房総の片隅に佇むものの詩

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

愛すべき里山

2008.02.14
XML
カテゴリ:愛すべき里山

富士山
昨日の猛烈な風の影響で、もしやまた富士山が見えるようになって
いるのではと日中に思いを巡らせていましたが、その後そのことを
すっかり忘れて帰宅の途につきました。
家に着き、ふらふらと夕焼けの赤い色に吸い寄せられるように散歩に出て
みれば、太陽も沈みきった地平には小さいながらも、その威容を示す富士
の姿がありました。
露出時間が2秒の手持ち撮影ではきれいに撮影できませんでしたが、
千葉から富士山を拝ませていただきました。

さて、本題へ入ります。

かつての里山は、自然を人が管理するという、
ある意味で自然に対する暴挙や冒涜のような
行為が行なわれているような場所とも捉えられ
てしまいそうですが、さにあらず、人と自然が
上手く共生している場所であったというのが
都合の良い感覚のようでも、人が里山を作り
上げる中で、人は自然との位置関係を自ら
学んでいたのだと私は思います。

植物や虫、鳥、様々な生物が、いつの間にか
里山に入り込み、人の作り上げた環境に順応
しながら、現代人が頭に思い浮かべるような
「自然に対するイメージ」みたいものを作り上げ
てきたのでしょう。

とどのつまり、今叫ばれている「自然を大切に
というスローガンの中の「自然」とは、地球上の
人為的でない不変の事象ではなく、あくまで人が
この地球上に作り上げた妄想みたいな存在なの
です。

「里山の自然」とは、紛れもなく「人為的」でしか
ない訳です。
ただ念のために申しますが、私は里山が大好き
です。否定する気は毛ほどもありません。
今でも残されている里山を守りたいのです。

それでは、こちらの写真をご覧ください。

シュンランの悲鳴
シュンランの悲鳴 posted by (C)sasama_tea

こちらをご覧になっただけでは、いったいどのような
意味の写真かお分かりにならないと思います。

じつは、写されているのはシュンランの痛めつけ
られた姿でして、おそらくこのまま放置すれば消えて
なくなってしまうほどのダメージを受けている状態
でした。(球根までえぐられていました。

見た目を重視するあまり、放置され続けて久しい
里山の一部に鎌を入れ、なぎ払い、植物のほとんど
を消し去りました。
年々そのようなことを繰り返すうちに、既存の植物の
ほとんどは消え去り、さらに草刈りを続けたために、
遮るものがなくなって木々の落ち葉も風に吹き飛ば
され、直下の地面は土がむき出しになり、徐々
に乾燥化していきました。
いつの間にか、残された木も体力を失ってバタバタと
枯れて倒れる頃には、林内には大量の帰化植物が
蔓延(はびこ)っていて、それを刈り取るために無駄な
労力と資金を浪費している次第です。

長くなりましたが、そのような時間の流れの中で、
住宅地のど真ん中に残された小さな里山の景観は、
急激にただの公園もどきに改変されて、その過程で
シュンランや数種のラン類、イチヤクソウ、スミレ、
リンドウ・・・その他諸々、何もかもが失われました。

その場所で現在確認できるシュンランは片手で足り
ます。
かつてはたくさんありました。
もちろん、別の場所へ行けばシュンランなどはまだ
まだ見られますが、もっと人に近い場所になくては
まるで意味が無いのです。
悲しいかな、そのような感覚が現代人の多くには
欠けているし、伝えようにも、のれんに腕を押し
付けているようでしかないですね。

草を刈るにも、相手が生き物であるという感覚を
持つことはできないのでしょうか。
人が絶滅に追いやった種は数知れず、それでも、
その過ちが収まる気配はありません。
人がレッドデータに載るのも、そう遠い未来でも
ないのかもしれませんね・・・。

絶滅種の件が冗談かそうでないかはうやむやに
しますが、先ほどのシュンランを放置する訳にも
いかず、結局を手を出してしまいました。
今は私の手許にいます。養生させるつもりで、
持ち帰りました。
もしもこのシュンランが花を咲かせるほどに回復
し、そのときまだ帰る場所が残されているならば、
再び自然に帰します。

残されていれば・・・ですけれど。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングへの投票はこちらから

