663867 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

永遠の旅行者staycool!!の投資と事業そして自由なLifestyle

PR

X

全2426件 (2426件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

2020.08.08
XML
カテゴリ:不動産投資
お盆の帰省とは無縁のstaycoolです。

公共交通機関・主要道路も閑散
これはこれでやはり寂しいですね。

緊急事態宣言が解除されて以来、
リモートだけではさすがに仕事がおぼつかないという事で
人と直接会うために全国各地に行きましたが、
相手も此方も行儀よくしっかり防御していましたよ。
まともな人なら、そのような振る舞いができて当たり前

航空機や新幹線でノーマスクで
白い目で見られている人を何人も見ましたね。
京葉線で揉めている人達を目撃したこともありました。

さて、クラッシュが来た後に
あるいは不謹慎ですが、大災害が起きた後に
資金の導入を考えていた東京での投資ですが、
コロナ禍にあって、未だ下がり切らないステージでは
ありますが、丁度良いものが出てきたので買いました。

要は投資用で、どこまでもタイミングを図れるものではなく
実需で使いたいからということです。
使用者は、今年進学した次男
1,2年の校舎と3,4年の校舎の間、又はその周辺で探索

東京の投資家さんや事業者の人達には、
色々と探して情報提供してもらい、お世話になりました。
結果として、丁度中間地点の比較的静かな環境の
物件で決めました。地下鉄2沿線、徒歩数分、JRも徒歩圏
古いですが、フルリノベで50㎡弱

実需が終了しても、18万程度で賃貸に出せそうです。
当初は、25㎡程度で次男の一人暮らしを想定していましたが・・

4年生の長男が来年冬までどうやらリモートになりそう・・
という事で、使わないものに家賃を払うのもという事で
アパートを引き払い、弟の住居に統合したというわけです。

これで、一人分の家賃が浮きましたから、小さいながら
財政的には追い風になりました。

不動産価格が本格的に落ちるのは、これからというのが
コンセンサスですが、新宿と中野の業者さんにヒアリングしても
レジは、ほぼ無風状態で、むしろ利便性の良い立地においては
空室が殆ど出てこないとのこと、出てもすぐに埋まるそうです。

区分については、実は今も否定的ですが、
東京の都心5区は別物だと考えています。
オフィス需要が減退するといっても、この先、数十年続くわけでもない。
ネガティブで先が見えない環境においては、人はとかく
オーバーシュートした思考に陥りがちです。

利便性と価格が見合えば、もう一つくらい買っても良いと思います。
但し、マルティプル・ハザードマップに照らして
リスクを最小化した上で、利便性が高く、中長期的に見て
極端に資産価値が下がりそうにない場所に限定してですが・・






Last updated  2020.08.09 00:13:23
コメント(2) | コメントを書く


2020.08.04
カテゴリ:雑感


久しぶりに夜の時間が自由時間になった
staycoolです。

やりたい事がいっぱい
読みかけの本は、最初から読み始めることに。
ここ2か月ほど、様々な出張をこなしました。
もちろん、完全防備、会食拒否、ホテル直帰で・・

さて、長男が臨んだ就活
昨年のインターンから親を相談役として
様々な業界へアプローチ。
OB訪問を多めにこなしていました。

先輩を窓口に食い込むなんていう感覚は、
私世代のバブル人が考えること。
でも、それは今どきの感覚とはかなり乖離があります。
親として心配なのは、ミスマッチただこの一点です。

せっかく苦労して内定をもらい、入社しても
難易度や人気に関係なく、合わなければお仕舞い
やりがいや年収やイメージで仕事をするわけではありませんからね。

心配性の長男は、自分に自信がない事も相まって
3年生から熱心に就活をスタートさせました。
同級生やゼミ友、先輩からは、
何をそんなに心配して今から頑張っているの?
みたいな感じだったようですが、結果、報われたようです。

商社や食品、総合不動産、インフラ・公共、メディア、ITなど
広くアプローチしていました。
これほど、無責任に様々な業界や企業を覗けるのは、
就活の時だけ・・インターンで内情も少し体験できます。

