086829 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ベルリンマジック

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

中尾成の作品

2017/03/04
XML
カテゴリ:中尾成の作品



コドモツーと自然博物館へ

10年前にコドモワンとやってたことの繰り返し、全く同じ、進化なし

10年前に見た動物たち(はく製)は相変わらず死んだたまま

10年前に見た1億年以上前の化石は今も変わらず石のまま、進化なし

入場料だけは進化していた、ちぇっ

私が嫌いな人々も10年前と全くかわらず、進化なし

まだ興味も知識もない幼い子供を連れたうるさい親たちだ!

博物館なんか暗いし何も動いてないし、つまらんに決まってる

親は張り切ってカメラを子供にむけて大はしゃぎ

「ほらほら見なさい、恐竜よ、ガルルルー!」みたいな

その子、絶対何も分かってない、でもとりあえずブイサインしてみたり


そういえばカメラ、
10年前はまだデジカメ、しかもプロ並みのでかいカメラ

それが今やすっかり小さな薄っぺらいスマートフォン、進化だ!


そこで進化の話

魚に足が出た!!


といっても私の木彫りの魚に足(彫刻台)をつけただけ、、、あほ

ずーっと足をつけたい!と思いながらもう数年

今、この魚は歴史上驚くばかりの飛躍的な進化を遂げたのだ!わはは

本当の魚に足が出たのはいつのことだろう、、、4億年前とか3億年前?

だいたいその頃らしい、が、だいたいその頃の期間が1億年近くあるのはすごい

その長いあいだ、ずーっと「足が出たらいいのに」と考えていた魚たち

足が出て陸に上がった魚たちの喜びと不安、想像するとこちらまでドキドキ


ドキドキしません


写真【進化済み】







Last updated  2017/03/25 03:14:43 PM


2017/02/07
カテゴリ:中尾成の作品



ご注文のお品出来ました

もう秋からやらなきゃやらなきゃだった作品がようやく出来た(気がする)

というより、もうやめた、これ以上やると煮詰まって泥沼化


やらなきゃいけないけどやらなかった期間を除いても
2ヶ月以上はかかった

2ヶ月間、ほぼ毎日その絵を見て、ああだこうだ悩んで手を加える

でも、もういい加減やめないと気が狂う


なんでこの一枚にこんなに苦労したんだろう。。。

別に特別大きなわけでも特別難ありのモチーフでもないのに。。。


そこで考えた、一枚だからだ!そう、たった一枚だから


だいたい個展では
30枚以上発表する

それぞれの作品にそんな時間と手間をかけてたら一生に一度の個展になってしまう


個展は音楽で言うとアルバム、一枚のアルバムに
10曲とか、そういう感じ

作り手はアルバム全体のバランスを考える

一曲一曲が個性をもって、それでも一枚のアルバムとして独自の方向性を持つ

聴き手はその中に自分のお気に入りを見つける、まさに個展も同様


一枚きりの一球入魂は危険がいっぱい

他とのバランスとか無いもんだから煮詰まる

持っているアイデアと技術をすべて投入、まるで個展の30枚を凝縮

いかーん!ストップ!おしまい!


・・・・・・・・・・

さて、
4月に金井画廊で個展やります

ギザギザのやらツルツルのやら、黄色いのやら赤いのやら、、、

お気に入りの絵、探しに来てください

・・・・・・・・・・


写真【ギザギザのやらツルツルのやら】







Last updated  2017/03/25 03:18:05 PM
2017/01/13
カテゴリ:中尾成の作品



爆弾で吹き飛ばされたんじゃないか、ナカオさんかわいそうに、、、

とか心配してくださった皆さん、ありがとう、大丈夫です

遅れましたが、明けましておめでとうございます、ハッピー2017

アメリカの鎖国がいよいよ間近になりワクワクドキドキですな


それはさておき、そろそろ仕事を、ってなわけで描き初め

新しいリュックサックを買ったはよいが、あまりにたいくつ

そこで魚を描いてみた、一応イメージ的にはアールヌーボー


すると、あれれ、遠目に見るとフクロウになってしまった

どこか南の島の祭りに使われる神様のマスクみたいにも見える

日本のダルマにも見えなくない、、、むむむ


新品のリュック台無しか??? まあよい、欲しい人、注文承ります


クリスマス、爆弾、年越し、そして恒例の家族順番のカゼ

そんなかんなでもう2ヶ月、家事とレゴ以外、何かをしたという実感がない

これはいかん、気分転換のためにベルリンへ行こう!


