000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕んちのスキーライフ

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

子供のスキー

Jun 9, 2009
XML
カテゴリ:子供のスキー
創立記念日で小学校が休みだというので、休暇をとって金曜日から3日間、月山に行って来ました。実は月山は十数年前にクラブのイベントで行ったっきりです。もちろん、子供は初めてです。

この時期の月山は宿の確保が困難で、スキー場(正確には姥沢駐車場)から車で15分ほどのところにある、弓張平オートキャンプ場に宿泊しました。このキャンプ場は高規格のオートキャンプ場で、フォレストパークあだたら、グリンヴィラ大子、竜洋海洋公園などと片を並べるレベルでした。管理人さんも親切で、また行きたいキャンプ場です。

2009月山 弓張平オートキャンプ場.JPG
電源付サイトにしました もちろんワクシングのためです

ところで、月山には常設のレーシングスクール(月山プロスキースクール)があって、この時期にゲートトレーニングができます。小学生はなんと1日2500円と格安、なぜか半日でも2500円。さらに、スクールに入れるとTバーが2000円で乗り放題フリーで滑るよりも安く済みます。

金曜日はレーシングスクールはお休みなので、おとうぴゃんコーチの基本練習。沢コースで苦手なほうのターンで片(腰)が斜面と平行になるような練習を重点的にやりました。沢コースは片斜面になっていて、右ターンが苦手な子供にはオイシイです。何回も繰り返してやったので、おおむねよくなりましたが油断すると・・・です。心配だったTバーですが、ガキは大丈夫でした。おもしろいみたいです。

2009月山 Tバーに乗るガキ.JPG
Tバーに乗るガキ 余裕かましています

2009月山 月山リフトからTバーへの登り.JPG
リフト降り場からTバーへの登り 滑るとパラで2~3ターンなんですが・・・

土日はレーシングスクールに入れてゲートトレーニングをしました。GSは先週までで今週からはSLだそうです。シーズン中だとスラはあまりやらせたくないのですが、この時期なのでまあいいかと。

2009月山 練習バーン.JPG
Tバー沿いの練習バーン 12~13旗門です

天候が悪かったため、土曜日の午後はコーチのご好意で、地元のチームのコントレに参加させてもらいました。コントレは2時間半ミッチリだったのですが、子供はお友達ができて楽しかったみたいです。僕はその間、ワクシングをしていました。

天候は曇り、横殴りの雨、雨とあいにくでしたが、この時期にいい練習ができました。月山の雪の状況は画像を見てください。

2009月山 月山リフトから大斜面.JPG
リフトから大斜面 コブの道ができています

月山リフトを下りてから雪のあるところまで山道を歩きます。距離はほんのちょっとなのですが、スキーのブーツで板を持って歩くのはなかなかシンドイです。

2009月山 月山リフトと山頂休憩所.JPG
山頂休憩所とリフト降り場 こうしてみるとほんのチョットなんですがねぇ

ちなみに、自宅からの距離は約500キロ。帰りはいいのですが、行きが辛かった。でも、子供は楽しかったみたいです。



ガリウムのグラファイト ほぼ底値です。ちなみに、僕はこの季節、子供の板にはSWIXのグレーシャーかガリウムのEXTRA GREENを使っていますが・・・


ドミネネーターのグラファイト 僕は使ったことはありません


ガリウムの EXTRA GREEN の底値。リンク切れはご容赦下さい。






Last updated  Jun 9, 2009 09:02:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


Jun 3, 2009
カテゴリ:子供のスキー
30日はICIのチルドレン育成プログラムのインラインセミナーがあったのですが、「やっぱり雪の上」ということでかぐらへ行ってきました。

天気は土曜日が雲、日曜日が雨。でも、モンベルのカッパとダイローブの手袋を買って雨対策はバッチリ。

天候が悪かったのもあるのですが、駐車場もゲレンデもガラガラです。ロープウェー、バス、ゴンドラと待ち無しで、駐車場からゲレンデまで30分くらいでした。

2009かぐら最終 ロープウェイから駐車場.JPG
最終日の駐車場の様子 手前の車は従業員

コースはかぐらゲレンデの下部以外は小回りの小道です。ゲレンデ中間部がかなり土が出ていてました。この中間部は日曜日の午後には、雪が無くなってしまい、30mぐらい板を外して降りました。

