1476339 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

先週パパ弁当 これま… New! し〜子さんさん

7/17に記録更新 1500… New! Lemon♪さん

[辛味大根のヘタ]… New! 藻緯羅さん

ムシマスね〜(゚o゚;; New! ナイト1960さん

Comments

lemon meint 16@ Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30) こんにちは。 ダイコンの花、あまり綺麗だ…
lemon meint 16@ Re:3月24日の花言葉 ムスカリ(03/24) こんにちは。 ムスカリの花言葉「夢にかけ…
lemon meint 16@ Re:3月15日の花言葉 ラッパズイセン(03/15) ラッパスイセンの花言葉「尊敬」なのです…
lemon meint 16@ Re:3月9日の花言葉 シバザクラ(03/09) こんばんは。しばらくらのピンクが綺麗で…
lemon meint 16@ Re:2月25日の花言葉 カンヒザクラ(02/25) こんばんは。 カンヒガンザクラ、花言葉通…

全1003件 (1003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

京の史跡探訪

2019.07.17
XML
カテゴリ:京の史跡探訪
9・10日は、その日に参詣すると千日分の観音様の大功徳に相当するとされる「千日詣り」の日とされていて、平安時代には紫式部や清少納言も参ったそうです。現在はお盆の16日までが大功徳日になっており、「千日詣り」のお札が授与されます。期間中の14~16日には法要が営まれます。9~16日には本堂内々陣の特別拝観も行われ、14~16日は夜間の参詣もできます。清水寺門前から三年坂、二年坂にかけては露地行灯でライトアップがされていて、石畳をやさしく照らしています。



日程:2019年8月9日(金)~16日(金)内々陣特別拝観9:00~17:00
夜の本堂内々陣特別拝観は8月14日(水)~16日(金)18:30~21:00
料金:400円
場所:清水寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.17 07:05:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.16
カテゴリ:京の史跡探訪
国の重要無形民俗文化財にも指定されている壬生六斎念仏踊りは、平安時代に空也上人が鉢を叩いて「南無阿弥陀仏」と唱えながら托鉢をした踊念仏(おどりねんぶつ)が始まりとされています。その後、次第に宗教色が薄れる一方で文化的発展を見せ、地唄や長唄などのはやり歌を六斎念仏特有の楽器で演奏できるように編曲し舞台で披露するという、民衆独自の芸能色を帯びるようになりました。(16日には20:30から中堂寺六斎念仏が行われます。)



日程:2019年8月9日(金)19:30~
料金:無料
場所:壬生寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.16 07:17:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.15
カテゴリ:京の史跡探訪
ご先祖の精霊をお迎えし、16日にお送りするお盆の行事です。期間中、ご本尊の釈迦如来像が御開帳され、迎え鐘を引くひもが本堂の上の白い布につながれており、本堂の釈迦如来像まで伸びています。本堂の迎え鐘をついて、塔婆に戒名を書いてもらい本堂に納め、祖霊を家に導き供養をします。境内には万灯が吊るされ、夏の夜を彩ります。



日程:2019年8月8日(木)~16日(金)9:00~20:00
料金:境内無料、塔婆料500円~
場所:千本釈迦堂[大報恩寺]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.15 08:07:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.14
カテゴリ:京の史跡探訪
空也上人が天暦5年(951)に開創した寺院。萬燈会は応和3年(963)空也上人によって始められたお盆の行事。紐を引いて地下にある大鐘を撞き鳴らす「お迎え鐘」も撞くことができます。本堂内陣において土器杯の108つの灯明が献灯され先祖の追善供養が行われます。



日程:2019年8月8日(木)~10日(土)20:00~21:00
料金:境内無料、宝物館600円
場所:六波羅蜜寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.14 08:49:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.13
カテゴリ:京の史跡探訪
京都ではご先祖の精霊を「おしょらいさん」と親しみを込めて呼んでいます。ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭に帰ってこられます。水塔婆に戒名を記す「水供養」とお迎えの鐘をついて「鐘供養」を行い、一層の功徳を重ねます。14日には千本六斎念仏も行われ、16日はふたたび帰っていただく「お精霊送り」を行います。



