209421 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お散歩しようよ

こぎ犬「はな」

コーギー歩く おしゃべり大好き!おやつ大好き!お昼寝大好き!
そして、何よりも週末のみんなで行くお散歩が大好きな
「はな」のページだよ!!!

hana-p1 hana-p5

【プロフィール】


犬種 ウェルシュコーギー・ペングロープ
生年月日 2000年12月15日
性別 メス
犬名 AMIEL OF MOUNTAIN DOGS JP
好きな事 ボール、水泳、お相撲、星光のご飯の横取り、お店の入り口にあるマットの上でゴロゴロする
タイプの男性 足の長い日本犬(自分にないものを求めるらしい(^o^;)

  • はなとの出会い

  • hana-p2 2001年の1月下旬、その年は毎週末になると大雪が降っていた。新婚旅行から帰った翌週、両方の両親を自宅に招き酒盛りをした後、駅までみんなを見送りに行った時のこと。
    突然ノブさんが「イヌが欲しい」と言い出した。その日の朝刊に近所のショッピングセンター内にあるペットショップの広告が入っていたのを見たらしい。「コーギー、ダックス入荷」って書いてあるの、私も見て知っていた。
    「見るだけ」ってことで、かかとがもぐっちゃう位の大雪だったけど、2人で約20分かけて店に行った。店内に入ると、ショーケースにそれらしいイヌはなし。「あの~コーギーのちらしを見たんですけど。。。」と店員に声をかけると、「今日来たばかりだから、まだ奥にいるんですよ」と言ってすぐに奥からダンボールを抱えて出てきた。
    中を覗くと、ものすごくちっこいワンコがピョンピョン跳ねている。それはまるで「おい!早く出せ!」とでも言っているよう。くくく、かーいい。*^_^*2人でデレデレしながら、とりあえずもう1匹のダックスも見せてもらうことに。
    すると、こっちのワンコは尻尾をまいてダンボールの角でうずくまっていた。店員は「こういう子は臆病で中々家族に溶け込めないかもしれません。明るく元気な方が飼いやすいですよ」とコーギーを薦めた。
    私もノブさんもイヌを飼った経験がなかったから、飼いやすいという言葉でこのメスのコーギーを買うことに。。。え?見るだけじゃなかったの?(^o^;

  • はなが我が家にやって来た!

  • すでに「今晩どうしようか」なんてお互いに妄想にふけっていたのだけど、イヌって、すぐには持ち帰れないのね。(--;健康診断してOK出てから、引渡しらしく、結局、その日はまたまた雪の中を歩いて帰った。
    帰り道、名前をどうしようかって話で盛り上がる。私が「ね、はなっていうのはどう?」とノブさんに言うと、即「いいね~」。で、はなに決定。引渡しは1週間後だったんだけど、その週は2人して「子犬の飼い方」やら「コーギーと暮らそう」とか言う本を読みあさり、部屋の模様替えなんかをしてドキドキしながら過ごした。
    そして、待望の日!はなは相変わらず元気。簡単な説明と手続きを済ませ、ゲージとかエサとか、ペットシーツとかを買ってお金を払い、そして、私たちの手の中にようやくはなを抱くことが出来た。「かわいがってあげて下さいね」笑顔の店員に何度もお礼を言いながら、急いで自宅に帰った。
    車に乗ると、はなは箱の小さな空気穴から鼻を出し、キャンキャン言って暴れている。「もうすぐだからね」と声をかけてみるけど、動きはますます激しくなり、しっかりもっていないと落としてしまいそう。「なんか。。。元気よすぎない?」ちょっと不穏な空気が車内をよぎる。

  • 天使のような顔した悪魔

  • hana-p10 本によると、「初日はまず、ゆっくりと休ませ、少しずつゲージの中から出して部屋の中の様子を教えてあげる」と書いてあったんだけど、はなは家につくなり部屋中を【ドコドコドコドコ!!!!】と走り周り、すでに遊んでモード。「今ゲージを作るから待っててね」と言ってみたけど、そんなことおかまいなしに私たちの手や足に【ガブッ!】そして、おしっこ【ジャー!】こっちでもあっちでも【ジャー!】。おいおい、一体どうなってんだ?話が違うじゃないか?
    急いでゲージを用意して、その中に入れてみたけど、じっとしているわけもなく「出せ!出せ!!」と鳴く。ま、いいか。と言うことで、一緒に遊んであげることにした。しばらくボールとかぬいぐるみと遊んだと思ったら、今度はノブさんの股の間にモゾモゾ。と思ったら、もう寝てた。「な、なんか、動き早いし。。。」私もノブさんも絶句。

    その日の夜、はなをゲージに入れて就寝。なんて、上手くはいくわけもなかった。「キュゥキュウキュウ」って、ず~っと鳴き続けるから、こちらが根負け。「今日は初日だからね」ってゲージの扉を開いたら、私の布団に入り枕をして真ん中で寝てしまった。今までこういう生活をしてたのかと思う位、自然な寝方。(^^;
    その翌日からも、はなのパワーは常に全開で、ご飯をよく食べよく走り、そしてよく噛み付いた。
    私は肘から手にかけて、無数の切り傷と打撲のような黒い跡だらけ。「もうやめて、お願いだからこっち来ないで」って泣きながらお願いしたこともあったっけ。(^o^;

  • アイ・ラブ・ノブさ~ん

  • hana-p6 弱気な私に対して、ノブさんは念願のイヌとの生活にヤル気満々。その愛情が伝わるのか、はなもノブさんに対しての態度がちょっとずつ変わって来た。噛むクセは相変わらずだけど、ノブさんの身につけているものに異常な執着を見せるようになる。
    ノブさんが部屋で着ていた厚手の上着が特にお気に入りで、いつの間にか、そこでトイレをするように。。。

  • 早くも一家離散の危機

  • ここははなのページだから省略しちゃうけど(詳細はこちら)、いろいろあって私は東京の病院に1ヶ月も入院することになってしまった。
    病気や手術のことは先生からよく説明を受けたから心配なかったんだけど、 心配事と言えば、はなのこと。まだ飼ってから1ヶ月だというのに、どうしよう。。。トイレだってまともに出来ないし、留守番だって出来るんだろうか。
    ノブさんは「大丈夫」って言ってたけど、一日中一緒にいる私から見ると、どう考えても無理。で、悩んだ末結局、近所に住むイヌ大好きの親戚の家に預ける事に決めた。
    新しい生活が始まったばかりだと言うのに、申し訳ない気持ちでいっぱいな1ヶ月。
    肝心のはなはと言うと、度々変わる環境にもすんなりと適応し、先住犬の「ラン」を怒らせてしまうほど我が物顔で、馴染んでおりました。さすが(^^;


    Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.