668825 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

詩音のスピリチュアルな日々

PR

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

プロフィール


SHION

お気に入りブログ

4度目のホスティン… 矢尾こと葉♪さん

シンクロニシティを… 渡邊 愛子さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.09.09
XML
カテゴリ:ひとりごと
9か月振りに、ブログを書いてみようと思いました。
スピリチュアルカウンセラーとして、ずっとお仕事は続けておりますが、
宣伝する欲求や気力がないために、なかなかHPやブログが更新できません。
久々にHPをあけてみたらトップの文章は元旦に書いたものでした。
さすがにもう更新しなきゃと思ったけど、しばらく前にパソコンが壊れて新しく買い替えたために
前にHPの修正で使っていたソフトがなくなっていたのでした。
使い慣れたソフトでないと、勝手が違うのでうまく修正、更新が出来ません。
こまった。
で、とりあえずHP本体の修正は一旦諦め、ブログを書くことにしました。
せっかくだから、この時点での自分の思っていること、考えていることを
記録として書いておきます。
さて、いきなりですが、私がここ10年以上熱中してしまっている趣味は「合唱」です。
こんなに、はまるとは全く想像もしていなかったのですが、
合唱を続けたくなるような人たちとのご縁が次々と出てきてしまい、
気が付いたら、私の生活の中心ともいえる活動になってしまいました。
と言っても、私は歌い手としてはプロではないし、
自分の音楽的才能や経験からして、身の程は知っているので
音楽や歌やその仲間たちとの関わりの中で、
裏方のお仕事をさせていただきながら、
これからも生きてゆけたら幸せだなあと思っています。

前にも書きましたが、私は、およそ35歳位までは、精神的にとても追い詰められた状態で
波乱万丈ともいえるような経験の中で生き延びてきたので、
だいぶ変わった人間になってしまっています。

感受性の強い、人格形成がされる10代から30代半ばまで、
「生きるとは何か?なぜ生きなければならないのか?」というような問いの中でぐるぐる回っていて
世の中とあまり交わらない生き方をしてきたせいで、変な人になってしまったようです。
でも、変な人というのは特に自分を卑下しているわけでもなく、
少数派の人という程度の意味なんですけどね。

普通の人たちの楽しみや喜怒哀楽は、多く耳にしてきましたが、若い時には感覚的には分からず、
ようやく私も年を取り、そして、合唱を通じて多くの一般人と関わり、見聞きし、
人間としての経験が増えるにつれ、普通の人たちが理解できるようになってきました。
わたしも後、数年で私も還暦を迎えようとしています。

とにかく、自分が「宇宙人」で、この「地球」に旅行、あるいは探査に来ている
という感覚が一番フィットして、居心地がよいという変人です。

30代位までは、毎朝目が覚めた時に、「また地球に戻ってきてしまった」
と思っていたのですが、今はそんなことは思わないほど慣れました。

ただ、大勢の地球人たちと一緒の飲み会やら懇親会やらだと、
「あああ、やっぱり私は宇宙人だったんだ」
と忘れていたことを、はっきり思い出してしまいます。

ところで、あのBOSSのコーヒーの宣伝の宇宙人ジョーンズのストーリー
本当に面白い。彼の気持ちとっても共感できそう。

https://www.youtube.com/watch?v=w8scSuFB6cM

これ、YouTubeで見かけましたが、とってもうけた(笑)
私の宇宙人度もまだまだだな。






最終更新日  2019.09.09 12:56:09
[ひとりごと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.