1612397 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬剤師Stephenのよろずブログ

PR

Profile


Stephen1969

Calendar

Favorite Blog

人を殺すことは間違… New! Beloved-mariaさん

イエス 「ラウンド… New! an-daleさん

冷え性は肥満の原因… New! 000myaoさん

2019年10月21日… New! 藻緯羅さん

意識を失って倒れた… New! 151sesirusさん

Comments

Stephen@ Re:忘れられない薬剤師さん(09/14) 山口政行さんへ 素敵なお話をお聞かせい…
山口政行@ 忘れられない薬剤師さん                    …
lemon meint 16@ Re:8月7日の花言葉 カノコユリ(08/07) こんにちは。 カノコユリ 綺麗ですね。(*^…
lemon meint 16@ Re:3月30日の花言葉 ダイコン(03/30) こんにちは。 ダイコンの花、あまり綺麗だ…
lemon meint 16@ Re:3月24日の花言葉 ムスカリ(03/24) こんにちは。 ムスカリの花言葉「夢にかけ…

全1086件 (1086件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

京の史跡探訪

2019.10.21
XML
カテゴリ:京の史跡探訪
“秋は紅葉の永観堂”とうたわれる永観堂は、正式には禅林寺といいます。毎年、境内が赤や黄色に彩られる季節に開催されている「秋の寺宝展」は、同寺の所蔵する寺宝を間近に見ることができ、境内の美しい紅葉と共に貴重なお宝が見られます。また夜間にはライトアップも開催され、昼間とはまた違う景色を楽しむことができます(ライトアップは阿弥陀堂、画仙堂と庭園のみの拝観)。



日程:2019年11月6日(水)~12月4日(水)9:00~17:00(受付終了16:00)、17:30~21:00(受付終了20:30)(入替制)
料金:1,000円(ライトアップは600円)
場所:永観堂[禅林寺]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.21 08:29:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.20
カテゴリ:京の史跡探訪
白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、鮮やかな紅葉と池が見事に調和した回遊式庭園や伝運慶作の文殊菩薩像、伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風」のほか、法然上人ゆかりの寺宝などを特別公開します。山門の天井一面には「蟠龍図」が描かれ、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。楼上からは、市内を一望することができます。



日程:2019年11月4日(月・振休)~12月8日(日)9:00~16:30(受付終了16:00)お問合せ:075-213-1717(京都市観光協会)
料金:御影堂・大方丈・庭園800円、山門800円 セット券(御影堂・大方丈・庭園/山門)1,400円
場所:金戒光明寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.20 04:13:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.19
カテゴリ:京の史跡探訪
真如堂の正式な名称は「真正極楽寺」。阿弥陀様に感謝し極楽往生を願う行事で「お十夜(じゅうや)」と呼ばれています。十日十夜の間、念仏を唱え続けることは「仏国土で千年善いことをしたことに勝る」という教えに基づく重要な仏教行事です。最終日の15日には、ご開帳されたご本尊を間近で参拝することができます。中風よけの小豆粥(400円、持ち帰り500円)の接待もあります。





日程:2019年11月5日(火)~15日(金)結願大法要15日14:00~、ご開帳法要15日17:00~
料金:15日本尊結縁500円(9:00~16:00)
場所:真如堂[真正極楽寺]

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.19 04:21:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.18
カテゴリ:京の史跡探訪
王朝の雅を今に伝える曲水の宴は、城南宮の「神苑 楽水苑 平安の庭」で催されます。平安貴族の風雅な遊びを再現しており、色とりどりの平安装束を身につけた7人の歌人たちが遣水(やりみず)の川辺に座り、おしどりをかたどった羽觴(うしょう)に盃を載せて流し、当日の題にちなんだ和歌を詠んで短冊にしたため、羽觴を取り上げ盃のお神酒を飲み干します。宴の間には白拍子の舞なども披露され、ゆったりとした時の流れる空間をいっそう雅な雰囲気にしています。



日程:2019年11月3日(日・祝)14:00~
料金:無料
場所:城南宮

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.18 04:57:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.17
カテゴリ:京の史跡探訪
狸谷山不動院は真言宗の山寺で、立教開山を記念して山伏による大護摩祈祷が行われるのが「秋まつり」です。この大護摩に加え、本尊・不動明王とさらなる御縁をいただく「おつながり参拝」も開催されます。これは不動明王の右手の剣から紐を結び、それを本殿下の柴燈護摩道場まで引き寄せ、その紐に触れて参拝者が自ら祈りを捧げるというものです。また、「力だんご」の無料接待(先着1,000名)もにぎわいを見せます。



