640692 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

詩音のスピリチュアルな日々

PR

カレンダー

バックナンバー

2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月

プロフィール


SHION

お気に入りブログ

セルフラブとインナ… 矢尾こと葉♪さん

シンクロニシティを… 渡邊 愛子さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ひとりごと

2018年11月13日
XML
カテゴリ:ひとりごと
つい先日、父がついに九十歳の誕生日を迎えた。
九十年間、連続して生きるということは、そして同じ肉体を使い続けてゆくのは、
どんな感じなのだろう?
八十歳を過ぎて、少しづつゆっくり自由がきかなくなってゆく身体。
それでも気持ちは意外と若いままにも見える。

この時代に生まれ、この国に、この地域に住み、
この環境の中でこの人間関係の中で・・・・

あれこれ思ってゆくと色んなことがあまりに限定されていることに気づく。
今のこの自分の立ち位置や経験からして、自分が見えているものは
無限とも思える星のひとつ、大海原の底の砂の一粒程度なんだろうな。

こんな限定的な制限された視野を持って
しかも、毎日何かを決めて対処して選択して行動しなければならないなんて
考えてみたら、ずいぶん危なっかしいことをしている。
ところが、私たちはあまりに視野が狭いので、逆に恐ろしささえ感じられない
それは救いでもある。
例えば今の自分が三十年前の自分と話す機会があったら、
夜通し、こんこんと説教したり注意したい気になる。
そして、説教したあとは、とにかく励まして安心させてあげたい気もする。

若く、人生経験が少ないことは、視野が狭いひとつの理由にはなるけど、
どの時代も、この制限された感覚や視野を超えて、
つまり、世俗的、一般的な常識という枠を超えて、
ちょっとだけ視点を変えて生きていくというのは、それなりに困難が伴う。
だから、多くの人(特に日本人は)常識の枠内で生きることを選ぶんだろうと自分なりに理解している。

その困難は、変わり者と自他共に認める私自身も少しは知っている。
が、私の場合はあまりに感性が違いすぎるのか、朱に交わることができない。
それでも過去はもっともっと違和感と生き辛い感覚があったが、
加齢と共に徐々にこの環境に慣れて大変さを感じ難くなった気もする。
それと同時に、目の前の人とより深く関われるようになったし、
ある面、楽しいと思える時間が増えた。

他の人間についての理解がより深まり、共感できるようになったともいえる。
これは、人と深く関わる立場のカウンセラーとしては必要な要素。
だから、仕事を通じて学んだことのひとつなのだろう。

だが、もうひとつ必要なのは、皆がいるこの海の中にどっぷりと漬からずに
別の視点、海面から上から眺めている意識。
それもカウンセラーとしては必須だと思う。
特に私のような、スピリチュアルと余計な名前をつけてしまったカウンセラーならなおさら必要になる。

その俯瞰している意識に焦点を合わせると、
全く違うものが見えてくるので、それをどう世俗に生きる自分に統合してゆくのか。
それは、すぐに答えが見つかるものではない。
そして、私は多分、その課題に長年取り組み続けている。
常に頭と心を悩ませながら、時に楽しみながら。

一生を通じてこの2つの視点、くだけて言えば世俗とスピリチュアル?
のはざまで行ったり来たり、ミックスしたりを
やり続ける運命にあるのだろうと思う。

話は戻るが、父、いや私の家族全員はおおむね、
スピリチュアルなどどいう如何わしいものを忌み嫌い、
世俗の観点や常識意識が強いごく普通の人たちなので、
突然変異とも思える常識が通じない価値観をもつ私の出現に、
おどろきながらも、ずっと付き合ってそして心配してくれている。

そして、この家族のサポートのお蔭で、
私も多少なりとも地に足をつけて生きていられるのだから、
本当に感謝しかない。
九十年間この世で頑張ってきてくれた父に、改めて感謝の気持ちを伝えたい。

「よく頑張って生きてくれて、ありがとう!」
(実際に私は頻繁に口に出して本人にも伝えている。その位しか出来ないから)






最終更新日  2018年11月13日 14時17分32秒
2018年07月23日
カテゴリ:ひとりごと
さて、この異常気象の中、
霊界にも大きな変動?
そろそろ、私も動き出さないといけない感じ。

