1616996 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

惑わされず、囚われ… New! 幸せを引き寄せる心理カウンセラー&セラピスト・向月謙信 (☆”鯉)さん

最近の朝昼ご飯 や… New! し〜子さんさん

エルトン・ジョン … New! an-daleさん

スキますきます? New! ナイト1960さん

Comments

Stephen@ Re:忘れられない薬剤師さん(09/14) 山口政行さんへ 素敵なお話をお聞かせい…
山口政行@ 忘れられない薬剤師さん                    …
lemon meint 16@ Re:8月7日の花言葉 カノコユリ(08/07) こんにちは。 カノコユリ 綺麗ですね。(*^…
lemon meint 16@ Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30) こんにちは。 ダイコンの花、あまり綺麗だ…
lemon meint 16@ Re:3月24日の花言葉 ムスカリ(03/24) こんにちは。 ムスカリの花言葉「夢にかけ…

全6598件 (6598件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.10.24
XML
カテゴリ:日記
10月24日の花言葉はカッコウアザミで「信頼」です。



カッコウアザミ属(カッコウアザミぞく、学名:Ageratum)は、キク科の1属である。学名よりアゲラタム属、アゲラタムとも呼ばれる。属名は a(否定の接頭語)+ geras(古くなる)で、長い間鮮やかな青紫の花色が保たれることによる。

主な栽培種
戦前から栽培されていたのは、カッコウアザミ Ageratum conyzoides であったが、現在栽培されているのは、ほとんどがオオカッコウアザミ Ageratum houstonianum である。

性状
メキシコ原産の、半耐寒性常緑多年草または亜灌木であるが、園芸上は春播き一年草としている。草丈は、F1(一代交配種)の矮性種で15〜20cm、切り花用種や四倍体の「ブルーミンク」などは、70cmくらいになる。全草に粗い毛が生えている。茎は直立だが、根元からよく分枝し、匍匐状になることもある。葉は直径10cmくらい、ほぼ円形で対生する。花は、1cm位の頭花が円錐状に十数輪またはそれ以上まとまって咲く。花の色は、明るい青紫が基本であるが、白やうす桃色の品種もあり、最近かなり濃い紅色のものも出ている。

栽培
微細種子なので、タネは丁寧に播くようにする。苗ものは4月にはいると売り出されるが、これは1月か2月に温室で播いたもので、一般家庭で播く場合は、ソメイヨシノが散り始めた頃がよい。花壇に定植する時は、比較的排水の良いところを選ぶ。肥料、特に窒素肥料が多いと、葉はよく茂るが、花数が少なくなるので、肥料は控えめにしたほうがよい。
ケンコーコム






Last updated  2019.10.24 03:14:33
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:京の史跡探訪
江戸時代初期、才色兼備と評判を集めた大坂新町の名妓・夕霧太夫。若くして病没した彼女は嵯峨野生まれと伝えられ、清凉寺の北側に墓地が作られました。井筒八ッ橋本舗主催で執り行われる夕霧祭では、本堂で法要が営まれた後、島原の太夫による優雅な舞や艶やかな道中が繰り広げられます。道中を終えた太夫は夕霧の墓地に参拝し、同日に開催される「嵐山もみじ祭」に合流します。



日程:2019年11月10日(日)10:00~11:00(予定)
お問合せ:0120-21-2120(井筒八ッ橋本舗)
料金:無料(本堂内で法要・舞奉納を見学する場合拝観料400円)
場所:清凉寺[嵯峨釈迦堂]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.24 03:15:18
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カトリック
第一朗読ローマ 6・19−23

使徒パウロのローマの教会への手紙

 〔皆さん、わたしは〕あなたがたの肉の弱さを考慮して、分かりやすく説明しているのです。かつて自分の五体を汚れと不法の奴隷として、不法の中に生きていたように、今これを義の奴隷として献げて、聖なる生活を送りなさい。あなたがたは、罪の奴隷であったときは、義に対しては自由の身でした。では、そのころ、どんな実りがありましたか。あなたがたが今では恥ずかしいと思うものです。それらの行き着くところは、死にほかならない。あなたがたは、今は罪から解放されて神の奴隷となり、聖なる生活の実を結んでいます。行き着くところは、永遠の命です。罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。

福音朗読ルカ 12・49−53

ルカによる福音

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。しかし、わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだろう。あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。
 父は子と、子は父と、
 母は娘と、娘は母と、
 しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、
 対立して分かれる。」

【任意・10月24日 聖アントニオ・マリア・クラレ司教】
1807年、スペインのサレントに生まれる。
司祭に叙階されて数年間は、説教をしながらカタロニア地方を巡回した。
クラレチアン宣教会を創立し、キューバ島の司教に任命され、人々の救霊のために大いに貢献した。
スペインに戻ると、教会に反対する人々から多くの苦難を受けたが、それを耐え忍んだ。
1870年、フランスのフォンフロアードで死去。
(カトリック中央協議会刊/日本カトリック典礼委員会編・監修『毎日の読書』より)

