000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Stellabeer's Swing

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

七彩 Liqueur&Cocktail

Apr 6, 2007
XML
勢いを増す雨の中、お迎えのタクシーが着きました。
K家さん、お世話になりました。


 「表に店名がないので見落とさないでくださいね。
  黒地にリンゴのマークですよ。」


リンゴマークに見覚えのある方もいらっしゃると思います。
2軒目に伺ったのは 寺町二条 カルバドール(Calvador)


カウンター8席のこじんまりしたお店でした。
K家さんが「予約したほうがいいですよ」と言うだけあって
なかなかの人気店のようです。
23時を過ぎているのに残っている席は1つ。
最後の席に滑り込みました。

バックバーにはリンゴのブランデー「カルヴァドス」
がずらりと並んでいます。


お勧めの「カルヴァドス」をストレートでください。


出てきたのは Barcon de la Touque
大げさに言うと、フリーズドライしたリンゴチップが入っている?
と思うほど口いっぱいにフルーツの香りが蘇ります。

散々飲んで来た私でも、目が覚める印象的でした。

img02.jpg



ところで、カルバドールってどこの言葉ですか? 


 「スペインの無敵艦隊「カルバドール」から取ったんです。
  カルバドールが座礁したノルマンディー海岸、
  その地方で作られるようになったリンゴのブランデーを
  『カルヴァドス』と呼ぶようになったと言います。」


なるほど~。また賢くなった♪♪

カルヴァドスの海があったらおぼれてみたいなぁ、と妄想しつつ
2杯目は、お勧めのフルーツでカクテルを作っていただきました。
「たんかん」を作ったサッパリとしたカクテルです。


東京のBARによくいらっしゃると言う店主さん。
仕事が上品で思わず見とれてしまいました。

明日は岡山に行くんですよ、と話すと、
お勧めのBARを2つ教えてくれました。


行けるかな~??? 仕事さえ終われば!!


書いていただいたメモを大事にしまってホテルに戻りました。
時刻はすでに2時。

やば。早く寝なきゃ。


続く。






Last updated  Apr 6, 2007 12:19:53 PM


Apr 4, 2007
3月末に3泊の出張がありました。

初日は京都です。

連日の過密スケジュールがたたって
お連れしていたお客様は皆様お疲れ気味。
お陰さまでなんと21時半に解散♪


外はうらめしくなるくらいの雨。
一瞬躊躇したけど、ここはせっかくの京都、
ジャケットをつかんでタクシーに乗り込みました。


BARに行こう!!


住所を運転手さんに見せて連れて行ってもらいました。


「K家」 町屋を改装した風情ある美しいBARです。



kya.jpg



足を踏み入れると、こんな悪天候にも関わらずお客様でぎっしり。
高い天井に横たわる太い梁、中庭の向こうには個室が見えます。
こじんまりしたお店を想像していたので、
予想以上に広い空間に驚いてしまいました。


2~4人の会社員グループが多く酔いもまわっていてにぎやかです。
ちょっと居心地の悪い思いで1人カウンターに座りました。


4人のバーテンダーさんが手を止める間もなく働いています。
ゆらゆらと揺れる影を見ながらカクテルを飲んでいると、
1組、また1組と人影が去って行きました。


「今日はあわただしくてすみません」
声をかけられてふと気がつくと、
いつの間にかカウンターには私1人でした。


一つの波が去ってほっとしたのか、
他のバーテンダーさんもカウンターに集まって、
グラスを磨きながらしばし休憩です。


「雨の京都もいいと思いませんか?」


そうですね。
今にも開きそうな桜のつぼみをつたう雫がとても綺麗で、
なぜ自分がここにいるのかも忘れて見入ってたんですよ。


オーナーは東京で働いた経験があるとのこと。
お店を聞いてみると銀座の有名店でした。


気さくなバーテンダーさんたちに囲まれて、
楽しい一時を過ごしました。
でも、実はもう1軒行きたいBARがあり・・

正直に打ち明けると、親切にも予約をしてくださいました。

「道が暗いし、ひどい雨なのでタクシーを使ってください」
勧められるがままに、タクシーに乗りました。


そして次の店へ。
続く。







Last updated  Apr 4, 2007 11:43:22 PM
Nov 29, 2006
勤務地が変わって1ヶ月。
仕事、勉強、飲み、飲み、飲みで
23時前に帰宅できた日が
なかったことに気がつきました。

だから今日は思い切って、
スペイン語のクラスをさぼってみました。
がんばらなくちゃ、と言い聞かせるたび
無駄な時間を過ごしてしまったと感じるたび
自分が後ろめたくなる。

でも、ふと、
今のわたし、自分の実力以上にペース速い?

