167222 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

  MUSTANG DEVIL POLICE CAR!

デスビキャップ&コイル交換

イグニッションコイルとデスビキャップとローターキットの交換を行いました。
89年マスタングの情報がかなり少ないので参考になればと思います。
では、まず最初にデスビキャップの交換から行きます。

001

マスタングのエンジンルーム内です。汚いですねww

002

これが、デスビアッシーです。カバーにかけています。

003

カバーを外した状態です。

004

このように8本のプラグコードとイグニッションコイルコードが挿さっています。
すでに新品のプラグコードを交換済みで、交換の際に純正コードと同様に新品コードに番号を記入します。

005

ACCEL(アクセル)社のハイパフォーマンスのデスビキャップです。

006

100円ショップで購入したおなまえシール(カバーフィルム付き)ですww
書いて濡れても消えないようにカバーフィルム付を選びました。

007

このように1~8記入して、カバーフィルムを被せます。

008

番号記入したシールを取り付けられたプラグコードの順番通りに間違えないように貼ります。
間違えると点火時期が狂い、不安定になりますので注意してください。

009

これが純正のデスビキャップです。モータークラフト社はフォードの純正品になっています。
外し方は横にクリップがあって、2箇所止まってるだけで簡単ですww

010

純正のデスビキャップを外したら、アクセル社のデスビキャップにプラグコードを順番通りに挿して、仮組みにしておきます。

011

これが外した純正のデスビキャップです。プラグコードの挿し込む部分に腐食が見られました。

012

裏側です。接点にかなりに減っていて、腐食がありましたので本当に交換時期でした。

013

接点を触ると、ん?ポロっと取れました・・・・。(゚◇゚oi)汗タラリ
これでは点火不安定になるはずです・・・・・。

続いてデスビローターの交換です。
014

デスビキャップを外して、このようにデスビローターがあって、単に挿してあるだけで単純ですww

015

ACCEL(アクセル)社のデスビローターで、デスビキャップと一緒に入ってます。

016

外した純正デスビローターで、これもモータークラフト社製です。
新品と比較しますと純正はかなりに消耗していることが分かりますね。

017

拡大した状態ですが、上の接点は黒すんでいて減っていました。

018

こうすると分かりますでしょうか?右側の傘のような接点は点火スパーク部分で重要な所ですが、3分の1ぐらい溶けて減っていました。
(゜◇゜oi)汗タラリ

019

アクセル社のデスビローターを取り付けた状態です。新品の場合は若干穴が小さいので、軽くグリスを塗って付けますとやり易いです。
次回交換の際は、デスビローターを破壊することになります。
(純正デスビローターを外しづらかったので破壊しようと思いましたが、記録を残すために状態確認したかったので無理にして丁寧に外しましたww)

続いてイグニッションコイルの交換です。

020

イグニッションコイルは、バッテリー側にこのようにカバーしてあります。

021

カバーを外すと、イグニッションコイルが現れます。20年のホコリが被っていますww

022

書き忘れましたが、作業する前に必ずバッテリーの-端子を外してから作業します。(基本中の基本です。)
コードとカプラーをこのように外し、ボルトは4点止めなので簡単に外れます。

023

左が純正で、右がACCEL(アクセル)社のイグニッションコイルです。黄色なので見た目がかっこいいですね!ww

024

アクセル社のイグニッションコイルを装着して逆順に取り付けます。

025

続いて、コードとカプラーを差し込みます。うひょうひょww(亀ちゃん笑い)

026

デスビキャップの中間に差し込み、元通りしてこれで作業終了!
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

027

次にプラグ交換で左が純正で右が新品で、20年間交換してないと思われます・・・・。(゜◇゜oi)汗タラリ
作業時間は1時間程度で終わりました。

そして、元通りにして、早速にエンジンを掛けてみましたが、やはりエンジン始動性が悪いままですが、体感的に前よりは良くなったかな?と思います。
しかし、乗って走行するとガラッと変り、今までと比べ物ならず、かなりにスムーズに吹け上がります!音もまとまっていてV8サウンド復活!
加速も全然違いますし、80km/hになると氷の上に滑るような体感味わえます!
これは凄いぞ!気分はナイトライダー?ヾ(・ω・o) ォィォィww
エンジン始動性とアイドリング不安定は、ISCVの劣化による寿命なので仕方ない。
今回交換したことでかなりに安定感があり、2年に1度の消耗品なのでこれからもメンテナンスしていかなければなりません。
交換するのなら、純正よりアクセル社製品を交換することで性能重視しているため、寿命は純正より何倍も持ちますし、金額も純正と変らないので交換するならアクセル社製品をお奨めします。
アクセル社製品取り扱い販売店はワールドパフォーマンスサービス様です。
(名前をクリックしますとHPにご覧になれます。)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.