泉シーサイドホテル』。温泉24



野付湾を臨む露天風呂もあり、晴れていれば野付半島から国後島まで
眺望できるらしいのだが、生憎小雨模様で残念。雨

そして野付湾に沿って少し走り『オホーツク温泉 ホテル楠』さんでザブン。温泉25



さて、そしてまたまた今回の旅の目的の一つ『越川温泉』の再訪だ。きらきら

ここは子たちを連れてキャンプに来た2000年に訪れてから2度目で、
いい雰囲気とお湯だったので、再訪したかったのだ。温泉26



やっぱりいい温泉だ。地元の方が先客でお一人いたが、程なく帰られて
隊長の独占浴タイム。ダブルハート

そうそう、知床半島の南側は小雨模様でイマイチのお天気だったが、
北側に抜けると、オホーツク高気圧の影響で晴れているだろうと
思った通り、いいお天気だった。晴れ

さて、今回は知床はパスして斜里に抜け、向かった先は『斜里温泉 
湯元館』さんでザブン。温泉27



閉店間際で最終客となったが、時間いっぱいまでゆっくりと2つの
お風呂を満喫させていただいた。音符

そして本日の締め湯は涛沸湖畔にある『原生亭温泉原生亭』さん。温泉28

こちらの温泉、やや油の香りのするモール泉で、マニアが涎を垂らし
そうな温泉だ。うっしっし



ここも閉館間際だったので最後の客となり、湯巡りを満喫したところで
『道の駅 流氷街道網走』まで走り、A-COOPで仕入れた握り寿司と
北海シマエビを肴に一杯やったらおやすみなさい。眠い..







最終更新日  2019年08月27日 20時05分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月14日
カテゴリ:
釧路の朝ごはんと言えば、和商市場の勝手丼なのだが、今回は
ホテルの朝ごはん。食事



オーダー毎に作ってくれる卵と焼きおにぎり茶漬け、それに
あれやこれやで朝から満腹コース。うっしっし

食後は和商市場でお土産を買って巫女様を釧路空港まで送る。車



そう、巫女様の放浪はここで終了し、ここからは隊長とチロルの
二人旅が始まる。飛行機

放浪と言ってもやることは湯巡りくらいなので、まずは空港から
北に進路をとり、丹頂の里温泉『赤いベレー天然温泉』さんでザブン。温泉14



道の駅『阿寒丹頂の里』に隣接する温泉で、内湯のみだがモール泉の
いい温泉だ。オーケー

風呂上がりにはソフトクリームをパクつきながらチロルを散歩させ、
隣りにある『釧路市 阿寒国際ツルセンター グルス』へ。ひよこ



ここはワンコ禁止だったので、チロルにはお留守番してもらって
タンチョウヅルを見学に。目

おおっ!タンチョウって見るの初めてかもしれない。きらきら

夏季、タンチョウは繁殖期で釧路湿原に散ってしまっているため、
飼育されているタンチョウしか見れないが、間近で見ることができる。ひらめき

給餌する冬の期間は飛来する300羽以上のタンチョウを見ることが
出来るかもしれないので、いつの日か冬にも来てみたいところだ。スマイル

さて、次の温泉は『オーロラ温泉 オーロラファームビレッジ』なのだが、
途中『コッタロ湿原展望台』の案内があったので、ちょっと寄り道。足跡
そこそこある階段をエッチラオッチラ登ると、コッタロ湖側の湿原が
望める展望台がある。ひらめき