訳の分からない文章でしたら、ごめんなさい。







最終更新日  2008.02.15 01:47:08
コメント(4) | コメントを書く


2007.12.18
カテゴリ:愛すべき里山

コナラの紅葉
コナラの紅葉 posted by (C)sasama_tea

気が早いかもしれませんが、新年の足音が聞こえそうな
状況になってきたように感じます。
ただ、自然の様子を見ている限りでは、未だに秋が
居座っているようにしか見えないため、季節感は
どこかに置き去りになっているようです。

イチョウの並木も寂しい姿になってしまっていますが、
山の木々の中には、今まさに紅葉のピークを迎えている
ものも少なくはないのです。

ここ数日は、朝の寒さもかなり堪えましたし、
気づいたときにはあっという間に落葉しているのでしょうか。

私はといえば、そろそろ枯れる寸前?
ふゅぅ、もう少し頑張ります。







最終更新日  2007.12.19 00:33:23
コメント(8) | コメントを書く
2007.11.25
カテゴリ:愛すべき里山

最近、夜になると突然眠くなってきて
パソコンを用意したまま眠ってしまっています。
ダメですねぇ。

ところで、今日は暖かいというより、場所によっては
暑いと感じるところもありました。
虫も寒さで消えるどころか、気温の上昇とともに
更に活動を活発にさせているのではないかという
ような状況でした。

赤トンボもイトトンボも、チョウも飛び、ハチもブンブン。
そういう訳か、こんな子達もピョンピョン、ゲコゲコ、
元気いっぱいに飛び跳ねていましたよ。
ニホンアマガエル 07/11/25
突然変異か、緑の色素が抜けた白っぽいニホンアマガエルです。
追いかけ回して、ようやく取れた1枚の写真でした。

ヤマアカガエルも元気で、それらを捕らえるためかヤマカガシも
見つかりました。
冬はまだ遠いということでしょうか?

畦には、ノゲシやホトケノザの花が咲き誇り、そこにはキチョウが
舞っていたりで、暖かさに浮かされ、頭はトリップしてしまいそうでした。

気温は暖かいですが、気分的には薄ら寒さを感じています。
ただここでは、とりあえず黙っておくことにしましょう。
(冬来ずとも、春遠からじ・・・)

人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングの投票はこちらから






最終更新日  2007.11.25 18:29:02
コメント(4) | コメントを書く
2007.10.21
カテゴリ:愛すべき里山

くたくたで、2日ほど更新をサボってしまいました。
ようやくやる気が戻ってきましたので、何を題材にとしようかと悩んだ挙句に
きっと嫌われ者となのだろうなぁ、と思いつつもこんなものを選んでみました。


気温が下がり始めたせいでしょうか
最近あまり見かけないハ虫類の姿です。
ただ足元の音に驚いたのか、小さいニョロたちが
右往左往している様子をときどき見つけています。


先日やっとのことで、そのニョロを追い詰め
動かなくなったところで記念撮影したのが下矢印の写真です。
ヤマカガシ 07/10/14
ニョロの正体はヤマカガシの幼体で、あまりしつこく
追いかけたために、食われまいと偽死の行動に出たようでした。
そう、ピクリとも動かなくなってしまいました。


長い体をクネクネと折り曲げ、頭を地面に伏せたまま動かなく
なってしまったヘビくんは、一体何を考えていたのでしょうね。
そのまましばらくこちらもじっと観察していると
食われないと安心したのか、ゆっくりと去っていくのでした。


ヘビが好かれることも少ないのでしょうけれど
観念したような表情と、そのつぶらなお目々が印象的でした。


なお余談ですが、ヤマカガシの産卵は初夏だそうで
そのせいでこの時期に幼体を見かけるのですね。
ヤマカガシの幼体の首元には黄色の帯があります。
フォト蔵に大きなサイズの画像を用意しましたので
興味がおありの方はそちらでご確認ください。


フォト蔵ヤマカガシ幼体


特記事項:ヤマカガシは毒を持っています。
性格は大人しいのですから、やり過ぎないように。


ヘビといえばカエル・・・なのかはさて置きますが
カエルも追い詰められると偽死の行動に出るようです。
ニホンアカガエル 07/7/8
撮影は7月8日になりますが、逃げるちっちゃいカエルを
捕らえてみると、ヘビのときと同様に動かなくなってしまいました。
かしこまったように体を縮め、身動きひとつ無し。
かわいいもんですよ。