不穏な疑問がむくむくと。


友人が貸してくれた雑誌の1ページに
「将来なりたい自分になるために、
 必要な時間を計算してみること。
 理想像までの近道」
と書いてありました。

例えば、通訳レベルの外国語力をつけるためには
一般に4000時間の勉強が必要らしい。

私がスペイン語を勉強した時間。
ざっくり270時間。
プロになるためには、後3730時間必要。
1日1時間として、10年か・・・


あはははは。



思えば、今年の1月にスペイン語を習い始めるまで
スペイン語なんて聞いたこともなかった。
そう思い返すと、
乏しい記憶力と戦いながら
1年で得た新しい自分の量、まぁまぁかな?

そうねー。たまには あせらず のんびり。
今日はワインでも開けよう。



sKICX4936.jpg

先日おじゃましたBARにて
即興でつくってもらったカクテルは
南の海のようなエメラルド色

シェリーと桂花陳酒、DITA 


「翡翠」と言う名をもらいました






Last updated  Nov 29, 2006 09:59:17 PM
Mar 1, 2006
何気なくTVのチャンネルを変えていたとき、
ふとスペイン語が聞こえてきたような気がして、NHK教育テレビで止まりました。

  Che cosa hai comprato ? 

「何を買いましたか?」 「帽子を買いましたよ」 「何も買っていないの」 
スペイン語と似てるけどちょっとずつ違う???

場面切り替わり、番組のナビゲーター登場。 おおっ。美男美女!!
「これがイタリア語講座かぁ!!」と1人納得してしまいました。
スタイルといい、洗練された服装といい、完璧ではないですか!かっこいいなぁ~♪
ヴィジュアルにつられ、思わず終わりまで見入る。
ちなみに生徒さん。スペ語は笑い飯ですが、イタリア語はパパイア鈴木でした。
ここにもお笑いブーム・・・(苦笑)

レモンチェロ イタリアーナ 500ml 30度以下(Maurizio Russo Elisir di Limone Limonce...昨日はイタリアのレモンリキュール リモン・チェッロ(Maurizio Russo)→を買いました。先日、友人ご一家とイタリアンを食べに行った時、ご主人がお友達のカナダ人から聞いてきたイキな飲み方。
食後、キンキンに冷えたリモン・チェッロをストレートで”キュッ!”と空けるのが南イタリア風だそうです♪
(聞いてきたのがイタリア人ではないところがミソ)




リモン・チェッロの元となるアマルフィ産のリモーネは普通のレモンの3倍の大きさだそうです。(左ね) 
苦味が少なくて、香りが高いと評判です。

ソーダで割ってレモンを入れると、春の陽光に負けない爽やかな飲み物になりますよ~

Buona Primavera !!!
あー、太陽恋しい。

TWO DOGS ~LemonBrew~
ただしトゥードッグスに似てるかも








Last updated  Mar 1, 2006 12:30:26 PM
Feb 27, 2006
ザクロのジャック・ローズを頂きました。

ジャックローズとはリンゴのブランデー カルヴァドスをベースにレモンジュース、グレナデンシロップを使った酸っぱくて甘いカクテルですが、私が頂いたのはグレナデンシロップをザクロに変えたレシピでした。

フレッシュのザクロを優しく絞りカルヴァドスとあわせます。酸味が印象的なさわやかカクテルになりました。

ザクロはちょっと前、その種に含まれる女性ホルモンが美容や老化防止にいい!って再注目されていましたよね。


昔は当たり前のように実家の庭にもなっていましたよ。

時満ちると、ぱんぱんになった実がはじけ、零れ落ちるようなルビーの粒。大好きだったなぁ。
ちょっとだけ実をわけてもらってプチプチ口の中で砕いてみました。甘酸っぱくて、子供の頃を思い出してしまった。

昔ながらのフルーツ、再発見の夜でした。






Last updated  Feb 27, 2006 05:20:38 PM
Feb 14, 2006
会社の近所に19時まで”ハッピー・アワー”として、カクテル全品半額で出しているビア・パブがあります。今日は同僚たちと19時ギリギリに駆け込み、1杯だけ飲んで帰ることに。

バーカウンターでお酒を買うときにふと思い出した。

私=「バレンタイン今日?」 同僚=「そうだよ」「今日は早く帰らないと奥さん機嫌悪いんだよ」
あ!だから1杯のお誘いだったのね。

↓なんで思い出したかっていうと、これ↓

GODIVA(ゴディバ)チョコレートリキュール 50mlスペシャルギフトボックスバージョン GODIVA(ゴディバ)ホワイトチョコレートリキュール 50mlスペシャルギフトボックスバージョン