日々の生活の中で熱中することがあれこれ多すぎて
ブログを書く意識がうすれてしまいました。
すみません。

でもそろそろ文字が書きたくなってきました。
近いうちにちゃんと文章書いてUPします。

詩音






最終更新日  2018年07月23日 15時06分43秒
2018年03月24日
カテゴリ:ひとりごと
1月6日に更新して以来の3か月半ぶりの書き込みです。
発信者としては、あまりに怠惰で失格ですね。。。。
日々、つれづれ思うことはあるのですが、
「書いて発信する」ということになかなか気がまわらず
やはり、一対一で対面、あるいは電話かネットでつながった人に
お話ししてゆくというのが自分には一番合っているみたいです。
そして都会での忙しい生活の中で、なかなかゆっくりものを書くという作業ができずにいるのかもしれません。
そろそろ変わる時期に来てるような、そうでもないような。変化はいつも突然始まりますから。
最近の私の生活の変化といえば、昨年11月にガラ系と言われる携帯から、ついにスマホに機種変更しました。
私は家の中ではパソコンばかり見ていて、事務的なこともほとんど全てパソコン使うので仕方ないのですが、
できたら、外出している時位は、ネット環境から離れたかったので、ネットにつながらないガラ系携帯を愛用してました。
それでも、ガラ系携帯では出来ないことが色々増えてきてしまって、色々支障が出てきてしまったので、仕方なくスマホに機種変更。
スマホを持ってみて3か月ですが、スマホは便利ですからね。やっぱり私もスマホ依存状態になってる気がします(苦笑)
なんとなくいつも手に持って画面を眺めてチェックしてしまいます。
まずは、使い方もよく分からないために、長時間いじらないと目的の操作が出来ません。
電話がかかってきても、普段、着信音を消しているので、なかなか気づきません。
でも、時代の波ですからね。使わない生活には戻れない感じなので、あとは慣れるしかありませんね。
スマホにして、いい意味で変化したのは、
「特定の場所に縛られない感覚」を得られたことでしょうか?
今までネット環境は自宅にしかなかったのに、スマホがいつもネットにつながるので、
自宅と似たような環境が得られます。
生活スタイルが変わってきますよね。
そんなこんなで、最近は遅ればせながら、時代の変化の中でジタバタしつつ、なんとかまだ生きている今日この頃です。






最終更新日  2018年03月24日 15時13分30秒
2018年01月06日
カテゴリ:ひとりごと

2018年です。
あけましておめでとうごさいます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今のこの時代、インターネットにちょっと苦手意識があり、時代に乗り遅れたおばさんになってる今日この頃ですが、昨年末にいよいよスマホテビューもしたし、今年は頑張って思うことを出来るだけ文字に書き記してみようと思っています。
自分ひとりの心の中で思っていても、テレバシーだけだと人に伝わらないし(当たり前か)

自分自身のことは、相当な「変わり者」だと自覚があるので、人とはあまり交わらず、溶け込まずに生きてくるしかなかったのですが、2017年(昨年)はすいぶん頑張って、この社会の中に溶け込む練習をしてみました。

その結果は、だいぶ普通の人たちとお近づきになれた気がするる。いや、錯覚か?まあいいや。人はみな温かく親切ですね。私は人間が好き。このままいましばらく人間として生きて色々体験させてもらおうと思います。

変わり者=この世の常識とは違う感覚で生きてる。からこそ可能なのかもしれない「スピリチュアルカウンセリング」ですが、これは自分の天職(神様からいただいたお役目)だと思っています。だから、自分がこの世からいなくなるまで続けます。

クライエントがいようといまいと全く関係なく、「カウンセラー」というのは私の「在り方」そのもの。
私は根っからの「カウンセラー」で、いつもその立場で人と関わり、その視点で物事を考え、感じてるような気がします。だからこれは職業じゃないんですよね。根っからの「役者」とか「絵描き」とかそういう種類のもの。

しかもただの「カウンセラー」じゃなくて「スピリチュアルカウンセラー」です。かなり怪しい。うさんくさい。説明しようがないです。が、無理して説明するとすると
「人間的」ではなく「魂」の視点で物事を観るクセがあるぶっとんでる人のことです。半分この世にいて半分はあの世にいる感じ。浮遊してるので、地に足がついていないのは確かです。

という訳で、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

やっぱりなんだか考えてることをストレートに文字にすると変な文章だ・・・・(笑)

​​






最終更新日  2018年01月06日 20時09分28秒
2017年11月04日
カテゴリ:ひとりごと
深夜だけど、突然ブログが書きたくなって、
ちょっとだけ何か残しておこうかと。
仕事のHP
を久々に明けてみたら、TOPページのコメントが2006年のものでした。


