1482721 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

2019年7月23日の… New! 藻緯羅さん

今季6度目の夏野菜収… New! ★黒鯛ちゃんさん

息子ん家に差し入れ… New! し〜子さんさん

スティーヴ・キュー… New! an-daleさん

永~い梅雨 New! 幸達爺さん

Comments

lemon meint 16@ Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30) こんにちは。 ダイコンの花、あまり綺麗だ…
lemon meint 16@ Re:3月24日の花言葉 ムスカリ(03/24) こんにちは。 ムスカリの花言葉「夢にかけ…
lemon meint 16@ Re:3月15日の花言葉 ラッパズイセン(03/15) ラッパスイセンの花言葉「尊敬」なのです…
lemon meint 16@ Re:3月9日の花言葉 シバザクラ(03/09) こんばんは。しばらくらのピンクが綺麗で…
lemon meint 16@ Re:2月25日の花言葉 カンヒザクラ(02/25) こんばんは。 カンヒガンザクラ、花言葉通…
2019.03.30
XML
カテゴリ:日記
3月30日の花言葉はダイコンで「適応力」です。



ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. longipinnatus)はアブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。主に肥大した根を食用とするほか種子から油を採ることもあり、緑黄色野菜でもあり淡色野菜でもある。名前の由来は、大きな根を意味する大根(おおね)から。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤・緑・紫・黄・黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。日本ではほとんどが白い品種で、スズシロ(清白)の別名もこれに基づく。

概要
原産地は地中海地方や中東である。紀元前2200年の古代エジプトで、今のハツカダイコンに近いものがピラミッド建設労働者の食料とされていたのが最古の栽培記録とされ、その後ユーラシアの各地へ伝わる。日本には弥生時代には伝わっており、平安時代中期の『和名類聚抄』巻17菜蔬部には、園菜類として於保禰(おほね)があげられている。ちなみにハマダイコンまたはノダイコンと見られる古保禰(こほね)も栽培され、現在のカイワレダイコンとして用いられていた。江戸時代には関東の江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島辺りが特産地となり、その中で練馬大根は特に有名であった。ダイコンは日本においては品種・調理法とも豊富である。世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。野菜としての位置づけにおいては、春の七草のひとつ「すずしろ」であり薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。

特徴
根出葉は羽状複葉で、頂小葉は大きい。太い主根は主軸が肥大して食用となる。収穫せず春を迎えれば、アブラナ属と似た淡紅色を帯びた白花をややまばらに付ける。果実の種子数はアブラナ属より少ない。茎は、葉の付け根の低い三角錐部分で食用にされない。また、一般的に根と呼ばれる食用部分のうち地上部分は、発生学的には根ではなく胚軸に由来する中間的な性質を持っている。青首ダイコンでは特に目立ち、ジャガイモ同様、光に応じて葉緑体を発達させる茎の性質を示している。茎、胚軸、根の区別は道管の位置で区別できるが、ひげ根(二次根)でも見分けられる。根の部分は両側一列ずつ二次根が発生し、店先のダイコンではその痕跡がくぼんだ点の列として観察できる。アブラナ属のカブでは、丸く肥大する食用部分が胚軸で、根はヒゲ根となって食用にされない。

引用:Wikipedia







Last updated  2019.03.30 07:03:30
コメント(1) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30)   lemon meint 16 さん
こんにちは。
ダイコンの花、あまり綺麗だと思わない感じですが
花言葉が適応力なのですね。 (2019.03.30 13:17:55)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.