2009かぐら最終 和田小屋からリフト乗り場への小道.JPG
和田小屋前からリフト乗り場への小道


2009かぐら最終 高速リフトからテクニカルコース.JPG
かぐら高速リフトからテクニカルコース 全く雪がない

でも、全体的には天気が悪くて気温が上がらなかったため、硫安が効いていて意外と滑りやすかったのにはビックリ。

2009かぐら最終 メインゲレンデ中間部.JPG
メインゲレンデ中間部 リフトの下付近は悲惨な状況 


練習になったかどうかは微妙ですが、コブは少しうまくなったかもしれません。

これで、普通のスキー場は終わりです。 そうそう、帰りに記念タオルを貰って帰ってきました。



SWIXのオススメ



防寒手袋ダイローブ
ダイローブの手袋 雨用のスキーの必需品
売れ筋の102Fですが、説明には「手首部分にファスナーを付け着脱しやすく、インナーが取り出せるので洗濯・乾燥が容易」と書いてあります。実は、インナーとアウターは1箇所で縫い付けてあるので完全には分離できません。ただし、インナーを引き出して乾かすことはできます。






Last updated  Jun 17, 2009 07:15:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 19, 2009
カテゴリ:子供のスキー
先週末は子供と2人でかぐらに行ってきました。

滑ることができたのはメインゲレンデ、ゴンドラコース、ジャイアントコースの3本。ゲレンデの状態は下の画像を見て下さい。このうち、ゴンドラコースとジャイアントコースはこの週末でクローズになりました。

かぐらメインゲレンデ.JPG
メインゲレンデ 午後のコブ以外は全く問題ありません


かぐら コンドラコース.JPG
ゴンドラコース 小道ですが硫安が効いていて意外と滑りやすい


かぐら 田代湖方面 雪がない.JPG
ジャイアントコースから田代湖方面雪がない・・・

ジャイアントコースはでは石が出ていて、子供も一緒にエッジをやっちゃいました。子供のは来シーズン下駄板にするつもりだったのでいいのですが、わしの板は・・・号泣

かぐら クローチングの練習.JPG
ゴンドラコースでクローチングの練習をさせてみた


かぐらは春スキーになってもリフト券があまり安くなりません。それでも、セット券でリフト券+1000円券+ドリンク券(大人はビール可)+温泉入浴券で大人が4800円、子供が3000円。昼食は強気でステーキランチにしてみました。スキー場で200gステーキを食べたのは初めてです。

かぐら ステーキランチ.JPG
腐っても西武。1500円でコレならマル。他のスキー場も見習いなさい。特に鹿沢




アトミックガッコウバック 24cmあたりまでの靴と弁当がが入るらしい。大会の副賞でもらえそうな気がして購入に踏み切れない。すでに、エランのスポーツバック、アトミックのスキーケース、サロモンのブーツケースは大会で入手済み



タナベスポーツ 09年モデルのSALEに注意 まめにのぞいて見よう






Last updated  May 19, 2009 03:20:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 15, 2009
カテゴリ:子供のスキー
だいぶ遅くなってしまいましたが、GWにICIのレーシングキャンプ(チルドレン育成プログラム)に行って来ました。

ICIチルドレンVol.11 山頂からやまびこBコース方面.JPG
山頂からやまびこBコース方面

雪不足とはいえ、毛無山の様子は上記の画像のとおりでなんとか持っていました。

毛無山しか滑れないので、一般のお客さんとのバッティングを避けるため、ゲートトレーニングは6時から9時までの制限つきでした。レーサー達を上に上げるため、6時前からゴンドラを動かしていました。

一般のお客さんは乗車できないことになっていますが、それらしいい格好をしていれば大丈夫でしょう。ただ、上がっても一面ポールだらけで滑るところがないですが。

成果はなんとも・・・ですが、レース友達のAちゃんや、1-2年生女子でほぼ全ての大会で優勝をしているAYAちゃんとも仲良くなって、本人は楽しかったようです。それに、コーチは大好きな高橋コーチと和田コーチ。

ICIチルドレンVol.11 仲良し3人組.JPG
仲良し3人組

ICIチルドレンVol.11 和田コーチから指導.JPG
和田コーチの指導

これで今シーズンのゲートトレーニングはたぶん・・・終わりです。

最後に野沢の朝市の様子。ワシは寝ていたのですが、ヨメが行ってきたようです。

ICIチルドレンVol.11 朝市の様子.JPG
野沢の朝市


SWIX(スウィックス) T0075 エコノミーテーブル
SWIX(スウィックス) T0075 エコノミーテーブル


僕も使っています。特に可もなく不可もなく。どうやらココが底値みたいです。






Last updated  May 15, 2009 08:01:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 1, 2009
カテゴリ:子供のスキー
少し時間が経ってしまいましたが、4月18日にアトミックオールスターキャンプに行ってきました。

