780412 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スパ郎の旅日記

PR

カレンダー

プロフィール


Topping

コメント新着

きよりん@ Re:ピュアじゃないけどピュアアングラーズ(09/14) New! 楽しそうだなぁ ピュアな私もアマダイ釣り…
Topping@ すずきんさん いつまでもピュアな心の釣り人ですがなにか?? 笑いましたね! 自分でも『かなりの場違い…
Topping@ まるかつさん ミョウガですか! もうお魚の天ぷらとかには食指が動かない…
Topping@ しげさんさん 会いたかったなぁ お世話係のしげさんが居なくて寂しかった…
すずきん@ Re:ピュアじゃないけどピュアアングラーズ(09/14) うぷぷっ^m^ ピュアアングラーって、、…

サイド自由欄

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

釣り

2019年09月14日
XML
カテゴリ:釣り
今日はサギ師仲間のむらっちから誘われて、頭合わせのため
全然ピュアじゃないけど、ピュアアングラーズの仲間入りを
させていただいた。ウィンク

お題目は『アマダイ五目釣り教室』。いなずま

お宿は、懐かの小網代漁港は『大和丸』さん。きらきら



最初に沖釣りで乗ったお船は小網代の『山星丸』さんで、
月に一度の仕立てに乗せていただいていたのだが、その企画が
無くなってしまい、小網代に来たのはずいぶんと久しぶりだ。ひらめき



懐かしい風景を眺めながら出港して、船は城ケ島の南沖へ。ひよこ

最初のポイントは城ケ島の南沖、水深60mダチでスタート。スピーカ



いやぁ、出船前から北東の風が強いなぁと思っていたが、沖はさらに
風が強く、そこそこ海は悪い状態。荒波

早々に反対舷でアマダイが上がったよ~という声が上がり、隣りの
むらっちもなんとかキープサイズのアマダイと同サイズのハタを
釣っているが、隊長は全く手が合わず、シマシマ模様のトラさん他
外道のオンパレード。ほえー

いいな、いいなぁと羨ましがっている声が海の神様に聞こえたのか、
回収指示で高速巻きしたときにチビアマが、、、。ショック



針を飲んでしまっており、高速巻きで目玉が出ちゃったので、
塩焼きになってもらうことに。炎

パッとしに状況を何とか打破しようと思い、大きくポイント移動する
タイミングで久し振りにお祈りさん登場。いなずま



次のポイントは北上して荒磯沖の水深80mダチのポイント。ダッシュ

ここで、ようやくアタリらしいアタリで『ビュッ』っと合わせを入れて
巻き巻きすると残り30mで暴れたところで本命確定のランプ点灯。ひらめき

っが、セブンイレブンがお稲荷さん3個セットをやめて巻き寿司との
セットになってしまったせいか、効果も半減に。。。失恋



それでもようやくキープサイズの尼さんをゲットして一安心。ウィンク

少し潮が変わったようで、魚っ気が出てきたので、追いうちを掛けるよう
デカい竹輪の乗ったぶっかけうどんでサイズアップ祈願。いなずま



すると、これが功を奏したのか、ちょっとだけサイズアップの尼さん。上向き矢印



ここが気合の入れどころと集中して底から1.5mを攻めると、納得の
アタリで同サイズの尼さんゲット。グッド



しかしこの後、再び底潮がおかしくなったのか、右の2人前と
左の2人後ろが祭ったのに巻き込まれたので、自分の仕掛けを切って
試合終了。モータースポーツ



それでも、なんとか合格点サイズの3つを揃えることができたので、
満足感はバッチリ。スマイル

左隣りの親子連れさんに一本進呈して気持ちよく帰路に。車



天の神様、海の神様、誘ってくれたむらっち、今日も楽しい釣りを
ありがとうございました。スマイル

一本はてんぷらにして食べたけど、身がふわっふわで美味しかったぁ~。ダブルハート







最終更新日  2019年09月16日 11時19分18秒
コメント(7) | コメントを書く
2019年09月08日
カテゴリ:釣り
今年は東京湾ですごく湧いていて当たり年と言われているマダコ釣り。ひらめき

