006032 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

石井正海のブログ

PR

プロフィール


misap9065

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.03.05
XML
テーマ:人生の学び(1476)
カテゴリ:美容師
教えると伝える事の違いは?

教えるとは
  1.  知識・学問・技能などを相手に身につけさせるよう導く。教育する。教授する。

  1.  知っていることを相手に告げ知らせる。

  1.  ものの道理や真実を相手に悟らせて導く。戒める。教訓を与える。

伝えるとは

 言葉などで知らせる。伝達する。

 あるものを受け継いで残す。また、あるものを受け継いで次の代に授け渡す。伝授する。

 よその土地から文物などを持ってくる。もたらす。

 熱・音などが、一方から他方へ移るように仲だちをする。




ここから先は僕の勝手な解釈です!!

僕が思う教えるとは・・・・

僕たちは、学校で教えてもらう事が多かった

学校の授業は教えてもらうということ!

教えてもらう教科書があり、教えられたことを理解しているのか

テストがあり、点数でハッキリと形に出ていた

僕は思うんです

教わるということには、形があると!!

形がある物事を教わり
形がある物事を覚え
形で評価される
それが、教わることなんじゃないかなってスマイル

僕が思う伝えるとは・・・・・

伝えるというのは、感性や感覚など

言葉で表すことが出来ても

形で見せることが難しいこと

例えば・・・

手を出す
は教えることが出来ても

手をそっと出すの
「そっと」は、教えるのではなく

伝えなくてはいけない事

足を引くは教えられても
足をすっと引く

の「すっと」は伝える事

伝統芸能等が特にそうなのかな~~

感性で感じて身につけることが
伝えることだと思う



僕たち美容師をはじめ

技術を継承する仕事は

教えるのではなく、伝える気持ちが大切だと思う

真っ直ぐ切る事は、日ごろの練習で上手くなることが出来る

でも・・・・

似合わせて切る事は、日ごろの練習+

感じて、考えて、表現しないと難しい!




子供の頃に、感じて考える事が出来ていたかな?

勉強だけでは教わる習慣しか身につかず

社会に出て、感じて考える事が出来なくなる。

大人の社会は、教えてもらうだけでは

評価されにくい社会で

伝えられたことを、感じて考えて表現する必要がある!!

形だけにとらわれてしまうと

人のやってきたことをまねる事で終わり

そこから上に行きにくい!

自分で感じて考えて表現する事で

新たな物事が生まれ

それが世の中に認めてもらえると

社会で評価されることになる


日本という国は、伝統芸能・伝統工芸のように

伝えられてきた文化

伝統文化の国!!




おふくろの味なんて正に伝統文化スマイル

同じ材料で同じように作っても
なかなか出来ないおふくろの味!!スマイル




何故か最近思う

僕はきちんと伝えられているのかな?って


教える事はもちろん大切!!

それと同じぐらい伝える事の大切さを
残していかなくてはいけないと思う!!

貴女は、感じて考えて表現できていますか?






最終更新日  2019.03.13 18:25:45
コメント(0) | コメントを書く
[美容師] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.