156043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

華麗の空~本を楽しく読むブログ

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

散歩の空―Walk The Blue

2008/07/21
XML
京都に小旅行してきた。

小京都へ旅行ではなく、京都へ小旅行。

どっちでもええがな。


三年前に京散策をした時は古義堂文庫巡りであったが、
今年は雑貨屋巡りをしてきた。

ターゲットはコレッ!\(□ ̄ オォッ


有次1


雑貨というカテゴリは適切ではないかもしれないけれど、
それは兎も角として、和包丁・有次―

いままで砥石でトギ々々ずっと使っていた包丁が段々と切れ味が落ち、
そろそろ買い換えるかのぅ、せっかくなら名品謳われる和包丁にしようかのぅ。

ただ、甲子園には魔物が棲んでいるのと同様、
「一生モノだから良い物を」という考えもまた魔性なり。

 一生自宅で映画を! ⇒液晶プロジェクタ購入。
 一生自宅で名文を! ⇒樋口一葉「たけくらべ」復刻版購入
 一生自宅で書誌を! ⇒中村幸彦「古義堂文庫目録」購入
 一生自宅で歴史を! ⇒英文版・パール判決書購入。



ユー、人生いくつあんねん?


そんなこんなで、有次を買うことに。

京都へ行きたい病と包丁交換時期が相俟って気がつけばルックJTB。
即断即決で足早に新幹線乗車。

前回は迷いに迷ったが(決断的な意味じゃなく地理的な意味で)、
今回は中心部ということもあり、無事に辿り着いた(^-^


有次店構え



有次 相出刃包丁135

ずっしりとした重みがあり、切れ味鋭い。
丁寧に丁重に使う此の頃。

東京にも出店してるとか、ネットでも買えるじゃんとか、
そんなツッコミはノーサンキューあるね\(・ω・


■京都・古義堂の旅♪■
http://plaza.rakuten.co.jp/splendidsky/diary/200502170000/



有次 相出刃包丁135


真鍮竹柄ちりれんげ(穴あり)・有次


美味しく卸すならこちら・・・ 卸金No.8・有次






最終更新日  2008/07/21 07:36:50 PM
コメント(2) | コメントを書く


2008/02/06
いつの間にやら薄型。


リフレッシュ休暇をとって街に出る。
いつもならオフィスで黙々と仕事をしている時間帯に、あえて歩く。
ただ純粋に、黙々と歩く。

せっかくのiPod touchが持ち腐れになるけれど、
音楽を聴くことは、自分の世界に浸ること。

筆者は世間の音を聞くのが好きだ。

歩道、脇を車が追い越してゆく。
この道路、この時間帯はトラックが多いな。

一歩奥へ、住宅街は意外にも静かだ。
子供の見送り、登校が一段落つく時間帯。

耳の遠くでタイヤと雪解けの摩擦音。
サクッサクッと足元に気をつけて歩く。

ふと周りを見渡すせば、
誰かしら、何かしら。

この狭い街、自分と無縁な生活空間の何と多いことだろう。

自分の存在なんて、誰も知らない。
いまここを歩いている理由なんて、誰にも分からない。

筆者だけが、知っている。

Je pense, donc ju suis.


たまには五感で歩く平日。






最終更新日  2008/02/06 11:15:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/01/27

昨秋葉、久々の更新で鎌倉の旅前編をアップし
続いて大仏画像なんぞをと思っていたら冬になりタイミング逃したナとお蔵入り、
平成も二十年ねずみになり田口壮選手もフィリーズへ移籍、
気が付けば東京にも雪雪が降る季節となりました筆者です。

今年もよろしくお願いします(-人-)ドモッ


昨春花、政府が骨太なら雪風は雪太ならぬ雪深(ユキブカ)だろうと
雪深い岩手県つなぎ温泉宿泊ツアーを企画したものの暖冬で雪が浅い浅い。
それならせめて眼下に湖を見渡せる眺望を楽しもうではないかと迎えた当日、
雪風ならぬ雪風邪、っつーか雪インフルエンザで悲しい旅行と相成ったのでした号泣


今年こそは今年こそはと、ようやっと雪多少深い群馬県は草津温泉、
西の河原(さいのかわら)露天風呂に行ってきました~温泉温泉温泉


西の河原露天風呂@草津温泉


特徴は、とにかく湯船が広いコト!
お湯が熱いエリア、程よいエリアとあり、開放感溢れる空間でボーっと空を見つめると
心穏やかになります。

お値段500円☆

道路沿いの道案内から温泉場までおよそ五分の道中、
サクッサクッと雪音を味わいながら下りてゆく楽しみ。

ツルッとコケたのは内緒です(>_<)キャッ






最終更新日  2008/01/27 08:29:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/10/21
鎌倉へプチ行って来た。

ちょうど一年ぶりになるかしら。

駅改札を出て、目的地へ向かう前に恒例の行事をば。


ぴろりんっ♪カメラ

ネコ@鎌倉


そう。ネコ人形チェック猫ダブルハート
鎌倉駅(江ノ電側)のロータリ近くにある雑貨屋。

ここ三年、鎌倉を訪れると欠かさず写真を撮り、
一人満足感に浸る筆者。

ちなみに昨年のぴろりんっカメラ↓↓

ネコ大集結。


うーん、構図の進歩がまるでないが(^-^;
ケータイ携帯電話が進化した分だけ解像度がアップ上向き矢印上向き矢印


と、ふと隣に目を見やると、、


ケロりんっ!?