行きたい行きたいと思っていたのだが、珍しく土曜日仕事とかがあり、
ようやく行くことができた。音符

前日もその前の日もトップが20タコとか平均10タコとか景気のいい
釣果が並んでいて期待で胸はパンパン。ダブルハート

何やら強烈な台風が江戸を目指してまっしぐらの様相だが、『凪だけは
保証します』といういつものお猿と一緒なら大丈夫かな。ダッシュ



っというわけで、三年ぶり二回目となる金沢漁港は『横内丸』さんから。いなずま



初めて本格的な『エギタコ』をやるにあたって、エギの仕入れもしたし
準備は完璧!のはずだったのだが、、、。ダッシュ



最初の仕掛けは白とオレンジのエギダブルを準備。グッド



そして、念のためテンヤもセットして準備万端で出船。荒波



八景島シーパラダイスのジェットコースターを久し振りに見ながら
船は湾奥へ走る。ひよこ



台風の影響は全く感じられないベタ凪微風の晴天だ。晴れ

さて、最初のポイントは3年前にも見た覚えのある東扇島アタリの突堤際。ひらめき



ここは根掛かり注意のポイントだが、攻めなきゃタコは釣れないと
果敢にチャレンジしたら即根掛かり、、、隣りの猿ちゃんが、、、。ショック

っで、隊長はというと、開始20分ほどで着底と同時にモタレを感じ
少し小突いてから『エイヤっ!』っと合わせたらズシっとな!どきどきハート



念のため猿ちゃんにタモをお願いして幸先よくキロサイズの女の子をゲット。グッド

っが、、、後が続かず、船中全く盛り上がらない。どくろ

船長もたまらず別のポイントへ移動。ここは昨日平均10タコ釣った
ポイントだというが、台風を警戒してタコが避難してしまったようで
まーーーーーったくタコが居そうな雰囲気がない。失恋

それでも何とか2ハイ目の600gサイズのマダコをゲットするも
船中全く盛り上がらないので、船長またまたポイント移動。ひよこ

20分ほどかなり沖に走って砂地のポイントで再開。スピーカ

ここではぽつーん、ぽつーんと小さいサイズのタコが上がるが、
聞いていた噂とは全く違う状況で、半数のお客さんが未だに
タコの顔を見ていないというひどい状況でこんな人も。眠い..



そして釣れないひどい状況に追い打ちをかけるように前には何やら
怪しげな雲が、、、。台風



はい、、、しっかりと10分後にはやってきました、、、土砂降りが。雨

全員パンツの中までびっしょりになるほどのスコールを食らい、
またまたポイント移動して朝のポイントへ。ひよこ



しかし、ここで何とか3つ目を捕獲するも、小学生サイズで微妙。ショック

そして船長はタコを求めて更に転戦。歩く人



今度は本牧埠頭の巨大キリンの下がポイントだが、ここも根掛かり
注意のポイント。ひらめき

まぁ、注意って言われてもね、、、着底と同時に根掛かりするんじゃ
防ぎようがないですよ、、、ワタシみたいな素人には、、、。ほえー

近くで見る巨大キリンはすごい迫力だなぁ、なんて言っていたら、
今までに経験したことのないくらいの豪雨到来。雨

滝のような雨で2度目のおパンツお湿り。雫

っが、すぐに夏の空がやってきておパンツ復活するも、タコは復活せず。失恋



根掛かりでエギが最後の一つとなり、心も折れかけたところで終了の合図。スピーカ



港に戻る途中で、3つ目にゲットした小学生は大きくなって恩返しに
帰っておいで!っと気持ちよくリリース。バイバイ

しかし、、、、、トップ20とか平均10とかってなに??ほえー

隣りで『そろそろ本気だしていいっすか?』っと何度も叫んでいた
お猿さんはイイダコの親分みたいの1つでなんとかタコ坊主回避。ダッシュ



まぁ、台風の影響もなく、なんとか一日遊ばせていただけただけ
感謝しなきゃですね。スマイル

天の神様、海の神様、猿ちゃん今日も一日楽しい釣りをありがとう
ございました。ハート(手書き)

今日は小さい方のタコを茹でていただきます!うっしっし



そう、、、『空箱や 兵どもが 夢の跡』という一句を肴に。。。







最終更新日  2019年09月09日 19時07分11秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年08月03日
カテゴリ:釣り
8月解禁の相模湾コマセ釣りのマグカツ!いなずま