ところでこのカエル、このあと1分くらいでもぞもぞと動き出し
ぴょんっと勢いをつけて逃げていきました。
危険さえなければいいという訳です。とどのつまりは
ヘビもカエルも似たもの同士・・・何となくおかしいですね。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】






最終更新日  2007.10.21 01:58:29
コメント(4) | コメントを書く
2007.05.07
カテゴリ:愛すべき里山
 長い間諦めていた花を、今年ようやく見つけることが出来ました。
 自生地が消失してしまったと思い込んでいたのですが、
その植物が残されている場所は、辛うじてあったのでした。


イカリソウ(05/04) 十数年前、まだ房総のこの地に自然がそれなりに残されている頃、どんな植物が観察出来るのか、あちこちの藪の中を探索していました。

 その頃は、まだまだ知識も乏しく、見るもの全てが未知の存在に思えていました。

 この花も、初めて目にしたときには、感動のあまりにその場を動けませんでした。

 その名はイカリソウメギ科⇒ちなみにメギとはこんな植物)。
 花の形状が船の『イカリ)』に似ていることから名づけられたそうです。



 吊り下げられたその姿は繊細で、大胆な造形には賛辞を送りたい気分です。

 ちなみに、左下に載せた画像は斜め上からのものです。
 どこから眺めても、風情のある花ですね。



イカリソウ(05/04) こちらは、完全に開き切る前の花を、真下から撮ったものです。

 暗い場所での撮影と、逆光の効果で少々不鮮明な画像になってしまいましたが、この花のおもしろさが伝えられましたでしょうか?

 中心から外側に長く突き出たものは距で、先端付近に溜まった蜜が透けて見えています。

 どのような虫がやって来るのかは見たことがありませんが、蝶とか蛾の類なのでしょうね。






 さて、当時、このイカリソウを初めて見た場所のすぐ脇には、
家庭から出されたゴミの数々が不法に投棄された現場がありました。

 その花を見られた感動とは裏腹に、
言いようのない不安を感じたことを今でもおぼえています。

 そして1年後、それが的中したかのように、森の中で建設重機が動いているのが確認され、
気づいたときには、であった場所には不自然なが出来上がっていました。

 当時は建設残土の存在も知らなかったために、突然の環境の変化を目の当たりにして、
人間のの部分を見せつけられたような酷い寒気を感じた訳です。


建設残土の山の上から(04/22) そのときから長い間、その場所には近づきませんでした。
 何もかもがなくなってしまった現場を、その事実を確認するためだけに訪れることに拒絶感があったためです。

 ただ、こうしてカメラを手にして、現状を見ることも必要と思い、そこで撮影した写真が左です。

 木の生えている場所から私の立つ場所までは約5m程度。
 そして、木の生えている場所から垂直下方に10m程度の辺りまで、谷津と呼ばれる谷の地形があり、そこでイカリソウを見つけたのです。


 この残土の山の頂上は水平になっていて、
小さな体育館くらいは乗ってしまいそうな広さがあります。
 この場所に投棄された残土の量がどの程度なのか、
想像も出来ませんし、想像することすらしたくないです。


 更に、こちらもご覧ください。

残土の脇に投棄されたゴミ


 建設残土と木の生えている境界で撮影した写真のごく一部ですが、
左にはウレタンボードのゴミ、
右には接着剤か何かの缶と新しいコーヒーの空き缶が写されています。

 他にも、木屑、ビニールシート、工事現場で飲み食いした後のゴミ、
果ては、最近捨てられたような代物まである始末。


 それらに押し潰されて、イカリソウのみならず、
数種類のラン科植物をはじめ、生き物を育む環境があっという間に消えてしまいました。

 環境保護を叫ぶ方とは一線を画するために書きますが、
ここで滅した数々の生命を返せとは言わず、
この環境が存在することにより、人の存在もある程度は保障されていたのではないかと、
真剣に思っています。

 つまり、
自然を壊すということは、自分の身を削って腹を満たしているようなもの
と考えられないか、そんなふうに思います。




 幸か不幸か、今回イカリソウを見つけたのは、この場所のすぐ近く。

 建設残土の山がカモフラージュになっているのか、
そこから奥には、最近人が入り込んだ形跡はありませんでした。
 杉の植林もありますが、完全に忘れ去られた存在のようです。

 この先、イカリソウの咲く場所が、投棄の現場になることもあるのかもしれません。
 今の私には見守ることしか出来ませんが、くれぐれも、
持ち去るようなことは避けてください。お願いします。