カエル@鎌倉


なななんと、カエル軍団NEWがいるでは内科!!


鎌倉ってどんだけ~きらきらきらきら


もぅこの時点で本日の筆者終了~満車満車満車


いいよね、鎌倉。

この素敵さ、別角度からもう一枚。

ねこりんっ♪カメラ

いつか棚買い@鎌倉


1こ100円。

諭吉さんさいふにお願いして、
癒し系パラダイス銀河でも作ろうかしら。


そんなこんなの、鎌倉いち。






最終更新日  2007/10/21 06:18:13 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/07/25
ずっと続くと思われた雨が午前中に上がったので外出することにした。

今日は東京に来てから未だ乗ったことのない、都電荒川線へ。
JR高田馬場から徒歩10分、学習院下という駅から乗車した。

行き先は、終点・三ノ輪。
別段、目的地に用はなく。


出張で頻繁に広島の路面電車(通称:広電)を利用していたこともあり、
同種の荒川線に妙な親しみを感じていた。

荒川線は一両編成で、早稲田~三ノ輪間を55分弱で運行している。
料金は一律(大人160円:子供80円)。
場所場所によって路面と線路、双方のレール上を走る。

マイナー路線かと思いきや、いやはや結構な繁盛振り。
車内は満席、各駅で乗降客が入れ替わり、結局終点までずっと立っていた。

年配層の利用客が多く、
一般的な階段昇降→改札→ホームへという面倒さがないのがウケているのかな?
なんて思ってみたり。


ゆっくりめのスピードで、車両の揺れもない、のんびりとした荒川線。

三ノ輪で降りた後は、日比谷線(東京メトロ)で都心へ戻るだけだ。

が、、、


やっぱり道に迷いました|||○П_ガクッ


…徒歩5分で乗り換え可能なのに30分ほど近辺を彷徨う若人ひとり。

筆者ドンマイ!

とあるホテルラウンジで珈琲を飲むことにした。

方向音痴に乾杯―

そんなカフェ・オレ、一杯1,300円の旅。






最終更新日  2006/07/26 12:18:20 AM
コメント(2) | コメントを書く
2005/09/29
浄妙寺のネコ



とーじょー人物しょーかい
桃ちー、俺オレさん、ペコりん、ジョルノ


ひと月ほど前になるが、鎌倉へ行って来た。

まだ蝉の鳴く葉月の末頃。

筆者にとって、初めての土地。(どきどき)

ただ悲しい哉、、

仕事で。|||〇Π_サヨナラ休日。。


でもデモ、観光がてらのミーティングなので、正直楽しい。(わくわく)

ペコりん、俺オレさんと鎌倉駅で待ち合わせ、
オレ流愛車VWミニバンで浄妙寺ヘ向かう。

エアコンの効いた車を降りると、そこは残暑湿地帯。
ネコやらセミやらの歓待を受け、緩やかな坂を登ってゆく。

本日の目的地、石窯ガーデンテラスに到着。

時刻は正午すぎ。
屋外の広い机でランチミーティング。

職場とは違った、ゆったりとした雰囲気の中でアイデアを出す。

静かな時を刻む庭と、それを取り囲む木々。

人の声。蝉の声。

不思議と心が落ち着いて、心臓の音さえ聞こえない。

深呼吸に相応しいロケーション。

ペコりん、俺オレさんは着実にアイデアを煮詰めてゆく。

傍らでジョルノ―

「今日のブログ、どーしょっかなー」


まるでやる気なし。


(□゜ホゲェー。。。

(□゜ホゲェー。。。

(□゜ホゲェー。。。


ふーマッタリ。

鎌倉、いいよね。(何しに来たの?)


夕方、逗子マリーナを訪れた後、桃ちーと合流。

助っ人加入で、ペコりん、俺オレさんはさらにアイデアを煮詰めてゆく。

傍らでジョルノ―

「明日のブログ、どーしょっかなー」


やっぱりやる気なし。

(□゜ボケェー。。。

(□゜ボケェー。。。

(□゜ボケェー。。。

はーマッタリ。

夜、海辺の方から花火が上がった。

夏の終わりだねぇ。(仕事は?)


