349116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Stellabeer's Swing

ロシア -モスクワ-

ロシア旅行記 -モスクワ-

(写真右→) 宿泊先のホテル・ロシア。なんでも巨大なロシアだけに泊まったホテルも大きすぎ。フロントから部屋まで歩くこと約10分。遠い~ありえない~!! 同行者のきみさまはしきりに”シャイニングの廊下を思い出す”を連発していました。その後1人では怖くて歩けなくなったわ~(涙)

そして今日7月24日は もう1人の同行者、美香さまのお誕生日!HAPPY BIRTHDAY~♪
チェックインして一段落。ビールでお祝いです☆

(写真右→) 部屋の窓から。右手に赤の広場が見えます。

初日はクレムリン観光からはじめました。 (地図下↓)

























1.クタフィヤ塔    2.トロイツカヤ塔     3.クレムリン大会宮殿
4.兵器庫    5.大統領府 6.大統領官邸
7.大砲の皇帝    8.鐘の皇帝 9.ウスペンスキー聖堂
10.グラノヴィータヤ宮殿     11.ブラゴヴェッシェンスキー聖堂
12.イヴァン大帝の鐘楼     13.アルハンゲリスキー聖堂
14.テレムノイ宮殿付属教会     15.祭服教会
16.ボロヴィツカヤ塔    17.武器庫     18.大クレムリン宮殿
19.レーニンがよく歩いた林     20.アレクサンドロフスキー公園


クレムリン=「城塞」 政治と宗教を合わせたロシアの中枢です。


(写真右→) 右 ★ 聖ワシリー聖堂 左 ★ スパスカヤ塔

右のカラフルな玉ねぎが聖ワシリー聖堂です。イヴァン4世=雷帝(在位1533~1584)時代に建築されました。書物によると「他に例のないもの、神秘的な喜悦、ほとばしる歓喜、形と色彩の饗宴」をめざして造られたそうです。イヴァン雷帝は完成した聖堂の美しさに感激し、二度とこんなに美しい建物ができないよう、設計者であるポストニクとバルマの目をくりぬいてしまったとか?! かなりの独裁者!!それほど心を打ち抜く建物だったようです。




(写真右→) ★ イヴァン大帝の鐘楼
高さは86メートル。かつてはモスクワで一番高かった建物だそうです。1812年にはナポレオン軍によって破壊されましたが、その後再建されています。












(写真右→) ★ ロシア連邦大統領府
1788年 元老院として完成しました。現在はプーチン大統領が執務しています。

大統領府前をてくてく歩いていると、ものものしい黒塗りの車が10台くらい連なって通りました。ガイドさんによると「あ、プーチンだ」とのこと。おお!すれ違ったんだ!




(写真右→) 右 ★ アルハンゲリスキー聖堂 
グレーの屋根が特長。ロシア伝統的様式と、ルネサンス・ヴェネツィア宮殿建築の華やかな装飾の融合。18世紀まではロシアの大公や皇帝の納骨場所だったそうです。1964年、ソ連の科学者によって大理石で造られている棺が開かれ、イヴァン雷帝の死亡年月日も確定されたといいます。

左 ★ ウスペンスキー聖堂
この聖堂は大公たちの結婚式や、イヴァン雷帝からは皇帝(ツァーリ)の戴冠式が行われていました。国家の中心寺院。


(写真右→) ★ ブラゴヴェッシェンスキー聖堂
古典ロシア芸術の粋を集めた建物。聖堂には王子や皇帝達専用墓所の礼拝堂があり、北と西の回廊は、王宮への入口として使われていました。
 
→イコン(聖像画)が素晴らしい。








(写真右→) ★ レーニン廟
名前の通りレーニンの遺体が安置されています。レーニンの遺体は解剖学者達が、死んだ時のまま永遠に保存されるように防腐作業を行いました。中に入りましたが、遺体はまるで蝋人形のようで、本物とは思えませんでした。それよりも身じろぎも瞬きもしない衛兵のが怖かった~!! 予断ですが、あの衛兵、ルックスも採用基準なんだって!


(写真右→) ★ ピロシキ
ロシア料理といえばまっさきに思い出すのがピロシキ!でも本場のピロシキは揚げパンではなく、ふかふかのパンに肉まんみたいなあんが詰まっているものでした。美味。

ロシアでは、生野菜が意外にも新鮮でおいしかったです。それからジャガイモは主食なだけあって、とびきり甘くてすぐにお気に入りに。 毎日朝食に頂いていました。




(写真右→) ★ プーシキン美術館
ロシアの詩人、プーシキンの名前がつけられた美術館。西洋美術の膨大なコレクションが世界的に知られています。社会主義革命前の豪商がフランスで買い集めたものが主だそうですが、旧ソビエト政府の手で、サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館とプーシキン美術館に分けて展示され、今日に至っています。

なお、2005年10月22日(土)から12月18日(日)に東京都美術館でプーシキン美術館展が開催されます。マチスの「金魚」も来るそうですよー


(写真右→) ★ ロシアの地下鉄
プラットホームの華麗なデザインで有名なロシアの地下鉄。シャンデリアと壁画の美しさはまるでギャラリー。

この写真はキエフスカヤ駅のものですが、各駅とも違うコンセプトで作られています。この他にも4つの駅で降りましたが、それぞれ雰囲気があってとても綺麗でしたよ。



(写真右→) あ、コサックダンスの壁画見つけた。



モスクワは中心地に見所がぎゅっと詰まっていて、短い時間でも効率よく廻ればかなりの充実感を得られます。

夜はサーカスや猫サーカス(大爆笑)も堪能しました。月曜から劇場は満員御礼。ロシア人にとってサーカスは生活と切っても切れない娯楽のようです。

また、今はサマータイムなので、夜は22時まで暗くなりません。ついつい遊びすぎちゃうかも!でも観光客狙いの窃盗や恐喝も多いので、緊張感を欠かしてはいけません。モスクワはにやにやして歩くな!を合言葉に鉄火面を演じました(笑)

2005年7月24日~27日  モスクワ
2005年7月27日~29日  サンクトペテルブルク に続く

フォト日記TOPへ戻る
















Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.