初日全然釣れていなかったので、まったく期待していなかったが、
釣れても釣れなくても『椿丸』ということでまるかつさん主催の
仕立てに参加してきた。ウィンク



先代の船長が急にお亡くなりになったが、親戚の方が船長になって
船宿も復活したとのこと。復活緒戦に参加できて嬉しい。ダブルハート



いつもの小坪の景色を見ながら出港し、まずは沖のパヤオまで
ひとっ走り。荒波



っが、、、パヤオに着いても沢山いるはずのマグカツ船団がおらず、
2艘ほどのお船が漂っているだけ。失恋

60mくらいで反応があったらしいが、ちょろっと道具を下しただけで
次なるポイントへクルージング。ひよこ



朝のうちはまだ陽が出ておらず、涼しかったのだが、、、。ダッシュ

相模湾を横断して初島が見える真鶴沖へ到着すると、よく見る湘南の
お船に交じって小田原のお船もいる船団が。目



っが、、、どのお船もあっち向いたりこっち向いたりで、全く釣れる
雰囲気がない。ほえー

程なくしてやや東に向かったのかな?こちらは千葉のお船から湘南まで
主だったお船が終結していたが、こちらも釣れてる雰囲気なし。NG



途中、佐島のF田屋さんのパトランプが回っていて、どうやらキハダを
ゲットしたらしい。ひらめき

っで、おっと!タク坊船長も隣りで操業中。手を振るも見ていないだろうな。バイバイ



まぁ、今日はクルージングだからね、っということでいつもの冷やし。音符



陽が出て熱くなってきたのでバケツに足を突っ込んで涼をとるが
一度くらいアタリが欲しいかな。ダッシュ



っという願いも虚しく試合終了の合図で船中ノーピクの完全試合。失恋



まっ、開幕したてでカツオもマグロもオキアミにはまだ見向きも
しないので当然の結果といえば当然の結果だからショックも少ない。あっかんべー

真夏のクルージングに参加できただけでも楽しかったです。スマイル

まるかつさんお世話になりました。晴れ






最終更新日  2019年08月05日 18時29分20秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年06月01日
カテゴリ:釣り
今週はマルイカが釣れそうな雰囲気だったので、バッカンにマルイカ
道具を詰め込んで、釣果状況をチェックしていると、なんと!
開幕ダッシュの黒ムツが良型交じりで好調らしい。目

去年も何度か予約をしていたのだが、時化だなんだで、結局行け
なかったし、久し振りに親方の顔もみたいしということで、急遽
勝山は萬栄丸さんへ突撃。いなずま



港に着いて釣り座看板を見ると、なんと!右舷は前も後ろも空いている
とうことで、迷わず後ろをゲット。オーケー



釣り座が決まったらまだまだ時間があるので、勝山に来た時の
お楽しみ、『住吉飯店』さんの酢辣湯麵でお昼ご飯。音符



満腹になったらこれまた定番の道の駅『富楽里』でお買い物して
港でお昼寝したら、受付が始まったので親方様に挨拶して出港。荒波



ここのところの黒ムツは喰いがいいときは、底から15~20mに浮いて
くるということで、前日、最初に底トントンで一荷だったお客さんが
底に拘って裾になってしまったらしい。スピーカ

さて、沖のポイントに着くと、風はほぼなくてベタ凪状態。音符

こりゃ夜釣りに最高なシチュエーションというやつだ。ウィンク



さて、最初のポイントは深場ということで、セオリー通り底から
2,3m切ってエサを躍らせると!いなずま

なんと一投目からガツガツっと黒ムツらしいアタリ!ひらめき

最初なので追い食いとかは狙わずに高速巻き上げで上がってきたのは
そこそこ良型の黒ムツちゃん。きらきら



続く2投目も、同様のパターンでアタリがでたので、今度はやや
スローで手巻きして追い食い狙いすると、ガガガガッっと2つ目が
着いた模様。ひらめき

うっしっし、と高速モードで巻き上げると、竿がヤバイくらい曲がって
ギシギシと悲鳴を上げている。ほえー

ヤバイ、糸が切れるか竿が折れるか、、、スピードを緩めようかと
躊躇しているあいだに、『バツン!!』×2 という悲しいお知らせ。号泣

いやあ、、、デカかったな、、、今の。。。慎重に巻いたら取れたかも
っと涙目モードで枝スを結びなおして再度投入。いなずま

すると、同じパターンでアタリがあり、追い食い成功したのだが、
隣りで中乗りの『ばんちゃん』が腕を組んで見張っているので、
『切れるな切れるな、がんばれ俺の糸!』っとお祈りしながら高速で
巻き巻きすると、先ほどより小さいを思われる黒ムツが一荷。ちょき