そこで思った、「何かをしに行く」の反対って「何もしに行く」?

何もしないのが目的にどこかへいく場合、どう言うのかな、日本語わからん


とにかく、何もしにベルリンへ行こう!やっぱりなんかへんだな

土曜日出発、月曜帰宅、げー、ホントに何もできん、、、

まあ寒さで水道管とか破裂していないかどうかの確認くらいは


ではみなさん寒さに負けず素敵な週末を!

 

写真【新作】







Last updated  2017/03/25 03:18:59 PM
2016/02/19
カテゴリ:中尾成の作品
DSCN6800 (300x225).jpg


育児休暇(1日増し)をもらってベルリンへ行ってきた
私の場合、育児のために仕事を休むのではなく、仕事のために育児を休む、ばんざい!

久々に中2日、よっしゃー、アウグスブルクであまり描けない大きな絵を描こう!
というわけで、ずーっと前から用意してあったキャンバスにおりゃーっ!
でもやっぱり時間切れ、2日で描けるわけがない、、、

ところで私が言う大きな絵とは、村上隆のような100mとかではなく1m

アウグスブルクの仕事場は幅が最大1,5m
自由に動ける足の踏み場は1m x 1m といったところ
一歩踏み違えるとコドモツーの作った町並みや鉄道網を破壊してしまう
まさに足の踏み場もない、ここで1mの絵を描くのは至難の業、ストレスたまる

むむむ、やはり魚屋(アトリエ)持っとくべきだったか? まあいいや

ストレスといえば
ベルリンのアトリエに、これまた(私にとっては)大きな「呪われた」絵がある

なんと、いつまでたっても終わらないのだ、がーん! まさに悪夢

ずーっと前からベルリンへ行くたびに気に入らなくて手を加える
描き始めたのは2011年、それ以来ずーっと気に入らなくてずーっと描いてる
今回ももちろん気に入らなくてまた描き足した

何が気に入らないのかさっぱりわからん、何かが根本的に間違っているのか?
でもあきらめるほど悪くないだけにずーっと描いてる

新しい絵と交代交代でイーゼルに乗っかって、あーでもないこーでもない
そしてもうへろへろになった頃、ようやく光が見えてきた
あれ、いいかも、うおー、来た来たぁ! 5年かかってようやく完成か?

絵を眺めながら勝利のビールを片手に筆を洗う、でも、、、
あれー、何か違う、、、かも、、、げー、また不安になる
けどこれまた時間切れ

次に行ったらまた気に入らないんだろうな、きっと、、、悪夢だ


写真【覚めやらぬ】






Last updated  2017/03/25 03:44:05 PM
2015/12/16
カテゴリ:中尾成の作品
DSCN6494 (300x225).jpg

アトリエ講評会はとても満足な結果となった
コレクターさんたち誰もが「お、いいじゃーん!」みたいな
もちろん誰もそんな安易なアホな言い回しはしてませんけど

去年は今までと感じの違う作品を見て、「ハテナ」マークを頭に乗っけてる人がいた
でも今回はその人達もすぐに「お、いいじゃーん!」的に喜んでくれた

変化がだんだん形になってきたのかな、実にうれしい
もちろん売り上げもあったのでより満足、これで安心して年が越せるというもの

ところでその「ハテナ」マーク
帰りの飛行機(電車より安かった!)で、いつもの様に小さなクロッキー帳に落書き
すると降りる際に、斜め後ろに座っていた女性が声をかけてくれた

