房総の片隅に佇むものの詩

全7件 (7件中 1-7件目)

1

空 雲

2008.04.25
XML
カテゴリ:空 雲

ここのところ天気があまり良くなく、どんよりした
曇りの日が多かったのですが、今日は久しぶり
の青い空が望めました。

ただ、暖かそうな青空とは正反対に、夕方の
空気は秋並みに冷たく、春向きの服装では
縮み上がってしまうほどでした。
高い空
夕方に少し散歩してきました。
そのときの空は秋の頃のように高く、薄い綿の
ような雲が貼り付いていました。
北海道で20度を越える暖かさとは裏腹に、
ここ千葉はコートを羽織りたくなるような寒さ
でした。
うららかな春はいずこへ?

ま、そのうち暖かくなると信じて待つとします。

青空が恋しい、ここのところの週末ですが、
こちらの青空のような花をつける植物も少し
減ってきているようにも感じています。
ホタルカズラ 08/4/25
ムラサキ科の多年草ホタルカズラです。(本日撮影
匍匐枝を出して地面を覆うように繁殖し、すみれ
よりも少し早い時期から花が咲くホタルカズラは、
ごくごくふつうの植物でしたが、最近はあまり
見かけなくなってしまっています。

明るい場所から少し日陰の場所まで、目の覚める
ような明るい青い花を次々に咲かせます。
派手さのない、ある意味地味な存在ですが、この
花の咲かない春はかなり味気ないものです。

減少の原因のひとつは過度の草刈りにありそう
ですが、青い花目当てに抜き取ってしまう人も
いないとは言い切れないのでしょうかね。
晴れないのは空ばかりではなく、心のモヤモヤも
晴れませんね。寂しいことです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています






最終更新日  2008.04.26 01:49:07
コメント(2) | コメントを書く


2008.02.23
カテゴリ:空 雲

午前中は穏やかでいい感じでしたが、
午後から風が強くなり始め、散歩に出て
みると想像以上に強い風。

雨が降らず乾燥しているのが災いして、
空き地や畑の傍では土埃が舞い上がり、
痛っ、目がぁ。。。
春一番
私は経験がありませんが、コンタクトレンズを
使用している方は大変ですね。
裸眼の私でも、目に土埃が入って、今でも
ヒリヒリと痛いですよ。

それでもめげずに散歩を続けていましたが、
空が徐々に暗くなり、とうとう雨まで降り出して
きましたので諦めて撤退しました。

途中、雨宿りがてら買い物をして、再び外へ出て
みると、空の色がおかしい。。。
茶色の空
雨が降っているのに、巻き上げられた土埃で空が
茶色に染まっていました。
まるで天変地異でも起きたようでした。

ここのところ週末は荒れた天候が多く、まるで
何かの呪いでもかけられているようです。
明日もダメそうですし。

ま、それでも春はすぐ近くまで近づいてきて
いますし、楽しみがあとからやって来ることを
祈りつつ、とりあえずはおまけです。

ミニたんぽぽ
ミニたんぽぽ posted by (C)sasama_tea

地面に貼りつくように咲いていたセイヨウタンポポの花。
葉もないに等しいほど短く、しかも数枚だけ。
先取りの春、というところでしょうか。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから






最終更新日  2008.02.23 18:16:05
コメント(4) | コメントを書く
2008.02.19
カテゴリ:空 雲

魔法の煙
いろいろありまして、更新が滞ってしまいました。
下書き保存していた書きかけの日記をそのままの日付
で公開しましたので、そちらも併せてご覧ください。
ちなみに、今回はキンランの話を書きました。

ところで上の写真の説明になりますが、何度か富士山を
撮影している場所と同じ場所になります。
3本の煙突が並ぶ方向に富士山は位置しているのです
が、汚れきった大気のせいでその威容は包み隠されて
しまっています。

そのかわり、風がほとんどないこの日、煙突から立ち
上った煙は拡散して大きな雲を形成しています。
それはまるで、魔法のランプから出てきた煙のようにも
見えてしまいました。
おしゃべりな魔人でも現れるのでしょうか?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから






最終更新日  2008.02.20 02:08:38
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.31
カテゴリ:空 雲

ここのところ、夜に突然眠気に襲われることが多く、
さあ、いざ始めよう、と意気込んでブログに書き込み
始めた途端、まぶたが重くなり、横になったまま寝て
しまっています。面目ない。

昨日はほぼ終了間際まで作業を進めたものの、
眠気に敵わず、下書き保存をして寝てしまいました。
その分は昨日の日付として書き込みましたので、
そちらも併せてどうぞ。