まずっ。丸1年以上更新してないってことじゃないですか。
怠慢にもほどがあります。
急ぎ、更新しました・・・


だけど、「怠慢」って何だろう。
確かに、カウンセラーとして活動し続けているのだけど、
自由業なんだから、それを続けるのもやめるのも自由といえば自由。
カウンセラーとして、特にネット上で存在をアピールするのを怠れば、
「仕事が減る。」「クライエント」が私の存在を知らないので来なくなる。
という結果は当然といえば当然。

でも、それは誰かに迷惑かけるということじゃないしね。

人のご縁も含めて、起きることは、宇宙にお任せするしかないという考えに戻ってきてしまう。


カウンセリングやスピリチュアル系の仕事については、
この資本主義経済の世の中では、ちょっと一般的な仕事とは色合いが違う。
「エゴが活躍するとまずい」仕事なんだと、私は勝手に思ってる。


「エゴ」=「自我」=わたしという意識=自己保存欲求=損得勘定=損するより得したい
これは、一般的な世の中の仕組みそのものがそういう価値観の流れの中にあるので、
これに抵抗することは難しい。
買い物に行けば、やはり同じものなら安い方、
あるいは値段以上の価値があるものを買いたいと思う。

でも、目に見えない世界は、私たちの損得勘定が全く通用しない。
結局は、得ても失っても気にしないことにした。
多分そういうのが疲れないで生きるコツのひとつなんだろうと思う。
私はスピリチュアルな考えについて、無関心な訳ではなく、
日々、私なりに探究は続けているし、興味は尽きない。
そして、何よりこの「スピリチュアルカウンセラー」という仕事が好きで、
この仕事からあまりに多くのものを得ている。
だから、欲があるとしたら、とにかく死ぬまでこの仕事を続けてゆきたい。
話は変わるけど、今月11月中旬に長崎の知る人ぞ知る、超有名な喫茶店
「四次元パーラー あんでるせん」
という処に行くことになった。
どんな体験をしたのか、また是非このブログに書いて紹介させていただきたいと思う。
ではでは。。。。






最終更新日  2017年11月04日 02時55分00秒
2017年09月20日
カテゴリ:ひとりごと
​​
たまには、楽天ブログも書かなきゃと
常日頃思っているのに、今はまだ物書きモードになかなかなれず、
時間が過ぎてゆく。

9月の末に、カナダ在住の日本人の友人が2週間ほど帰国。
出来る限り2人の予定を合わせて、交流する予定。
似たような仕事をしているせいで
価値観もほぼ同じで、さらに彼女は私よりずっと勉強家。
スピリチュアルな情報をよく知ってるし、ほんとによく勉強してる。
お話しすると、私の意識もどんどん広がってゆくので本当に刺激的で楽しい。

待ち遠しい。


私は、ここ数年は、スピリチュアル・カウンセリングの仕事は続けていても、

いわゆるスピリチュアル系の講座に出たり、本を読んだりもしてない。

日常生活での興味が他に移ってる。



「自分の意志というエゴの部分で、自分の人生を選び、決めてゆく。」
という一般的な考え方や信念は私は持ってないので、
ただ、流れに任せて、気持ちの動く方向に流されていってるんだけど、
世間に馴染むカメレオンになるべく、勉強と訓練の真っ最中らしい。
時に疲れ果ててダウンするけど、ずいぶん人間らしくなった気はする。
すくなくとも表面的には。。。。

このステップが何につながるのか???
人生に全く計画をもたないので、先は全くわからないけど、
とりあえず、自分の直観に反することはしてない(というか出来ない)
ので、それで良しとしとこう。

また面白い展開があったら、このブログでお知らせしますね。

詩音
​​​​​






最終更新日  2017年09月20日 00時46分42秒
2017年09月02日
カテゴリ:ひとりごと




道に迷ってます。

右へいったらいいのか?
左へいったらいいのか?

そもそも正解などあるのか?

でも、迷っているという感覚だけははっきり感じてる。


もう一人の自分は、

でもそもそも迷うことなど出来るのか?

誰が迷うのか?

自我が、
幻想でしかない「自分」という自我が迷うのか?

すでに決められている道の上で、

迷いようのない道の上で、

迷うという感覚を味わうためには、一体何が必要なのか?

何を捨てたら、何を忘れたら、この「迷う」という感覚を味わえるんだろう?

今、成功しているこのコンディションを、意識的につくれるんだろうか?

