1172314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ネットの海に浮かぶ孤島 ~フリーウエアはPCライフを快適にする~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Calendar

Headline News

Rakuten Ranking

2005.10.09
XML
カテゴリ:News
今年の鈴鹿は、最後まで目が放せない状態であった。
優勝はこれまで鈴鹿で1位を取れなかったマクラーレンのキミ・ライコネンであったが
ファイナルラップでファーストコーナーで
ルノーのフィジケラ1位になるという劇的な勝利であった。

この鈴鹿は、抜きづらいコースとして有名であるが
今年は違ったようだ、ドライバーシップを繰り広げた
ライコネンとルノーのアローンソ、
彼らはともに皇帝と称されたミハエル・シューマッハをオーバーテイクで抜いている。
マシンのできて、ドライバーとのフィット感とドライバーの腕が完全にマッチしている証拠だろう。

ミハイル、アロンソ&ライコネン、新旧世代の来年の戦いに期待が膨らむ一戦となった。

日本の琢磨は、オープニングラップファーストコーナーでオーバーしてしまい
その後順位が伸びず13位
優勝が期待された、トヨタのラルフ・シューマッハは、
マクラーレンのモントーヤがオープニングラップ最終コーナーで起こしたクラッシュの影響で
セーフティーカーが発生し、スリーストップ作戦が失敗してしまい。
辛うじてポイント圏内という状態になってしまった。

もしも、セーフティーカーが作動していなければ
今回の勝敗は大きく変わっていたのかもしれない。

鈴鹿の歴史の中でミシュラン勢が初の優勝を飾り、
フェラーリの5年連続の優勝が絶たれるなど今年を物語るものとなった。

残すは、来週の上海グランプリ
チーム優勝は、マクラーレンかそれともルソーか最後まで目が放せない状態になってきた。

【レース結果】

1. K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes

2. G.フィジケーラ (ITA) Renault +1.6sec

3. F.アロンソ (ESP) Renault +17.4sec

4. M.ウェバー (AUS) Williams BMW +22.2sec

5. J.バトン (GBR) B.A.R Honda +29.5sec

6. D.クルサード (GBR) RedBull Cosworth +31.6sec

7. M.シューマッハ (GER) Ferrari +33.8sec

8. R.シューマッハ (GER) Toyota +49.5sec

9. C.クリエン (AUT) RedBull Cosworth +51.9sec

10. F.マッサ (BRA) Sauber Petronas +57.5sec

11. J.ビルニューブ (CAN) Sauber Petronas +58.2sec

12. R.バリチェッロ (BRA) Ferrari +60.6sec

13. 佐藤 琢磨 (JPN) B.A.R Honda +1Lap

13. T.モンテイロ (POR) Jordan Toyota +1Lap

14. R.ドーンボス (NED) Minardi Cosworth +2Lap

15. N.カーティケヤン (IND) Jordan Toyota +2Lap

16. C.アルバース (NED) Minardi Cosworth +4Lap

Ret. A.ピッツォニア (ITA) Williams BMW +44Lap

Ret. J.トゥルーリ (ITA) Toyota +44Lap

Ret. J.モントーヤ (COL) McLaren Mercedes +48Lap


【追記】
佐藤琢磨はJ.トゥルーリと起こしたアクシデントの処分により、順位なしと成りました。






Last updated  2005.10.09 16:35:17
コメント(39) | コメントを書く
[News] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.