当初は、総合不動産や商社狙いで行ってみたものの
途中で適性がなく、本当にやりたい仕事ではない事に
気付いたようです。

活動しながらのこの気付きが大変重要ですね。
適性関係なく、自分の夢、親の夢で突っ走る人が多いですからね。
総合不動産を受けるために、突貫で宅建を受験して取得していましたが、
それは私の資産を継承する時に、己の身を助ける事でしょう。
因みに簡単で軽めなFPも取得させました。

コロナで就活生の活動が難航する中で
最後は、番組制作に関わり、形になるものを作りたいと・・
テレビ局に照準を定め、ローラーをかけていましたね。

結果、めでたくテレビ局から内定をもらいました。

親が口を出すのは、最小限にしようと思っていましたが、
子の方から山のように相談されました。
面接に関しては、かなり力添えができたと感じています。
これは面接官の立場で就活生を見たときに、
色々と去来するものがあるからですね。
銀行を立ち上げた際は、人も取りましたので、経験が生きました。

あとは、徹底的に業界や企業の研究ですね。
熱意やエキセントリックさで面接を突破するのは、
今や都市伝説です。奇をてらった人は選ばれません。
筋肉バカでも何でも取るのは、ブラックか選ばれない企業だけ
それもソルジャー枠ですから、扱われ方は察しがつきます。

この時期でも、苦しんでいる人がいると聞きます。
コロナでインバウンド・サービス系は、ほぼ全滅
ロスジェネになると言われていますが、己を助けられるのは
己の努力のみ、いままで積み上げてきたものをぶつけるだけです。

どうか、全ての就活生が
納得のいく就活を完遂できますようにと
祈っていますよ。








Last updated  2020.08.04 22:56:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.02
カテゴリ:株式投資
今年の後半は、
史上最大額のロスを埋め合わせるためにと
誓っていたstaycoolです。

ですが、正直疲れ果てました。
そもそも、不得手な短期トレードで莫大なロスを出し、
その埋め合わせに、またもや短期トレードで挑むとは
お馬鹿の所業としか思えないアプローチでした。

ただ、ロジカルとは言えなくもない。
実際、投資額の170%まで一時は膨張させた方法論が
全て間違っていたとは思えません。
撤収のタイミングを逸して、なお、勝負に拘り
塹壕で持久戦を試みた戦術とメンタリティにこそ
問題があったものと分析しておりました。

したがって、資産を膨らますアプローチは、
不得手とはいえ、ある程度は習得できました。

しかしながら、9時以降は読書も情報収集も勉強もせず
サッカー以外の時間は、トレードへ充当。
もう銀行でバリバリ、市場と向き合っていた30代の時とは
やはり違うのですよね。
心も体もmotivationも・・・
資産を増やすためではなく、奪回作戦ですからね。

毎日が勝負で疲れ果ててしまいました。
スタートした際の少額の資金の半分を海外FX
もう半分を香港株に充当してスタート
もともと4月から継続していた香港株は、リテール株で
一度失敗したものの、それ以外に手掛けた銘柄は全勝で
好調をキープしていました。
そこに資金を少額ながら弾倉に弾をこめました。

もう半分のFXは、目論見通りの成長を見せ、
一時は40Mまで膨張しましたが、守りに入ってから
雲行きが悪くなり、25Mまで押し戻されました。
ここから反攻に回る決断もできたのですが、
それで多くを失った経験を生かし、ここで終戦協定
トレードをやめました。

このあと、年末まで5か月もこの生活を続けられる
自信がなかったのですよね。

ロスは100M、ここ2か月程度で25Mを回収しました。
そのほか、香港株で15M程度回収し、トータルで40M
いまだ、60Mのロスを抱えますが、目下のコロナ相場で
極めて手掛けやすい市場環境にありますから、
日本株は封印し、分かりやすい香港株一本で今年の年末まで
どこまで取り戻せるかリスタートします。