「あなたパース描き屋さん?」
・・・「近い!けど絵描きだよ」

「でも電線とか鉄塔描いてるでしょ、そちらのお仕事?」
・・・「電線???」

「私電力会社で働いてるからすぐ分かったわ!」
・・・「電線?電力???」

「どこかのエンジニア会社?」
・・・「絵描きだってば」

結局最後まできちんと通じていなかったようだ、、、

落書きは次に描くモチーフのドローイング、建物、風景、に加え、構成、画面分割
当然「空」である空間にもぐちゃぐちゃに線が入ってる

その線が「電線」に見えて仕方が無かったのだろう
「鉄塔」とは私の好きな工事現場のクレーンのこと、まあ確かに似てる

その女性、「ハテナ」マーク全然無し、固定観念がっつり、思い込み100%
強い、それはそれでうらやましい

私はすっかり「ハテナ」マークまみれ、頭ぐらぐら、電線ねぇ、、、???

そこで新たな「ハテナ」
電力会社、仕事くれないかな、ニュービジネス!


写真【電柱】






Last updated  2017/03/25 03:49:46 PM
2015/07/30
カテゴリ:中尾成の作品
max jun. 2015 (300x287).jpg

暑いですな
ドイツも今年はドイツとは思えぬ暑さ

唐突ですが、みなさん最近「水張り」してますか?

紙に絵を描こう、と思って、なんと25年ぶりに水張りに挑戦
へー、出来るもんだ、すごい、手が覚えてる

しかもかなり上手、きっちりぱっちり、まさに職人技
売れるんじゃないかと思うほど美しい、ぴちーっと張れて背筋も伸びる
まあいいや

ところで水張りとは?
水彩画などを描く際に紙がへのへのにならぬよう
パネルや板に紙を一度ぬらして張る作業のこと

絵を描く人ならきっと一度は通る道
特に美大受験経験者はみなやっているのではないだろうか

予備校では水張りのやたら上手いやつがいたりもした
でもまあみなそれなりにこなしていた、今もみんなやれば出来るんだろう

それじゃあ水張りの出来る人って一体どれくらいいるんだろう???
ものすごい数の人がみんなそれなりに上手に水張りが出来るのか、なんかすごい
それらみんなが職人技を身につけているのか、売れもしないのに、、、もったいない

そこで考えた、「手に職をつける」、という言葉
その職は、お金をもうけるためだけの「職業」なのか? それとも職人的「技」、なのか?

むう、どちらかというとその「職」は、やはり「技」、とか「特技」に聞こえる

銀行に勤めてうまくやっているからといって「手に職をつけている」というのはハテナだ
まあお金をものすごい速さでびらびらーっと数えられる、とかなら「技」、納得

ともあれ暑中お見舞い!
あつい夏の日、水張りはいかが?
ぴちっと背筋も伸びて、気分も涼しくなります
売れないんですけどね、職人技なのに、、、ちぇっ


写真、絵?【職人技】






Last updated  2017/03/25 04:03:21 PM
2015/03/19
カテゴリ:中尾成の作品
DSCN5469 (300x225).jpg

