087407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ベルリンマジック

2020/09/16
XML


久しぶりにフランクフルトへ行ってきた
というより行かざるをえなかった

1月からうちへ来て、飛行機が飛ばず帰れなくなっていたバブシュカ(姑)
しびれを切らせて、ついにフランクフルト発のチャーター機でモスクワへ帰ることに
オクサンもついていくため2人分の書類をそろえたり、コロナテストを受けたり、、、
もう大変、コロナのバカ!

空港はターミナルを1つ閉鎖しているにもかかわらず、ガラガラ
店はほとんど閉まってる、お土産も買えない、かなり気持ちが悪い
これだけすいてるなら旅行へ行きたいね、などと冗談が出るほど静か
皆さんドイツへ来るなら今ですよ!

泊まったのはいつもどうり中央駅周辺のホテル密集エリア
でも今回は駅に着いたとたん、うわ、何だこの雰囲気の悪さは、しかも臭い!!!
ホームレス、酔っ払い、ジャンキー、物乞いの人々、確実にいつもより多い
駅の周りにはいたるところに人が寝てる、いたるところがトイレ化して異臭が漂う

なんせ観光客が全然いない、ホテルがあちこちで閉まっている
実際我々のホテルも半分しか稼働させていないらしい
以前泊まった安いホテルは閉まっていた
当然閉まっているホテルや店の軒先には遠慮なく人が寝ている

駅構内、特に地下の店はほとんど閉まっている、とにかく臭い
多分寝ていると追い出されるのだろう、目的もなくウロウロする人々
別に具体的な危険はないが、そこにいること自体に危険を感じる(匂い)
警察はいっぱいいるが、何も具体的に危険がないのだから何もしない

今回のフランクフルトはいつにもまして衝撃的だった
https://plaza.rakuten.co.jp/stadt/diary/201904070000/

でもね、ホントは駅前の惨状とは全く関係ない地域の方が大きいんだよね
川辺はコロナと無縁な若者たちで大賑わい
水辺の新築マンション群はますますセレブ、マイボートの駐艇場付きみたいな
銀行、証券会社の高層ビルの足元には相変わらず多くの高級車
街なかの高級ホテルには客はいるみたいだし
ショッピング街もいつもよりは少ないにしても人はいる

何も変わっていない、空は青いし雲は白
そう、一部の、一時の、見たくないものを見なければ何も変わっていない
見なくてよいものは見なくてよい、臭いものにはフタをしろ

都市の形は変わる、上は上へ、下は下へ、、、
でもやっぱり見なけりゃ気がつかない
コロナのバカ

写真【変わらぬ日常・ウィズコロナ】






Last updated  2020/09/16 06:13:52 PM
[世界平和と理想の社会] カテゴリの最新記事


PR

X

Free Space

終了・ベルリン
ロックダウンショーウインドー展
2020年12-21年3月、コロナのバカ

中止・ベルリンアトリエ展
2020年11月、コロナのバカ

中止・京橋メゾンドネコでグループ展
2020年4月、コロナのバカ

終了・京橋金井画廊で個展
2019年6月1-10日

終了・ベルリンアトリエ展
2018年11月24、25日

終了・絵描き20年記念アトリエ展、最終回
2018年10月4日ー7日

終了・絵描き20年記念アトリエ展、第2回
2018年6月30、7月1日

終了・松江親子二人展
2018年6月7日ー13日
一畑百貨店

終了・アウグスブルク個展
2018年2月24日ー3月17日
Galerie UNIKAT

終了・ベルリンアトリエ展
2017年11月11、12日

終了・京橋金井画廊で個展
2017年4月13-22日

Category

Calendar

Archives


© Rakuten Group, Inc.