 もしもご入用でしたら、下記のような山野草専門店でご購入願います。
 ちなみにそちらは、楽天市場のアフィリでもなく、ただの外部リンクです。

  四国ガーデン (下方の『メギ科-イカリソウ類』の項目を選択

 それと、『山獲り』と称する露天でも購入しないように。
 彼奴らが、盗掘の元凶なのですから。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちからお願いします。






最終更新日  2007.05.07 02:41:09
コメント(4) | コメントを書く
2007.05.04
カテゴリ:愛すべき里山
 今日は、いつもとは毛色の異なる写真をお見せしましょう。

 場所は谷津田の脇を流れる小さな流れの中。

モリアオガエルとヌマエビの仲間(04/29) 撮影した谷津田には、水田に引き込まれる用水路とは別に、貯水池から溢れた水を誘導する深い側溝がありました。

 現在は水田に水を引き込むために主体は前者になっていて、仕切り板で堰き止められた水流は後者には殆ど流れていないため、写真のように、底をちょろちょろ流れる程度の状態になっていました。

 その側溝に近づくと、水面を波打たせて逃げる、何かの生物の存在に気づきます。

 初めは、オタマジャクシあたりと考えていましたが、よく見れば、透明な体の何か…エビでした。
 お分かりになりますか?


 この写真は、2度目に訪れたときに撮影したもので、
近寄った私に驚いて水の中に飛び込んだカエルと共に写したものです。

 後で調べてみると、目の後ろに黒い模様がなく、水掻きの発達具合などから、
そのカエルはモリアオガエルのようでした。

 脅かすつもりはなかったのですが、警戒して水に潜ったまま、
私が立ち去るまで、水面から顔を出すことはありませんでした。
 ごめんよ。

 ただ、目的のエビの隣りに並んだ光景は、ちょっとおかしな光景でした。



ヌマエビの仲間 そのエビの姿を見てみたくて、実際に捕らえてしまいました。

 大した苦労もなく、そのエビを捕らえることが出来ました。
 直後は、ぴちぴちと跳ねて抵抗していましたが、水から引き上げられて息切れしてきたのか、すぐに大人しくなってしまいました。

 軍手の上に乗せて写真を撮ってはみましたが、淡水性のエビの種類は予想外に多く、私には特定するのは困難なようです。


 私の子供時代には、水生生物もたくさんいて(サワガニ、タガメ、メダカ等々)、
遊び相手にもなってもらえました。

 現在はどうなのでしょうか?
 家の周りには人工的なものばかりで、「危ない」を理由に子供は束縛され、
人以外の事象に触れる機会は、どれほど残されているのでしょうね。

 少しの力で潰されて、はかなく消えてしまう弱い命のあることを、
知らずに育った子供の行く先は、一体いずこへと向かっているのでしょうね。

 どこへ向かわせたいのですか?


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちらからお願いします。


「食べられるのかな?」と考えてもみましたが、
そこまでするほど切迫していませんので、試してはいませんよ。






最終更新日  2007.05.04 02:16:26
コメント(12) | コメントを書く
2007.04.28
カテゴリ:愛すべき里山

 うーん、やりたいことと実態が噛み合わず、少しばかり右往左往しています。
 とりあえず今回は、アケビつるについての画像をご紹介します。

 では、まず「つる」のほうを。

アケビのつる(04/07) 荒れる里山の象徴として、アケビのつるが木に絡み付き、その木をことごとくいじめている様子を以前にご紹介しました。
 こちらの様子も凄まじいものがありました。

 それなりの太さの木に絡みついているアケビのつるは、どちらがアケビか分からないほどに生長しています。


 さて、2本のアケビのつるが絡み付いているのですが、どれがそのつるなのか、お分かりになりましたでしょうか?