すかさずばんちゃんが記念撮影してくれた。カメラ



っと、ここで深場ステージは終了し、いよいよ本丸の浅場ステージへ。ひよこ

っで、ここからは写真ありません。
精神的にも肉体的にも携帯を取り出す余裕がなかった。。。ショック

さて、浅場ステージは水深およそ110m程度ということで、黒ムツの
喰い棚を探そうとしたのだが、サバサバサバっとサバ地獄に。涙ぽろり

サバを避けようと枝スの数を落とすもサバに捕まり、途方に暮れる隊長。失恋

しかし、次第に状況は少し良くなり、時折底まで仕掛けが落ちるように
なってきたので、15~20mほど上を探ると90mラインでアタリ!いなずま

同じように90mラインでエサを躍らせると、いい感じで当たるのだが
高速で巻き上げ途中でもサバに捕まり、黒ムツの上品な引きがビビビッ
っとサバの下品な引きにチェンジして黒ムツが振り落とされてサバ。失恋

終盤、いったい水深はどのくらいなんだろうと仕掛けを落とすと、
120m以上糸が出るので、底で待ってみると黒ムツとサバのダブル。目

底でもサバがいるのならなぜかサバが食わない90mラインを徹底的に
攻めるとなんとか連荘モードもあり、なんとか大人に。ウィンク



結果、黒ムツ21本にデカアジ3本、50cmオーバー含むサバは
数知れず、、、。ダッシュ

この日の釣果は6~30本で、裏でやっていた方がお頭様。ひらめき

サバがいなけりゃほぼ入れ食いで大変なことになっていたのだが、
まぁ、それも含めて今週の鮮魚もゲットできたし、久し振り親方にも
会えたしということで、めでたしめでたし。きらきら

天の神様、海の神様、親方様、今日も楽しい釣りをありがとう
ございました。スマイル

--------------------- 今日のオマケ --------------------

実家と普段お世話になっている方々に配達して、自家消費分の
黒ムツを下処理。いなずま



自作したなんちゃって津本式ポンプで神経抜いて動脈の血抜きして
半真空状態にして冷蔵庫へ。音符



珍しく姫様が日曜日の晩御飯を食べるということで、美味しそうな
個体をピックアップしてお造りに。きらきら



皮を引くと脂ギトギト、、、半身は生で半身は漬けにして炙りに。炎



この黒ムツ、よほど旨かったのか珍しく姫様爆喰い。目がハート

隊長は残りのお造りと塩焼きで晩酌して幸せ気分に。きらきら



赤ムツもいいけど黒ムツも美味しいよ!スマイル






最終更新日  2019年06月03日 19時01分05秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年05月18日
カテゴリ:釣り
毎年GWあたりには小田原でムギ!っと思っていたのだが、
なんと、去年は様子を見ているうちにとうとう行けてなかったムギ。ひらめき

今年もあまり芳しくないようだが、金曜日に若干明るい兆しが
見えたということで、急遽小田原は『おおもり丸」さんへ。ひよこ



久し振りに清光船長の顔も拝んでおきたかったしね。ウィンク

釣り座は左舷操舵室脇という特等席で、今日も一日楽しい釣りに
なりそうな予感一杯で出船。バイバイ



山の方は雨がシトシト降っていそうな微妙なお天気の中、岩沖で
スタートフィッシング。スピーカ



出船前、清光船長に作ってきた仕掛けを見てもらい、ここのところの
様子に一番合いそうだというピカプカ針系11cmのブランコを勧められ
言われるとおりにやっていると。。。いなずま

なんと、早めの時間帯にナイスサイズのムギイカゲット!きらきら

清光船長すかさず写真を撮ってくれてニッコリンコ。スマイル



小田原のムギは港前から米神漁港前、根府川沖、岩沖、三ツ石裏と
何ヶ所かポイントがあるのだが、今日清光船長が選んだポイントは
ほぼ終日岩沖。ひらめき



反応はあるのだが、イマイチイカ様にやる気が感じられず、どこかで
スイッチが入ればいい感じになりそうだとうことで、ずっと岩沖で
粘っていたのだが、多分これが正解だったのだろう。オーケー

