2803616 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

X

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

その濃度(^◇^;) 気… New! ナイト1960さん

大分の代表的焼酎『… New! Cat I Loveさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

ロイ・ブキャナン … New! an-daleさん

ただの水に過ぎません New! Beloved-mariaさん

Comments

坂東太郎9422@ Re:中医学の世界:中医学・薬膳の歴史(01/11) 「宮国由紀江(薬膳でメンテ) ~ 身近な…
やぎゅう むねのり@ Re:柳生 宗矩(やぎゅう むねのり) 1646年5月11日没(05/11) やぎゅう むねのりの知りたいことは、089…
Stepehn@ Re[1]:注意欠陥・多動性障害(04/29) HiroKenさんへ ご連絡ありがとうございま…
Stepehn@ Re[1]:京言葉「だんない」(04/30) bisonさんへ なるほどありがとうございま…
bison@ Re:京言葉「だんない」(04/30) 私見ですが「大事ない」の「だん」「ない…
2016.06.11
XML
カテゴリ:京の史跡探訪
苔に覆われた方丈庭園には、10数本の沙羅の木があります。沙羅双樹(夏椿)は、お釈迦様が入滅した時にその死を悲しんで一斉に花を開いた、という言い伝えもあります。『平家物語』冒頭の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす…」というフレーズを思い出す人も多いはず。「沙羅の花を愛でる会」では、精進料理を味わいながら、「一日花」と呼ばれる可憐ではかない沙羅双樹の白い花を、ゆっくり観賞することができます。

日程:2016年6月15日(水)~30日(木)9:30~16:00
料金:呈茶付1,600円、呈茶と精進料理付5,950円
場所:妙心寺 東林院

住所:京都市右京区花園妙心寺町59
電話番号:075-463-1334
拝観時間:歳時により異なる
拝観料:歳時により異なる
アクセス:市バス「妙心寺前」下車徒歩約6分、JR山陰本線(嵯峨野線)「花園駅」下車徒歩約8分

東林院 沙羅の花を愛でる会.jpg

楽天トラベル株式会社






Last updated  2016.06.11 06:17:12
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.