フランクフルトのヨーロッパ中央銀行の新ビルがオープン
それを妨害しようと暴れるデモの人々、パトカーがいっぱい燃えてる

すげー、とニュースにむちゅうになってたら、何かこげてるにおい
トースターのパンだ! 燃える寸前のコゲコゲ、煙がもくもく

安くてもう古いトースター、自動で上がらなくなっちゃったのね
すぐに水をぶっかけて捨てた、ざまあみろ

それはさておき、もう2ヶ月も前になるが
魚屋を閉めて、ガラクタを地下室にしまって、、、

そう、絵だったり、オブジェだったり
手作りだったり、蚤の市で買った物だったりの魚たちも、みんな地下室

その片付け作業を終える頃から右肩が痛くなり、一時は腕が上がらぬほどに
右手で何も出来なくなった、当然絵も描けない

ある日、佐野洋子の絵本「おれはねこだぜ」をコドモツーに読んであげる
さば好きのネコが、「君はさばを食べただろー!」と、さばの大群に追っかけられる話

そこで気付いた、この腕の痛みは「魚の呪い」だ、がーん!
寒くて暗い地下室のダンボールに入ってる魚たちの呪いなのだ、こわー

笑えない、絵も描けず、料理するのも何をするのも不自由、かなり落ち込む
こういうのがきっかけでうつ病になったりするのかな、なんて心配まで

ロシアの今、全てが不安定なとき、ウオッカだけは安くなっているという話は有名だ
あ、そうだ、ウオッカ飲めば全てよくなるのだ! オクサンもそう言ってる

確かにウオッカ飲んだら少し良くなった、血行が良くなるのかな、さすがだ
だからここ2ヶ月間のアルコール消費量は、、、よろしくない
こうやってアル中になるのかな、なんて心配まで

しかし、本当に右手がダメになったら、、、真剣に考えた
左手だ! 自分で言うのも何だが私の右手はかなり器用、左手も多分いけるはず

というわけで左手で描く、か、く、か、か、描けない、ぜんぜん描けない

こんなに不器用だったのか、かなり驚きだ、新発見、こんなの自分じゃない!
でも普段使っていない右脳を再稼動、というのも面白い、右脳エネルギー

ムチャクチャな筆の動きや、色をのせたいところにのせられない
それらの偶然のヘタクソな面白さは、器用すぎる右手には出来ないこと

最近は右手もかなり回復して、両手を使ってけっこう面白い絵が描けてる
歯も左手で磨けるようになった、わはは

ころんでも、ただでは起きぬ、マエストロ。

めでたしめでたし、魚の呪いがなんだ、ざまあみろ

左手の実力、みんなも試してみよう!
そういえば佐野洋子の絵も右脳エネルギー出てるかも

写真【呪解の丘】






Last updated  2017/03/25 05:19:58 PM
2014/08/26
カテゴリ:中尾成の作品
RSCN0874 (300x222).jpg

むちゃくちゃ寒い
最低気温5度とか6度って、、、もう冬じゃないか! しかも暗いし

それでも終わらん夏休み、あと3週間近く、まだまだつづく夏休み
私の活動も世間の動きも何だか締まりがない、方向性を失ってゆらゆらゆらゆら

そこに、ありがたいことにサッカーシーズンが始まった!
サッカー中毒な多くのドイツ人にとっては大きな救いであろう

私はサッカーファンでないのでどうでもよいのだが、単純に気付くこと
ワールドカップが終わってから今まで、これが平常だと思っていたニュース
世界の問題、政治の問題がトップで報じられてきたものが、がらりと変わった
サッカーネタが再び登場、いろんなところにどどーん!

何だか急に、どこかで起きている紛争なんてどうでもよいもの、になった
またはどちらも同じくらい重大なもの???

人々の顔にも活気が戻った(気のせい?)

そこで思った
日本の高校野球は実はプロ野球のつなぎなのかな?

だったらドイツも夏の高校サッカーとかやったらどうか

ムリ、日本のような熱血スポーツ文化はここには無い
炎天下の中、給料ももらえないのに走らされるスポーツ選手、ただただかわいそう

だいたい甲子園で高校生使ってカネ儲けしてるのは誰だ!
まあそんなことは置いておこう

中毒といえば、絵の話
最近「キリコっぽいね」が気になって、いろいろ調べてひっかかった

キリコとはイタリアの画家、「ジョルジョ デ キリコ」のこと
パキパキして人の姿の無い絵が多い

個人的には、確かに好きだけど、目指してはいない
それでも絵を描き始めた頃から何度も「キリコっぽいね」を聞いた
そこで、真剣にキリコと向かい合ってみよう、と思った、が、、、

Metaphysik、メタフィズィーク、形而上学、ケイジジョウガク、形而上絵画、、、?

