1060613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE NOW TO TRUE HEAVEN

PR

プロフィール


星野遙

カレンダー

お気に入りブログ

介護ミッション・コ… New! 釈迦楽さん

ひかるむしの暮らし *hikaru*さん
インターナショナル… Mana@IBFさん
Moon Phases あすとりどさん
魔導士ライヤの傾奇節 金沢のライヤ姐さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

背番号のないエース0829@ ヒトラー 映画〈ジョジョ・ラビット〉に上記の内容…
tanaka@ Re[2]:機種変更は大変です><(iPhone11,APPLE WATCH)(10/19) 星野遙さんへ ありがとうございます いい…
星野遙@ Re[1]:機種変更は大変です><(iPhone11,APPLE WATCH)(10/19) tanakaさんへ コメントいただきありがと…
tanaka@ Re:機種変更は大変です><(iPhone11,APPLE WATCH)(10/19) こんにちは すこしおききしたいのですが、…
omachi@ Re:映画レディースディで「新聞記者」を観賞(08/14) お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。 …
2008.05.24
XML
カテゴリ:読書感想文

先日、買った古本(Tレヴィングクロフト)同じじゃないけどよく似た本がありました↓

               
ヒトラーとロンギヌスの槍


あのヒトラーの世界観を作り出した原因ともなった「ロンギヌスの槍」について書かれた本。ロンギヌスの槍・・・というのはイエスキリストが磔刑になった時、そばにいた百兵卒のロンギヌスがその死を確かめるために突いた槍とされています。槍を突いた時に血と水が流れ、白内障だった彼の目が癒されたという。ロンギヌスはその後、クリスチャンになる。その槍を持つものは善であれ、悪であれ世界を制すると信じられ、2000年近くにわたり、権力者が所有することを切望し、実際に手にして世界を治めた者もたくさんいるそうです。

建築や絵の勉強をしていた若く貧乏なヒトラーが足しげく通った図書館でその存在を知り、博物館で「ロンギヌスの槍」に対面し、啓示を受ける。槍だけでなく、ワーグナーの音楽、ニーチェ、ショーペンハウエルなどの思想を取り入れ、独自の世界観と征服の野望を膨らませるヒトラー。実際の歴史的事実の裏側でひそか息づいて力を増大させたオカルト的思想。なんか、恐いけどおもしろいです。とんでもない残虐な行為の陰でそれに賛同した者がいたのは事実で、どこかに人間を引き付けるだけの魔力があったと考えられなくもないですね。

子供の頃、家にはそんなに本はなかったのですが、細くか弱い少年が岩に突き刺さった剣を抜こうとしているディズニーの絵本がすごく好きだった思い出があります。検索してみたら「王様の剣」というタイトルでアーサー王について書かれた絵本でした。「ロンギヌスの槍」についてはこの絵本と「エヴァンゲリオン」がまず頭にうかんだのですが・・・

              
王様の剣

家には他に「小公女」や「秘密の花園」や「赤毛のアン」とかいかにも少女が読みそうな本もあったのですが、どれもちょっと読んで止めてしまってましたね。好きだったのは「保元・平治の乱」とかシェイクスピアの「ベニスの商人」。この2冊はドキドキしながら読みましたっ。やっぱり子供の頃から、どーも女の子っぽいのは苦手だったようで(^^;)

さてさて、読書に戻ってどうやってヒトラーがオカルト思想にのめりこんでいったのかを追ってみたいと思います。(教会の人にこんな本読んでいる、といったら眉間にしわを寄せられそうですが^^)

徳川幕府を陰で操った天海上人とか呪術とか占いで世界を裏側から支えた歴史上の人物って昔からすごく興味があるんですぅ。マニアックかも???






最終更新日  2008.05.24 21:07:15
コメント(1) | コメントを書く
[読書感想文] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ヒトラー   背番号のないエース0829 さん
映画〈ジョジョ・ラビット〉に上記の内容について、記載しました。
もしよろしかったらaccessしてみてください。


(2020.02.20 00:04:46)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.