1945540 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

米国超高配当カバードコールETF「QYLD」でまったり配当金生活

米国超高配当カバードコールETF「QYLD」でまったり配当金生活

PR

Profile

レアメタルk

レアメタルk

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

ぜのふぉん@ Re:つみたてNISA銘柄変更完了。('ω')(08/08) New! 私もつみたてNISAが結局パフォーマンス良…
レアメタルk@ Re[1]:つみたてNISA銘柄変更完了。('ω')(08/08) New! ずいぶんですねさんへ おはようございます…
ずいぶんですね@ Re:つみたてNISA銘柄変更完了。('ω')(08/08) New! 流行りものに飛びつくねー
レアメタルk@ Re[1]:社債と債券の保有額が増えてきた。('ω')(08/06) ぜのふぉんさんへ カバードコール戦略の2…
レアメタルk@ Re[1]:社債と債券の保有額が増えてきた。('ω')(08/06) ぜのふぉんさんへ おはようございます! …

Keyword Search

▼キーワード検索

2022.06.25
XML
皆さん、こんにちわ!

レアメタルkです。
('ω')



先日注文していた本が届いてました。


今回は、​死ぬまで、働く。 [ 池田きぬ ]

を購入!!
(*'ω'*)v

88歳で今の職場に就職って。。。
( ゚Д゚)!!

ほんと、すごいパワフルです。

高齢者が働くことによって、若者が働く機会がなくなるのでは?

と思ってたのですが、池田さんは若者が休暇をとる時(土日)に勤務されてるそうです。

WIN・WINの関係ですね!
(*'ω'*)v

やわらかな文章で、97歳の重みを感じる1冊です。
(まだ半分しか読んでないけど。(笑))




さて、、、
これまた大幅な反発!!
( ゚Д゚)!!



こーゆー反発を見ると、

「買っとけばよかったかな!?」

と思ってしまうのですが、基本的には利上げがあるので油断は出来ません。
(;^ω^)

人間は、「機械損失をした!」と感じたほうが喪失感が大きいらしいです。

そういったことで冷静に判断出来なくなるので注意ですね。

今年はポジポジ病が治ったかも!?
(祝)






QYLDさんも、徐々に回復してきてますが、このレアメタルkの評価損益は、

円安の恩恵がハンパないです。
(;^ω^)

日本円では、マイナス17万円。


しかし、、、

ドルベースでは、




(´;ω;`)ウゥゥ
マイナス1万ドル突破してます!!
(あえて日本円で計算しない。したくない。(笑))


これ、、、

キツイですね。
保有してる銘柄の中で断トツの含み損状態です。
(-_-;)

昨夜もQQQは3.42%回復で、QYLDは0.85%回復です。

キビシイ現実です。






よくネット上で見かけるのは、

「円安だから、米国株買いにくい!」

という意見です。

僕もそれを感じてるのですが、田中泰輔さんのYouTube見ると、

「円安の恩恵を受けるチャンスを逃すのはもったいない。」という趣旨の内容でした。



ふむふむ。

確かに一理あります。
(*'ω'*)


115円


135円

と為替が動いた場合、17%上昇ってことですからね。

これはデカい!


また、

「円安だから資産が減ってないんだよな~。」

という意見もみたことありますが、それってドル資産(米国株ETF)とかを利確して、

さらに円転して初めて恩恵が受けれることですよね。
(;^ω^)

ドル資産のまま保有していて円高にふれたときは、当然資産が減ります。





なので、今の円安の時の立ち回りが非常に悩ましいところなんです。
(˘ω˘)。。。

一部は円転して、円安の恩恵を受けるのもいいのかな?

​と考えてます。


例えば、配当金は全部円転してみるとか。
(*'ω'*)

今月は600ドル以上配当金がゲットできましたので、少し検討してみます!

配当金がもらえるETFを沢山保有してるので、こういった円安の時はすんごくありがたいですね!


QYLDはガッツリ含み損になってますが、そのマイナスも円安の恩恵でカバーできるかも!?
(;^ω^)


ここまで読んで下さり、ありがとうございました!!
('ω')


お買い物マラソン開催中!(*'ω'*)v


今日は5のつく日です!(*'ω'*)


インバウンドが本格的に増える前に国内旅行を楽しみたいですね。
(*'ω'*)






Last updated  2022.06.25 06:42:03
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.