株は短期トレードと異なり、
忙しいトレードに終始することなく、
数日から二週間程度の幅で勝負できます。

私としては、これでもかなりの短期ターム取引ですから
学習しながらやっているわけですが、
早期にこのやり方を導入していれば、
資産額は、現在の10倍程度に達していたと推測します。

ただ、ほかの事に手がつけられませんので
いまくらいが適正規模であるのかなと思ったりもします。

かなりいいところまで、取り返しましたので
あとの60%のロスを年末まで30~40%程度まで
圧縮させたいところです。

落ち着きましたので、夜はまたブログを書くと思います。






Last updated  2020.11.30 02:05:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.18
カテゴリ:株式投資


ブログに目もくれず
日々の仕事と投資活動に注力している
staycoolです。

コンサルや不動産は、巡航速度で進行中ですが、
例年と違う点は、stayhome中に引き起こした
金融資産溶解のロスを回復しようとしていること。

昨年、史上最高額の株式の譲渡益を記録し、
今年の春にコロナ相場で逆張りに成功
早くも4月下旬~5月にはコロナ・落ちるナイフで購入した銘柄の
80%程度を売却し、順風満帆のはずでした。

しかし、4月の下旬から
株式の売却代金をオルタナティブ投資に張り、
暗号資産と香港株では大成功したものの、
BTCの短期トレードと海外FXで大きな損失を出しました。

一時は、投資元金の150%を超えましたが、
元金と増えた分を含めて、約1億円をロスト
一時期、取り返したものの、結局持っていかれました。

この失地回復のため、久しぶりに鬼の学習と検証を実践し
6月初旬から、投資のレコンキスタを発動
ロストした分の半分を取り敢えずは、8月末まで回復させる計画です。

ハイリスクという事もあり、
あまり纏まった資金を投入する躊躇いもあり、
再起不能にならない少額からスタートさせました。

短期BTCトレードのIFcoinに300万
海外FXは、僅か100万からの始動。

BTCトレードは、データの収集に1か月ほど掛けますので
本格的始動は、今月末あたりから、そろり始動予定

先んじて再開した海外FXは、
元金100万から始めて、5回ほどトレードを実施して
500万弱までもってきました。

前回、全損した時の取引は、USD/EUR
MT4で数量500
大きな波動に耐え切れずに、証拠金全てを失い、
更に10%を証券会社に返済しました。

心も財布も傷みましたね。
投資人生最大の損失でした。

FXの武勇伝を語る輩は多いですが、
億のロスト話は、そんなには聞かないですね。
私がリカバリーすれば、レジェンドになれますね。

まさか、苦手の短期トレードに手を染めるとは
自分でも予想していなかったですね。
コロナstayhomeで頭がおかしくなったのでしょうか?

全損の前夜と前々夜
同じ通貨ペアで8万ドルと10万ドルの利益がありました。
あの勝利で驕りが出たのだと思います。
勝ち逃げが難しい世界であると学びましたよ。

この貴重な経験とアプローチの再構築で
無理せず、こつこつ負けない手法で失地回復に努めます。
正直、ブログを書く時間も惜しんで、データ収集と学習に
時間を注ぎましたので、人としての学習効果が
どれほどのものか、自ら人体実験をしたいと思いますよ。











Last updated  2020.06.19 00:44:32
コメント(2) | コメントを書く
2020.06.02
カテゴリ:雑感
ブログを書いていたことすら
忘れていたstaycoolです。

短期売買をしたり、海外案件をいじったり、
当地の自治体のコロナ対策に尽力したり、
毎日無銭飲食するアルツ爺さんの世話をしたり・・
本当に忙しい毎日でした。

ようやく一息ついたのは、
短期売買を5月末でいったんやめた事
無銭飲食爺さん二人のうち、一人がさすがに警察に拘束されたこと
コロナ対策が一巡した事によるものですね。