いや、意識的になったら夢から覚めてしまって、この感覚が消えてしまう。

無意識だからこそ、この迷う感覚が味わえる。

そろそろ目を覚ましてもいいだろうか?

夢から覚めてしまうと、この切ない世界も消えてしまうんだろうか?

それは、寂しいな、もうちょっとだけ味わっていようかな。

多分、私たちが「目覚め」ないのは、そんな理由もあるのかもしれない。






最終更新日  2017年09月02日 10時30分46秒
2017年08月12日
カテゴリ:ひとりごと


今日は母とお墓参りに行ってきました。父は長時間の外出は難しいのでお留守番。私の母方の曽祖父に当たる人は宮城県にある古寺の住職の長男として生まれ、お坊さんをしていました。今は私の遠い親類の方がそのお寺の住職として跡を継いでいると聞いてます。

そのせいか、祖母は仏教的に信心深い人でした。その娘である母もその影響を受けているし、育つ過程で私もなんとなく信心深さを受け継いでるのかな。年2回のお彼岸とお盆には母の付き添いでお墓参りに行きます。体調が良くなくて母がお墓参りに行けない時は本人はずっと行けないことを気に病むので、母の代わりに私一人で行くこともあります。

先祖崇拝は日本文化の特徴だけど、これからは日本の伝統や習慣や文化も変わってゆく・・・というかもう変わってきてるかな。ご先祖様が今生きている私たちを護ってくれていると信じる気持ち、先祖とイノチがつながっている感覚。もうすぐ自分も「ご先祖様」の一人になるんだっていう感覚。いいな~って思うんですよ。

神仏と直接つながるというのも勿論素敵なんですが、先祖や子孫とイノチのリレーをしているという感覚は人に優しくなれるし、自分かこの世からいなくなっても子孫をあの世から護る「ご先祖様」という存在になれると思ったら、自分が消えることも受け入れやすくなる気がします。
私もほどなく「ご先祖様」の仲間入りする訳だから、少しでも素敵なものを次世代に残してあげたいなって、たまに思います(笑) まだまだ若いのでお墓参りに行った時などに「たまに」ですけどね、歳をとるごとにそんなことを思います。






最終更新日  2017年08月12日 18時16分58秒
2017年07月05日
カテゴリ:ひとりごと
こういうの大好き。これ見ると、やっぱりクラシック音楽って西洋の音楽なんだなあって思う。楽しみ方や、親しみ方に余裕ありすぎて、日本人の感覚と桁外れに違う気がする。どうも日本人って頑張りすぎたり、真剣すぎて深刻になってしまう傾向があると感じてしまうのは私だけかな。思い切りふざけて楽しく演奏しているように見せてても、とんでもない高いレベル。笑いながら、ため息出てしまう。


Typewriter Symphony Orchestra.

It's Amazing. Don't miss this Please.







最終更新日  2017年07月07日 23時27分14秒
2017年06月04日
カテゴリ:ひとりごと

引っ越し済ませました。5月中旬に新居に移ったので、もう3週間近くたっているのですが、まだまだ荷物の山で片付いた感じがしません。というかどう考えても荷物を減らさないと収納できないのですが、まだその気力が出てこなくて・・・ゆるゆると片づけてゆきます。でも、とっても生活しやすい、暮らしやすい新居&場所なので、とても気に入ってます。両親も自分の生活のペースを見つけて、前より活動的になって外出が増えました。大変だったけど、引越してよかったです。

ところで、今日は、歌の先輩の舞台があり聴きに行ってきました。カッコ良かったです。幸せな気分を味わえました。感謝感謝。私自身の本番は来週土曜日6/10。「はまゆう」での出演。確か1曲だけですが本番は本番。

ちゃんと練習しなきゃと思いつつ、引っ越し後の片づけが気になって、なかなか歌の練習に集中できない今日この頃。いけませんね。優先順位がぶっとんでます((+_+))

で、その本番の日の午後は、別のイベントがあって人前でお話しすることにもなってます。が、これは自分であって自分でない部分でするので、不思議なことに何も心配していません。「自分の身体を所定の場所に連れて行けば、あとは何とかなる」っていう感覚。歌もそれくらいエゴ抜きで出来るといいだけどなあ(笑) 

引っ越し疲れを癒すのに ちょっと休憩必要。


トーク&ダンス&写真展   水中の女神たち 2017年6月10日(土)  横浜

https://sites.google.com/view/megami2017/








最終更新日  2017年06月05日 08時02分32秒
このブログでよく読まれている記事

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.