日程:2019年8月7日(水)~16日(金)9:00~20:00(16日は18:00まで)
料金:境内無料、塔婆料300円
場所:千本ゑんま堂[引接寺]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.13 06:50:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.11
カテゴリ:京の史跡探訪
六道珍皇寺は平安の昔、「鳥辺野」と呼ばれた葬送地への道筋の入り口付近にありました。そこで、この辺りがあの世とこの世の分かれ道で、冥界との出入り口「六道の辻」ともいわれ、お盆のご先祖は必ずこの辻を通り家に帰ると信じられ、お迎えに詣でる風習が始まったのが六道まいりの由来です。京都の盂蘭盆行事ではまず珍皇寺へまいり、迎え鐘をついてお精霊(しょうらい・先祖の霊)さんをこの世にお迎えします。この鐘の音はあの世まで響くとされ、ご先祖様はこの音を聞いて一年振りの帰省をされるのだそうです。



日程:2019年8月7日(水)~10日(土)6:00~22:00
料金:境内無料 ※期間中は「冥途の通いの井戸」などの拝観不可
場所:六道珍皇寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.11 07:05:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.10
カテゴリ:京の史跡探訪
京の清水焼はもちろん、個人作家の作品や各産地の陶磁器が大量に並びます。全国から集まった約350軒の出店があり、美術品から日用品までさまざまな陶器が市価より安く売られます。会場となる五条坂一帯は、かつて陶工が作陶に励んだ場所であり、清水焼発祥の地。また、五条坂のほぼ真ん中にある若宮八幡宮は別名「陶器神社」とも呼ばれ、安産と厄除けのご利益があるとして知られています。



日程:2019年8月7日(水)~10日(土)9:00~22:00
料金:無料
場所:若宮八幡宮、五条通の東大路通~川端通間の南北歩道上
電話:075-541-1192(五条坂陶器まつり運営協議会事務局※テープ対応)

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.10 06:54:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.09
カテゴリ:京の史跡探訪
「御手洗祭」は、春から夏への節目に無病息災を祈願する節句行事です。菅原道真の詠んだ詩に「ひこ星の行(ゆき)あひをまつかささぎの渡せる橋をわれにかさなむ」とあるように、古くより重要なお祭りの一つとされてきました。神前には菅原道真の御遺愛と伝わる「松風の硯」をはじめ、角盟(つのだらい)や水差し、昔は短冊代わりに用いられた梶の葉七枚に夏の野菜や御手洗団子が供えられます。



日程:2019年8月7日(水)10:00~
料金:無料
場所:北野天満宮

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.09 07:00:58
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.08
カテゴリ:京の史跡探訪
夏越神事は「矢取神事」とも呼ばれます。御手洗池に斎串(いぐし)を立てて清め、中央に立てた斎矢を裸になった氏子男子が、奉納された厄除けの人形が流されるのを合図に、一斉に飛び込んで矢を奪い合います。祭神・玉依媛命(たまよりひめのみこと)が川遊びをしている時に流れ着いた一本の矢を持ち帰ったところ、懐妊して賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)を生んだという故事にちなんでいます。一年の厄を払い、無病息災を祈る神事で、立秋の前夜に行われます。



日程:2019年8月7日(水)18:30~
料金:無料
場所:下鴨神社[賀茂御祖神社]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.08 07:50:02
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.07
カテゴリ:京の史跡探訪
醍醐寺万灯会は、灯明(とうみょう)をともしてご祖先や精霊(しょうりょう)を供養し、生きとし生けるものの命に報恩感謝の祈りを捧げる法要で、毎年8月5日の夜に営まれます。日没頃から参道に並ぶ多くの置き灯ろうや提灯をともし、参道が照らされ、国宝の金堂や五重塔も特別にライトアップされます。色とりどりの優しい光のなか、すべての命に感謝と祈りを捧げましょう。また、五重塔前の広場では「そうめん」の接待(先着500食)や、夜店も並び、多くの人で賑わいます。



日程:2019年8月5日(月)18:00~20:30(予定)
料金:万灯会の時間内は伽藍の拝観料無料
場所:醍醐寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.07.07 09:52:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1003件 (1003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.