コロナ対策でシェルター対応していましたが、
容赦なく、夜中でも電話がかかってきますからね。
医療従事者でも何でもないですが、
駆り出されるのですよ。

それも、確定診断のついていない怪しげな症状の人
もちろん、駆け付ける際は、フルプロテクションで臨みます。

ファミリービジネスで衛生・医薬を扱っていますので
各種、プロテクト商品は、大量に常備
マスクやら次亜塩素酸やら、世間が咽喉から欲しがっていたものは
この時のために、在庫を必要分キープしていました。

ああ、これでコロナフェアもいったん、収束という感じですね。

もちろん2nd waveは、すぐそこに迫っていますが、
国民はコロナ慣れしましたね。
ダラダラと大波を均していくいく政府のアプローチは
まんまと嵌った印象です。

ただ、stayhome期間中、止まっていたビジネスも
ありましたので、昨日今日あたりから関係連絡先から
電話が鳴り始め、さすがに引き籠ってもいられなくなりつつあります。

早速、仕掛案件の確認と相談のため、
週末から東京へ行きます。
不要不急なものについては、動かないのが良いのでしょうが、
ZoomやSkypeだけで済まないひざ詰め案件は、行かなきゃ仕方がない。

感染に気をつけながら、そろり始動です。






Last updated  2020.06.02 22:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.21
カテゴリ:株式投資
関西圏がコロナの呪縛から解放されましたね。
人が死ぬ前に、経済で人が死のうとしている今、
判断が難しいながらも、社会の大事な両輪を回していくしかないですね。

綺麗ごとでは済まない社会の残酷さ
給付金だ、補助金だといっても所詮は一時凌ぎです。
NPOさんと今後の困窮者対策を話し合っていた
staycoolです。

現状、コロナ対策のシェルターが
目立って稼働する事もなく、3か月程度で用済みに
なりそうですが、それはそれでめでたい事ではありますね。

さて、まずは一か月程度の短い期間で試行していた
海外金融案件、その後どうなったか?
驚愕の結果となりました。

取り組んだのは、
香港株、海外FX(MT4)、BTCトレード、暗号通貨案件

まずは、マイルドな株式投資
此方は135%の結果でした。
3日から2週間程度のトレード、悪くないと思います。

次に海外FX、MT4を活用しての香港系証券会社経由
此方は、185%と上出来でした。
メソッドは自分の中で、しっかり消化されたかも。

BTCレバレッジトレード
此方は、一昨日までは、135%と好成績でした。
しかし、災害は忘れた頃にやってくる。

BTCの波動が大き過ぎて、付いていけない。
ロットは5000~300,000程度で設定
設定時間は、300秒のタイムトライアル
買値から下か上か、Buy up or Buy down
シンプル故にインするタイミングが難しい。

前日まで投資元本の135%で推移していました。
この日も一進一退ながら、途中までは145%まで勝っていました。
しかし、午後11時過ぎから波動が大きくなり、自分を見失いました。
想定外の大波で転覆、1時間後に全損で終了しました。

投資元本は、5000万
途中まで7500万まで行きましたが、一時間で海の藻屑と化しました。
さすがに、これだけの短時間で数千万を失う経験は初めて。
呆然とはしましたが、波の大きさを計算すれば、
元本は1億必要ということでしたね。

投資額が最初から物足りないレベルだったのです。
巨大なVolatilityに飲み込まれてしまいました。
やられる時は、一瞬でしたね。
そもそも短期トレードは、チャレンジそのもの。
怖さを分かっているようで、想定外には対応できず。

MT4で同じようにやっていますが、
BTCのトレードの方がダイナミックでした。
一回の取引で1,000万を稼ぎ、その後の取引で3,000万を失う・・
途中で桁の感覚が麻痺しましたね。
高いですが、勉強料を払わされましたね。

ただ、学びは得られましたので、今年中に損失額は
リカバリーさせるつもりです。

最後に、暗号通貨案件
これは、trasaction codeを保有する者、限定で購入できるClosed案件
比較的、安い時期に仕込めた事で、
現段階で20倍を超えました。
想定している出口までいけば、30倍です。

