663737 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

永遠の旅行者staycool!!の投資と事業そして自由なLifestyle

PR

X

全667件 (667件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >

雑感

2021.02.28
XML
カテゴリ:雑感
本日は日本株の一般口座について
数字を拾っていたstaycoolです。
結構な作業量で、これはお仕事の方が楽ですね。
今回は覚悟していたのでもう少し頑張って完工します。

那覇から大阪へ戻り、本日は全休
申告準備をしていましたが、さすがに作業に飽きて
梅田と心斎橋へヨガのセッションに行きました。
PC作業は人を駄目にしますね、ついつい集中してしまう人は猶更

さて、世の中FIREブームのようですね
David Jacobsの「FIRE」を電子でチェック
日本でのベストセラーは立ち読みチェック20分

正直、日本で売れている書籍は新しみは無く、自分にとってはゼロValue
一方、Davidの本はテクニカル本ではないものの
「ニーズ」と「ウオンツ」の違いや
どの程度FIREしたいかを己に問い質す方法など
より生き方の根幹に立脚したソフト哲学書風情でしたよ。

現在の生活に疑念を抱き、或いは嫌気が差している40代初めくらいの人達
こういった人達には日本のベストセラーが響くでしょうね。
これだけの閉塞感、更にコロナで隠れていた問題が一斉提起されましたからね。

私の年齢になると、もはやFIREなどどうでもよいです。
というよりも、資産規模としては30代半ば前で既にIndependentでした。
でも色々と悩みながら直ぐにリーマンを辞めませんでしたよ。
日々、シミュレーションをしていると、リーマン生活の良さに気づいたり
段々、愛おしくなってくるものです。決して既得権益という事ではなく。

Early Retirementについては、何度もここで書いてきました。
実際、外国人それも多国籍でそのような話をする事もしばしばでした。
外国人という事ではなく、基本的な欲求は一緒です。
ただ、日本人は同調圧力強めでしょ?

自分のやりたい事を優先させるほど、個人主義が跋扈していないし、
家族やら会社の同僚・上司やら両親やら・・
会社を辞めるとなれば、それなりに説明責任を果たす必要に迫られるわけです。

特に配偶者の強力はマストですよ。この先の人生も長いですから。
配偶者が自分の考え方・この先もやっていけるだろう能力について
深い理解があるかどうかですね。

FIREは古くて新しいテーマであり、
新しみゼロで、時代を超えて度々取り沙汰されました。
傾向としては社会不安や閉塞感が漂う時にコンセプトが出てきます。

各種金持ちになる本、ユダヤ式○○やロバキヨシリーズ、
Rアレンの「Nothing down」とかね、〇〇成功法則とかね。
仕事や人間関係を何とかしたい人もいるでしょうが、
根底は経済的自由・自立だと思います。

アーリーリタイアメントについて語ればいくらでも話せますが
やはり気をつけたいのは、リアイア後の明確なプランがあるか?
ただ会社が嫌で逃避したい人が万が一セミリタイアに成功しても

おそらく内容スカスカの余生になると思いますよ。
会社が嫌で転職するかわりにセミリタイアをオプション行使する人達です。
本人達には自覚があると思いますが、まず認めたがらないですよ。

ですから、セミリタイア後、時間の使い方に四苦八苦して
家族関係がおかしくなったり、今までの友人を失ったり、
様々な事が起きますからね。こういったダークサイドは
本にはあまり記載されない傾向がありますね。
つまり努力してFIREしても、社会にFIREされぬように注意が必要です。

40代半ば以降の人達は、余剰人員としてカウントされやすい
年代に入りますから、明確な目的のない方は、残り少ないリーマン生活を
愛でながら当面は生きていくという選択肢もありますよ。
シュールですが、それが現実だと思います。
つまり自らFIREする前に、想定外のFIREを食らわぬ事が必要でしょう。






Last updated  2021.02.28 23:50:13
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.15
カテゴリ:雑感
全国的なの大雪は峠を過ぎて
久しぶりに雪国に身を置いている事を
思い出させてくれました。

雪かき→ヨガ→サッカー
この一連の流れはさすがに老体には厳しいですね
緊急事態宣言が出ましたが、必須の面談・視察は発生します。
本部の企画仕事でしたらリモートで行けますが、
現場を確認する仕事とリモート仕事は相性が良くないですね。
ということで明後日から出張です。
但し、一部リモートで代替をせざるをえませんが。