ベルギーの有名チョコ、「ゴディバ」のチョコレートリキュールを大宣伝していたからです。
ミルクで割って、ロックで、コーヒーと割って、バニラアイスにかけて・・・。
飲んだことないものにはちよっと興味をそそられるぅ。
でも1杯もいらないなぁ~、と躊躇し、結局他のものを頼んでしまいました。

お家にあったらココアの代わりに飲めるかな?
・・・なんて考えてみたけど、750mlもフレッシュなうちに使い切るのは大変そう。
買うなら50mlのミニ・チュアがいいかな。







Last updated  Feb 15, 2006 11:05:17 AM
Dec 12, 2005
お取引先で、かなりお金持ちの社長が来日。おみやげにチョコレートを頂きました。
(チョコかぁ・・高級烏龍茶とかカラスミがよかったなー)と心の中でつぶやきながら(←もらっておきながら文句が多い)もありがたく頂く。
G.H.MummCordon RougeGHマム・コルドン・ルージュ
さて、職場のみんなに配ろう、とラッピングを開けてびっくり。ラベルには見覚えのあるボトルが。Mumm Champagner Truffelschokolade?!
G.H.マム・コルドン・ルージュの入ったトリュフではないですかー!

いつもなら「んー。チョコはいいやー」と断る私でもこれは食べたい!
おいしーい! お酒の味がしっかり残っていてホロ酔い♪(仕事中)


このチョコはシャンパンメーカーがつくっているわけでなはなく、スイスの有名チョコレートメーカー「ゴールドケン」の商品でした♪

←「liquor chocolates bar」シリーズ。

not for children contain alcohol (アルコールが含まれていますので、お子様には食べさせないでください)と注記があるように、気合の入った酒チョコです。

オレンジピールを効かせたコアントロー味はかなりおいしいらしい。気になる~!じたばた!! 楽天で取り扱いがないのが残念です・・。
  社長、ごちそうさま~♪






Last updated  Dec 12, 2005 03:48:21 PM
Dec 3, 2005



照明の美しい空間には”光と影”2つの主役が存在します

優しい光を受けて グラスのフォルムを
まあるくデフォルメして映し出す陰

ついつい見とれてしまう・・

BARには、一生懸命”陰”を追っている私を笑う人はいません

ただ”陰”を踏むだけ 
でもとびきり楽しい遊びをつくってしまった子供たち

ここには、そんな子供みたいな大人ばかりが集います







Last updated  Dec 3, 2005 10:55:28 PM
Nov 21, 2005
グラスを集めるのっておもしろいだろうなー♪
と思わせてくれる「鶏のカクテルグラス」

棚の一番奥に大事そうに置かれているこのカクテルグラスに、私はいつも熱い視線を注いでいました。

やっと振り向いてもらえた?
マルガリータを伴い、私の前に登場。


この「マルガリータ」とは考案者であるロサンゼルスのバーテンダーさんの恋人の名前だそうです。
メキシコ人の彼女と狩猟に出かけたとき、不幸にも彼女は流れ弾に当たって亡くなってしまいました。

天国の恋人に捧げたカクテル。
ベースには彼女の故郷のお酒テキーラが使われています。

悲恋がまつわるカクテルは、今もなお世界中の人々に愛されています。
時を越えて・・。想いはマルガリータへ・・。






Last updated  Nov 22, 2005 08:54:30 PM
Nov 14, 2005
今朝の東京は両手がかじかむくらいの気温でした。空気は凛として強く、吐く息は白く、もう冬はすぐそこ、と感じました。

電車に乗りながら「霜」は、降ってくるわけではないのに、なんで「霜が降りる」と言うんだろう、と考えていたら新宿についてしまいました。またとりとめのない不毛な時間を過ごしてしまった・・。どなたか語源をご存知だったら教えてください。

ところで、シェリーのカクテル冬バージョンを考案中です。
昨日のdullanさんとのやり取りで、「日本酒+シェリー+しろみつ」のカクテルはどうですか? と書かせていただいたのですが、その後、日本酒+シェリーのカクテルをネットで見つけました。

星影

大吟醸のフルーティーな香りとシェリーのスッキリとした味わいがマッチした少しアルコール強めのカクテルです。
ブラックオリーブがコクを添えます。シックな大人の雰囲気をお楽しみください。

・大坂屋長兵衛…………………… 45ml
・ドライシェリー………………… 15ml
・ブラックオリーブ……………… 1個

作り方:ステア   


私の場合、ほっぺが痛くなるくらい酸味の強い純米酒とフィノシェリーをあわせてみたいのですが、どうでしょうねー? それと、オリーブは却下です。コンビナートを思い出すので・・。

あ、大切なことを思い出した。○ブロク仕込まなきゃ。






Last updated  Nov 15, 2005 12:16:55 PM

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.