000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

華麗の空~本を楽しく読むブログ

仮想家の人々




⇔⇔⇔  旅のはじまり  ⇔⇔⇔

――Thus The Story Has Begun――






筆者は仮想家当主である。


一族の長なワケだが、何代目かは定かでない。
伝統ある家系らしいのだが、さりとて家系図があるわけでもない。

ないなら作ればイイじゃん、と家計簿を遺した人もいたが、
子孫の「さむっ」の一言で燃やされかけた。

そんな、一族。


それならば、と筧トシオのブロマイドを遺したチャレンジャーもいた。
それは子孫のツボに入ったらしく、今でも大切に保存されているという。

そんな、一族。


仮想家の伝統とは、発想を遺すことである。後世に伝えることである。
自分が生きた瞬間に、何を考えたか――

思考空間において、からを生み出す。それが、仮想家の伝統である。

から、ではない。
とは、漂っている事象を指す。
一見関連性の無さそうな達を、独自の視点でもって繋げてゆく。

発想力は無限である。

そう考え、実践する一族。それが、仮想家。

想像力+行動力。それが、仮想家。


例えばこんな教訓。

「One of these days is none of these days.」

(訳:やっちゃえ、やっちゃえよ――byつんくとよた変わらなきゃ)



子孫は、先祖が遺したモノを鑑賞することで、一族の歴史を垣間見るのだ。

大抵の場合、作品には本名が記されていない。ペンネームが殆どである。
発想を伝える一族なのだから、不思議はない。

「筆者」もまた、ペンネームである。本名は明らかでない。

ちなみに幼少の頃は坊やテツと呼ばれていた。
なんでも夏目漱石の「我輩は猫である」を読んで、

「わが牌はイーシャンテンである。リーチはまだない。」

と呟いて周囲を驚かせたとか。


しかし麻雀は強くなかった。仮想家坊や哲は単なる言葉マニアだったのだ。

「ツバメ返し!」

ただその響きに酔いしれていただけ。

■注■ツバメ返しを習得するには!!――
生卵を13個直列に並べ、素早く持ち上げる練習が必要である。
決して並列になど並べてはいけない。
ここは落合ヒロミツ的「俺流」を貫く場所ではないのだ。
世の中、黙って慣習に従うべき時がある。
「二子玉川」を「にこたま」って呼ぶのは分かるが
「僕の地球を守って」を「ぼくたま」って略すのは何故だ!!などと怒ってはいけない。

さて、すっかり話が逸れましたね。
ソッレータ!!って書けば、イタリアっぽくて許されるかもしれない。


そんな、筆者。


ある時期を境に、彼は行動する言葉マニアの道を歩み始める。
その行動の結果が、「ワンダーランド」であり「笑心旅行」なのだ。

彼は自らを「筆者」と名乗った。
坊やテツは人がつけた綽名であったが、筆者はペンネームである。

つまり、仮想家の人間として本格始動したのだ。


筆者を駆り立てたモノは、何か。

それは、仮想一族の膨大な作品群から彼が見つけた、一篇の日記であった。


「父兄記」――

表紙題箋には、そう書かれてあった。

父親が家族のことを面白おかしく記した作品のようにも見えるが、騙されてはいけない。
発想を重要視する一族にとって、ただの日記なんて有り得ないのだ。

日記調の小説、そう考えた方が良いであろう。
従って、著者は父親ではなく、母親の可能性だってある。

筆者は「父兄記」が気に入った。目指す方向性を、見つけた。

そして、書き始めた。
発想を、行動に移した。


「ワンダーランド」は、生まれた。


「笑心旅行」は、書かれた。



「父兄記」の後継記――


そんな、筆者。


そんな、仮想家。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.