689898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ゴルフを楽しもう!

PR

カレンダー

プロフィール


SPAS golf 天国

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

サイド自由欄

2018.04.05

 
XML

いつもお世話になっています。SPASgolf天国(有限会社宏英ゴルフ)の生野です。

SPAS golf 天国ポンパレモール店はこちらです。

 

4月3日のブログで発売前のTRPX T-Serisシャフトをご紹介しましたが、既にRODDIOは

RODDIO LUNARシャフト、RODDIO STELLAシャフトを発売していることはご存知の

ことと思います。

RODDIO Conpact Driverのシャフト

クラブはヘッド、シャフト、グリップで出来ていますが、性能はどんな割合でゴルファーの

スイングに貢献し、飛距離や方向性に満足出来ると思いますか?

これって物凄く大切なことで当店はヘッドが40%、シャフトが50%、グリップが10%だと過去

申し上げてきました。

しかし、RODDIOのように多くのチューニングが出来るヘッドとなると、その比率が変わる

のではないかと思います。

ヘッドが45%、シャフトが45%、グリップが10%になるのではないかと思うようになりました。

第一にシャフトがスイングに適合しない場合は曲がるし飛ばない(平均値)し、スイングを

いろいろと修正したくなります。

ヘッドが合わないと同じく球が上がらないし、逆に吹き上がるし、ダメクラブになります。

グリップが合わないとスイングのリズムが取れなくなったりします。

 

RODDIO Conpact Driverの発売で判ったことは、以前Swing Pattern Analyzing Systemで

スイング計測したことと同じで、RODDIO LUNARシャフト、RODDIO STELLAシャフト

どちらが打ち易いかで、クラブ性能の45%を決めるのです。

そして、Deep Backヘッド、Mid backヘッドのどちらが希望する弾道になるかで45%の比率

なのです。

グリップは硬いとか軟らかいとか太さだとか重量だとかに左右されます。

昨今は48gのグリップがトレンドだという話をEPON GOLFから伺ったことがあります。

私は50gが基本で、45g以下のグリップはクラブの性能を見ながら決めるようにしています。

 

Swing Pattern Analyzing Systemで手元調子のシャフト、中調子のシャフト、先調子や

超元調子などのキックポイントやシャフトのトルクがどのくらいが良いのかを調べた実績が

あります。

そして、現実にはDeep BackヘッドとMid backヘッドの比率とLUNARシャフトとSTELLAシャフト

の比率もほぼ互角で、どちらも試打をしたゴルファーは安心して一番打ち易いクラブをお選び

になれるのですから、このようなシャフトやヘッドの発売はお客様を幸せにすることだと受け

止めています。

 

特注カスタムクラブのお問い合わせ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。







最終更新日  2018.04.05 11:57:35


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.