201410 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PR

サイド自由欄

2022/06/08
XML
カテゴリ:毛利楓

イベント前日の様子をお届けします。

早起きして雑事を片付けた後、コピーに行きました。
今回は前日にポスターの作成やコピーの準備までしてあったので、
やることが少なめ。
せかせかしなくたっていいんだぜ。
お気に入りのコピー機のあるお店に行き、
印刷を速やかに終わらせました。
後ろに並んだ人に原稿をガン見されることもなかったよ。

昼過ぎ、妹が久しぶりにお手伝いにやって来ました。
写真は妹のお土産。
鎌倉と横浜の土産だそうです。
大河ドラマ関連のたくさんの観光ちらしと
義時ハーバーと「義時くんのカラフル占いクッキー」です。
ヤベーーーー!!!
人生の半分以上、鎌倉ヲタクやってるけど
鎌倉時代ネタの供給が一度にこれほどあったことなんてなかったよ!



作っておいたポスターです。
背景はなんとなく淡いピンクにしたくて、こんな感じ。
まあグラデーションを入れたからピンクと白なんだけど。
主線は渋めのはっきりした青色と
彩度高めの青色の2色で作ってみました。
決められなくて2枚印刷しました。
イベント当日に使用したのははっきりした色の方でした。
彩度高めの方は
やわらかい雰囲気が出てて気に入ってたんだけど
イベント会場ではぼやけて見えそうだった。
ディスプレイ上での閲覧向きですかね。

ちなみに支部に投稿したのはさらに渋い色の方と
没になった彩度高めの方です。



本日の製本は妹と毛利楓、二人で行いました。
ええ、もちろんヲタクトークしながら作っていますとも。
(※マスク着用で作業をしています)

写真は製本テープを貼っているところ。
手作り感がすごい本だろ?
令和だけど、こういう創作の原点っぽい製本形式は
あってもいいと思うんだぜ?



値札を作りました。
作品紹介文?の「畠山殿のクソデカ感情も健在!!」
という部分は妹が考えました。

毛利楓「うちの畠山殿のあの感情は
クソデカ感情に分類されるものなのか実は分からないでいる。」

妹「クソデカ感情と純粋に大好きという感情との判別は
こじらせてるか否かじゃないのかな?
感情に名前がなくなったら、それはもうクソデカ感情。
畠山殿は稲毛氏(妹はこう呼ぶ)のことになると
普段見せてる人格が崩壊するからクソデカ感情だと思うの。」

そんなわけで、うちの畠山殿の抱えているじれじれ感は
「クソデカ感情」に分類されました。



見開きはこのようになりました。
見開き中央部はテープに隠れてしまったので
多少ずれていても分からない仕上がりに。
結構手がかかっている本なのです。
見かけたらどうぞよろしくね!


さて、春の創作活動をまとめます。
冬の終わり頃から春先にかけて、
パンデミックやら何やらですっかりやさぐれてしまい、
元気が出なくて良質な笑いを糧にモチベーションを上げていました。
甥ちゃんの義村風リアクション(ジャスティス☆)や
ネットで運ばれてくる皆さんのステキな大喜利ネタ、
ファビュラスなイラストや漫画(優勝!)に癒されました。
どうやら生き延びられたみたいだよ。みんなありがとう。
イベントに行ったら、
続きを買いに来てくれた参加者の皆さんに救われました。
うちの作品も決して孤立してないんだなあと感じることが出来ました。
この場でも重ねて感謝申し上げます。

春の創作活動報告は本日で終了です。
夏に向けて、頑張れるか分かりませんが
準備はしたいと思っています。
ヲタク活動はまだまだ続きますので
近いうちにこの場へ戻って来る予定です。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ではでは、皆さんお元気で!!






最終更新日  2022/06/08 04:04:39 PM
[毛利楓] カテゴリの最新記事


フリーページ

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.