5578817 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

機械式時計と煙草でブログ!

全220件 (220件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

その他喫煙

2016.01.05
XML
カテゴリ:その他喫煙

 今年最初の煙草の買出しに行ってきました。購入したのは上の写真の通りです。

 煙草類に関しては、昨年末に日本への輸入が始まったパウチ物パイプ煙草新製品が2点、未喫の缶物パイプ煙草が1点、それにシガリロが3点です。今年の葉巻類の記事は、これで3本は確保できた事になります。(笑)
 そして、今回の買出しの目玉は、中古のパイプ1本です。これが中古で状態もそれなりなのに、そこそこの価格の品物で、今年最初のパイプ購入として少々派手なスタートとなりました。

 という事で、それぞれの品物のレポートをお楽しみに! (^^)/~~~


[今年最初の煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2016.01.05 17:07:06
コメント(2) | コメントを書く


2015.12.28
カテゴリ:その他喫煙

 2015年のまとめの第2回目です。今回は煙草そのものについてまとめます。

 今年レポートした煙草類は全部で54銘柄となり、年初の目標であった30銘柄以上というのを大幅に上回る事が出来ました。そして、パウチ物パイプ煙草について、最近新たに輸入が始まった2銘柄を除く全ての正規輸入銘柄を吸い終わった事は、今年の煙草レポート関連で最も大きかった出来事だったと思います。

 今年レポートした煙草の中で最も印象深かったのは、ラットレーの「ブラックバージニア」でした。バージニアのストレートでも、加工・熟成方法によっては着香なしでもこれだけオリジナリティーのある味が出せるものかと非常に感動しました。次点はサミュエル・ガーウィズの「ゴールデングロウ」で、上品な甘さが印象的でした。また、パウチ物ではセリーニの2銘柄が強く印象に残っています。このシリーズは日本でもマイナーな存在だと思うのですが、意外にも奥深さを感じさせる良質の着香煙草でした。

 一方、今年の反省点としては、パイプ煙草以外の煙草類をほとんどレポートしなかった事です。キセル用と手巻用が各々1銘柄のみ、葉巻に至ってはゼロという状態です。新銘柄が出なかったキセル用と、最近ほとんど吸わなくなった手巻はしょうがないとは思っているのですが、葉巻を1本も吸わなかったのは、どうにも片手落ちのような気がしています。ただでも、やっぱり美味しそうな葉巻って高いんですよねぇ・・・。orz

 という事で、次回は今年最後の記事になりますが、その他各種アイテムについてまとめます。


[印象深い煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2015.12.28 20:19:33
コメント(4) | コメントを書く
2015.06.15
カテゴリ:その他喫煙
 先日いつもの煙草屋さんで今月分の煙草のまとめ買いをしたところ、新たに輸入された煙草「ヴィンセント・マニル」を試喫用として少し分けてもらえたので、今回はそれの試喫レポートを書きたいと思います。

 「ヴィンセント・マニル」はベルギーの煙草で、アルデンヌ地方に育つ煙草種「スモア」100%で構成されているそうです。今回試喫するのは、手巻き用に細くカットされた「ファインカット」ですが、もっと荒くカットされ、パイプでも吸える「ワイドカット」も輸入されています。

 巻く前の煙草の香りは、鰹出汁系の熟成臭で、オリエント葉の熟成臭に近いような気がします。カットは所謂ファインカットですが、刻み切れなかった屑のような荒い部分もかなり目立ちます。湿気はかなり少ない方だと思います。

 今回の巻きの構成は、太さはノーマルで長さは79mm、巻紙にスモーキング「ブラウン」を使い、単語カードを縦に半分にして巻いた吸い口を入れます。巻くのにはローラーを使用しました。
 で、早速吸ってみますと、出汁系のコクのあるマイルドな味が来ました。土っぽい味わいもあります。角のない円やかな味で、甘味よりもコクが前に出て来ています。オリエント系に近い味わいなのですが、もうちょっと魚のミリン干しに近いような味と香りです。黒煙草のような牛糞的臭みはありません。
 フィルター無しの吸い口付き79mmの構成で、且つ煙草が渇き気味だった割りには、煙の舌触りが非常にマイルドで、深く濃いコクを存分に楽しめます。これはなかなか美味しいです。

 手巻きというのは、巻く作業量の割りには楽しめる時間が短いので、最近の私は全く吸っていなかったのですが、今回久し振りに吸ってみて、こういう煙草ならアリかなと思いました。価格が100gで3,800円ですから、手巻き用としてはかなりの高級銘柄で、常喫にするには相対的に高額ですが、それくらいの内容はありそうですし、常喫と並行して時々吸うというパターンなら良さそうです。

