330598 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お絵描きで 第2の人生 描き書き

全6件 (6件中 1-6件目)

1

おかあさんといっしょ

2009年02月12日
XML

もうすっかり観なくなってしまった「おかあさんといっしょ」

gekoameもお世話になった「グ~チョコランタン」の

スプーたちが3月で番組を卒業するそうです。  

スプーとアネムスプーとアネム

 

で、懐かしくなったのでgekoameが出演した時の放送を

録画したDVDを再生して写真で撮りました。

デ・ポンに出たんだよ。

gekoame in デ・ポン1

gekoame in デ・ポン2

gekoame in デ・ポン3

gekoame in デ・ポン4

ちいちゃかったなぁ~。

ほっぺたが幼児だぁ手書きハート







最終更新日  2009年02月12日 15時12分26秒
コメント(10) | コメントを書く


2007年03月11日

今日は大人目線で見たおかあさんといっしょ収録見学について書きます。

まず、当時の出演メンバーですが、

歌のお兄さん............杉田あきひろさん
                (1999/4~2003/3出演)
歌のお姉さん............つのだりょうこさん
                (1999/4~2003/3出演)
体操のお兄さん......佐藤弘道さん
                (1993/4~2005/3出演)
デ・ポンのお姉さん.タリキヨコさん
                (1999/4~2005/3出演)

先代の歌のお兄さん・速水けんたろうさんと歌のお姉さん・茂森あゆみさんが歌っただんご3兄弟が1999年初頭に大ヒット。大変盛り上がっている中での世代交代だったため、新しいおかあさんんといっしょに馴染めない視聴者も多い中、杉田さん&つのださんは頑張っていました。

杉田さん&つのださんの頑張りで新しいおかあさんといっしょも波に乗ってきた2000/12、某週刊誌に杉田あきひろさんに関するスキャンダル記事が掲載され、杉田さんは釈明会見まで開く羽目になってしまいました。

starbell娘が、おかあさんといっしょの収録に行ったのは2001/1でしたので、杉田さんには辛い時期だったと思います。週刊誌に書いてある事が真実なのかガセなのかstarbellにはわかりませんが、杉田さんが世間の冷たい風台風に当たっていたことは想像できます。

そんな状況でしたので、starbellはあきひろお兄さんは元気がないだろうと思っていました。ところが、一番元気を振りまいて、子どもたち、おかあさん、他の出演者を引っ張っていたのは、あきひろお兄さんでした。

starbellは、「あきひろお兄さん、だね。」と感心してしましました。
責任感が強いんだろうなーと尊敬。私だったら、同じように出来ないと思います。

つのだりょうこさんは、外見はテレビで見たとおりの方でしたが、テレビで見るより性格はかなり大人しいように見えました。

弘道お兄さんは、この時は何となく「お怒りモード」というか「警戒モード」というか「しらけモード」というか、あまり感じがよくありませんでした。世間の冷たさに対して立腹中だったのかぁと、starbellは勝手に思っています。自分の事ではなく、あきひろお兄さんのことだったから余計にそうだったのかなぁ...なんて、これもstarbellの憶測ですが。。。
ただ、収録が進むにつれて、子どもたち&おかあさんたちは、ただただ収録を楽しんでいたので、最後はイメージ通りの弘道お兄さんでした。

タリキヨコさんは、世代交代した最初の放送から、何年も前からおかあさんといっしょに出演されていたかのような堂々とした態度で大物ぶりを発揮していました。そして身体もたくましいようなイメージがあったのですが、実物は細~い! 成人女性で二の腕がこんなに細い人がいたんだーと思ってしまうくらい細かった。

テレビの撮影ってもっとダラダラしているものかと思っていたのですが、素人の3歳児の集団相手だからなのかとても段取りが良くて、あっという間に終わってしまいました。



NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト シアワセ






最終更新日  2007年03月11日 11時12分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月10日
昨日の続きです。

他の子どもたちやお母さんたちは、グ~チョコランタンのVTRを見ていましたが、私はずっと我が娘を見ていました。(当たり前ですね♪)
デ・ポンのお姉さん(タリキヨコさん)が、今日の踊りを娘に教えてくれていました。なかなか子ども扱いが上手く、子ども好きな感じが遠くからでも見て取れました。