三ツ石の裏だろうか、ほかのポイントを攻めていたお船はかなり
厳しい釣果だったみたいだ。ダッシュ



途中、パラパラっと雨が降ったが、次第に空が青くなり、凪良く
絶好の釣り日和になり、ピクニック気分になったら、、、。晴れ



はい、お約束のお稲荷さんタイム。今回は巻き寿司とのセット品で
『たくさん巻き巻きできますように!』っという思いを込めて。食事



するとやっぱりイカは居るようで、途中奇跡の4点掛けとかが炸裂し、
一時『隊長!今のところ頭!!』なんて清光船長から嘘のような声が。ほえー

しかし、、、、やっぱり隊長の天下は3分ほどで終了し、手釣りの
方にあっという間に抜き返されてしまった。ダッシュ



それでも、トップが大人になれないなか、なんと15ハイで準優勝。ちょき



2年寝かせた沖漬けのタレも使えたし、清光船長の隣りで楽しい釣りも
出来たし、めでたしめでたしの釣りだった。音符



天の神様、海の神様、清光船長、今日も楽しい釣りをありがとう
ございました。スマイル






最終更新日  2019年05月28日 18時27分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年04月20日
カテゴリ:釣り
いよいよ平成の時代が終わろうとしている。ウィンク

昔は『明治・大正・昭和』と三代生きてきた方を『すげーっ長生き!』
なんて思っていたが、まさか自分が昭和・平成・令和の三代に渡って
生きようとは、、。ダッシュ
(あっ、令和までにお墓に入るかもしれないけどね。。。)

そう、いつお迎えがくるかわからないお歳になってきたので、
遊べるうちに遊んでおかねば!っということで、平成最後の
釣行はまたまた山中湖!あっかんべー



一人で来ようとは思わないけど、誘われたら二つ返事で運転手を
引き受ける隊長。うっしっし



今週の乗客は、サギ師仲間の『むらっち』と、隊長にワカサギ釣りの
扉を開いてくれた『麻理さん』。音符

最初に高滝湖に行ってのが、いまは遠い昔のよう、、、。(爆)爆弾



今回のお船はワカサギ釣りのドーム船では大人気の『旭日丘観光』さん。きらきら

とても設備が整っていて、快適なお船だ。オーケー

そして、今日の釣り座セッティングはこんな感じ。目



えへへっ、、、今回から新兵器の魚探『ガーミン ストライカー4』を導入。いなずま



ドーム船は周りに『人間魚探』があるから要らないのでは?という
声もあったが、ボート釣りにも行く可能性があるので、どうせ買うなら
直ぐに買う派の隊長はアマゾンでポチっと。。。いなずま

この魚探、かなり優秀で、7gの錘が落ちていくのがはっきりわかって
隣りの麻理さんと大盛り上がり。スマイル

肝心の釣りの方はというと、朝イチのズラズラモーニングサービスは
不発で、一日中絶え間なくアタリがある感じ。ひらめき

今までは朝イチのチャンスタイムに4点掛け、5点掛けとか派手な
スタートから、10時頃にパッタリとアタリが止まり、その後は
たまに回遊してくるワカサギをひたすら待つパターンだった。熱帯魚

しかし、沖上がり後に船宿のおじさんに聞くところによると、
今日のポイントは濃い群れはいないものの、深いのでずっと下に
魚が居て、拾い釣りをするポイントだったとのこと。なるほど。ひらめき



そう、魚影は濃くないようだが、下には常にワカサギがいる感じで
落とした直後とか、誘ったらアタリがあるので、なかなか人間もぐもぐ
タイムに入れなかったが、飢え死にする前にお弁当。食事

結局魚探が威力を発揮したか?と言われると『さぁ、、、(´・_・`)』
ってところだが、むらっちはしっかり魚探を見ていて、この日唯一
幅のある反応が出た時に技を効かせて4点掛けを炸裂させていた。
流石である。パチパチパチ。きらきら



っで、午後1時半すぎに夢の二束を達成することができて、最終的には
むらっち116+麻理さん109 < 隊長236 でフィニッシュ。モータースポーツ



一日中雲が出ていて富士山を望むことはできなかったが、朝イチに
山中湖へ向かう途中オレンジ色に輝く富士山を見ることができたので
ヨシとしましょう。富士山

天の神様、湖の神様、むらっち、麻理さん、平成最後の釣りを
楽しく締めることができました、ありがとうございました。スマイル

さて
、、、令和最初の釣りものは何になるんだろう??うっしっし






最終更新日  2019年04月22日 19時12分19秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年04月18日
カテゴリ:釣り
釣ったお魚さんをいかに美味しく戴くか。熱帯魚