 チャンスがあったら試してみても良いのではないでしょうか。


[内容のある煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2015.06.15 16:54:40
コメント(8) | コメントを書く
2014.10.13
カテゴリ:その他喫煙

 JTから新製品の試供品が送られてきました。「ピース・アロマロイヤル」です。

 この紙巻煙草は、100'sサイズの長さで、タールは10mg、ニコチン1.0mgの定価500円です。従って、仕様としては「ザ・ピース」と同じくらいで価格は半分といった所ですが、それでも一般的な紙巻煙草よりは少し高い価格設定になっています。

 で、早速吸ってみます。
 開封時の香りは、果物系のかなり軽い類で、普通のピースよりも更に軽くて純粋な香りです。着火して吸い始めますと、巻紙が燃える粉っぽい雑味の中に桃とミカンを足したような果物系の甘味が薄っすらと感じられます。巻紙の燃える雑味が目立ち、且つ煙草の味が非常に薄味なのが残念ですが、味そのものはかなり美味しい方だと思いますし、煙草の葉っぱその物の質の良さも感じます。

 薄味過ぎる面を改善するためにフィルターを半分ほど切り取りますと、少し喫味が改善しました。フィルターを半分にする事で、フィルター側面の空気穴もなくなり、それも功を奏しているようです。
 更に、全長30mmにもなるフィルター(非チャコールのプレーンフィルターです)を完全に取り去った状態で吸いますと、味はもっと濃くなり、「これなら楽しめるかな?」ぐらいのレベルになりました。ただ、この状態でもトータルとしては薄味で、巻紙の雑味も目立ちます。

 という事で、最近流行の低タール市販紙巻煙草としてはかなり洗練されて美味しい方だと思いますが、やはり低タール市販紙巻煙草の限界=薄味&巻紙の雑味からは逃れられていない紙巻煙草でした。う~む、これならロング・ピースやショート・ピースの方が私としては好ましい所です。

 尚、今回の試供品には、雰囲気のあるPR動画が収められたDVDが同梱されていて、かなり贅沢な試供品セットになっていました。この辺は、JTの最高級ブランドたる「ピース」シリーズなりの気合の入れ方だと思います。

 興味のある方は、試しに吸ってみても良いのではないでしょうか。


[最高級の煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2014.10.13 16:09:14
コメント(9) | コメントを書く
2014.06.01
カテゴリ:その他喫煙

 随分と久し振りの紙巻煙草です。限定で発売された「ホープ・サワーレッド」なのですが、レポートとしてはかなり遅くなりましたので、市場ではそろそろ完売しているかも知れません。orz

 開封時の香りは強くありませんが、確かに少し酸味のある梅かプラムのような香りです。で、着火して吸ってみますと、ほんのりと梅干っぽい感じのちょっとした酸っぱさがあり、これはこれでなかなか美味しいです。(ただし紙巻煙草ですから、巻紙からくるザラッとした感触は当然あります。)

 全体的な喫味としては少し軽く、オリジナルの「ショート・ホープ」に比べると重厚感はありません。タール値が8mgしかありませんから、それは致し方ない所かと思います。ただ、昨年末に発売された「セブンスター・リアルスモーク」等のように、オリジナルに近いタール値で発売していれば、もっと面白い煙草になったかと思うのですが、「セブンスター・リアルスモーク」の実績があるだけに、そうしなかった今回の判断が余計に不思議に思われます。

 さて、去年辺りからのJT紙巻煙草の新製品を見ていると、古典的銘柄のバリエーション展開が中心になっているように見えます。しかも、メンソールで誤魔化すような小手先の新製品ではなく、それなりに味を練ってきているのが目立ちます。次々と新製品を出す事自体はそれほど支持は出来ませんが、煙草の味と香りにそれなりに真摯に向き合っている姿勢は、ここ数年のJTにはなかったもののように思えます。そういう意味で、こうした流れは歓迎したい所です。
 (煙草屋さんのお話では、JTの新社長の方針なのだそうです。)

 という事で、紙巻煙草に抵抗のない方であれば、今回の限定品は試して損のない銘柄かと思います。完売しない内に吸っておく事をオススメします。


[オススメの煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2014.06.01 19:58:19
コメント(2) | コメントを書く
2014.01.05
カテゴリ:その他喫煙
 さて、ほぼ丸一日加湿した「イタリアン・アニス」を吸ってみます。