聖書本文は 日本聖書協会刊「新共同訳聖書」からの引用です


カトリックの信仰生活がわかる本/景山あき子【合計3000円以上で送料無料】






Last updated  2019.10.24 03:15:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.23
カテゴリ:日記
10月23日の花言葉はシコンノボタンで「平静」です。



シコンノボタン(紫紺野牡丹、学名:Tibouchina urvilleana)は、ノボタン科ティボウキナ属(和名シコンノボタン属)の常緑低木。別名スパイダーフラワー

特徴
中南米原産の常緑低木。庭木、鉢植えとして親しまれる。葉は対生で楕円。産毛で覆われ、ビロードのような手触りがする。本来は常緑だが日本では冬に落葉することが多い。花は五弁で、紫色の大輪花。オシベが長く飛び出しているのが特徴。一日花だが、花つきがよく、毎日多くの花を次々と咲かせる。花期は夏と秋だが、温度さえあれば冬でもわずかながら咲きつづける。南国原産にしては耐寒性がある。流通上はノボタンとシコンノボタンが混同されているが、ノボタンは短いオシベが黄色で長いオシベは紫色、シコンノボタンは長短のオシベが共に紫色である。必ず日当たりに植える。3メートルぐらいにまで大きくなるが、強風で枝が折れたり、姿が乱れるので、必ず支柱をたてる。風には弱い。剪定時期は4、5月。小さく仕立てて鉢植えにすることも可能。その場合冬は室内に取り込む。挿し芽で簡単に増やせる。







Last updated  2019.10.23 03:14:05
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:京の史跡探訪
五穀の豊饒と稲荷大神の神恩に感謝する伝統ある祭事です。本殿祭において本殿前庭上にて新藁を忌火でもって焚き上げる神事が行われ、引き続き、全国崇敬者から奉納された十数万本の火焚串が神苑祭場で焚き上げられます。この火焚神事では次々と火焚串が火床に投げ込まれていく中、宮司以下神職・参列者が大祓詞を奉唱して、罪障消滅、万福招来を祈ります。18:00からは本殿前の庭燎(ていりょう)の明かりの中、「御神楽の人長舞(にんじょうまい)」が奏されます。



日程:2019年11月8日(金)13:00~
料金:無料
場所:伏見稲荷大社

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.23 03:14:49
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カトリック
第一朗読ローマ 6・12−18

使徒パウロのローマの教会への手紙

 〔皆さん、〕あなたがたの死ぬべき体を罪に支配させて、体の欲望に従うようなことがあってはなりません。また、あなたがたの五体を不義のための道具として罪に任せてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。なぜなら、罪は、もはや、あなたがたを支配することはないからです。あなたがたは律法の下ではなく、恵みの下にいるのです。
 では、どうなのか。わたしたちは、律法の下ではなく恵みの下にいるのだから、罪を犯してよいということでしょうか。決してそうではない。知らないのですか。あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、その従っている人の奴隷となる。つまり、あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、どちらかなのです。しかし、神に感謝します。あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、今は伝えられた教えの規範を受け入れ、それに心から従うようになり、罪から解放され、義に仕えるようになりました。

福音朗読ルカ 12・39−48

ルカによる福音

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしないだろう。あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」
 そこでペトロが、「主よ、このたとえはわたしたちのために話しておられるのですか。それとも、みんなのためですか」と言うと、主は言われた。「主人が召し使いたちの上に立てて、時間どおりに食べ物を分配させることにした忠実で賢い管理人は、いったいだれであろうか。主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。確かに言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。しかし、もしその僕が、主人の帰りは遅れると思い、下男や女中を殴ったり、食べたり飲んだり、酔うようなことになるならば、その僕の主人は予想しない日、思いがけない時に帰って来て、彼を厳しく罰し、不忠実な者たちと同じ目に遭わせる。主人の思いを知りながら何も準備せず、あるいは主人の思いどおりにしなかった僕は、ひどく鞭打たれる。しかし、知らずにいて鞭打たれるようなことをした者は、打たれても少しで済む。すべて多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、更に多く要求される。」

【任意・10月23日 聖ヨハネ(カペストラノ)司祭】
1386年、アブルッツィ地方(イタリア中部)のカペストラノに生まれる。
ペルージアで法律の勉強に励み、しばらくの間、判事を務めた。
フランシスコ会に入り司祭に叙階されると、キリスト者の道徳を高め、異端と戦うためにヨーロッパ全土で説教活動を行った。
1456年、ウィラク(現在のクロアチアのイロク)で死去。
(カトリック中央協議会刊/日本カトリック典礼委員会編・監修『毎日の読書』より)

聖書本文は 日本聖書協会刊「新共同訳聖書」からの引用です


「山の教会」・「海の教会」の誕生 長崎カトリック信徒の移住とコミュニティ形成 [ 叶堂隆三 ]






Last updated  2019.10.23 03:20:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.22
カテゴリ:お店紹介
洛中洛外の飲み屋さんを紹介するシリーズ、今回は下鴨の「FILE CAFE」さんです。

