966704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Bin-Star(Binary Star Watching)

Bin-Star(Binary Star Watching)

PR

Recent Posts

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Comments

サトピー@ Re:フリップミラーにレデューサーレンズを組み込んだ(12/24) 初めまして。レデューサー組み込んで無事…
TN-Miyagiken@ T7250からT7800への交換 良い情報を有難うございました。当方NF70X…
通りすがりです@ Re:天体観測用の赤色ライトは本当はマナー違反?(05/08) eikiさんのコメントは概ね正しいです。 …
しおじい@ Re:NexGuide (ST-4) Converter 緊急のお知らせ(1/3)(01/14) すみません、TC4069のデータシート見てい…
しおじい@ Re:NexGuide (ST-4) Converter 緊急のお知らせ(1/3)(01/14) はじめまして、しおじいと申します。 最近…
百参ae式@ Re[4]:NexGuide ST-4 Converter V.2 (1,300Yen)(12/29) Bin-Starさん、お世話になります 記事を書…
Bin-Star@ Re[3]:NexGuide ST-4 Converter V.2 (1,300Yen)(12/29) 103ae式さん こちらからも成功事例として…

Favorite Blog

秋も近い ホシミスト_3013さん

夜空のブログ シャトル2308さん
2022.05.06
XML
カテゴリ:電子工作
Arduinoだけでも、プリンタポートのチェックは可能なのですが、Arduinoの電源供給がUSBであることもあり、どのみちUSBで接続するなら、モニタ用のPC側で、状況を確認する方法もあります。


Arduinoのプログラム開発環境にはシリアルモニタが付属しています。


シリアルモニタを起動すると、STROBEがONになるのを待ち受ける画面が表示されます。

98ノート側で、作成したPRNCHK.BATをDOS環境(又はDOS窓)で保存したフォルダにカレントディレクトリを移動してから実行します。(PRNCHK リターン)
起動すると0-7、S、B、Qのキー入力待ちが表示されます。
入力するキーでの動作は以下のとおりです。
・0:bit 0をHighにする(0b00000001をプリンタポートに出力する)
・1:bit 1をHighにする(0b00000010をプリンタポートに出力する)
・2:bit 2をHighにする(0b00000100をプリンタポートに出力する)
・3:bit 3をHighにする(0b00001000をプリンタポートに出力する)
・4:bit 4をHighにする(0b00010000をプリンタポートに出力する)
・5:bit 5をHighにする(0b00100000をプリンタポートに出力する)
・6:bit 6をHighにする(0b01000000をプリンタポートに出力する)
・7:bit 7をHighにする(0b10000000をプリンタポートに出力する)
・S:STROBE信号のON/OFFをトグルする
・B:BUSY信号の状態をモニタする
・Q:スクリプトを抜けてDOSプロンプトに戻る

ここでは0(bit 0)を選択して、0b00000001をプリンタポートのData bitに送信します。


Arduinoでプリンタラインの状況がモニタされ、モニタ用PCに結果を表示します。
この例では、モニタ用PCにbit0のラインがHIGHになり、0b00000001を受信したことが示されています。
途中、98ノートとArduino間のネゴシエーションのためのSTROBE信号やBUSY信号に変化についてもモニタ用PCに表示されます。
98側のスクリプトが正常に終了して、次の入力の待ち受けになった場合は、98ノートのプリンタポートのSTROBEとBUSYが正常であることが判ります。98ノート側の画面で、Waiting.....と表示される様な場合は、STROBEまたはBUSYが故障していることになります。



DATAラインは8本あるので、bit 0からbit 7まで順にこの作業を繰り返します。
これらが、正常動作した場合は、98ノートの単方向データ通信に問題はなく、正常であるという結論になります。