さて、焦っている下院議長はペンスに英断を迫り、
当人はこれを拒絶しました。
トランプは暴力行為について肯定せず、真の支持者ではないと
一刀両断にして見せました。
昨日の演説でも、背後で手を回している事については一切触れず。
敵を騙し、場合によっては死んだふりで見方も煙に巻く。
このくらい徹底しないと何事も成し遂げられないという事でしょうか。

それにしても共産党がバリバリにやっている
言論統制が罷り通り、本当に自由の国ですか?という感じです。
さて、その日まで時間がなくなってきました。
本当にそれは起こるのか?

資本市場は極めて静かで何もなかったようにアフターコロナを
見据えた時代を先取りしに行っています。
それが起ればブラックスワン級の一大事であり、
後世、映画になるのは間違いないのではないでしょうか?

株式市場はこのまま狂乱相場へ向かうのか?
持たざるリスクを強く意識させる相場展開ですね。
売り上がりしてきましたが、逆に三番底が来た
インバウンド・飲食・不動産などを追加で仕込みました。
この辺りは、そのまま上がろうが下げようが十年単位で放置です。

暗号資産市場は、320万近辺で底入れして400万に到達
週足260万くらいでお待ちしていましたが、夜中に反転したのを見て
340万弱で短中期分のBTCを打診買い
このまま上がったらそれはそれでOK
下げて万歳、上げて万歳です。
アルトについてもステラやIOST、Factomを仕込み
ステラは長期保有ですが、後者2銘柄は目標に到達次第売却方針です。

売電は暗号通貨を規制するような雰囲気の発言をしていますので
私はやはりトランプの方が良いですけどね。
どちらにしても過剰流動性になる事は間違いなく大差ないかもしれませんが。






Last updated  2021.01.15 01:36:21
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.31
カテゴリ:雑感
支援対象者の安否確認、
掃除、火災保険付保契約、年越し準備と
慌ただしかったstaycoolです。

夜は親戚で集まる事もなく
始めて子供がいない夫婦だけの大晦日です。
とにかく静かですね。
食べ物も余りまくり、食べきれません。

さて、今年は9.11、リーマンショック、3.11とも
異なる雰囲気のブラックスワンな一年でしたね。
これほどの社会変動はなかなか経験できませんね。
自らの棚卸しと身体測定をこれほどゆっくりと
できる年も今後ないかもしれません。

今迄やってきたこと、これからやる事、やるべき事
自分はどこから来てどこへ行こうとしているのか
何を目指して生きていくのか
長男の就職と次男の受験終了で
人生は異なるステージに入りつつあります。
子供や家族の為の人生から、自分の事も少し考えながら・・
そんなターンになってきているのだと思います。

事業や投資、コンサルの形も再考を迫られました。
とにかく、人に寄与する、お金を増やすに偏重していたところ
投資の失敗で100Mを失い、コロナにより、人と会ってオンサイトで考える
スタイルも考え直さざるを得なくなりました。
人と会って話すという当たり前の事ができないという前提を
考えた事がなかったからですね。
長年、人に伝えていた人生の「上り坂」「下り坂」「まさか」を
一年で味わうことになろうとは思いませんでしたね。

とにかく、いつものアーバンリゾート若しくは海や山のリゾートで
物事について深く考察する次元からもう一段、上からの思考が
必要となった時期でしたね。
その結果、ゼロベースで再考し、吹っ切れたところもあります。
自分は自分でしかなく、大きく変わる事ができません。
これまで評価してもらっていた事を
今後も突き詰めてやり続けるしかないなと思っています。

短期トレードで棄損した損失と傷を癒してくれたのは、
日本株の上昇と暗号資産の暴騰でした。
投資での傷は投資の結果でしか癒えないという事ですね。

2021年は「躓きの年」ですが、
一転、飛躍の足掛かりにしたいですね。

取り敢えず、暗号資産は更なる暴騰が在り得ますから
興味のない人でもポートフォリオの1%で良いので混ぜてほしいです。

周辺の経営者や投資家、昔からの友人には
一昨年あたりから吹聴していましたが、実践する人は僅か
それでも、実践者からは確定申告の相談を受けるほどになっています。

2021年は、より豊かな心で社会に向き合いたいですね。

良いお年を!!