これはワタシが常に考えている永遠のテーマなので、いつも
ネットなどから料理法やら下処理の方法やらを調べている。目

そこで見つけたのが『津本式の究極の血抜き』だ。いなずま

今までは自己流で、釣ったお魚さんは船上で血抜きして持ち帰り、
家で三枚に下ろしたときに、百均で仕入れた注射器で動脈の血や
神経を抜き、歯ブラシであばら骨の内側を掃除して熟成させていた。ダッシュ



所謂『なんちゃって津本式』だ。あっかんべー

うちのキッチンは水栓の形状からホースを取り付けることができないので
津本式は諦めていたのだが、同じような環境の方が『簡易式ポンプ』を
作ったというので、早速パーツを仕入れて作ってみた。音符

まず、本体は『蓄圧式噴霧器』だ。きらきら



これで圧縮した水圧を確保できる。グッド

そして、ホースの先端をカットして取り付けるのが『ニードルロケット
ダスター』というパーツだ。ひらめき



取り付けに必要なパーツは『片口ジョイント』と『ホースバンド』。スマイル



これで津本式血抜きで必須のノズルのを組み立てる。音符



そして完成品がこちら。きらきら



早速使いたくて、土曜日に保田沖でプカプカしていたら、幸運にも
食べごろサイズの真鯛様が捕獲できたので、船上で脳天絞めして
血抜き。いなずま



そして、念のため用意した神経締めで骨髄をグリグリしてお持ち帰り。ウィンク



家に帰ったら共用の水道についているホースでエラ側から水圧をかけて
血抜きして、キッチンで仕上げ。いなずま



この後、あばらの内側の血合いや汚れを竹串を束ねた『竹串ブラシ』で
お掃除したら、魚を立てて少し脱水。雫



そして、初めてなので究極の血抜きが完璧に行えていないと思われたので
4日後の水曜日の夜、解体してみた。いなずま



お目目は綺麗に透き通っていて、状態はいいようだが、下ろしてみると、、、。



ありゃま、毛細血管の血液が抜け切れていない。ショック

でも、腐敗臭がするほど酷い状態ではなかったので、三枚おろしに
してみると、個体としては脂が乗っていていい感じ。グッド



そして、早速お造りにしてつまんでみた。食事



うーん、もっちりしていて甘みは感じられるが、これで完璧という
わけではないので、もう少し経験を積む必要があるな。ダッシュ

ともあれ、なんちゃって津本式からすこしだけステップアップしたかな。ウィンク






最終更新日  2019年04月18日 19時40分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月13日
カテゴリ:釣り
今年も桜が咲いて乗っ込み真鯛の季節がやってきた。ウィンク

各船宿さんからも好釣果が発表されているので、期待に胸を膨らませて
今週も猿ちゃんと保田は『東丸』さんに行ってきた。ひよこ



流石に釣れているだけあって、片舷8人の満員御礼。目

こりゃ割り当てが厳しいか?ショック

出船前、猿ちゃんの別グループの方4名様にご挨拶させていただき、
その中のお一人『よっしーさん』から景気づけのドリンク剤と
チーカマをいただいて出船。(よっしーさんありがとうございました)



さて、お船は保田の真沖、指示棚36mでスタートフィッシング。スピーカ



一投目から左舷ミヨシ2番のお客さんが本命の顔を見る好スタートで、
右舷大ドモのよっしーさんも、猿ちゃんも早々に顔を見て焦る隊長。ほえー



富士山がオレンジ色に輝いているあいだに、なんとか1枚上げたいなぁ
と思って、手返しするのだが、付けエサは付いたまま戻ってくる状態。失恋

そうこうしているうちに、船中ぽっつりぽっつりあったアタリも、
次第に静かに沈んでいって、ヤバイ状態に。どくろ

そうだ、よっしーさんも猿ちゃんもよっしーさんの『チーカマ』喰ってたな
っと思い、隊長もゲン担ぎでチーカマをパクリ。いなずま

するとすると!!あーら不思議、置き竿に『ぐいーん』っとアタリが出て
『えいや!!』っと合わせを入れると心地よい真鯛特有の引きが。目がハート

リールが止まり、ビシを手にするより早く15m近い水中に真鯛の姿が!いなずま

えっ??潮が澄んでいるとは思ったが、こんなにクリアに魚が見えたのは
初めてのことだ。目



そして、なんとかお刺身サイズの真鯛をゲットしてニンマリ。あっかんべー

そう、今回は津本式の究極の血抜きを試してみたかったので、どうしても
良型の真鯛が欲しかったのだ。ひらめき



っで、早速脳天締めをして、鼻の孔から神経締めのワイヤーを通す。いなずま

つもりが、鼻からは上手く入らなかったので、尾鰭側をがっつり
落としてそこから神経締めして、あとはエラを切ってフリフリ。ひらめき

そう、津本さん曰く、『釣り人は船の上で出来る最善かつ最低限の
脳天締めして、血抜きフリフリで十分、あとは家に帰ってから』
とおっしゃっているので、プラスアルファとして神経締めして
クーラーボックスへ。ダッシュ



