3954245 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたがしふわふわ

子を愛するために

人はそんなことで悩んで~って思うようなことでも、

当事者にとってはものすごく辛いもの。

特に育児のこととなると、本当に大変ですよね。

なんでウチの子だけが?

なんで私だけが?・・・

と思うことも多々ありました。

でもこれって生まれながらにして決められた人生かも

って思うようになってきました。





とにかく無理をしない。

ってことを最近になってやっとできるようになったかな。

43才にしてやっと・・・というかんじです。

このトシになってやっとなんだから、今、子育て真っ最中

それも小さなお子さんをお持ちのみなさんの中には

悩み、苦しみ、辛い思いをされているママさんも

たっくさんおられると思います。



今の私からお伝えできることは

「自分ひとりで抱え込まないでくださいね。」

人を頼ることは全然悪い事じゃないし、

頼られるってむしろ嬉しいことだったりするの。

人に頼ると、自分は悪い母親なのではないか?

そんな風に考えちゃいますよね。

私もそうだったし・・・

でもそれは違う。と今の私は思います。

リフレッシュしたぶん、我が子に注ぐ愛情が倍増するんですよ。

すごく愛おしく思えるようになり、その時の愛情の度合いは

ものすごいものです。

「溺愛」って言葉がぴったりはまってしまうような(笑)


私は毎日、息子に「溺愛」しています(笑)



とにかく

どうしたら自分が笑顔でいられるだろう?

それができるようになったら自ずと前に向かってあるけるように

なります。




なーんて偉そうなこと言ってごめんなさい。




育児って、先の見えないトンネルって思うときがあったから。



でも、そんなことないです。

まずは「自分が自然体でいられるように」なるためにはどうするべきか?

そのためのお手伝いを喜んでしてくれる人もたっくさん

いるということだけは心の隅にでも置いておいてくださいね。

一人っきりで悩まないでね。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.