北大路通に面した好立地に最近オープンしたお店です。以前ここは銀行だったように記憶しています。




今回はランチタイムでしたので軽くペルエールを頂き、デンマーク料理のお店のようですのでスモークサーモンを選びました。




ジャガイモのポタージュや付け合わせがついてランチメニューはリーズナブルで北欧とドイツ料理が融合した感じで私の嗜好によく合います。なによりサーモンの下のしっとりとした黒パンが最高です。

店名:ファイルカフェ (FILE CAFE)
ジャンル:カフェ、ケーキ
予約・お問い合わせ :075-708-2254
住所:京都府京都市左京区下鴨西本町30
交通手段:北山駅から853m
営業時間・定休日:営業時間 11:00~23:00
定休日:水曜日


ペールエール4本セット【普通のビールがまるで水ワインに負けない香りと味わい】【本州送料無料】【サンクトガーレン直営店】






Last updated  2019.10.22 08:14:55
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カトリック
第一朗読ローマ 5・12、15b、17−19、20b−21

使徒パウロのローマの教会への手紙

 〔皆さん、〕一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです。
 一人の罪によって多くの人が死ぬことになったとすれば、なおさら、神の恵みと一人の人イエス・キリストの恵みの賜物とは、多くの人に豊かに注がれるのです。一人の罪によって、その一人を通して死が支配するようになったとすれば、なおさら、神の恵みと義の賜物とを豊かに受けている人は、一人のイエス・キリストを通して生き、支配するようになるのです。そこで、一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。一人の人の不従順によって多くの人が罪人とされたように、一人の従順によって多くの人が正しい者とされるのです。しかし、罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれました。こうして、罪が死によって支配していたように、恵みも義によって支配しつつ、わたしたちの主イエス・キリストを通して永遠の命に導くのです。

福音朗読ルカ 12・35−38

ルカによる福音

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。はっきり言っておくが、主人は帯を締めて、この僕たちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕してくれる。主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。」

【任意・10月22日 福者ヨハネ・パウロ2世教皇】
教皇ヨハネ・パウロ2世(カロル・ヨゼフ・ヴォイティワ)は1920年にポーランドのワドヴィッチに生まれた。
司祭叙階の後、ローマで神学を修めて帰国し、司牧活動や神学教育に携わった。
クラクフ教区の補佐司教を経て、1964年に同教区大司教に任命され第2バチカン公会議に参加。
1987年10月16日、ローマ教皇に選出され、ヨハネ・パウロ2世を名乗った。
とくに家庭、青年、病者に対する使徒的熱意にあふれ、世界各地へ司牧訪問を行った。
教導職の努めを多くの分野で果たし、『カトリック教会のカテキズム』ならびにラテン教会と東方教会の『教会法典』を公布した。
2005年4月2日(復活節第2主日〔神のいつくしみの主日〕の前晩)にローマで死去。
(カトリック中央協議会刊『毎日のミサ』2013年10月号 より)

聖書本文は 日本聖書協会刊「新共同訳聖書」からの引用です


明治期長崎のキリスト教 カトリック復活と






Last updated  2019.10.22 07:25:16
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日記
10月22日の花言葉はアキチョウジで「秘めやかな思い」です。



ヤマハッカ属(ヤマハッカぞく、学名:Isodon、シノニム:Rabdosia、和名漢字表記:山薄荷属)はシソ科の属の一つ。

特徴
ふつう多年草、ときに低木。葉は対生し、まれに輪生し、縁には鋸歯がある。花は6個内外が仮輪をつくり、まばらな総状花序または円錐花序をつくる。花時の萼は鐘形でほぼ等間隔に5裂するが、果時には大きくなり、上唇が3浅裂、下唇が2裂する唇形になる。花冠は筒部背面がふくらみ、上唇が3-4裂して立ち、下唇はボート状になって前に突き出す。雄蕊は4個で、うち2個が長く発達し、下方に傾いてボート状になった花冠の下唇に抱かれる。果実は分果で、卵形から楕円形になり、基部に小型の着点がある。

分布
世界に約150種[1]あり、日本を含む東アジア、東南アジア、ヒマラヤ、アフリカに分布する。日本には7種が分布する。本属のほとんどの種間で、それぞれの自然雑種が報告されている。







Last updated  2019.10.22 07:22:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.21
カテゴリ:カトリック
第一朗読ローマ 4・20−25

使徒パウロのローマの教会への手紙

 〔皆さん、アブラハム〕は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、神を賛美しました。神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。だからまた、それが彼の義と認められたわけです。しかし、「それが彼の義と認められた」という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、わたしたちのためにも記されているのです。わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。

福音朗読ルカ 12・13−21

ルカによる福音

 〔そのとき、群衆の一人がイエスに言った。〕「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」イエスはその人に言われた。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」そして、一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」それから、イエスはたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」

聖書本文は 日本聖書協会刊「新共同訳聖書」からの引用です


【新品】【本】宗教改革の真実 カトリックとプロテスタントの社会史 永田諒一/著






Last updated  2019.10.21 08:35:12
コメント(0) | コメントを書く

全6598件 (6598件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.