Last updated  2020.12.31 21:41:34
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.17
カテゴリ:雑感
札幌が地域限定でステージ4になりましたね。
私が滞在していた時は、一日の感染者が100人台で安定推移

確かに薄野の繁華街は人が少なかったですね。
一方、札幌駅の地下街や駅ビルは
生活者中心という事で、普通に混雑していましたね。
人口から考えても現在の数値は相当のインパクトであると感じます。
ただ、観光で食べている人から見たら、このタイミングでの
感染者増加は織り込んでいたものの、かなりきついでしょうね。

因みに東京は新宿・渋谷・銀座
それぞれ週末は普通の人出でしたよ。
新橋のコリドー街・ガード周辺の飲食店や一杯飲み屋
相当の密集状態・もちろんノーマスクで大声・・・
体を張って飲んでいましたね。

さて、GotoEatですが、あれよあれよの終了となりました。
GotoTravelが純粋は旅行者に混じって、
出張リーマンのような不届き者がいたりでしたが、
GotoEatは観光云々というより、生活者を大きく取り込んだ
キャンペーンであり、予算のしょぼさも手伝って終了が早かったですね。

何だか農水省の力の無さ、悲哀を感じさせます。

ホテル・旅館・陸運・空運もきついでしょうが、
飲食店も相当まずいでしょうね。
GotoEat終了にウイルス第三波発動と泣きっ面に蜂の様相です。

GotoEatは無限ループスキームがSNSで共有されたりと
アジルな消費者が上手く立ち回ったようですが、
結局、国民の血税で運用されている以上、
使わない人はその分だけ損失になるわけです。
但し、感染リスクとの兼ね合いを良く考えてどうか?

様子を見ながら、踏み出そうとしたタイミングで
利用し損ねた人も多かったでしょうね。

私は出張先での株主優待券費消を心がけていますが
お店が比較的広くて客席が密集しておらず、換気もしっかりと
いう場所を選んで利用していました。
これにGotoEatを絡めて利用させてもらいました。

又はオプションとして、GotoEatは捨ててテイクアウトを
利用するなどしていましたね。
控えめに利用していたつもりですが、合計で20000ポイントほど
貯める事ができました。
期限がありますので、これから感染者が増える中、
どのようにリスクを抑えながら使うか?ですね。

まあ、正直このようなキャンペーンに参加するのは
相当、頭が悪そうに見えるわけですが、その羞恥心に抗い
落ちているお金を拾いあげる事、つまり機会損失を回避する
欲求に負けて動いてしまった感はありますね。

毎年、多額の税金を上納しているわけですから
少しは回収させて頂かないと。






Last updated  2020.11.17 22:31:07
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.03
カテゴリ:雑感


5日間の東京出張から戻った
staycoolです。

世界を陰で操る秘密結社系暗号通貨
いよいよ3年がかりで動いてきた案件の
成果が結実するフェーズに入りました。

この秘密結社にジョインしたい人は多いですね。
経営者やにわか小金持ちみたいな人から紹介を打診されますけど
入りたい人を紹介する事はありません。
社交界じゃあるまいし。この辺りは都市伝説も含めて
世間では大いに誤解されているようです。

ネット上のストーリーはクズみたいな情報ばかり。
しかし当然放置です。ミステリアスな方が良いですからね。

さて、日曜日は終日お休みでしたので
映画を見てきました。
ヨガのレッスンは、夜からでしたので映画鑑賞に全集中
見てきたのはスパイの妻と鬼滅の刃

ネタバレになるので詳細は書きませんが、
高橋一生も蒼井優もはまり役でしたね。
何とも物悲しいせつなくなる映画でした。
渋谷の映画館から池袋へ移動

本日二本目は鬼滅の刃、世の中これ一色ですからね。
流行りものに乗っかる恥ずかしさに耐えながら突撃

最後部の席で見ていたのですが、私の前の席と二つ離れた席に
座っておられたのは、どちらも70代後半から80代と思われる好々爺
自分が少しでも恥ずかしいと思いながら突撃した事を
恥じた瞬間でしたね。お年寄りは本当に元気です。