筋雲
こちらは数日前に撮影した空の写真です。

風が弱くも強くもない、気温は少し暖かいくらい。
穏やかな日の空は、雲も少なく晴れやかな気持ちに
させてくれる状態でした。

以前に「ねじれる雲」の写真を載せましたが、それに
近い雲を見られる機会が多いことに最近気づきました。

ある一定方向に向けて筋状の雲がたなびく様子。
細い筋状の雲が風とともに少しずつ移動しながら、
その筋が徐々に太さを増していく訳です。
それはただの気象現象なのですが、ただボーっと
見ていると、まるで何かの生き物の成長でも眺めて
いるような気がしてきます。

雲って面白いなぁ、なんて書きながら、本来の予定と
違うことを書き込んで誤魔化している私がここにいます。
明日は予定どおりに、再び蛾の話をしたいと思います。
ちなみに、後2回分あります。

上の内容とは関係ありませんが、妙なものを見つけましたので
リンクを載せておきます。
ところでチョコハミガキって、歯を磨いた気になれるのでしょうか?
何となく怖いなぁ。


2008年バレンタインはチョコのかわりにチョコハミガキを贈ります♪「ビターチョコレート」「モンキーバナナ」「エスプレッソ」ブレスパレット3本ギフトボックス入2008年MJバレンタインギフトチョコバナナSet







最終更新日  2008.02.01 00:36:48
コメント(4) | コメントを書く
2007.12.29
カテゴリ:空 雲

先日観察できた、少し妙な雲の話です。

飛行機雲というもの、皆さんもよくご存知と
思います。
直線的に空に描かれた細長い雲は、
長時間形を維持できず、いつの間にか
消えているものですよね。

12月21日、私が昼頃見た雲は、下から上へ
突き上げるように伸びた一本の細長い雲で、
軽くらせん状にねじれたものでしたが、
飛行機雲なのだろうと強く関心を寄せるような
感じのものではありませんでした。
その後のことを考えれば、写真を撮っておくべき
だったのかもしれません。

そしてその日の午後3時前くらい、空にはさらに多くの
ねじれた雲が、規模を増した状態で見つかるのでした。

ねじれ雲
ねじれ雲 posted by (C)sasama_tea

西の東京湾方面から、東の内陸方向へと続く
長い線状の雲。
あまりにも長いため、広角撮影のできない私の
カメラでは、全体像の分かる写真が撮れずに
一部分のみのものになってしまっていますが、
ねじれている様子がご理解できますでしょうか?

以下は、同じ雲の別の箇所をいろいろと撮影した
ものになります。
画像は初めのものより小さくなっていますが、
クリックすると元の大きさで見ることもできます

ねじれ雲
ねじれ雲 posted by (C)sasama_tea

ねじれ雲
ねじれ雲 posted by (C)sasama_tea

ねじれ雲
ねじれ雲 posted by (C)sasama_tea

無限遠でピントが上手く合わないため、少々
ピンボケ気味ではありますが、DNAの二重らせん
構造のような雰囲気が伝われば幸いです。

この雲がどのような名前の雲か少し調べてみましたが、
型どおりの雲というわけではなさそうですね。

飛行機が飛んでいる様子も窺えなかったことと、
この雲が断続的に新しい雲を発生しつつ長時間に
渡って消えることがなかったことから、飛行機雲だと
いう線は消えると思います。

比較的穏やかで風のあまり強くない天候でしたので、
一度発生した雲はその形を変えることなく維持し続け、
その異様な姿を示していました。
彩雲も興味深い現象ですが、こちらもまた面白い現象
でしたよ。

ところで、『地震雲』というものも範疇に加えると、
似たような雲をネット上で見つけられましたが、
今回の雲がそれと類似したものかは正直なところ
よく分かりません。
その後に千葉近辺ではない別の場所で、少し大きめの
地震が起きていたようですが、ま、これとは直接関係の
ないことでしょう。

それはさて置き、この現象、結局日が暮れるまで
観察できました。
夕暮れの西の空にもしつこくねじれ雲は残されていて、
最後に1枚写真を撮っておきました。

ただその写真は明る過ぎたため、そのまま載せるには
無理がありましたので、ガンマ補正をマイナスで強く
かけてみると、こんなものになりました。
夕暮れのねじれ雲
途切れ気味に続く光る線状のものが、ねじれている雲
です。
その雲の太陽光を反射する面とそうでない面が、
この写真からも見て取れるようです。