 加湿容器内の香りは、開封時の香りよりも強くなっており、アニスのものと思われる独特の刺激臭があります。
 で、まずは加湿しただけのデフォルト状態から吸ってみます。そうしますと、加湿前に比べてアニス臭(と思われる匂い)が強まっていて、この煙草の個性を主張してきます。バージニアの甘味とのバランスも面白く、ちょっとズブロッカを使ったカクテルを想起させます。
 全体的に薄味で、巻紙の味と匂いが気になるというのはどうにもなりませんが、低タール紙巻煙草にしては、個性的で面白いと言えます。

 次に、フィルターを取って、シガレットホルダーに挿して吸ってみます。そうしますと、全体的に喫味に重みが出て吸い応えが増します。その中でアニス臭の比重はやや後退するのですが、喫味の演出要素としてはまだまだ効いているので、これならこれで「有り」だと思える範疇です。

 という事で、全体的に見ると、低タール紙巻煙草にしては個性的で面白い銘柄だと思います。常喫向きとは言いにくい癖はありますが、時々吸う分には目先が変わって楽しめます。
 アニス臭に抵抗がなければ、選択肢に入れても良い煙草だと思います。



 ・・・という事で、今日で正月休みも終わりとなりました。明日以降は、また三日に一度程度の更新に戻ります。ご了承下さい。m(__)m


[効いている煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2014.01.05 14:34:12
コメント(2) | コメントを書く
2014.01.04
カテゴリ:その他喫煙

 昨年発売され、チョット前に入手していた紙巻煙草「イタリアン・アニス」を、やっと吸いました。

 開封時の香りは・・・、実を言うと私はアニスという物がどういった物なのか良く知りません。従って、そのオリジナルの香りがどういった物なのかも知りません。ですから、開封時の香りについても、それがどれほどアニスっぽいのかが分かりません。開封して感じたのは、少しメンソールにも似た揮発性の刺激臭があり、それは何かの溶剤のような匂いでもあります。ただ、そんなに嫌な匂いでもありません。

 まず、デフォルトの状態で吸ってみます。そうしますと、巻紙の燃える味の向こうに、バージニアの微かな甘味と、開封時と同じ揮発性の刺激臭が僅かに感じられます。甘さと刺激臭のバランスは良く、割りと美味しい部類だと思うのですが、ただ如何せん、さすがにタールが5mgしかないので非常に薄味で、ほとんど空気のようです。
 刺激臭の部分がアニスで、それが煙草の甘味のアクセントになっている構成は分かるのですが、余りに薄味過ぎて楽しめません。フィルターは全長28mm程のプレーンフィルターで、黒いチャコールが入っていないにも関わらず、これほど薄味になるとは、いったいどうした事でしょう。

 どうも納得がいかないので、次にフィルターを取って、両切りの状態をシガレットホルダーに挿して吸ってみました。そうしますと、煙に少し重量感が出て、吸い応えは増したのですが、煙草の甘味もアニス臭もそれほど大きくは増しません。どうもこの薄味は、葉っぱのレベルからそうなっているようです。

 「それならば」という事で、例によって少し加湿してみる事にしました。加湿後のインプレッションに関しては、また次回。


[美味しい部類の煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2014.01.04 13:58:09
コメント(2) | コメントを書く
2013.10.09
カテゴリ:その他喫煙
 さて、サーフサイド「テキーラサンライズ」を一晩ほど加湿してから吸ってみました。巻き方は前回と同じく、巻紙にスモーキング「ブラウン」78mmを使い、単語カードの吸い口を入れます。

 加湿容器に入れた煙草の香りは、前回の開封時より少し強くなっていて、カクテルっぽさが強まったように思いますが、やはりそれほど強烈ではありません。

 巻いた煙草を吸い始めますと、う~む、少し加湿し過ぎたようで、味がちょっと水っぽくなっていました。バーレー的な刺激は弱まり、非常にスムーズな喫味です。微かな甘味と柑橘系の酸味は前回と同様ですが、少し透明感が増したでしょうか。舌にザラつく雑味はなくなったようです。
 カクテルっぽい香りは、前回よりも分かりやすくなっていて、「オレンジジュース系のカクテルって、こんな感じだよね。」と言えるくらいにはなりました。

 という事で、今回は少し過加湿気味にしてしまいましたが、もう少し遠慮して加湿していたら更に良かったように思います。
 全体的に見て、着香感は強くなく、それが逆に取っ付きやすい面となっており、且つカクテルっぽい喫味もちゃんとあるという、なかなか良いバランスの煙草であると言えると思います。