映画は楽しめましたが、何の蓄積もない「超にわか」で
見るには少し厳しかったですね。
何も分からず鑑賞して楽しめたので、コミックやTV放映分へ
シフトするのもありかもしれません。
なんせ聞きかじりのワイドショーレベルで見たのですからね。
ただただ、単純に楽しめましたよ。

しかし、キャラクターへの思い入れが皆無な分
鑑賞者が号泣すると思われる箇所で涙腺が緩む事はなく。
あとは、大人が見るには道徳的なインプリケーションが多いですね。
人格形成真っただ中の若者向きかもしれません。

興行収入は超絶ですが、モンスター的な数字を叩き出している
理由は、にわかには理解できなかったです。
蓄積のある人たちには堪らないのでしょうが。

これで映画のシリーズ化も確定したのでしょうね。
作家は30歳前後の女性とのことらしいですが、
ジャパニーズドリームですね、素晴らしいのひとことです。

そういえば、ハロウィン禍の渋谷は仮装人も少なかったですが、
緑と黒の格子柄の人達は見ましたね。
渋谷の人出は完全に戻りましたが、いつものハロウィンとは異なり
少なくとも日中は普通でしたね。
清水寺の恒例の今年の漢字は「刃」ですかね?







Last updated  2020.11.04 01:31:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.24
カテゴリ:雑感
大阪に来て3日目
staycoolです。

土曜日は半日のみお仕事
日曜日は終日お休み・・・と
例年になくゆるゆるのスケジュールで
快適度が高いですね。

おまけに踊る阿呆に使う阿呆という事で
Gotoトラベル・GotoEatの効用をMaxmize
大阪の繁華街、梅田や難波、心斎橋あたりは
人出がかなり戻っている印象があります。

昨晩も梅田のヒルトン大阪にいましたが、
曾根崎心中で有名なお初天神商店街は
いつもの人出に戻っていましたね。
Gotoの影響があるように見受けられました。
※商業ビルから学生がダイブした現場を偶然通るなど
コロナとは異なる怖い思いもしましたね

泊まれば、35%OFF(ポータルによっては更にUp)
更に地域クーポンがついて、利用者の財布は太る一方
食べてもランチ500円、ディナー1000円とお金がかからない

私のように出張の際に、株主優待券を使う人達は
更に恩恵を実感しているでしょうね。
感覚的には優待券を現金化している感覚にすらなります。

今晩は、難波で鶏肉料理を食べたのですが、
後ろで飲んでいる20代らしき二人組

Gotoeatのポイント還元時期を考えながら、
飲食店の無限ループの話をしていたようです。
「トリキ」のような無慈悲で非倫理的な内容では
なかったのですが、よく考えるなと思いましたよ。

正直、毎度困るのが地域クーポンの使い道
前回の大阪の時は、必要のないものに転換しましたし、
沖縄の際は、まさかのファミマで単価の高い食べ物を
買わざるを得ない羽目になりましたからね。

どこへ行こうにもそんなに使い道はありませんね。
食事代は必要なし、交通費もいらない。
仕方ないので定番の555豚まんを自宅に送りました。
使い切れないので、ドラッグストアやドンキで費消
使わないと勿体ないし、期限はあるしで強迫観念が凄いです。

東京は「もっと東京」で観光業界は
追い風が吹いているようですが、
引きの小さいホテルでさえ、本来の需要にそぐわない
怪しげな定価宿泊料を設定するなど、価格をモニタリングしている
人から見ればアレ?という感じもありますが、
過去半年の大変な時期であった故、大目に見なきゃですね。

大阪は都構想をめぐる議論で二分されていますね。
南海難波駅前で維新の吉村市長が支持を訴えていました。
一方、自民党は意見広告として、ネガティブキャンペーン
いったいどんな結末が待ち受けているのでしょうかね。






Last updated  2020.10.24 22:05:38
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.18
カテゴリ:雑感
大変な福祉の案件と中程度の企業案件が
同時に終わり、安堵の週末
久しぶりにゆっくりと一日を楽しんだ
staycoolです。

ブログから離れている間も
世の中では色々な事が起っていましたね。
煽り王の宮崎、世間に喧嘩を売る上級国民
前者はまた免許を取りたい思いがあると言い、
後者は高齢者が安心して出かけられる車を開発してほしいと言い、
それぞれの妄言は世の中の反感を買っていましたね。
人はそんなには変わらないので、それぞれ刑務所で
一生を終えてほしいところですね。

