2969653 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

機械式時計と煙草でブログ!

2018.06.06
XML

 今回のパイプ煙草レポートは、マックバレンの「ハルバーグ・レッド」です。この煙草は、マックバレン社の創立125周年を記念してブレンドされた限定銘柄で、2012年の発売だったかと思います。このシリーズには「レッド」の他に「グリーン」と「イエロー」があり、日本には「レッド」と「グリーン」が、確か同年中か翌年初に入ってきたかと思います。で、もうかなり前の事なので、まさか未だに流通在庫が残っていたとは思いませんでした。ですから、行きつけの煙草屋さんで見つけた時には、速攻で買ったという訳です。
 という事で、早速開けてみましょう。

 開封時の香りは、柑橘が強い果物系に、八角とかそういう感じの漢方系スパイスのような香りが混ざったような感じです。ちょっと複雑な香りです。カットは、リボンカットとラフカット、それに一部ブロークンフレイクが混ざります。湿気は普通です。

 これを火皿内径21mmのパイプに詰めて着火しますと、柑橘分多めながら、ちょっと甘い感じの果物系に何かのスパイスを加えたような香りと、甘味も酸味も控え目で、微かに渋味を感じる果物系の味が来ました。やはり味よりも香りを楽しむ系統の着香煙草のようで、味がガツンと来ない割りには香りが非常に良いという感触です。

 火付きと火持ちは良いです。燃え過ぎる感じもありませんから、吸いやすい煙草だと思います。

 喫煙中盤は香りに大きな変化はないのですが、舌にピリッと来る刺激が出てきました。この煙草のブレンド内容は、ブラックキャベンディッシュにバーレーとバージニアという事なのですが、このピリッと来る刺激は、多分バーレーに由来するのでしょう。味がガツンと来ないだけに、この刺激が良いアクセントになっています。

 喫煙終盤になり果物系の着香分が少し薄れてくると同時に、砂糖系の甘さが増して来ました。この煙草のブレンドにはブロークンフレイクが混ざっているのですが、それがバージニアの適度に熟成されたフレイクで、甘味はそれに由来するのだと思います。ただ、パイプに詰める前に良く解さないと、このブロークンフレイクが偏在する事になり、甘味が強まるタイミングがばらついてくるのでしょう。それと、この終盤では舌へのピリッとした刺激はなくなりました。

 喫煙終了後の後味は、ちょっと果物系が入った砂糖っぽい甘さが僅かに残り、残り香は果物系でした。
 全体的に見て、序盤から中盤、そして終盤へと喫味が変化しながらも、各段階で夫々それなりに楽しめる果物系着香の煙草だったと思います。個人的には、甘味がもっと強く出た方が好みですが、これはこれで上手くブレンドされた上質な煙草だったと思います。ちょっと高価な限定品だけの事はあります。

 かなり前に発売になった限定品で、既に流通在庫はほとんどないと思いますが、もし幸運にも見つける事が出来れば、吸ってみる価値はあろうかと思います。


[価値のある煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2018.06.06 17:30:04
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


SS900IE

サイド自由欄

●ブログランキングに参加しています。Click していただくとランキングページに飛べます。
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

●アンケートにご協力お願いいたします。(各質問をクリックして下さい。)
*機械式時計は好きですか?
*貴方は喫煙者ですか?
*貴方はパイプ煙草の煙を嗅いだことがありますか?
*葉巻の煙を嗅いだことがありますか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

六条 旭@ Re:今月の買出し 2018年6月分(06/20) >>似たブレンド内容の銘柄の比較 これ良…
SS900IE@ Re[1]:アシュトン「スムーズセイリング」(06/17) 六条 旭さんへ 今のご時勢を考えると、致…
六条 旭@ Re:アシュトン「スムーズセイリング」(06/17) >>日本でのアシュトン銘柄が次々と終売 …

ほしいものリスト


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.