1558851 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

全てには、それなり… New! 幸せを引き寄せる心理カウンセラー&セラピスト・向月謙信 (☆”鯉)さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

サヴォイ・ブラウン… New! an-daleさん

先週のパパ弁当 二… New! し〜子さんさん

9月15日の「辛味… New! 藻緯羅さん

Comments

Stephen@ Re:忘れられない薬剤師さん(09/14) 山口政行さんへ 素敵なお話をお聞かせい…
山口政行@ 忘れられない薬剤師さん                    …
lemon meint 16@ Re:8月7日の花言葉 カノコユリ(08/07) こんにちは。 カノコユリ 綺麗ですね。(*^…
lemon meint 16@ Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30) こんにちは。 ダイコンの花、あまり綺麗だ…
lemon meint 16@ Re:3月24日の花言葉 ムスカリ(03/24) こんにちは。 ムスカリの花言葉「夢にかけ…
2019.08.26
XML
カテゴリ:日記
8月26日の花言葉はケイトウで「永遠の愛・おしゃれ」です。



ケイトウ (鶏頭、学名:Celosia argentea) はヒユ科の一年生植物。狭義にはC. argentea f. cristata(シノニムC. argentea var. cristata)をいうが、本記事では特に断らない限りC. argentea をケイトウということにする。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する。ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。原産地はアジア、アフリカの熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。アルカリ性の土壌を好み、栽培は簡単である。花穂の形状の異なる羽毛ケイトウ、久留米ケイトウ、トサカケイトウなどの系統がある。花と葉はアフリカと東南アジアで食用とされている。日本でも食用植物として栽培されていた時期がある。朝鮮では穂粒を豚の餌にしている。根や茎は干した後にいぶしてネズミ除けに用いられる。日本では江戸時代に狩野派の画家狩野永徳が鶏頭を描いている。

引用:Wikipedia







Last updated  2019.08.26 08:07:51
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.