006170 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

石井正海のブログ

PR

プロフィール


misap9065

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.04.10
XML
テーマ:人生の学び(1476)
カテゴリ:人生


先日、僕のおばあちゃんが100歳を迎えた・・・



大正・昭和・平成、そして令和を経験する女性
真のある強さと優しさを持っている女性

小学生の頃、おばあちゃんの家に行くのが好きだった
一人電車を乗り継ぎ行くのが好きだった

京王線つつじヶ丘駅から日比谷線三ノ輪駅まで

当時の僕にとっては、一人旅でもあり単独冒険でもあった

つつじヶ丘駅ホームで、ロッテのフルーツガムを買い
電車に飛び乗る

車内では、シートに正座しガム噛みながら窓の外を眺める

10分おきにポッケの切符を確かめ安心し

まだまだ味が残っているガムを入れ替える

乗り換えの時は緊張するが
それも冒険の醍醐味

大きな大人にまぎれながら次の電車を目指す

僕は、幼稚園の頃から電車バスで通っていたから
駅の構内は慣れている

でも・・・臆病者だから全てに慎重だ!

約1時間の冒険を経てたどり着くおばあちゃんの家

木造平屋建ての下町情緒溢れる一軒家

夏の終わりの鈴虫の鳴き声
古い足踏みミシン
家業の機械油のにおい
週末繰り広げられていたおじいちゃんの麻雀の音
そしておばあちゃんの化粧品の香り

僕はこの家で夏休みを過ごす
結構長い間過ごす

家の横には家業のスクラップの山
僕はここで砂鉄拾いを手伝ったり
廃棄モーターの導線を抜いて纏めたり
おじいちゃんに付き添って鉄くずを売りにいったり
フォークリフトに乗って運転のまねしたり

いろいろな事を経験した

まさみ君飴なめるか?
まさみ君おせんべい食べるか?
まさみ君ジュース飲むか?

優しいおばあちゃんに気を使って貰った

僕が美容師になると行った時
おじいちゃんは女みたいな仕事するのか!
って少し不機嫌になって怒られたが
おばあちゃんは帰り際に
まさみ君頑張りなさい・・・
ってそっと耳打ちしてくれた

僕がお店を出したとき、新潟まで来てくれて
立派なお店だね
頑張ったね
でも・・・私の頭は結わせってあげられないけど

って言って、東京で結ってきた頭のまま帰っていった

優しさと真の強さを感じた


10年ぐらい前に会った時
もう僕の事は判らなかった

そんなおばあちゃんも100歳
そして僕はおじいちゃんになった

おばあちゃんの優しさと真の強さを忘れずに
次の世代にこの事を伝えていきたいと思う

おばあちゃん、本当に感謝しています
ありがとう

心からお祝い申し上げます

貴女はおばあちゃんとの思い出がありますか?






最終更新日  2019.04.10 06:57:20
コメント(0) | コメントを書く
[人生] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.