 このアケビのつるは、男の私の腕よりも遥かに太く、どのようにしてこのような状態になったのか、全く理解が出来ませんでした。


 想像するに、おそらく初めに巻き付かれた木は既に枯らされてしまい、アケビのつるが支えを失って倒れたところに偶然にも写真の木があって、倒壊せずに済んだのかもしれません。



 その場にたたずみ、凄まじいアケビの気迫に負けて、
ただその光景を眺めてしまいました。

 これほどの芸術、伐れませんね。




同族で絡み合うアケビのつる(04/07) こちらは迫力こそありませんが、妙な状況ですよね。


 他に掴ることが出来ないアケビのつるが、同族のつるに絡み付き、くんずほぐれつ、互いに締め付け合っています。

 どちらも苦しいと思います。





参考までに、過去のアケビのつるに関する記事へのリンクを置いておきます。
以下の記事にはフォト蔵経由の画像を使用しているため、画像が表示されない場合もあることをご了承ください。


 ★ 2007.02.16
 ★ 2007.02.17
 ★ 2007.03.09







 そして、アケビの「」です。
 撮影日は4月21日、そろそろアケビの花も終わっているかもしれませんが、
とりあえず2種類の画像をご覧ください。

アケビの花(04/21)

 左側は受粉も終えて、がく片花弁ではない)も落ちてしまった様子です。
 傷んだバナナのようなものは、秋にはあのぱっくり開いた果実となる子房の部分です。
 花の後には、こんな姿をしているのですね。


 右側はアケビの花なのですが、何かおかしなところが見つかりましたでしょうか?
 アケビの花にはふつう3枚のがく片がついているのですが、
この花、なんと、がく片が4枚ありました。
 おなじ株の中にも、もうひとつ同様な花がありましたから、
一定の条件を満たすと、変わった形の花がこの株の中では咲くみたいです。

 おもしろいですね。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちらからお願いします。






最終更新日  2007.04.28 03:00:09
コメント(10) | コメントを書く
2007.03.18
カテゴリ:愛すべき里山

洗濯板のような雲 昨夜の突然のメンテナンスから狂ってしまい、今頃このようにして書いています。
 そういうことで、今日の日記は簡単なものにします。


 さて、この写真は、移動途中に見た妙な雲です。規則正しく、細かく帯状の雲が並んでいます。

「まるで、洗濯板のよう」って、洗濯板がお分かりにならない方も多いかもしれませんね。
 かく言う私も、使用したことはありません。





 そして、もう1枚の写真でとりあえず締めます。

ツクシとスミレ
ツクシとスミレ posted by (C)sasama_tea

 今日の天候はすっきりした晴れ間でしたが、まだ風は冷たいままでした。
ただ、谷津の中では風が弱められて、日差しの温かさだけが感じられる楽園のような状態でした。

 谷津田の周辺を見回してもそのことが窺えました。
 あれほど咲き誇っていた外来のタンポポは鳴りをひそめ、
代わりに春の日本産のタンポポが目立つようになっていました。

 写真のように、ツクシが姿を見せ始め、
いつの間にかノジスミレも目立つようになっていました。

 もう、春です。心が騒いで仕方がありません。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちらからお願いします。

 日付が変わったところで、翌日の分もまた書きます。






最終更新日  2007.03.18 22:40:43
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.13
カテゴリ:愛すべき里山

(えぇ、駄洒落ですので、笑って許してください。)


枯れ木の上のコケ
枯れ木の上のコケ posted by (C)sasama_tea

 雑木林で見られた、枯れ木の上を好むコケです。種類は分かりません。

 どこにでも生えていそうなコケですが、意外にコケは種類ごとに住み分けているようで、
土の上、木の上、枯れ葉の上など、その種類が好む場所はまちまちなのですね。




ニワトリ こちらは、こけーっという鳴き声のニワトリです。

 森の中に続く小道の入り口付近に、人を恐れる訳でもなく、何となくそこにたたずんでいました。

 飼育していたものが逃げ出したのか、それとも飼い主に捨てられたのか。
 どちらにせよ、その場所には似つかわしくない存在でしたが、私にはどうにも出来ない問題でした。

 彼は今頃、どうしているのかなぁ。








 と、下らないことにお付き合いさせてしまいましたが、この先が本題になります。

コケリンドウ(03/10)

 この植物をご自分の目で直にご覧になられた方は、どのくらいいらっしゃいますか?

 小さな、小さな、ご存じない方々に踏みつけられることも数知れず、その植物はそこに存在しています。

 その小ささがご理解いただけるように、隣りに1円玉を置いてみました。
 いかがでしょう?

 正体は?


