000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

永遠の旅行者staycool!!の投資と事業そして自由なLifestyle

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


staycoolK

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

コロナ禍でも推進!… New! Ta152Rさん

芸術的な攻め New! ミカオ建築館さん

来年3月卒業と同時に… New! コウちゃん9825さん

ネットショップが必… New! おひげ☆ぼーぼーさん

殺戮世代。 フリーター大家さん

Comments

staycoolK@ Re:暗号資産新たなステージへ(03/19) 投機的ですから、出口が難しいですね。 割…
フリーター大家@ Re:暗号資産新たなステージへ(03/19)  ヘタレなので「投機」は無配インフラ株…
staycoolK@ Re[1]:市場暴落時の振舞い次第でその後が決まる(02/23) フリーター大家さんへ BTCは調整局面です…
staycoolK@ Re:色々と考えさせられる一年でした(12/31) そうですね。なかなかタイトな一年でした…

Freepage List

Headline News

2021.02.15
XML
カテゴリ:株式投資
毎月のように決算に追われる
staycoolです。

今月は個人の確定申告
昨年末に税務調査の連絡がきて
正月のおせつは美味しく頂けませんでした。
おまけに次男の受験がありましたから
正直、それどころではない心境でしたね。

あれからコロナを経由して1億の損失
あれから一年経過しようとしているのですね。
昨年は夏ころから春に寝ていた案件が次々に立ち上がり
多忙を極めていましたが、二年ほど弱気で来ていた
日本株についても売り上がりの一方で
激安の飲食・ホテル・ジム・インバウンド系を買い漁り

損失のリカバリー活動は昨年中で35%ほど取り戻しましたが
まだまだ道のりは長いですね。
年を越してこのタイミングで大台越え
古参証券マンや個人機関問わずの投資家は
何とも懐かしい感覚に浸っていることでしょう。

株式市場は新たなテーマ例えばDXやAIなどの
誰もが投資したくなるテーマがありますが、
どうも触手が伸びませんね。
ITバブルの時は、アマゾンやMS、オラクル、
JDS uniphase、コーニングなど多少は購入して
良い思いをしましたが、物色の中心は日米共に
オールドエコノミー中心

「エコノミスト」誌でも「株の死」とか
「オールドエコノミーは死んだ」などの言葉が躍っていました。
「Institutional Investor」誌などでは、一部のEconomistが
Old EconomyなどValue株を的確に分析していましたが・・

この後、グレアムに心酔した私は日米のValue株を
買い漁り、現在の株式ポートフォリオの礎を築きました。
どんな時代でも注目されるテーマもあれば、そっぽを向かれる
銘柄群があるわけです。
私のValue株の中には今も購入している外食や食品など
Defensiveで配当良し、優待良し、Valuation良しの
何故買われないか理解できない銘柄群が主力を担いました。

今や、株主優待はひとつの投資の切り口になり
書籍が出ているほどでしたが、当時はお間抜けな投資手法と
見られ、半ば馬鹿にされていた感がありましたよ。
この点についても、理解して逆張りできた投資家は
今や数倍、テンバガー当たり前の状況になっていますね。

問題はここからの展開
私の心は極めて落ち着いていて、
静寂が支配しています。

ボロ株や成長株からエントリーし、Valueに傾注
その後は応援したいテーマや好きな個別企業、
株主優待など生活の一翼を担わせる方向性に向かいました。
株価が下落するのは悲しいですが、倒産せずそこそこの配当と
ある程度の株主優待があれば、もはやどうでも良いですね。

下がれば買う、上がり過ぎたら売る
気になったサービスや商品があれば、調べてその企業の株を買う
シンプルですが、これだけです。
あまり値動きも負わなくなりました。

一般的にはボラが大きいと言われますが、
数字を追い、ファンダのみでなくテクニカルでも
比較的簡単に稼げる暗号資産にボラのダイナミックスを見ています。

暗号資産は、大きなサイクルがありますので
景気サイクルよりも余程予測がやりやすい。
ここ2年ほどコツコツ拾っていた人達は、
キャッシュポジションに注意を払いながら、
爆益を得ることよりもしっかり税金を払い切る事に
注意を向けた方が宜しいと思いますよ。

FXでもクリプトでも無申告の後、3年程度で
怖い人達から死の手紙が来ることになりますからね。

因みに今年のクリプトバブルで昨年の損失は全て
リカバリー見込みです。
更なる爆益を頂きましたら、有益な事業活動に充てたいですね。






Last updated  2021.02.15 22:42:53
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.