もし30倍で着地すれば、
BTCの5000万全損は、余裕で回収されます。

日本の税制は過酷かつ冷酷
雑所得の扱いについては、厳しく同じ所得区分でのみ
損益通算が可能という事ですので、
事故ながらも、相殺できる点は、助かりそうです。

結果、一か月弱ですが、
トータルでプラス4000万程度
チャレンジした甲斐があるのか、どうか?
短期トレードに集中して、感覚が掴めたのは大きかったです。

トレード後の疲労度が強めですので、
トレーダーは、究極の肉体・頭脳労働だと思いますが、
35歳どころか、30歳ではないかと思います。

昨日のショックは。ありますが
忙殺されている間に、すっかり忘れてる始末ですから、
投資はやはり、無くなっても良いお金でやるべきですね。






Last updated  2020.05.22 01:39:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.15
カテゴリ:株式投資
緊急事態宣言が、解除され
本日から街の様子がどう変わるか
楽しみだったstaycoolです。

居酒屋は、アフターコロナの社会でも
次第に新しい行動・生活様式に慣れた人達が戻るでしょう。
ロイホの大量閉店は悲しいニュースですが、
ファミレスやダイニンングも少しずつですが、
平時に向けての努力が続けられるでしょう。

悲しみに暮れるライブハウスは、
韓国の一件でより厳しくなりましたね。
文化は途絶えずとも、まさか間隔を開けた椅子に
座りながらというのもあり得ないでしょうね。
フェス好きにも厳しい時代の到来を予感させますね。

さて、日本株を徐々に売却をしてきましたが、
分析すればするほど、中期での厳しい市況が待ち受けている
イメージを払拭できません。
それも市場を見てきても、かつてない大きな規模で。

足元で30%強をポートフォリオから外したものの
春先のコロナ暴落で、再度、安値で拾いました。
その拾った分についても、日経の高値が中長期で安定しない事を
前提に、2万円台に差し掛かったところで半分を売却

残りも一部の優待銘柄を除いて売却方針です。
更に、これまで、愛着がありすぎて売却できなかった
銘柄についても短期間で売却していきます。

コロナで想定していた16000~17000円台を
遥かダウンサイドにオーバーシュートすると考え、
一部を除いて、かつてないレベルまで株式の比率を下げます。

そして、現金化した実弾を暗号通貨(中長期保有)、
BTCトレード、FXへの投資に振り向けて、株式の冬の時代を
これを以て代用して投資していきます。

思い切って舵を切れるのは、この三つのビークルで
収益率を大幅に上げられる確信が持てたからですね。

暗号通貨については、6月に一般開放される時期が
ひとつの出口プランになりますが、
既に買値の10倍を超えました。

BTCトレードについても、週一回のトレードと決めて
実施していますが、一回30分のトレードを2回実施して
元本が二倍になりました。
此方は、慎重にやっていますが、確固たるアプローチが
確立すれば、よりトレードの頻度を増やします。

FXについても、一回30分までのトレードを
週に2回多くても3回に限定し、集中して
ノウハウの吸収と確立に努めています。
此方は、投資金額の20%前後をトレード毎に増やしています。
此方もいまのところ、順調に推移しています。

香港株は、海外投資家と情報共有しながら
銘柄を選定していますが、数日から二週間程度のタームで
毎回10%程度の収益が上がります。
これは、ただ彼らに載って稼がせてもらっているだけですので
世界的に株式が厳しくなるフェーズでは、
日本株と同様に一時、撤退する必要があるでしょう。

このように代替手段が構築されつつある中で、
かつてないほどの保有リスクを感じている株式については、
一時、大きく撤退して利益を一度、確定します。

他方で稼いだ資産を再度、株式に振り向けるべき時は
必ず到来しますから、長年のメインステージを一度降りて
再度ステージに登壇する時期まで出稼ぎするイメージですね。

予想に反して株式がこのまま上昇を続けても
足元の収益では、出稼ぎが大きく上回っていますから、
それはそれでOKですね。

良い利益確定の機会を与えられたと思っていますよ。






Last updated  2020.05.15 22:00:06
コメント(2) | コメントを書く
2020.05.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
当地のコロナウイルス感染者は、
カントリーサイドで散発的に発生するものの
大事には至らず。