 けっこう面白い煙草だと思います。


[良いバランスの煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2013.10.09 17:23:19
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.06
カテゴリ:その他喫煙

 久し振りに手巻き煙草を吸ってみる事にしました。銘柄は、「エクセレント」シリーズと伴に着香手巻き煙草の双璧をなす「サーフサイド」シリーズから、「テキーラサンライズ」です。

 この煙草は、1パックが20g入り400円と、ほとんど紙巻煙草1箱と同じような容量になっているのが面白い所です。同梱の巻紙は、上の写真でパウチの下の方に写っている「Silverado」という名前の物で、フリーバーニング&レギュラーサイズという極めて標準的な物でした。

 開封時の香りは、予想に反して割りと普通の煙草の香りで、浅い熟成の乾いた干草系をメインとし、カクテルっぽい香りはほんの微かにしか香りませんでした。干草系と言っても、バージニア系のコクのある香りではなく、バーレー系のドライな香りに感じます。
 カットは、普通の市販紙巻煙草よりも少し細かいくらいのラフカットで、サラサラと乾燥気味です。

 この煙草を、例によってスモーキング「ブラウン」78mmの巻紙に、単語カードの吸い口入りで巻きます。

 で、吸ってみますと、最初に来るのはちょっと刺激のあるバーレー葉っぽい煙と、角の取れた微かな甘味、それと微妙に柑橘系の酸味があるでしょうか。テキーラサンライズというカクテルは、テキーラとオレンジジュースとシロップで作られますが、確かにそう言われてみれば、そんな喫味に感じます。ただ、以前に試したエクセレント・シリーズの「キールロワイヤル」ほど強烈なカクテル風味ではなく、あくまで「煙草」の範疇でのカクテル風味という雰囲気です。
 また、少し乾燥気味の煙草に特有のザラついた舌触りがあり、それが少し喫味を悪くしているような気がします。

 という事で、このままでも吸えない事はない味だとは思いますが、更なる美味しさを求めて加湿してみる事にしました。
 加湿後のレポートは、また次回。m(__)m


[更なる煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2013.10.06 16:11:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.17
カテゴリ:その他喫煙

 前回の「ミント」に引き続き、今回は「ゼロスタイル・スヌース・レギュラー」です。物は、上の写真の通りで、「ミント」との見た目上の違いはパッケージの色だけです。

 この小さなポーションを上の歯茎と頬の間に挟みますと、前回の「ミント」よりも少し弱いピリピリ感が来ます。「ミント」より弱く感じるのは、慣れのせいもあるかも知れません。
 口に入れたばかりの段階では、「ミント」同様に味はほとんど感じ取れません。舌でポーションに触れてみて初めて味が分かります。その味は、桃のような果物系の甘味があって、まぁまぁイイ感じです。
 ニコチンの効きは、やはり「ミント」同様に割りと直ぐに来て、最近流行の低タール紙巻煙草よりも強く感じます。

 数分経過した段階で、唾液にポーションの桃っぽい味が混ざるようになるのですが、それにトウガラシのようなピリッとした刺激が微妙に混ざります。これは多分、ニコチンによる刺激でしょう。ニコチンは強めに効きます。

 使用開始後15分ほどすると、歯茎のピリピリ感はほとんどなくなり、単に歯茎に何か挟んでいるだけという感じになりました。同時に、味も出切ったようで、再び超薄味に戻りました。
 この段階では、ニコチンがかなり効いていて、ともすると少しクラッとしそうです。もっとも、超強力な種類のパイプ煙草のように、ニコチン酔いで気持ちが悪くなる程ではありません。

 結局、1時間ほど口に入れていましたが、最後の方は味もピリピリ感もなく、単に異物が歯茎に挟まっているだけという状態でした。後味は微妙に桃っぽい感じで、ニコチンはかなり効いていました。

 という事で、慣れもあってか前回の「ミント」よりインパクトは薄かったように思います。そして、ニコチンの効きが強いので、その意味では他の煙草の代用としてニコチン補充に有用であるのは前の「ミント」と同じである事が分かりました。「ミント」との違いは僅かですから、単に味の好みでどちらかを選べば良いようです。

 ただ、まぁ、前回の「ミント」でも書きましたが、非常に薄味ですし、このJTのスヌースを趣味の対象として楽しむ程の内容はなさそうです。煙を出せないシチュエーションでのニコチン補充用として割り切るべきでしょう。
 趣味の煙草としての面白みはありません。


[強めの煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2013.09.17 17:21:33
コメント(2) | コメントを書く

全220件 (220件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

PR


© Rakuten Group, Inc.