その後の釣りはというと、隊長が真鯛を釣って以降、船長は浅場に
移動したり、元の場所に戻ったり、いろいろしてくれたのだが、
船中タモが出動することもなく時間だけが流れていく。時計



お魚さんにやる気がないなら、ジタバタしてもしょうがないので、
人間もぐもぐタイムを取ったりしながら頑張ったのだが、結局お魚さんの
やる気は出ないまま終了。モータースポーツ



沖上がりしてから船長に『今日はどんな日でしたか?』っと聞いたら、
『魚が居ない日だった』とのこと。ほえー

朝イチだけポツポツ食ってきたが、あとは全く魚も寄ってこず、
喰ってこずのかなり悪い状況だったらしい。失恋

左舷は前の方で2、3枚、トモ2番の猿ちゃんが2枚、隊長1枚、
右舷は舳で1枚、胴の間で1枚、トモのよっしーさんが2枚と
船中0~2枚で半数近くが顔見ずという結果。ノートえんぴつ

いやぁ、奇跡的にお刺身サイズの真鯛様が釣れてホントよかった。ウィンク

よっしーさんのくれた『チーカマ』これに尽きるな。ダッシュ

天の神様、海の神様、猿ちゃん、よっしーさん今日も一日楽しい釣りを
ありがとうございました。スマイル






最終更新日  2019年04月15日 18時43分28秒
コメント(14) | コメントを書く
2019年03月30日
カテゴリ:釣り
春である。さくら

春といえば、年に一度の風物詩、洲崎イサキの季節だということで、
お猿さんを連れて早川丸さんへ。ひよこ



6時出船ということだったが、予約の10名が揃ったので、予約順に
名前を呼ばれて乗船。足跡

1組目、2組目のお客さんが左右艫から並んだので、隊長たちは
左舷舳から2つ。ひらめき



猿ちゃんに特等席を譲ったら、ホントは前はダメなんじゃ?って
クレームが入ったので、隊長が今回は舳。(笑)



猿ちゃんは揺れない2番目でビールをプシュプシュ。。。ビール

さて、お船は最初西沖の45~48mのポイントでスタートフィッシング。スピーカ



っが、、、、っが、、、!!台風

昨日は粒ぞろいが釣れたというポイントがまさかの不調で、
開始1時間半のあいだ二人でノーピク。ほえー



この間、船中あがったのは、右舷艫でチャリコ2枚と、左舷胴の間の
馬一匹という恐ろしい状況。ショック



1時間半誘い続けて、ようやくイサキが釣れたが、後が続かず船長は
船を南下させて浅いポイントへ。荒波



ようやく船中活気が出てきたが、型ががくんと小さくなり、猿ちゃんも
3点掛けとか繰り出しているが、ウリンボじゃぁ盛り上がらず。失恋



惨憺たる有様で、猿ちゃんから差し入れしてもらったオロナミンCで
気合を入れるも、釣れてくるのはオロナミンサイズというオチ。ダッシュ



船長はあっちだこっちだと船を走らせてくれるが、デカいイサキが
喰ってこない。ほえー



誘えば小さいのしか喰ってこないので、こっそり持ち込んだオキアミを
一番下の針につけて、『なんかデカいの喰ってこい!!』作戦。いなずま

すると、なにやらイサキとは違うトルクフルな引きが!!ひらめき

真鯛にしちゃ三段引きしないし、馬にしては良く引くしっと、
慎重に巻き巻きすると?? タカベ???!?



