308580 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

rikaの何気ない日々の記録

PR

Calendar

Category

Recent Posts

Freepage List

Comments

 rikako_geo@ Re[1]:蝉が鳴き始めました(04/05) リネイラさん >もう、セミが!! >そ…
 リネイラ@ Re:蝉が鳴き始めました(04/05) もう、セミが!! そして、もう海開き!…
 rikako_geo@ Re[1]:本日限定、本当の顔(04/01) はなこ39さん >美人と見ましたね~~~…
 はなこ39@ Re:本日限定、本当の顔(04/01) ご無沙汰しています。。。 んんん。。…
 rikako_geo@ Re:はじめまして(03/01) りえさん >情報提供ありがとうございま…

Favorite Blog

「心の中の物語が感… New! 森の声さん

おすすめ書籍 『洞天福地』 太乙さん

伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
精神世界の鉄人 精神世界の鉄人さん
書之時  華文字   華文字さん

Rakuten Ranking

Apr 4, 2007
XML
カテゴリ:パートナーシップ
明日から5連休なので、本日2本目ですが、今のうちにUPしておきます。


パートナーシップを深めるために、何をしたら良いのでしょう?


~女性から男性へのアプローチ~

パートナーシップの本などでは、「男には夢を語らせろ
などと書かれています。

男性が夢を語るとき、かなり大風呂敷を広げた壮大な夢(ロマン)を
語るものですが、その隣で「あ~、そ~、」と気のない返事をして
テレビを見ながら柿の種を口の中に放り込んでいたら、
駄目なんじゃないかな、やっぱり。

そのアホラシイ夢を、(形だけでも)目を輝かせて聞いてあげて、
その夢に対して、ちょっと頑張れば出来そうなくらいの
目標を掲げてくれる現実的な女性がいないと。



それと、男性は応援してくれる人がいないと走らない

以前、ヘッドハンティングをしている方に聞いたのですが、
男性の場合、とても良い条件の仕事を紹介しても、
十中八九、「家内と相談させてください」と言うそうです。
(逆に、女性は、その場で即決する事が多いとか。)



しかも、男性は同時に2つの事を出来ない

だから、「仕事」か「家庭」かの二者択一になってしまう。
男性にとって、子供をあやしながら、料理するなんて、もう神業に近いかも。^^)
(父親業で奮闘しているコメディ映画、沢山ありますよね。。。)


女性は、そういう男性の特性を踏まえた上で、
自分が幸せになるための、戦略を練らないといけないのでしょうね~。


~男性から女性へのアプローチ~

逆に、男性側からパートナーシップを深めようとした場合、
女性には決まったパターンがないので、苦戦することは必須~。

女性がヒート(発情期)に入ったところを、簡抜を入れずに攻めないといけない。^^)
でも、ちょっとでも外したら、噛みつかれます。

家には、犬がいるのですが、私たちが食事をしていると、
誰かが食べこぼしを床に落としはしないかと、
テーブルの下でジーっと待機しています。

このページの上から13番目の写真のような状態です。

テーブルの上の物を取ったら怒られるので、落ちてくるのを待つしかありません。
でも、落ちたらこっちの物とばかりに、猛烈に食いつきます。

で、何も落ちてこないと、吠えたりするのですが、怒られておしまいです。


この犬みたいに、女性がその気になるまで待つ

でも、これでは、消極的過ぎるので、、、、


女性のスイッチを入れるには、やっぱり、プレゼントかな~。
高価な物じゃなくても良いですよ。
密かに欲しいな~と思っていたものを、プレゼントされるとやっぱり嬉しい。
(欲しくないものをもらっても、嬉しくありません。当然ですが。)

それが記念日だったりすると、「覚えていてくれたんだ」
と、プラスアルファ―で嬉しいかも。


あとは、基本的にお姫様みたいにチヤホヤされたいから、
重たい荷物を持ってくれるとか、ドアを開けてくれるとか、
いわゆるレディーファーストと言われるもの。


それと、女性の視点はミクロ的なので、小さな気遣いにぐっと来ますね~。
タイミングを見計らって電話をかけてくるとか、さりげなくデートの支払いをしてくれるとか。
女性がゲイに惚れてしまうのも、その細かな気遣いに惹かれてしまうのだと思います。


また、女性の意見は社会で否定される事が多いので、
せめてパートナーとの間で自分の意見が通ることもポイントが高いです。


こうやって書いてみると、女性は*特別扱い*に弱いかも。


スピリチャルの世界でも、
男性は「俺が世界を救ってやる~」というロマン系が多いですが、
女性は、「私はスペシャルなのよ~」と言いたがるような気がします。


まあ、例外もあるので、小さなトライ&フェイルを
繰り返して信頼関係を築くしかないかも知れません。








Last updated  Apr 4, 2007 07:45:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
[パートナーシップ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.