さて、一息ついたあとは、
コンサルや他社とのコラボがあり
12月の中旬まで異次元の忙しさに突入していきます。
たまには、ネットの世界に浸って各種情報を吟味したいところですが
そんな時間が捻出できそうにありません。

そんな中でも出張が続くこともあり、
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら・・・という感じで
Gotoに丸乗っかりしてみたいと思います。

あくまで国内ですので、航空機に乗る機会は激減
ファーストクラスラウンジやビジネスクラスを楽しんだり
という事は極端に少ないのですが、
そのかわり、泊まるところは好きなところに好きなだけ
泊まろうかと思います。

主力はホスピタリティプログラムに秀でている
ヒルトンとマリオット時々IHG
ヒルトンは今年の春までにかなり泊まった事もあり、
ステータス維持作業は完了しました。

マリオットの方は、ギフトで25泊分クレジットが
送られてきたので、年末までの必要宿泊日数をカウントすると
クレジットを含めて、残り40泊程度が必要
ちょうど良い数値で、無理なくナチュラルに完了できます。

キャンペーンと需要減退の影響で安く泊まれますし、
何ならライフタイムを目指す上では、泊まれるだけ泊まるのも
ありだと思います。
これだけ税金を納めているのですから、Gotoのようなお馬鹿な
キャンペーンに乗っからなければ回収ができませんからね。

結局これだけの大盤振る舞いのつけは、後世税金で賄われるわけです。
使わなければ、その分、税金が減免されるというわけでもなく、
頭が悪そうですが、使ったもの勝ちであるのは間違いありません。
加えて、都民や他の地方では、ローカル限定のクーポンが
発行されていますから、タダ同然で宿泊できるという事もあります。

賛否両論ありますし、旅行業界だけどうなんだ?
GotoイートやGoto商店街がしょぼくないか?という声も
聞こえますが、経済に寄与できる人は乗っかって良いと思いますよ。
経済は回りまわって、自分のところへ帰ってきますからね。

目配りできる時間が乏しくなって、
少し心配なのが、資産運用の方です。

株式は上がっても下がっても高が知れていますので
大統領選まで様子見。どちらになっても短期では上下に振れても
世界的緩和トレンドに変更はありません。
暗号通貨は、一貫して買い継続、むしろ増額基調です。
久しぶりに盛り上がっていくのではと予想しています。






Last updated  2020.10.18 19:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.27
カテゴリ:雑感


長いリーガルウイークが終了して
週末はゆっくりと読書とヨガのセッションに勤しんでいた
staycoolです。

読書で凝り固まった心身をヨガでほぐしてきました。
夜は株式のレビューと今後の戦略をと一人物思いにふけり、
最後は半沢1000倍返しで休暇は終了。

さて、10/1から人間扱いされていなかった都民がGotoキャンに参入
安全性最優先の人達には、理解できない施策ですが、
経済を回さないとねというのも厳然たる事実

さすがに4,5月だけは、家でおとなしくstayhome
出張へも行かずに慣れない短期トレードで一億を失ったりしてましたが、
6月以降は通常通りの活動に戻りました。

会議なども屋外のテラスやラウンジで行いましたので
狭い居酒屋やレストランではやりませんでした。
しっかりやっていればですが、少なくとも私の周りの経営者や投資家で
罹患した人は皆無です。

感染経路不明というのは、私からしたら失礼ながら
何をやっているか分からない人達・・・
ろくでもない行動をしている人達も中に含まれていますが、
自分の行動の脇の甘さに、無自覚というか認識していない人達も
含まれていると思っています。

つまりそれなりに罹患しても仕方のない行動様式だったと
内心ですが思っていますよ。

Gotoは瀕死の特定業界を死なせないために
やっている産業保護政策ですが、旅行が人にとってエッセンシャルで
あると今回気付かされたわけで、需要喚起策はある程度
必要なのでしょうが、ここまで背中を強く押す必要性は?といえば
かなり微妙だと思います。

それも定額クーポンではなく、割引率というアプローチ
私みたいなド素人でも、高価格帯のホテル・旅館に
人気が集中していくのは、予測できましたよ。

出張リーマンを相手にしている安価なチェーンビジネスホテルには
殆ど風は吹いていないようです。
ファミリーユースでさえ、一段高いホテルを選んでいるくらいですから。

当方のような普段使いの旅行者や出張者まで需要喚起策に乗っかっているわけです。
そうなると、必要な人たちや強い動機付けに支えられている人達は
キャンペーンがあろうがなかろうが、価格に関係なく
交通機関も宿泊施設も使いますからね。