ドイツ語で読んで、むうう、わかるようなわからんような、、、
日本語は?もっとわからなくなった

ダメ、わからん、ちんぷんかんぷん、やめた

それでも私、只今メタフィズィーク中毒、わはは、メタってます
お腹の出るメタボとか関係あるのかな、わからん、まあよい、好きなように描こう

誰か詳しい人、人間の言葉で教えてください


写真【形而上絵画モチーフ(メタモチ)】






Last updated  2017/03/25 05:25:41 PM
2013/12/30
カテゴリ:中尾成の作品
DSCN2922 (300x225).jpg


なんだかんだで今年もおしまい
毎年のことであるが、やはり何かやりのこし感モンモン
年の終わりを素直に認められずにぐずぐずおろおろ

もういいではないか、今年できることはすべてやった、と、言い聞かせるものの
今さらまだ一枚描けるかも、なんて考えてキャンバスに向かってみたり

ふと目に付いた絵を見る、作品番号860、2012、12月
ふーん、去年の今頃か、あれれ? つい最近960番とか描いた記憶が、、、

記録を見てみると、2013年1月に865番を描いている
そして一番最近描いたものが968番、、、すごい、100枚超えてる!

15年間描いているが、いままで一年に100枚はまだなかった
今までの最高は80枚くらいであったはず

100枚全部がよい絵かどうかは別としても、まあそのパワーはたいしたもんだ
自分ながらあっぱれ、すごい、ぱちぱち!ご褒美くれ!

今年できることは全てやった、もうあきらめよう、やーめた
よいお年を!

写真【年末雲】






Last updated  2017/03/25 05:50:27 PM
2013/10/10
カテゴリ:中尾成の作品
DSCN2698 (300x225).jpg


今日は私の誕生日、ぱちぱち、ありがとう

それはさておき

夏に作ったカタログ、自分で作った自分の作品集
自分が好きで勝手に、誰にも頼まれず作ったもの、自作自販が当然
売る気がないので当然売れていない、けど別にオッケー

、、、だと思っていたのだが、今回の展示会でそれを見た知り合いが
「本屋に置いてもらわないの?」

へぇっ? なんともまあ図々しい、と思ったが、、、
むう、そうか、これも安っぽいとはいえ、画集とも言えなくはない
本かぁ、本だから本屋かぁ、なるほどねぇ

まさに目からうろこ、ぜんぜん考えなかった

もともとカタログで金儲けしようなんて思ってなかった私
それを他人に売ってもらおうなんて、そんな図々しいこと思いもつかなかった

でも売り上げはなかったとしても、本屋に置いてもらえれば人の目にはつく
人の目につけば、これはもう、それだけで宣伝になる
ポスターやポストカードよりも説得力のある宣伝になる

むう、なるほど、じゃあやろう、ってなわけでさっそく営業開始、すぐやる私
自分で言うのも何だが、私は本当に図々しい、オクサンはすっかりあきれてる

さっそく街なかの本屋2軒に、少ないけどテストで置いてもらう
行きつけのでかい画材屋の書籍コーナーにも置いてもらった

ちゃんと数軒には断られた、ばっさり、もちろん百発百中とはいかない
でも私はぜんぜんくじけないんだな、これが、わはは

断った店は、最初からカタログを見ない、「うちはそんな商売しないよ」みたいな
そんな所とはこっちも商売したくはないのでオッケーだ、ノープロブレム

しっかし、ホント考えてなかった、自作のカタログを本屋に、、、なるほどねぇ
なんか次につながるキッカケがちょっと見え隠れしてワクワクする
いやあ、目からウロコとはこのこと

44才の誕生日に目からうろこ、まだ生きろ、やることはまだまだある、という神の声か
というわけで、まだ生きよう、神様さんきゅー!


写真【黄金のウロコ】






Last updated  2017/03/25 05:55:37 PM

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.