6032912 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

thunderbolt!

PR

X

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010.05.28
XML
テーマ:私のPC生活(7213)
カテゴリ:その他いろいろ
Windows7のエクスプローラが使いにくいと以前から相当ネタにさせてもらってます。
昨日は、ウインドウサイズと位置を記憶しないのを調教するというネタでした。
今日は、これまたかなりムカつく一行選択の解除(disable full row select)をします。

一行選択とは、詳細表示になっているときに、ファイルアイコンを選択状態にすると、ファイル名だけが反転するのではなく、日時やファイルタイプなど行全てが反転になってしまうという現象です。
昔のXPまでの状態では、ドラッグするとアイコンとファイル名の部分だけ反転選択状態になりますよね。
100528a.jpg

ファイルをドラッグ&ドロップで移動するとき、XPまでならこんな風に適当な余白のところに落とせばよかったわけです。
100528b.jpg

これが、 windows7(vistaかららしいが)になると、一行選択なので適当な余白というものがなく、ファイル名横の空白にドロップすると、たまたま落とした行にあるファイルアイコンにドラッグ&ドロップしたことになってしまいます。
100218c.jpg

つまりそれが子フォルダだったら、そこに移動したことになってしまいます。
ファイルを移動するという至極単純かつ重要な基本作業をするためだけに、いったんウインドウを広げて、わざわざ余白を作ってやってうえでドラッグドロップして、そのあとまたウインドウを閉じるという、非人間的なアホ作業が入って生産性を落とすことになります。
それを忘れてD&Dしてしまうと、意図しない子フォルダにファイルが勝手に入ってしまって行方不明状態になるか、全然対応していないアプリケーションが立ち上がって「ファイルが読み込めへんわボケ」的なエラーがでるか、いずれにしても生産性が落ちます。

まったくマイクロソフトは何を考えてこんなに使いにくい仕様にして、かつ従来動作に変更出来ないようにしたのか、理解に苦しみます。
きっとこのエクスプローラを設計した奴は、windows(のエクスプローラ)で仕事していないに違いない。
もしエクスプローラ使ってたらこんなアホ仕様にするわけがない。


さて、vistaのときはレジストリをいじることで、あるいはフリーソフトを使うことで解消できたそうです。
windows7の32bit版でもフリーソフトで解消できるそうです。
ところが64bit版ではそのソフトが起動しないし、vistaと同じ操作でレジストリをいじっても解消しません。
解消出来ないのかーと思ってあきらめていたんですが、最近以下のような記事を見つけ、早速試してみました。

http://d.hatena.ne.jp/shima111/20100403/p1
http://www.winhelponline.com/blog/disable-full-row-select-explorer-windows-7/

このとおりやったら、出来るじゃん!
100528e.jpg
ほら、64bitでも一行選択解除~♪
結局レジストリをいじるわけですが、今までの方法と何が違うんでしょうかねぇ?


が、ドロップするとき、落とす場所が子フォルダのある行だったら、その子フォルダへの移動になってしまうところは替わっていない模様。
完全に一行選択を解除したことにはならないみたいですね。



windows7 発売後しばらくたったことで、かなりいろんなワザが蓄積されてきたようです
しかし何でこんな基本的なことが設定できないんでしょうね。
チェックボックス式なんて実装する前に、まずこっち(一行選択解除)のオプションをつけるべきでしょうが。


ああ、 windows7(vista)は、いってみれば民主党みたいなもんか!
誰か強権を発動するヤツがいて、自民党(XP)時代の名残は何が何でも拒否っていう・・・国民(ユーザー)無視で。

そして、次バージョンで一行選択解除できるようになったりしてね。
結局、自民党時代にまとめられた辺野古移転案に落ち着いたように・・・・プププ



ではごきげんよう。






最終更新日  2010.06.03 06:00:06
コメント(9) | コメントを書く
[その他いろいろ] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

りきりき元気です! りきとママ922さん

コメント新着


© Rakuten Group, Inc.