と、今頃になって夏日記をUPする筆者。(おそっ)






最終更新日  2005/09/29 09:26:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2005/08/10
いやぁえらい夏やわあ。(京都風)


みなさん、夏季休暇の時期ですね!ヽ(▽≦ノキャッホー♪

今年はドコにいこかしら。

一昨年は山形県の鶴岡。

二泊三日、海の見える和室のんびり旅。

昨年は秋の札幌。

三泊四日、ちょいリッチなホテルのんびり旅。

鶴岡と札幌。

のんびりと言いつつも、(道に迷って)ひたすら歩いた。

二時間くらい歩いた(*_*)ピヨピヨ。。。


さて、何をしようかな~(^^

秋田県、田沢湖でノンビリ。(□ ̄ ボケーッ。。。

北陸の静かな温泉でまったり。(~` 極楽ダネェ♪

北海道の旭山動物園でじっくり。(_・ ムムッ!!

楽しい悩みやね


ちなみに、、

一昨年の鶴岡、二日目、雨。帰りは快晴。

昨年の札幌、三日目、雨。帰りは快晴。




いやいや、そんなコトは、、、



(p_q)シクシク






最終更新日  2005/08/10 09:11:45 AM
コメント(4) | コメントを書く
2005/06/06
先週の小菅の湯に続き、山梨県のほったらかし温泉へ行って来た。

生憎の天気で時おり雨に降られたが、着く頃には晴れ間が覗いた。

途中、山梨駅を横切り山頂方面へ向かった。
駅からそんなに離れていないので、意外と来やすいのかな?

案の定、大賑わいだ。

が、浴場がこっちの湯、あっちの湯と二つあったため、ゆったりと入れた。

料金は\500。うーん安い。


(□゜ ボケーッ。。。



(□゜ ボケーッ。。。



(□゜ ボケーッ。。。


いやはや、絶景かな。

晴天なら、正面に富士山が見えたのにね。

でもでも富士は見えずとも、浴場が頂きに位置するため、見上げれば一面の空。

ひたすらにノンビリとした気分を味わい、揚げ温泉卵(\100)を食べてニコニコ♪(^-^

気持ちの良い日曜でした。






最終更新日  2005/06/06 11:52:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/06/05
学生の頃、青春18切符で九州を一周した。

福岡(大宰府)→佐賀→長崎(ハウステンボス)→熊本(熊本城)
鹿児島(桜島)→宮崎(高千穂峡)→大分(通過(爆))→福岡(ラーメン屋台)
と左回りの旅。

佐賀県では、吉野ヶ里遺跡を訪れた。

旅行前、筆者は遺跡というものに興味がなかった。

あまりにも遠すぎる祖先に、関心がなかった。

しかしそこに、感動が待っていた。

広大な丘陵地に、ポツポツと櫓(やぐら)が立つ。

ただそれだけであったが、筆者は気づく。

「昔も、カラーだったんだ」

縄文、弥生の時代だって、世の中は今と同じ色をしていたんだ。

いまスニーカで踏んでいるこの大地も、誰かが通っていたんだ。

みんなミンナ、何を考えていたのだろう。

以来、筆者は行く先々でペタペタと手で触るようになった。
フランスの古びた寺院でも、壁をペタペタ、ペタペタ。
遥か昔、誰かがココを触ったであろう。そう思うと、自然と手が伸びた。

みんな、どう生きていたのだろう。


1998年夏、沖縄の首里城を訪れた。

丘の上に位置する首里城。(正確に言うと復元された首里城)

雲ひとつない晴天。眼前に広がるは青い海。

半世紀前、きっと今以上に青かったに違いない。

「ここに、爆弾が落ちてきたのか」

焦土と化し、血の海と化し。


「今も昔もカラーなんだ」

自然を味わう時。歴史を噛み締める時。

いつもこの事実を胸に刻んでいる。






最終更新日  2005/06/05 11:34:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/05/29
山梨県の多摩源流・小菅の湯へ行って来た。

友人のクルマで都内を出発~ヽ(▽≦ノテンション高ッ!!

目的は温泉だけど、途中の山道がナイスだった。

五月の昼下がり、気温も適度に気持ち良く、景色はサイコー

平日ひたすらーにオフィスで働いている分、
何気ない風景を感じるコトで癒される。

ドライブですっかりリラックスした頃、小菅の湯到着。

けっこう賑わっている。

料金\600なり。

ノンビリ~っと湯船に浸かり、凝った肩を解す。

露天で遥か遠方、山の頂きを望みつつ。

(□゜ ボケーッ。。。



(□゜ ボケーッ。。。


少し遅い昼食に、うどんと薬膳天ぷらを食す。

お味?
ま、ボチボチでんな(>_<)


帰りは奥多摩を通り、多少の渋滞に会いつつ家路に着いた。

これぞ休日!という過ごし方やったわぁヽ(―`ノウーン♪






最終更新日  2005/05/29 11:01:36 PM
コメント(2) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.