スタッフの女性が頭につける飾りを娘につけてくれ、音楽がかかり突然スタート。
娘はさっきまでの延長で、ノリノリで一緒に踊って無事終了。

その後、お待ちかね定番の「あ・い・うー」体操の始まりです。
ノリノリで踊っていましたが、そこは3歳児。カメラを意識することなく、人ごみに紛れていました。でも、最後に上から風船が降ってきた時に風船を追って弘道お兄さんの前に出てきたので、バッチリ映りました。

娘は、収録終了後に弘道お兄さんから「上手だったね。」と言葉をかけてもらっていました。が、どこ吹く風の娘…意識はゲットした風船のみに集中…当時3歳…仕方ないか大笑い

子どもがゲットした風船は中の空気を抜いて、貰って帰ってきました。今、どこにあるかな???

次回は、別の視点(大人目線)から見たおかあさんといっしょ収録見学について書きます。お楽しみに♪

★おやこでたのしめるヨガDVD★「きよこ」とはじめよう おやこヨガ
人気blogランキングへ






最終更新日  2007年03月10日 10時22分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月09日

2回目の弘道お兄さんとの遭遇は、2001年の1月24日でした。

日にちまでしっかりお伝えできるのは、「おかあさんといっしょ」収録記念の写真に日付が載っているからです。
そうです。幸運な事におかあさんといっしょに出演できたのです。

ハガキを送ってもどうせ当選しないから応募しないと言う人と、やってみなくちゃわからないと往復ハガキを毎月1通ずつ送る人と分かれると思いますが、starbellは後者のタイプです。しかもまとめて12通分(3歳児のみ応募資格があるため)の往復ハガキを購入してしまいました。それが幸運な事に2通目の応募で当選したのです。

強運びっくり

本人よりも親の方がはしゃいでしまいました。当日は、主人も休みをとって一緒に収録に出掛けました。家の他にもおとうさんもいっしょの家族は複数いらっしゃいましたよ。大笑い

ただ、スタジオに入れるのは保護者1名のみと言われてしまったので、主人はガラス越しにスタジオが見える上階のフロアに移動しました。私は、子どもと一緒に撮影スタジオに入ったのですが、その広さに驚きました。手前に「あ・い・うー」体操を踊るセットがあって、その奥に「デ・ポン」ダンスを踊るセットがありました。

母親たちは、丁度テレビを見てるのと同じように子どもたちと対面する場所にパイプ椅子に座って観覧することができました。どんな風に撮影されるのか興味津々で見ていると、まず、挨拶や説明があって、その後、子どもたちを暖めるために「あ・い・うー」体操を途中までやりました。家の子は端の方で、とてもノリノリで「あ・い・うー」体操を踊っていました。これが後に更なる幸運への伏線になるのです.........

体操が終り、子どもたちを椅子に座らせるとそのままの流れで撮影突入でした。子どもたちを緊張させないために自然な流れで始める...という感じです。
撮影の順序は、テレビ放映と全く同じに進めていました。テレビで歌のVTRを流す所では、放送と全く同じものを大型画面のテレビで子どもたちに見せていました。

前半の歌が終わって、後半の劇のVTR観覧(当時はグ~チョコランタン)になった時に家の娘がデ・ポンのお姉さんに手を引かれてデ・ポンセットの方へ連れて行かれました。

で、ででで...デ・ポンに出られるのかっっっ!?

starbellが大興奮したのは、想像に難くないと思います。

母親たちはザワザワし始めました。starbellは超嬉しく思うも、他の人たちの手前、控えめな表現に留めました。

と同時に、娘の強運ぶりに感心していました。

と、またまた同時に、人生のうちに持っている運を早く使い切ってしまっているのでは?と不安にも思いました。(でも大丈夫そうです。今、9歳の春。)

肝心な弘道お兄さんが出てきませんが、長くなったのでまた次回にします。
お楽しみに!(←何人の人が楽しみにしてくれているだろうか...と、思いつつ)


人気blogランキングへ






最終更新日  2007年03月09日 09時53分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月08日