 

 このアフィリのような多年生の秋咲きのリンドウの仲間ですが、
写真のものは2年生の春咲きのリンドウで、コケリンドウという種類になります。
 明るい草地が大好きな植物です。開花は、4月前くらいでしょうか。


 実は、このコケリンドウの自生地、
昨年の工事の際に全滅してしまったのではないかと諦めかけていましたが、
しつこく探し続けた結果、何とか一箇所だけ見つけることが叶いました。

 おびただしいほどの個体数が確認出来たはずでしたが、土の表面の殆どを改変したため、
2年草のコケリンドウにはかなりの打撃を与えたようです。
 千葉県のレッドデータでも『要・保護』の扱いを受けているはずなのですが、
自然保護とは名ばかりで、実体はこんなものです。

 このコケリンドウを栽培して、元の環境に返すことも試したいのですが、
リンドウの仲間は、土壌中の菌類と共生しているらしく、容易には栽培出来ません。
 一度だけ挑戦しましたが、見事に失敗してしまいました。

 この同じ場所には、リンドウ科のセンブリ(2年草)も自生していましたが、
過度の草刈りが災いしたようで、数年前、完全に姿を消してしまいました。



 見えないものが無くなったとしても、そこに喪失感は生じませんが、
その結果は、見えない災いとして我々の身に降りかかることになると思います。

 たまには膝を折って、いつもと違った世界を覗いてみるのも、悪くはないですよ。
私が置き忘れた、1円玉が落ちているかもしれませんし。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちらからお願いします。




 余談ですが、春咲きのリンドウが寄せ植えされたこんなものもありました。
 今なら、まだ開花に間に合いますよ。


春の寄せ植え(リング鉢)【送料無料】 17,010円

春りんどうの寄植え 2,940円






最終更新日  2007.03.13 02:07:48
コメント(10) | コメントを書く
2007.03.11
カテゴリ:愛すべき里山
 本日は、寝過ごして遅めの出発となった散策で見つけた、
「早過ぎ?」の春の花たちの写真をお見せします。


枝垂れ桜(03/10) まずは無難に、公園に植栽されていた枝垂れ桜(種別不明)の開花寸前の様子です。
 今週中には、間違いなく開花しますね。

 今までこの公園で観察することがなかったものですから、この桜がどの時期に花を咲かせていたのかが不明ですので、とりあえず、「早い・遅い」などの評価は保留させていただきます。

 この花が咲いたときには、是非見に行きたいです。続報まで、お待ちください。




 そして、場所を雑木林へ移します。
 暖冬の影響は色濃く表れているようで、思いがけない花に出会いました。

クリックすると大きくなります
クヌギ('07/03/10)
クヌギ('07/03/10) posted by (C)sasama_tea

 同定に自信はありませんが、下に落ちていた枯れ葉から、クヌギの花が咲こうとしている様子のようです。
 本来は4月以降に、新葉の展開と同時に咲くのがふつうのようですから、2週間くらいは早そうです。

 写真の左側に見える「とうもろこし」状のものが雄花
右側の中央寄りにある、赤い「ふさふさ」のものが雌花のようです。
3/25 訂正赤い綿状のものは、クヌギハナカイメンフシと呼ばれる虫えいで、
クヌギハケタマバチが雄花序に寄生したものなのだそうです。失礼しました。


 何か、不思議な花ですよね。



 そして、不思議な花ということなら、こちらも負けていません。



ミツバアケビ(03/10) 説明なしで、お分かりになる方はどの程度いらっしゃるのでしょう。

 こちらはミツバアケビの花になります。

 そう、私が散々「里山を荒らす悪者」に仕立て上げている植物です。
 状況が切迫していなければ、アケビの花は興味を引くのに充分な資質を持っています。
 この状態ですと、まだ咲き始めでその様子が掴めないのですが、甘い香りがあったりして、結構癒しを与えてくれる花なのですよ。

 憎んだり、愛でてみたり…人間のエゴですね。




 そして最後になりますが、視線を地面へと移します。

タチツボスミレ
タチツボスミレ posted by (C)sasama_tea

 タチツボスミレです。

 スミレの花を探し回っていますが、ぽつりぽつりと咲き始めている程度で、
現状では、開花株はあまり多くはないようです。
 それと、遅い時期に咲くようなスミレ類はまだ見られませんので、
スミレ類に限っては、それほど「春色」は濃くなってはいないようです。

 その時期になって咲き始めてくれれば構わないので、
今のところは、はやる気持ちを抑えておきましょう。

 スミレの花が咲く頃♪、待ち遠しいです。

余談ですが、スミレとクヌギの写真は、レタッチ済みです。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングに参加しています。応援のクリックはこちらからお願いします。






最終更新日  2007.03.25 22:25:10
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.