税金から拠出されているとなれば、
将来負担は自分に降りかかるわけですからね。
何も考えずにもろ手を挙げてキャンのユーザは、
国の国債発行残高のチャートにおいて、
ワニが口を開けている事にも気づいていないのでしょう。

更にGotoレストランやイベント
必要ないと思いますよ。割引率も微妙ですし、
案の定、飲食店業界からは割引率の不公平感を訴えが出ています。

利用する方も利用してもらう方も
すっかり給付金や補助金麻薬にどっぷり浸かっています。
助けてもらうのは当たり前で、どのくらい助けになるのか
その効用を最大化しようとしています。
古事記の行列にしか見えませんね。

事業や投資は失敗したら、素直に撤退・損切りが基本
上手くいったら自分の手柄で失敗したらお上のせいにするのは
お門違いだと思いますよ。
※失敗したら、一時、社会保障のお世話になれば良いわけです。
※失敗した事業者が再度チャレンジできるような枠組みも必要ですね

経営不芳の企業や飲食店に補助金を出す必要はないと思いますよ。
その社会コストは、生き残っている人達に跳ね返るわけですから。
ゾンビ企業やスモールビジネスに金をばら撒く余裕はこの国にはありません。

何度も言っていますが、人生には上り坂・下り坂・まさかがあります。
何故か「まさか」を殆どの人が想定しない。
自分の身にだけは起こらないと思っているから。
悪い情報が出たら、正常性バイアスの存在を強く意識しながら
真っ当で合理的な判断をしなければなりませんね。

一時的な給付金やレント・雇用維持も微妙だと思っていますが
Gotoはどうかな?と思っていますよ。

それでも実行すると言うなら、
この際、同じアホなら踊らにゃ損々とばかりに・・
徹底的に使い、施策に全体重を掛けて乗っかり倒しますよ。

衛生面を徹底しながら、
微力ながら、お金が回るように観光業界に寄与したいと思います。








Last updated  2020.09.28 01:28:50
コメント(2) | コメントを書く
2020.08.30
カテゴリ:雑感


来週から、断続的に裁判がある関係で
国選さんとの打ち合わせ過密日程の
staycoolです。

ステイホーム明けから、
ストレス爆発で無銭飲食やら無賃乗車やら
ステイプリズンな人達の面倒をこの先も
末永く見届けていかなければなりません。
更生教育は意外に大変なのですよ。

さて、安倍さんが退陣する事になりました。

一強時代は、政治家が小粒だからとか
野党がだらしないからとか言われていますが、
人は忘れやすい動物です。

90年代の派閥の輪番制と化していた暗黒の時代
その後、ITをイットと宣って列島を笑いの渦と化した
森さん、そして小泉劇場、その後、悪夢の民主党政権

こうしてみると、様々な長期政権の弊害が
指摘されていますが、政権が退陣する時は、
功罪をバランス良く報道されるわけではなく
罪をクローズアップするのは世の常
世論の代弁者であり、政治の番人だから仕方ありませんけどね。

私は、及第点以上だと思っていますよ。
森カケや桜の公文書などありましたが、
外交では、ロシアや北朝鮮相手に結果が出ないとの見方も
ありましたが、米国や中国とは上手に付き合っていたと思います。
覇権主義の狭間で、卓越したバランス感覚だったと思います。
変わるかもしれないとはいえ、トランプとあれほど
上手に付き合った首脳はいません。
オフレコでも安倍さんの悪口は言わなかったということですから。

「Buy my Abenomics ! 」
アベノミクスは道半ばと報道されていました。
ただ、金融政策や財政政策は、経済政策の両輪ですが
今の日本の状況を考えて、これ以上の景気浮揚策が
あったのかといえば、Betterであったと言わざるをえません。
加えて、新型ウイルスで社会がガラポンされた中では、
後ろ向きの事象にエネルギーを注入せざるを得なかったのは
アンラッキーでした。
※民主党下なら更なる酷い状況だったでしょう、
例えば、人気取りの過剰な給付金給付とか、やりそうですね