キャンプは土日の2日間だったのですが、日曜日は大会の予定を入れてしまったので土曜日1日だけ参加しました。子供は木村公宜さん、皆川賢太郎選手に会えるとあって大騒ぎです。

早めにスキー場に到着したので、お湯を沸かしてのんびりとカップスープをすすっていたところ、会社の同僚Bさん(別の事業所でウチの子供とは違うチーム)が到着。挨拶をして子供に準備をさせる。

それにしても朝から暑くて、とても標高2000メートルとは思えません。どうせ習うのは子供だけだし、ゲレンデもあまりおもしろくなさそうなので、僕は滑らないことに。車に入っていたキャンプ用の小さいイスを持ってゲレンデへ。

2009アトミックキャンプ こんなかんじ.JPG
こんな感じ

トレーニングはGS3セット(うち1セットはタイム計測)、SL2セット。もちろん、ウチはGSだけです。硫安を撒いていましたが、気温がグングン上がってきてバーンはイマイチ。滑りにくそうでした。

それでも、木村さんからコーチしてもらって大喜び。さらに、タイム計測に行ったときに、春休みのICIのキャンプでお世話になった和田コーチに会ったとか。

2009アトミックキャンプ 木村さんから指導を受けているガキ.JPG
木村さんの指導

2009アトミックキャンプ 皆川賢太郎選手.JPG
皆川賢太郎選手 初めて生で見た

2009アトミックキャンプ 皆川賢太郎選手 滑走中.JPG
皆川賢太郎選手 滑り

午後はBさんが連れてきた速い女の子(今年の志賀少年で優勝)が一緒に回ってくれました。感謝!

そうそう、2010モデルの試乗もできたのですが、残念ながらジュニアの板はありませんでした。ジュニアの板の試乗はいろいろな長さをそろえなければならないので難しいんでしょうね。

トレーニング終了後のサイン会?では、クロアチアのナトコ・ディム・ザルンチッチ選手(世界選手権のスーパーコンビ銅メダリスト)や木村公宜さんにサインしてもらってゴキゲンでした。

2009アトミックキャンプ ザルンチッチ選手からサインをもらうガキ.JPG
ザルンチッチ選手からサインをもらうガキ

SWIX(スウィックス) GW066-60 グレーシャー
SWIX(スウィックス) GW066-60 グレーシャー


安かったので春スキーのベース用に買ってみました。






Last updated  May 1, 2009 03:05:51 PM
コメント(2) | コメントを書く
Apr 6, 2009
カテゴリ:子供のスキー
SAFのだいくら杯、TUF杯と散々な結果が続き、本人も親も自信を失ってしまいました。ハンタマキッズレースではかろうじて表彰台には立てましたが、まだ本調子だとは思えません。どうするか悩んだ挙句、ICIコンペカンのUさんに泣きついてチルドレン育成プログラムVol.10の南関ジュニア対策菅平キャンプに途中参加させてもらうことにしました。子供の一大事なので、年度末期ですが潔く会社はお休みしました

さて、今回のプログラムですが高橋コーチ、和田コーチ、久保田コーチ、梅垣コーチと勢ぞろい。梅垣コーチは今年の技術戦準決勝出場です。

初日はフリートレーニングから。右ターンは内倒しているものの、全体的に体も動いていていい感じです。高橋コーチにも「うまくなったな」と褒められていました。その後、ゲートトレーニング。すると、体が動かず板が走っていません。遅かった原因はこれだっ! やはり、コーチにも同様の指摘を受けていました。

ICIチルドレン育成Vol.10 菅平は最高の天気.JPG
最高の天気の菅平 焼けるぞぉ~


ICIチルドレン育成Vol.10 南関バーンで練習.JPG
南関ジュニアの大会バーンで練習 後半にうねり

2日目はSL。迷ったのですがそのまま練習させました。結果的には小回りでストックを付くタイミングがよくなりました。また、切り替えで体も浮かなくなりました。

ICIチルドレン育成Vol.10 朝の体操.JPG
朝の体操

最終日の3日目はまたGS。高学年や中学生達はいい感じに仕上がってきているのいですが、ウチのは大回りがイマイチ。でも、少しはよくなったのでまあいいか。

余談ですが、トレーニングの途中で梅垣コーチの滑りも見られてラッキー♪ 深い内傾角とターン前半から強い圧を見てなるほど~。(これが後日僕の上達に繋がります)

コーチの皆さん、コンペカンのUさんありがとうございました。


SWIX(スウィックス) TA3003 サイドエッジシャープナー
SWIX(スウィックス) TA3003 サイドエッジシャープナー


これってどうなんでしょう?やっぱり、サイドエッジは普通のファイルでやったほうがいいのでしょうか?






