000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

『アトリエ・ひまわり』長尾まさ子のブログ

PR

Freepage List

Calendar

Rakuten Profile


山田野まーさん

シュタイナーの療育と美術のアトリエ

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
シュタイナー  療育  美術  教育  アントロポゾフィー 

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

設定されていません。

Archives

Category

Recent Posts

2016年12月29日
XML
神秘学概論』の宇宙の進化を読み解く上で、とても重要なのが、

『天使のヒエラルキー』と、いう考え方です。

天使は身近なものほど、そのイメージを具体的に思い描きやすいと思います。


アンゲロイは守護天使とも呼ばれ、その名の通り個人に付き添い守ってくれます。

アルヒアンゲロイは、民族などの集団を守る霊で言語や空気と関係あります。

このあたりまでは、なんとなく具体的なイメージとして分かるんですよね。

ところがアルカイののまとめは本当に苦しみました。

アルカイは文明という時代(歴史+未来・時間担当)に関わる天使と言えるのでしょう。
移ろいゆく物の中に永遠なものを求めます。

人間...の感覚、行動、仕事と密接な関係があります。

下はアルカイの目的にかなった仕事の説明です。

私たちは、直接目に見えない人々のために仕事をしていることが多いのですが、
人類全体に対してある感情を抱いて仕事をしていれば、
その仕事が暖かみに欠け、非人間的なものになってしまうことは絶対にないでしょう。
ここに問題の核心があるのです。
     (中略)
どのような仕事に携わる人でも、
自分の仕事に対してどれほど重要な意味を持っているかということに関して、
理解を深めていくことは可能なことなのです。

こうした理解が深まると、そこに温かい気持ちが流れ込んでくるのです。
私利私欲を離れて人のために尽くしたいという温かい気持ちが流れ込んでくるのです。

(アダム・ビルストン『魂の同伴者たち』)


最近、少し分かりかけてきたことは、

その仕事、行動が本当に人類愛に基づいたものであれば、
アルカイとの繋がりを持つことができるかもしれないということです。


◆◆魂の同伴者たち スピリチュアル・コンパニオンズ / アダム・ビトルストン/著 大竹敬/訳 / イザラ書房







Last updated  2016年12月29日 14時33分50秒
[本(シュタイナー関係)] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.