元気でやんちゃなご老人が、
このご時世、カラオケに行ったり、
集会場で話し込んだりという牧歌的レベル
それでも共有しているデイとかで広がりますから
緊張感の緩和は、禁物ですね。

私も、コロナ対策シェルターの設置をめぐり
様々な方々と絡む機会が増えました。
出会いに感謝すると共に、感染の緊張感から
抜け出せないでいますね。

今は、stay homeが求められます。
stay home である事そのものが、stay cool な時代
今のご時世をexcuseに、引き籠ってみたいですね。

さて、時代の変化に合わせて、自らの投資手法を
棚卸しする機会に恵まれた昨今
偶発的な過去の出会いが、様々な未知の知見や投資手法に
触れる機会をもたらしてくれました。
嬉しい誤算ですね。
まだまだ知らない、あちら側の世界にある手法はあるものです。

今回は、其の三で最終回です。
BTCトレードと香港株です。

BTCは、一度90万を割り込んでから、
半減期の上昇に向かうという予想でしたが、
僅かな痕跡を残して、上昇に転じてしまいました。

BTCホルダーとしては、歓迎すべきなのですが、
もう少し、下で追加で仕込みたかった向きには
不向きな展開になってしまいました。
したがって、売却して下で拾う戦略は頓挫し、
現行価格での買い増しを余儀なくされましたね。

BTCは、基軸通貨ですので、
取引場を跨いで、取引を行うための
言わば暗号通貨のフィアットともいうべき存在
したがって、暗号通貨への投資をするにも
今回のようなBTCの短期売買をするにも
一度、資金をBTCへ変換してからが1st stepです。

このようにして、其の一で話した暗号資産へtransfer
そして、別の取引所へも同様の取り扱いをします。
到着したら、一度USDTへ変換
投資資金の実弾を手にする事になります。
https://www.chainnews.com/zh-hant/articles/627113138613.htm

因みに、上記の記事になっている取引場
モバイルしか使えず、イメージを貼り付けられません。
いかにも怪しいですが、中華圏ではMajorです。
spreadもfeeも格安で、日本国内のgatewayにしている某サイトとは大違い

トレードのやり方を学んだら、いざ大海原へ
あとは実践あるのみです。
これで実践と反省会を含めて2~3日に一度トレード一回1.5時間程度
4月下旬から始めて、元本の倍を優に超えました。
MT4で実践しているFXが、同じような投資期間で約2倍ですから
此方の破壊力の方が大きいですね。
学習時間と検証に面倒くさがらずに、ある程度、時間をかければ
大けがはしないものと思います。

一方、中長期投資の本丸は、日本株ですが、
久しぶりに香港株をいじり始めました。
過去、2000年代に活発に取引していましたが、
中国株のボーナス期間が落ち着いた事で、撤退
petro chinaやchao modern agri、phenix tvなど
上昇するしかなかった本当に良い時代でした。

現在は、時価総額も銘柄も増え、知らない銘柄ばかり
自分で調べるよりも、先方から投資銘柄を教えてもらい、
現地の投資家の判断と自らの判断を擦り合わせて、投資銘柄を決定。

思ったのは、圧倒的な情報量の差
フロックで儲ける事はできても、どこかで躓くだろうと。
現地での評価や開示情報に現れない定性評価では敵いません。

これまで、5銘柄に投資し、短いもので3日
長いもので2週間程度
元本は、35%程度、増加しました。
スピードは遅いですが、年率換算すれば、不満はありません。

ただ、気になるのはトレードの手数料
内藤証券は高過ぎます。収益が出てくるのが遅い。
国内手数料や現地手数料、為替などあらゆる手数料の嵐
香港の証券会社は、圧倒的に安いですね。
それも、日本国内が休日だと取次ができなくなるという惨事
これで一度、収益機会を失いました。