Last updated  Apr 6, 2009 08:18:22 PM
コメント(1) | コメントを書く
Feb 17, 2009
カテゴリ:子供のスキー
この週末は子供にロングコースを滑り込ませようと思って、月曜日の休暇を取って杉ノ原へ向かいました。フィッシャーのGSの板からプレートをはずしてもらったので、板に慣れさせる必要がありました。

ところが、スキー場に到着早々に「お腹が痛い」。少し休ませて様子を見ているうちに強風のためゴンドラが停止。動いているのは下のタラタラ斜面のリフトが2基。練習にならないので別のスキー場に行くことにしました。

誰でも考えそうなのが隣の池の平は混みそうだったので黒姫に行きました。

黒姫ではリフト6本乗っただけで、結局具合が悪いといってリタイヤ。「リフト料金1万円以上っかてんだぞ怒ってる」といったら「どうしても、フィッシャー履きたかった」と。

夜、熱を測ってみたら39度。咳も酷い。宿で聞いたところ、妙高病院は土日は小児科が居ないために吐き気止めぐらいしかもらえないそうで、結局2日目もそのまま宿で寝かせておきました。3日目(帰る日)になって宿の近くの妙高病院へ連れて行きました。

新潟県立妙高病院
新潟県立妙高病院 整形外科もありました 妙高で怪我するとココに運ばれるようです

結果はインフルエンザでした。どうりで熱が出たわけです。予防接種はしていたんですけど、かかるときはかかるみたいです。例のタミフルを処方してもらって帰ってきました。

宿泊費、交通費、リフト料金などで今回かっかた費用は8万円ほど。それでリフト6本、うーん・・・・。今日は36度後半まで下がっていました。

皆さんも、インフルエンザにはご注意下さい。そういえば、長年の経験で軽い風邪はスキーに行くと治るが、重い風邪は悪化するというのがありました。

来週の大会は大丈夫かなぁ。






Last updated  Feb 18, 2009 03:52:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 12, 2009
カテゴリ:子供のスキー
ICIのチルドレン育成プログラム Vol.8 で木島平に行って来ました。今回は待ちに待ったゲートトレーニングです。2日とも天気がよかったので、雪質はともかくとしても気分的には最高でした。

ICIチルドレン育成 Vol7 トレーニングバーン
練習バーン

今回のプログラムは、子供がはじめてポールを教わったICIの高橋コーチ。サポートに、お店でいつも無理を言ってお世話になっているコンペ館のUさん

今回も参加者が少なく、小学校高学年が3人、低学年が2人(うち1人は初日だけ)というような状況でした。宿泊、リフト券、食事、トレーニングフィー、保険が含まれているとはいえ、料金が2日で3万円は、チト高いような気がします。が内容は濃いような印象を持ちました。トレーニングは大学生や社会人も一緒で、ガキも大人の滑り(笑)に刺激を受けたようです。

初日は主にスキーの上での運動、2日目は細かいところをチェックしていきました。

ICIチルドレン育成 Vol7 高橋コーチ
コーチに指導を受けているガキ

夕食のときに右ターンが内倒してしまい外スキーにのれないのが気になるとコーチに相談したら、左足の力がまだ十分ではないためかもしれないとのこと。確かに1年生ぐらいだと筋力が十分ではないかもしれません。それから、子供は注意することを指示してからスタートさせないとただの遊びになってしまうそうです。

<注意されたこと>
・腰の動き (骨盤の使い方ですね。僕の課題でもあります Hi)
・手が下がるので手を前に (「ぐー」が視界に入るように)
・上体を折らない
・右ターンで外ストックを引きずる(左肩を下げる) 内倒の矯正ですね。

この2日間で明らかに速くなりました。下半身の運動もだいぶいい感じになってきました。来週は杉の原に滑り込みに行くのでそこで注意を受けたところを集中トレーニングさせようと思っています。

あと、木島平はポールバーン専用みたいなペアリフト(第2ペアリフト)がかかっていてトレーニング効率がいいです。リフト待ちもほとんどありません。トイレが第2ペアリフトのリフト乗り場付近にあるので助かります。






Last updated  Feb 12, 2009 09:26:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 28, 2009
カテゴリ:子供のスキー
ICIのチルドレン育成プログラムで、20年ぶりに野沢に行ってきました。今回はフリートレーニングとショートポールのトレーニングです。担当の久保田コーチから参加人数が2名と少ないために中止するかもしれないという連絡があったのですが、野沢温泉SSと一緒にトレーニングをするということで開催することになりました。