欲を言えば360度釧路湿原を見渡せるともっと良かったのだが、
いい運動にもなったし、チロルも喜んだので良しとしますかね。ウィンク

さて、オーロラ温泉さん。温泉15



入り口にある受付から更に森林の中を進むと、混浴の露天風呂、
男女別の内湯と露天風呂、それに一番奥には『犬専用』の露天風呂まで
揃っている温泉天国。音符



他にお客さんもなく、これを独占浴で楽しんだが、チロルも温泉に
入れてあげればよかったかしらん。ダッシュ

続いて向かったのは、下オソベツ温泉『味幸園』さんでザブン。温泉16



やばいっす。掛け流しのモール泉がドバドバ、、、しかもメタケイ酸が
たっぷりのツルスベ系で浴感抜群。きらきら

こんなにいい温泉がたったの400円で独占できるなんて、標茶万歳。

そして標茶の温泉3つ目は『富士温泉』さんでザブン。温泉17



こちらの温泉、宿泊もできるらしいがどちらかというと大衆銭湯だが、
泉質は申し分なくもちろん源泉掛け流し。いなずま

さて、今回の放浪の目的の一つである『和琴半島共同浴場』へ向かう。ひよこ



お盆休みで湖畔のキャンプ場も和琴野営場もワンサカ賑わっていたが、
意外と湖畔は人影もまばらで、チロルと和琴半島を反時計回り進んでいく。ひよこ

しばらく行くと、右手に見えるのが『和琴半島共同浴場』だ。目



ここは学生時代初めてバイクで北海道に来た時に覗いたが熱くて
入れなかった温泉で、再訪するのは36年ぶりだ。ウィンク

昔と全く変わっていないがすごく綺麗に維持されていてびっくり。!!

お湯は相変わらず熱々だが、じっと我慢して36年ぶりのリベンジ達成。温泉18

さて、本日の宿営地は川湯温泉なので『お宿欣喜湯』さんでお風呂に
入ろうと思ったのだが、行ってみると玄関に靴が溢れかえっていて、
お宿の番頭さんに『すごい人ですよ。。。』っと言われて怖気づき、
『川湯 公衆浴場』でザブン。温泉19

そして晩御飯は2年前に家族できた『いなか家 源平』さんで一人呑み。日本酒



西洋のお客さんもチラホラ見えて大繁盛していたが、カウンターに
一人潜り込みホッケの開きやらザンギやらで満足したらおやすみなさい。眠い..







最終更新日  2019年08月26日 19時02分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月13日
カテゴリ:
帯広の朝ごはんは殿下推奨の帯広のパン屋さん『満寿屋商店』さんの
『麦音(むぎおと)』さんの開店に合わせて訪問。音符



凄い人気なのか、開店前から長蛇の列ができていて、後から後から
お客さんがやってくるという盛況ぶり。目

あれやこれや美味しそうなパンを購入し、外のテラス席で朝ごはん。食事

透き通るような青空で、ようやく夏の北海道らしいお天気に巡り会えた感じ。

寝坊している殿下にお土産のパンを差し入れしたら別れを告げて
『六花亭 六花の森』へ。車



ここ六花の森はの中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在し
包装紙のスケッチや作家さんの絵や写真が展示されている。きらきら

出口にあるお店でお土産を仕入れたら、次の目的地『真鍋庭園』へ。ひよこ

この庭園はワンコOKなので、チロルも大喜びでグイグイとリードを
引っ張っていく。いなずま



そうそう、連続テレビ小説『なつぞら』で使われた山田天陽の家と
アトリエのロケセットが展示されていてそれなりに盛況だった。目



しかし、秀逸だったのはカフェテラスの豚丼。旨かった~。目がハート

お腹が膨れて満足したら、次は温泉ということで『札内ガーデン温泉』
でザブン。温泉12



十勝地方に多い『モール温泉』で浴感もしっとりしていい感じ。オーケー

さて、今日のお宿は釧路なので、釧路方面に車を走らせて巫女様の
お友達推奨の『うらほろ留真温泉』さんでザブン。温泉13



この温泉はアルカリ性のお湯でいわゆる『美肌の湯』、隊長のお肌も
ツルツルになったかしらん。うっしっし

ここからは巫女様の運転を代わってもらい、隊長は午睡タイムで
楽々移動。巫女様もアイサイトに慣れて運転しやすいそうだ。オーケー

夕方無事に釧路のホテルにチェックインしたら、予約してある炉ばた
発祥のお店、くしろ『炉ばた』さんで晩御飯。いなずま



あれやこれや目移りするが、やっぱりここは北国の脂ノリノリのカレイ、
北海道のアスパラ、ホタテあたりからでしょう。ウィンク

カウンターのみの店内の中央にある炉端で、名物のおばあさんが
黙々と炭火で食材を焼いている。炎



しかし、お品書きに値段が一切書いておらず全部『時価』なのかしらん。ダッシュ

まぁ、細かいことは気にせず食べたいものをオーダーするのが旅先での常。
釧路の炉端焼きを堪能したらチロルを散歩させてからおやすみなさい。眠い..







最終更新日  2019年08月25日 14時24分19秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1179件 (1179件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.