大きな変化は、望めませんが
証券会社を変更しようと考えています。
現在、集中投資しているのは、中国のアウトバウンド株
収束方向へ確実に向かえば、株価の良いニュースが
届くと思われます。
想定投資期間は、2週間から1か月程度です。

新しい投資の極が増えた事で、幅が広がりましたし、
収益構造もダイナミックに変わりつつあります。
ただ、トレードに拘泥し、夜の自由時間を失わないようにしたいですね。






Last updated  2020.05.10 22:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.04
カテゴリ:株式投資
不要不急では、外出していないものの
入ってくる案件は、殆どUrgentなstaycoolです。

本当は、家でWOW・ネトフリ三昧でも
良いのですが、自治体のコロナ案件に参画したり
NPOの支援をしたり、とても家にいるわけにいかない状況です。

道路は比較的空いてはいますが、
今度は地元の基地外がガラクタ車でやたらと飛ばしてくる。
混雑している道路より、むしろハイリスク化

今日は、当地の某インターMAC近くで
基地外に罵声を浴びせられ、しつこく謝罪を求められました。
一分もそんな状況が続いたので、後方の渋滞も考慮し、
電話で警察に連絡する素振りを見せたら、捨て台詞を吐きながら
消えていきましたが・・

まさに常磐自動車道で基地外ドライバーのアイコンになった
あのガラケー女の二人組とデジャブする感覚
まだ、こんな人間が生息していたのだと、呆れ果ててしまいましたね。

まあ、こんな世の中だから、仕方ありません。
彼らは、上手くいっていない人達である事は間違いありませんから。
汚い廃車同然のボコボコの車に乗っている彼らも敗者なのでしょう。
支給される10万円で、そのお口を封じたいところですよ。

さて、夕食後は、海外の投資家と繋いで2時間ほどのやりとり
これを最近ずっと続けています。
あ互いに主戦場が異なりますので、あくまで自らの得意分野について
情報を交換する体をなしているミーティングです。

和やかではありますが、ピリっとした緊張感もあり、刺激的です。
日本人同士のお互い牽制したり、忖度・空気を読んだり、
散々時間を掛けた挙句、結論なしの取り高なしのそれとは大違い。
お互い、信頼関係も出来てきますが、話は資産保全・運用ですから
参加者の本気度は違いますね。

Zoomやら遠隔地の人達と交流するツールが進化したおかげで
その恩恵にフルに預かっている感覚がありますね。

その中で、私がやらない唯一とも言っていい投資手法がFX
そもそも、PCの前で張っている時間がないというのもありますが、
銀行でBloombergのTerminalの前に張っていましたので
辞めてまでやる事もないであろうというのが一つ目の理由
2つめの理由は、投資について短期志向が殆どない事もあります。
長期投資で出色の実績が伴っていますから、興味がなく
分からない事に首を突っ込む必要はなかったのですね。

しかし、教えてあげるから・・と強く勧められて
その世界へ久しぶりにIn
チャーティストではありませんが、チャートは読めます。
Terminalには、あらゆる情報が詰め込まれていましたから。

ただ、此方の香港のFXの虎は手法がそもそも異なる。
久しぶりにInしようと奮い立たされたのは、新しかったからです。
その教えを受けて、久しぶりに場に立ったのが、先週の水曜日
結果はいかに? 元手が1.5時間で30%増えました。

ただ、この手法、毎日トレードするわけではなく
特定日だけです。週に1回又は2回
それでも毎日、トレードに縛られずに済むので
QOLを損なわずに、圧倒的な成果を出せます。
もちろん、守秘義務の完璧な履行が求められますので
友人はもちろん、家族にも明かす事はありません。
美味しい果実は、同じ価値観と時間、場所、空気を共有した
仲間だけの中で・・という如何にも彼ららしい考え方だと思いました。