人数が多いと頼みにくいのですが今回は少なかったので、コーチに「外スキーをしっかり撓ませらるように」とお願いしました。カービングスキーは板を傾けてそれなりに荷重すればサイドカーブで容易にターンができるのですが、早い時期から板を撓ませる感覚を覚えさせることは重要だと考えているからです。あとは少しぐらいポジションや構えがおかしくても、板をフォールラインに向けてどんどん落ちてこれるようになればいいと思っています。

最初は少し離れたところから様子を見ていましたが、自分も講習中に保護者や引率の教諭にそばにいられると気を使うので、ほったらかしてコーチにまかせて滑りに行きました。

1日目終了時にコーチからトレーニング内容の説明がありました。外スキーに圧を加えていくため体をターン内側に内傾させ、内脚を曲げて外足を伸ばすトレーニングをしたそうです。(あー2軸の話だ。そういやぁインラインでもやったな)実は、ときどきクラマーンターンなんかを子供にやらせていたのですが、外足の伸ばしが主で内脚のたたみ込みはあまり注意していませんでした。(というか、ウチのガキは理解できないんじゃないかと思っていましたしょんぼり)内脚をたたまないと外足を側方に伸ばすことができません。それから、「今日はバリエーションとして内倒させた。本来、肩のラインは雪面に平行になる」と子供にも説明してあるという補足がありました。

2日目はICIの子供だけになったので2名だけ。ほぼプライベートレッスン状態です。今日は久保田コーチに替わって、都連から技術選本戦出場の梅垣コーチ。(技術選見ていないので知りませんでした^^;)やはり終了時にトレーニングの説明がありました。昨日に引き続いて内傾のトレーニングをしたそうです。

トレーニングの成果を確認するために滑らせて見ると、「ををっ! ができてるっ」。今まではどちらかというと、上から重力軸方向じゃないと圧を加えられなかったのですが、横(斜め)から重心軸方向に圧を加えることができるようになっています。その結果、板もしっかり撓んでいます。これなら、フィッシャーのGS履けるかも。

おみやげにレッスン中に撮影したDVDをもらいました。帰ってから見てみるたら、ネトロンポールにアタックしています。子供に聞いてみたら「痛くないポールなのでアタックした」といっていました。

久保田コーチ、梅垣コーチありがとうございました。あと、梅垣コーチは技術選がんばって下さい。






Last updated  Jan 28, 2009 06:34:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 28, 2008
カテゴリ:子供のスキー
9月23日、ICIのチルドレン育成プログラムに行ってきました。ICIのチルドレン育成プログラムに参加するのはこれが2回目になります。

1回目は手持ちのトイスケートを持っていったのですが、滑走性が悪くて練習になりませんでした。トイスケートはガラガラいって滑らないんです。そんなことがあったので、ちゃんとしたインラインスケートを購入しました。

これから購入される方は本物を買ってあげて下さい。スキーのオフトレにトイスケートでは子供がかわいそうです。トイスケートはセットで3980円ぐらいですが、ジュニアの本物は1万円ぐらいで買えます。

インラインスケート靴 K2買った靴

プログラムの内容ですが、ウォームアップから始まって、ラダートレーニング、バランスボール、最後にインラインと内容は盛りだくさんでした。

中にはインラインが始めての子供もいたようですが、アルペンをやっているだけあって習得するのが早いようです。終わるころには滑れるようになっていました。

ところで、4月のたんばらジュニアスキー大会の練習会で子供が仲良くしてもらったAちゃんとバッタリ。案外狭い世界のようです。

2008インラインセミナー 滑走中のガキ滑走中のガキ

せっかくのセミナーでしたが、継続してやらないと意味がありません。バランスボールは大きくて置き場所に困るので、トレーニングラダーぐらいは入手して家族でやってみようかと思いました。

2008年ICIインラインセミナー 記念撮影コーチと一緒に記念撮影

コーチ、スタッフの皆さんありがとうございました。



【インラインスケート】 K2 マーリー ジュニア
サイズ調整可能なので足が大きくなっても大丈夫


【インラインスケート】 K2 モト ジュニア
サイズ調整可能なので足が大きくなっても大丈夫


【インラインスケートプロテクター】K2 ライダー ジュニア 3点パッドセット
怪我から守る大切なプロテクター






Last updated  Sep 28, 2008 05:59:10 PM
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.