他のリーダーシップ欠如の順送り人事首相であれば、
消費税を上げられたか?
次善策があったのかと言えばそれも疑問です。

やれる政策は、年々選択肢が狭まっている印象を受けますし、
元号が変わり、ダボスで「Great Reset」が行われ、
コロナ対策と次なるCovid-20対応もあり、
一年限定のリリーフになるであろう菅さんの下、何が起きるか?
とても心配ではありますね。

レガシーは、歴史が決めると言っていましたがその通り。
この7年半は、良くもなかったけど、悪くはなかった印象です。
他の政権下でしたら、どんなになっていたかと想像すると
恐ろしいですよ。

日本人は批判精神によってではなく、
とにかく人を貶める、必要以上に叩く・・
うまくいっていない、思うようにならない人達が
ネットで罵詈雑言を巻き散らす。
年々、品位も知見もない人達が増えているのが心配ですね。

憲法改正は、世界情勢に鑑みれば必要なのでしょうが
メスが入らなかったのは取り敢えず幸運だったと思います。

日本人の和の価値観は、世界基準では、ずれているかもしれないけど、
悪いニュースばかりの世の中にあって、異彩を放っていますからね。







Last updated  2020.08.30 20:29:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.04
カテゴリ:雑感


久しぶりに夜の時間が自由時間になった
staycoolです。

やりたい事がいっぱい
読みかけの本は、最初から読み始めることに。
ここ2か月ほど、様々な出張をこなしました。
もちろん、完全防備、会食拒否、ホテル直帰で・・

さて、長男が臨んだ就活
昨年のインターンから親を相談役として
様々な業界へアプローチ。
OB訪問を多めにこなしていました。

先輩を窓口に食い込むなんていう感覚は、
私世代のバブル人が考えること。
でも、それは今どきの感覚とはかなり乖離があります。
親として心配なのは、ミスマッチただこの一点です。

せっかく苦労して内定をもらい、入社しても
難易度や人気に関係なく、合わなければお仕舞い
やりがいや年収やイメージで仕事をするわけではありませんからね。

心配性の長男は、自分に自信がない事も相まって
3年生から熱心に就活をスタートさせました。
同級生やゼミ友、先輩からは、
何をそんなに心配して今から頑張っているの?
みたいな感じだったようですが、結果、報われたようです。

商社や食品、総合不動産、インフラ・公共、メディア、ITなど
広くアプローチしていました。
これほど、無責任に様々な業界や企業を覗けるのは、
就活の時だけ・・インターンで内情も少し体験できます。

当初は、総合不動産や商社狙いで行ってみたものの
途中で適性がなく、本当にやりたい仕事ではない事に
気付いたようです。

活動しながらのこの気付きが大変重要ですね。
適性関係なく、自分の夢、親の夢で突っ走る人が多いですからね。
総合不動産を受けるために、突貫で宅建を受験して取得していましたが、
それは私の資産を継承する時に、己の身を助ける事でしょう。
因みに簡単で軽めなFPも取得させました。

コロナで就活生の活動が難航する中で
最後は、番組制作に関わり、形になるものを作りたいと・・
テレビ局に照準を定め、ローラーをかけていましたね。

結果、めでたくテレビ局から内定をもらいました。

親が口を出すのは、最小限にしようと思っていましたが、
子の方から山のように相談されました。
面接に関しては、かなり力添えができたと感じています。
これは面接官の立場で就活生を見たときに、
色々と去来するものがあるからですね。
銀行を立ち上げた際は、人も取りましたので、経験が生きました。

あとは、徹底的に業界や企業の研究ですね。
熱意やエキセントリックさで面接を突破するのは、
今や都市伝説です。奇をてらった人は選ばれません。
筋肉バカでも何でも取るのは、ブラックか選ばれない企業だけ
それもソルジャー枠ですから、扱われ方は察しがつきます。

この時期でも、苦しんでいる人がいると聞きます。
コロナでインバウンド・サービス系は、ほぼ全滅
ロスジェネになると言われていますが、己を助けられるのは
己の努力のみ、いままで積み上げてきたものをぶつけるだけです。

どうか、全ての就活生が
納得のいく就活を完遂できますようにと
祈っていますよ。








Last updated  2020.08.04 22:56:04
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全667件 (667件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.