弘道お兄さんと初めて会った(見た)のは、2000年の3月だったと思います。

当時住んでいた地域のこどもセンターに、弘道お兄さんが講演に来ると地域の広報誌に載っていました。しかも無料です。
starbellは、当時2歳でまだオムツも取れていない娘を抱いて出掛けました。

starbell親子がこどもセンターに到着した時には、既に多勢の母子が詰め掛けていました。整理券を貰ったのですが、定員オーバーの番号。もしかして見れないの?と焦ったのもつかの間、2回講演の予定を弘道お兄さんのご好意で3回に増やしてくれると聞き、一安心。

お陰で3回目の講演では、先頭の方になれました。時間が来て講堂(普段は遊び場)に入ると、一番前のセンターの位置に陣取ることが出来ました。ラッキー♪ちょき

講演は、母親たちの(弘道お兄さん、キャー)的な気持ちとは裏腹に真面目なものでした。体操を通して親子の関わりや、子どもの身体能力を高めるようなことを推進して行きたい…というような内容でした。途中、弘道お兄さんの怪我についての話もあり、今でも弘道お兄さんの手首にはボルトのような物が入っているそうで、手首が曲がらない角度があるそうです。(記憶違いだったらゴメンナサイ。)

講演の最後は、お待ちかねの体操の時間です。体操と言っても小学生の参加もありましたし、「あ・い・うー」ではなく、親子でやる体操です。
会場の中から、2名だけ子どもを選んで弘道お兄さんと体操できるというのがあり、弘道お兄さんの「やってくれる人ー」の呼び掛けに会場は「はいバイバイ、ハイバイバイバイバイ、HA~Iバイバイバイバイバイバイ」状態になりました。

モチロン、Starbellもその中の一人です。
2歳の娘を両腕で抱え上げ(凄い怪力)、ガンガンアピールしました!!真正面で大アピールをするstarbellに恐怖を覚えたのか、弘道お兄さんは(こんな小さい子大丈夫かなぁ…)と不安な表情を浮かべつつ、我が娘を一人目に選んでくれました。弘道お兄さん感謝!!

体操は、子どもをブ~ンブ~ンと飛行機飛行機のように振り回してあげると言うもので、我が娘はご満悦の表情を浮かべていました。良かったね手書きハート
この体操は親の肩こりにも効くそうです。

二人目に選ばれたのは小学生の男の子で、こちらの体操の内容は忘れました。笑
残念ながら、肖像権の問題でカメラカメラ持込禁止だったので、想い出の写真はないのですが、starbellの脳裏にはしっかりと焼きついております。

次は、2回目に会った(見た)時の事を書きますね。

人気blogランキングへ


佐藤弘道/佐藤弘道 健康筋肉体操(CD+DVD)






最終更新日  2007年03月08日 10時09分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月07日

先程、日記を書いていて[登録する]ボタンを押す前に[カテゴリ]を追加しようと別ページに行ってしまい、書いた文章が全て消滅するという悲しい事件が起きてしまいました。もう全部書いた後だったのに。。。号泣アーメン.........お化け

気を取り直して、やり直します。自分、ファイトっ!!ぐー

今日は、以前おかあさんといっしょに体操のお兄さんとして出演されていた佐藤弘道お兄さんについて書きます。お子さんがいて、おかあさんといっしょを見るようになった母親は、いつしか弘道マジックにかかっている事に気付くんじゃないでしょうか?


子どもにも分かり易い笑顔、元気、決まった動き(体操)...を何となく子どもと一緒に見ていただけなのに、弘道お兄さんのファンになっている...それが、それこそが弘道マジックなのです。

人それぞれ、ファンになる理由はあると思いますが、私の場合は、「この人、プロだな。」と思ったのがきっかけでした。
歌のお兄さんやお姉さん、もう一人体操のお姉さんもいましたが、この方たちは毎日少しの変化はあるんです。歌う歌が変わったり、お姉さんの体操は何種類かあって、日替わりでチェンジしてました。

だけど、弘道お兄さんの体操は毎日同じ! 何年も何年も同じことの繰返し。。。
それを毎回同じテンションでやり続けるって凄いことだと思いませんか?

次の日記には、弘道お兄さんと会った(見た)時の事を書きますね。
人気blogランキングへ お一つポチっとお願いしますウィンク
ランキング







最終更新日  2007年03月07日 16時18分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.