000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

華麗の空~本を楽しく読むブログ

偉大なる孤立




⇔⇔⇔  知足安分  ⇔⇔⇔

――Splendid Isolation――





さて、前世紀半ばまで、世界はほぼ例外無く支配・被支配の構図の中にありました。

圧倒的支配者は白人でした。

何百年もの昔から、西欧列強は近隣諸国との領土争いに留まることを知らず、
海外へと覇権を広げていたのです。

彼らには、「吾唯足るを知る」という禅問答の心など有りません。

いったい、彼らの精神の根底には何があったのでしょう。
彼らの心を捉えて止まなかった思想とは…?

ある歴史学者は言います。
彼らを突き動かしたのはファウスト的精神である、と。

ファウスト的精神とは、無限大を求めることです。


決して現状に満足することなく、常に上へ上へと向かう衝動。


成る程、ファウスト的精神ゆえの結果であったのか…


では、日本はどうでしょう。

日本がこの世界へ我が身を投じたのは明治以後であり、
江戸時代は外交上は鎖国をしていました。

300年間も国を閉ざしていたのです。

日本人の遺伝子にはファウスト的精神の欠片もないのか―


そんな事を考えていたところ、
現代日本で、それも意外な分野でファウスト的精神を体現している日本人に出会いました。


彼は最大を愛する男です。

無限大ではなく最大であるトコロが、
「吾唯足るを知る」の精神を根底に持つ日本人らしい―

と思わず、ニヤリ。



彼は、元メジャーリーガー。

彼の名は、




       「Max好き」。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.