日程:2019年11月3日(日・祝)力だんご接待10:00~、大護摩祈祷11:00~
料金:入山料500円、当日限定おつながり布まもり500円
場所:狸谷山不動院

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.17 04:21:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.16
カテゴリ:京の史跡探訪
円山・四条派の近世から近代への系譜をたどる大展覧会を開催します。18世紀、様々な流派が百花繚乱のごとく咲き乱れる京都で、円山応挙は写生画で一世を風靡し、円山派を確立しました。また、与謝蕪村に学び応挙にも師事した呉春によって四条派が誕生しました。この二派は円山・四条派としてその後の京都の主流となり、長沢芦雪、岸竹堂、竹内栖鳳、上村松園など近代にいたるまで京都画壇に大きな影響を及ぼしました。本展では、自然、人物、動物といったテーマで、日本美術の中で重要な位置を占める円山・四条派の系譜がいかに近代日本画へ継承されたのかを探ります。





日程:2019年11月2日(土)~12月15日(日)9:30~17:00(受付終了16:30)
※金曜・土曜日は~20:00(受付終了19:30)
料金:1,500円
場所:京都国立近代美術館
休館日:月曜日(11月4日は開館、5日休館)

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.16 04:12:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.15
カテゴリ:京の史跡探訪
東福寺の塔頭寺院。通常非公開ですが、秋の紅葉の時季には公開され、お茶席が行われます。苔の絨毯の上に1本だけ枝が伸びた大きな松がある「依稀松の庭(いきまつのにわ)」のほか、作庭家・重森千靑氏が作庭した「彷彿石の庭(ほうふつせきのにわ)」も楽しんでいただけます。お庭を眺めながら、ひとやすみしてはいかがでしょう。





日程:2019年11月1日(金)~12月8日(日)8:30~16:30(受付終了16:00)※龍吟庵のみ9:00~
料金:通天橋・開山堂400円、本坊庭園400円、龍吟庵500円
場所:東福寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.15 04:17:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.13
カテゴリ:京の史跡探訪
正伝永源院は建仁寺の塔頭で織田信長の弟、大名茶人・織田有楽斎と熊本藩主・細川家の菩提所です。本尊は釈迦如来で客殿、庫裡、鐘楼、唐門などのほか有楽斎に関する遺品も多く伝わります。境内には有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元され、暦貼りや鱗板、有楽窓などが見られます。方丈では狩野山楽筆の襖絵「蓮鷺図」や元首相・細川護煕氏による襖絵が公開されます(予定)。



日程:2019年11月1日(金)~10日(日)、11月16日(土)~12月1日(日)
10:00~17:00(受付終了16:30)
料金:600円
場所:正伝永源院

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.13 04:09:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.12
カテゴリ:京の史跡探訪
皇室とのつながりが深く、「百々(どどの)御所」とも称され、通称「人形寺」として知られる宝鏡寺は、孝明天皇遺愛の人形をはじめ、皇族ゆかりの由緒ある人形が数多く所蔵されています。人形展は昭和32年(1957)から春と秋に開催されており、人形たちの愛らしい姿や表情を愛でながら、落ち着いた雰囲気に浸ることができます。





日程:2019年11月1日(金)~30日(土)10:00~16:00(受付終了15:30)
お問合せ:075-213-1717(京都市観光協会)
料金:600円
場所:宝鏡寺

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.12 05:02:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.11
カテゴリ:京の史跡探訪
京の年中行事のひとつにもなっている「祇園をどり」。京都の花街で、唯一秋に開催される舞台です。祇園東歌舞会に籍を置く芸舞妓の艶やかな舞台は、京都人はもとより、広く国内外の観光客を魅了しています。初演は昭和27年(1952)で、企画と構成のオリジナリティーが特長の舞踊公演です。






日程:2019年11月1日(金)~10日(日)13:30~、16:00~
料金:観覧料4,300円、茶券付き観覧料4,800円
場所:祇園会館(京都市東山区祇園町北側323)
電話:075-561-0224(祇園東歌舞会)

楽天トラベル株式会社






Last updated  2019.10.11 07:02:25
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1086件 (1086件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.