いや、でっぷり太ったウメイロさん!! オキアミ作戦大成功。目がハート

いやぁこれで今日来た甲斐があったとルンルン気分。音符



結局数は竿頭の猿ちゃんの半分程度という体たらくだったが、
そこそこサイズのイサキ3つとウメイロさんがいればニッコリ。スマイル



しかし一日寒かったなぁ、、、風も強かったし。。。くもり

それでも今年はあきらめかけていたイサキにギリギリ間に合ったし、
お初のウメイロさんの顔も見れたので大満足。グッド



天の神様、海の神様、猿ちゃん、今日も一日楽しい釣りをありがとう
ございました。スマイル

------------------ 今日のオマケ ------------------

帰り道、前回はなぜか休業でやっていなかった館山市内のラーメン屋さん
『うさぎ』さんに行ってみた。いなずま



1時過ぎに到着したが3組ほど外で待っていたが、ほどなく案内され、
楽しみにしていたラーメンに味玉をトッピング。ラーメン



うーん、、、大変おいしゅうございました。きらきら


------------------ 今日のオマケその2 ------------------

さてウメイロだが、写真ではよくわからないが兎に角ぶっとく、
体高もあるが、横幅も半端ない。いなずま

一番大きなイサキはなんちゃって津本式で熟成にかけ、ウメイロは
待ちきれずに半身をお刺身に。食事


手前左がウメイロ、真ん中がイサキの叩き、右がイサキの刺身。きらきら



ウメイロやばい!! 旨すぎる。目がハート

捌いているときに、冬の石鯛みたいに、脂玉がお腹に入っていて、
手がヌルヌルになったので期待していたのだが、期待以上のお味。オーケー



翌朝には姫様に握りでウメイロとイサキを3貫づつご提供。きらきら

はい、お気に召したようで瞬殺でした。ひらめき

隊長もこっそり残しておいたヤツを握りで戴いたが、激ウマでした。スマイル






最終更新日  2019年04月01日 18時52分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年03月23日
カテゴリ:釣り
今季、かんこさんと2回目の山中湖は、たぶん今季最終戦。ひらめき

前回のブログを見たきよりんさん夫妻が、機会があったら是非
ご一緒にということで、サギ師仲間に勧誘するためドーム船にご案内。音符



湖畔に着いた頃から雪が降り始め、あっという間に桟橋も真っ白に。雪



さて、今回のお船は撫岳荘さんのワカサギドーム船『BOO』さん。きらきら

釣り座間隔も一区画4人分のスペースを3人で使うセッティングため、
かなり広々としている。オーケー



各釣り座にはバケツ、小物トレイ、ハサミ、タオルまでセットされていて
快適な釣りが約束されている。音符

それにしても、外は冷たい雪がそこそこ降っており、これが沖釣り
だったら支度するのもブルーになる状態だが、ドーム船は快適そのもの。ウィンク



肝心な釣りはというと、今までのように朝イチの入れ喰いズラズラの
モーニングサービスはなく、最初から単発、よくてダブルの積み重ね。ダッシュ



電動リールでのワカサギ釣りデビューのきよりんさんご夫妻は、調子が
つかめずやや苦戦気味。失恋

ただ、ワカサギ釣りには好条件の曇りなので、ずーっとダラダラぽつぽつ
釣れ続けるパターン。上向き矢印

なので、人間もぐもぐタイムのタイミングが難しいが、そういう時は
お腹が減った時がもぐもぐタイム。ごはん



っが、ラ王にお湯を入れた途端、ダラダラアタリがあり、カップ麺
すすりながら電動巻きして、投入から着底の合間にズルズル。ラーメン

終盤、9連続でアタリを掛けられず、へっぽこぶりを晒してしまったが、
なんとかベスト更新もかんこさんには5つほど及ばず。ショック



まぁ、トップ175とか言っていたので、善戦したほうかな。。。ダッシュ

しかし、仕掛けは最低一度は変えないと、針先が甘くなって掛かりが
悪くなるのと痛感した。失敗

最初の仕掛けで一日通そうというしみったれた根性がダメなんだな。。。NG



久し振りに山中湖に来たというきよりんさんご夫妻、残念ながら
富士山の雄姿を眺めながらの釣りというわけにはいかなかったが、
一日ワイワイと楽しく釣りを楽しめたご様子。ウィンク

終盤、アタリを取って掛けられるようになってからは、連荘したりと
流石沖釣りで鍛えているだけのことはありますね。!

これを機に、Myお道具を揃えて、次回秋の爆釣シーズンにまた
ご一緒しましょう!音符

天の神様、湖の神様、かんこさん、今日も楽しい釣りをありがとう
ございました。スマイル






最終更新日  2019年03月25日 18時26分20秒
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.