同様に、手法は異なりますが、
BTCのトレーディングも同時期に始めました。
やりだすと面白いですね。
目標は、2か月程度で元手を倍にします。
因みにレバは掛けませんよ。

あくまで細く長く、楽しみながら続けていきたいですからね。






Last updated  2020.05.04 22:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.01
カテゴリ:株式投資
ステイホーム週間
当地は、それなりの感染者数ですが、
何故か無風っぽい雰囲気を感じる
staycoolです。

意味のない外出は、皆無でまさに忙殺の域ですが、
今日あたり、マックは行列、コンビニもごった返し、
スーパーは言うまでもない状態

それもミニバンで家族連れ
車内には、孫をあやすお年寄りの姿も・・
完全にレジャーですね。
「家でおとなしくしていなさい」という
日本語が通じない人達ですね。
自分くらいは良いだろうと・・

パチンコやカラオケ、集会場で井戸端会議
これらも論外
法律違反ではないですが、倫理違反者
こういった脱法者もどきは、10万円支給する代わりに
10万円の懲罰金を科したら、如何でしょうかね。

日本国の財政も少しは助かりますし、
こういったおバカさん達の民意が政治に
反映されなくとも、最悪、全然OKですから。

さて、コロナだ!と言ってちじこまっていても
何も始まりません。
10万給付や持続化なんちゃら等にぶら下がらず、
自力でお金を稼ぎたいものです。

※事情があって稼げない人達には、そんな稼いだお金を
 惜しみなく投入したいものです。

忙しいながらも、夜の10時以降は完全フリータイムにして
勉強したり、国際ネットワークを充実させたり。

特に、薄くて細いネットワークが、
徐々に太くて肉厚なネットワークに変貌している事を
感じさせるのが、投資や事業トークで繋がっていた人達
かつて、海外のホテルラウンジでご一緒した人達

彼らのいう事を鵜呑み丸飲みは、極めて危険ですが、
投資家というより、当地の実業家
頂いた名刺で裏を取る事も可能であり、不明であれば
別の第三者に裏を取ってもらう事も可能ですから、
この時点で木目細やかな初期フィルターでソートは完了

そのうえで、提案された案件に乘り
現在ではとんでもない成果に結びつきつつあります。
飛んでも影響なきよう、投資額は抑えめにBTC5個分に限定

某国が国単位で主導する暗号資産の取引所で
アーリーステージ内での取引が行われている。

取引所でのID登録は、自由であり
極めてOpen Door Policyが貫かれている。
各種、暗号資産のtransferもサクサクできる。

但し、遡上に上がっているアーリーフェーズの
対象資産の売買については、エントリーコードが必要
これには、購入上限が設けられている。
今回、この購入余力を分けてもらい、参戦している。

ここまでの投資成果はどうか。
因みに先週は30%上昇、今週は昨日更に一日で27%上昇
そして本日は25%上昇と基地害レベルの上昇率
それも、まだ始まったばかりであると言う。

彼らが見ている世界は、ここから最低6倍
人によっては、20倍程度
もうとんでもない世界に入って来ている。

私は、チャートを見た時に
あと1か月早く教えて貰えばと思いましたが、
まだ見ぬ将来のチャートを見て振り返った時に
自らの参入タイミングでも十分だったと悟るだろうと
今から妄想しています。妄言になる可能性もありますが。

彼らの見立てでの収益を計算すると
桁がひとつ異なる世界を見る事になりそうです。
単体での投資案件では、自分史上最高ですね。
現状の金融機関から借りている債務の1.5倍程度になりそうです。

もちろん、利益確定後は、日本国最高税率の餌食になりますが・・

短中期案件ではありながら、破壊力は抜群

案件を見る目というより、誰を知っているかレベルの話であり、
案件を見る目以前に人を見極める目が必要である事を
改めて再認識させられる案件になるかもしれません。






Last updated  2020.05.02 01:25:47
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2426件 (2426件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.