2021.09.05

再喫 マックバレン「セブンシーズ・ロイヤル」


 今回はマックバレンの「セブンシーズ・ロイヤル」を吸っています。一連の「セブンシーズ」シリーズの最後になります。この煙草を最初に吸ってレポートしたのは、2011年の12月でした。

 この煙草も湿気がやや強く、やはりこれはシリーズ共通の特性のようです。ただ、この煙草は緩めに詰めてしまえば一応普通に吸える範疇の湿気だと思います。味としてはマイルドなバニラ&フルーツ系で、割りとオーソドックスな着香内容だと思います。個性的な部分が殆ど感じられないのは残念ですが、安くて小容量のパウチ物ですし、これはこれで安心して買えるので悪くないです。

 マックバレンという会社は、これまでいくつかのパウチ物シリーズを販売してきましたが、その大半は既に廃止になっています。私が吸ってきた中では、「ベルベット」と「キューブ」のシリーズが完全になくなり、「チョイス」シリーズが残り1銘柄のみとなっています。一方、マックバレンの缶物は、割りと最近になって日本に入ってくるようになりました。多分今後は高級化路線を志向していかないと煙草会社は生き残れないかも知れないので、パウチ物から缶物への移行はこれからも続いて行くでしょう。ですから、「セブンシーズ」シリーズの余命もそれほど長くはないかも知れません。

 でも、安くて買いやすいパウチ物パイプ煙草というのは、一般庶民のパイプスモーカーにとっては欠かせない存在ですし、市場規模を確保するのにも必要です。ですから「セブンシーズ」シリーズのような煙草は大事にして行きたいものです。


[大事にしたい煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ





TWITTER

最終更新日  2021.09.05 12:30:06
コメント(0) | コメントを書く