こうして長々と見続けた割には、結局正体は分からず
じまい・・・。
ですが、不思議なものを見るのは楽しいですね。
アホみたいに時間を忘れ、たかが雲を追い続けた
半日でしたぽっ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから






最終更新日  2007.12.30 01:14:21
コメント(8) | コメントを書く
2007.12.24
カテゴリ:空 雲

少々前の日記に虹のような現象についての
写真を載せましたが、その正体が判明した
にもかかわらず、そのことについて触れず
じまいでしたので、ここでもう一度そのことに
ついて触れたいと思います。

その現象の名称は『彩雲』というそうで、
外部のブログのzuccaさんという方に教えて
いただきました。

♪きみがぁ~見たひかりぃ~
 ぼくがぁ~見たぁ・・・・・

はい、それは『青○』です、失礼しました。

話を元に戻しますが、実は珍しい現象とも思える
彩雲という現象も、「注意深く探していると結構
見られる
」とも教えていただき、あれ以来、私も
空を眺めては探し続けていました。

朝の彩雲
そして12月17日、何気なく眺めていた早朝の東の空
には、分かりづらいほど「うっすらと」でしたが、彩雲が
あっさりと見つかってしまいました。

写真では、中央付近に見えているはずです。
太陽は彩雲の右方向にありますが、明る過ぎるために
フレームの外に出しました。
いやぁ、分かりづらいですね。
実物はもう少し鮮やかなのですが、写真にすると
色褪せて見えてしまいます。
これくらいが、このカメラの限界でしょう。

このあと、私は車で移動を開始したために写真には
残せませんでしたが、もう少しはっきりと浮かび上がる
彩雲を見ることができました。
太陽の光が強いほうが、彩雲もはっきりと見えるようです。

この時点ですでに、幸運に巡り合えたものだと
いい気分で一日を過ごすことができましたが、
実はそれだけでは終わりませんでした。

夕の彩雲 07/12/17
同日の夕方、家にたどり着き、朝の体験を忘れられず
ふと太陽のある方向の空を眺めてみれば・・・、
なんとまた、彩雲が観測できました。
写真では、左の太陽から平行に移動した、右寄りの中央付近にあります。

ほんと、面白いですね。
偶然とはいえ、同じ日に2度も彩雲を観察できるとは
夢にも思いませんでした。
『無い』と諦めれば見えず、諦めずに追い続けた者には
それ相応のものがそこには見えるのかも・・・。

現実だけを追う人たちから見れば、私のような空ばかりを
眺めている者は『うつけ』でしかないかもしれませんが、
そこには○●◎があるのです。

表情がころころと変わる空と雲。
私にとっては、想像力を掻き立てられる存在です。
現実逃避といわれても、人の世を眺めているより、
こちらのほうが楽しいですよ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから

ちなみに『彩雲』については、googleで画像検索をしていただければ、
特段の説明は必要ないと思います。







最終更新日  2007.12.24 23:59:27
コメント(14) | コメントを書く
2007.12.23
カテゴリ:空 雲

(昨日の段階で完成するはずでしたが、パソコンに向かったあと、
気絶したように眠っていました、ははっ)

3本煙突と夕暮れ
ひと仕事終えて帰ってきました。
いい天気です。

この写真は、昨日の夕方に撮影したものです。
昨日の雨は、午前中いっぱいまで降り続いていたの
ですが、その雨も昼頃には止み、家の掃除を終える
頃には晴れ間が戻ってきましたので、買い物がてら
夕焼け空を眺めてきました。。

遠くには煙突が三本立ち、連休中にもかかわらず、
もくもくと煙を吐いていました。
それこそ煙たい存在の遠くの煙も、夕焼けの赤い色を
背にすると、少しだけ幻想的な雰囲気をかもしている
のでした。

そこで、日が暮れて闇一色になる前に、急いで場所を
探しつつ撮影を敢行してみました。

が、見た目どおりを写真で表現するのは難しいですね。
自分の目には大きく見える煙突の煙も、
写真に写しこむと「こんなもの?」という程度にしか
写らないのでした。

ま、腕の問題もあると諦め、買い物に戻ろうと少し
移動すると、思わぬ絶景がありました。

暮れの空とイチョウ
暮れの空とイチョウ posted by (C)sasama_tea

普段は極力人工物を写し込まないようにしているのですが、
たまにはこのような写真も楽しいです。

どんなものでしょう?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから






最終更新日  2007.12.24 10:18:00
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.