98ノートのプリンタポートチェッカー の記事は、以上です。






Last updated  2022.05.06 15:35:32
コメント(0) | コメントを書く



"Bin-Star"のブログへようこそ


このブログでは、一般的には高価と考えられている望遠鏡や天体撮影機材の中から、コストパフォーマンスの良い製品に関して、私自身の経験談を紹介します。また、PCやマイコンの融合をはかる新たな企画を公開していきます。


オートガイドは、非常に面倒で、高額機器であり誰でも手を出せるものではなかったが、 PC不要のNexGuideの登場以降、その敷居は一挙に下がった。一方、最初からST-4端子を装備している赤道儀コントローラーは少なく高価である。そこで、汎用赤道儀コントローラーのST-4増設方法を紹介する。

分解や改造は故障の原因となるばかりでなく、メーカーの一切の保証を受けられなくなります。分解や改造は自己責任で行って下さい。

NexGuide ST-4 Converter





天体望遠鏡は国内外の価格差がとても大きい、また光学製品の単品輸入は関税の対象から除外されている(国内消費税は請求される)。また米国のセレストロンやミードは日本への輸出制限を行っており、米国内の正規販売店からの直輸入は困難である。 メーカーによる輸出規制品を米国価格で入手する方法を紹介する。

個人輸入はハイリスク・ハイリターンです。自己責任で行って下さい。

望遠鏡の個人輸入での注意点 グッピングを中心に





オートガイドしたいが、2軸モータードライブ赤道儀は高額である。ならば電動カメラマウントのミザールKDマウントをST-4対応赤道儀に改造するという手もある。KDマウントの改造(恒星追尾・ST-4など)の改造方法を紹介する。

分解や改造は故障の原因となるばかりでなく、メーカーの一切の保証を受けられなくなります。分解や改造は自己責任で行って下さい。

KDマウントの改造(恒星追尾・ST-4など)




NexStar 4 GTのアリミゾ化改造により、鏡筒バランスの調整、フォークアーム方向のカメラスペースの確保、鏡筒載せ換えなどが可能となる。

分解や改造は故障の原因となるばかりでなく、メーカーの一切の保証を受けられなくなります。分解や改造は自己責任で行って下さい。

NexStar 4 GT SEのアリミゾ化改造




NexStar 4 GT SEの自動導入機能の精度を上げたい!

NexStar 4 GT SEでのアライメントのコツ
自動導入望遠鏡の水平設置




折角の自動望遠鏡、しかしながらウェッジ機能がなければ、長時間露光において、星野が回転し、コンポジット作業が困難になる。

NexStar 4 GTに適合可能なウェッジ付き三脚の情報




NexStar 4 GT 用 PC接続ケーブルの純正品は約5,000円もするが自作すれば約1,000円で済む。

極性を間違えるとハンドコントローラーやPCを破壊する恐れがあります。 ケーブルの自作は自己責任で行って下さい。

NexStar 4 GT 用 PC接続ケーブルを自作する




惑星を撮影するなら高価な一眼レフや天体用カメラはいらない。 PC用Webカメラで大量の画像をコンポジットする方法が推奨されています。

分解や改造は故障の原因となるばかりでなく、メーカーの一切の保証を受けられなくなります。分解や改造は自己責任で行って下さい。

Qcam Pro 4000 を惑星撮影用カメラに改造する方法




PC用WebカメラのQcam Pro 4000やToUcam Pro IIに利用されているCCDは35万画素のSONY ICX098BQであり、数万円する25万画素のMeade初代DSI(Proを含む)より高解像度であるだけでなく、数十万円するビットランBJ-30に相当する解像度をほこる。ここでは、長時間露光を可能にする改造とペルチェ素子による冷却で、PC用Webカメラを天体用冷却CCDカメラに改造する方法を紹介する。

分解や改造は故障の原因となるばかりでなく、メーカーの一切の保証を受けられなくなります。分解や改造は自己責任で行って下さい。

PC用Webカメラを天体用冷却CCDカメラに改造する方法




© Rakuten Group, Inc.