5373898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂人ブログ ~旅立ち~

PR

サイド自由欄

bn_120x120.jpg



 全人類待望のDVD

 『マイマイ新子と
 千年の魔法』


 

 絶賛

 発売中!

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール


100SHIKI

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 100SHIKI@ Re:おねがい(03/22)  ふじき78さん、いつもありがとうござ…
 ふじき78@ おねがい 最初のシェリル・ノームのライブ映像を佐…
 100SHIKI@ Re:TB、ありがとうございました。(03/14)  sakuraiさん、返答が遅れて大変申し訳ご…
 sakurai@ TB、ありがとうございました。 だいぶ、落ち着いてまいりました。 気持…

ニューストピックス

December 3, 2009
XML
マイマイ新子.jpg
 昨年、紫綬褒章を受賞した芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説をアニメ映画化。昭和30年の山口県防府市を舞台に、おでこにマイマイ(つむじ)のある空想好きの少女・新子と、東京から引っ越してきた転校生・貴伊子との友情と、楽しい日々を描く。
(ちなみに、小生もおでこにつむじがあるので、新子には妙な親近感を覚えてしまった 笑)


 明治維新における薩長同盟の活躍は言うに及ばず、壇ノ浦の戦いに、下関条約、加えて8人の歴代総理大臣をはじめ、憂国の志士を幾人も輩出と、我が山口県は日本の歴史上、常に重要なポジションを担ってきた。山口の歴史は、日本の歴史そのものと言って、なんら過言ではあるまい。
 にも関わらず、他県に比べて不本意なほど知名度が低いのは、一体なぜだろう。以前、大阪に住んでいた頃、バイト先の子に「山口県って、東北よね?」と言われ、こんなぁぶっしばいちゃろうかと本気で思った事がある。山口出身・在住者としては、その実績とともに、もっと認知されて良いはずだと常々考えているのだが…。


 まあ、それはさておき。
 海原のごとく広がる麦畑に、四方を囲む山々。原作者に「生まれ育った町の風景そのまま」と言わしめ、また防府在住者からは「観ていて東西南北が分かった」と驚嘆の声を挙げさせたほどの、完璧な仕事ぶりは、観ているだけで草花の緑が薫るよう。
 昭和51年生まれの小生の時代には、既に道路はアルファルトで舗装され、ファミコンも発売されていたが、少し離れの農道や山河に入れば、本作そのままの風景を目の当たりにする事が出来た。
 さすがに牛車はなかったし、周りは麦ではなくレンコン畑だったという差異はあるものの、つい最近まであれが日本の田舎の原風景だったのだと思い出され、少しノスタルジックな気持ちになってしまった。

 そんな風光明媚な土地で育った新子は、町のいたるところに残る千年前の都の名残に思いを馳せ、まるで目の前にあるかように、その営みを自由に描き出し、空想する。親友の貴伊子や学校のみんなとよく遊び、よく笑い、たまに妹にいたずらもしたりする。
 本作のストーリーは、おおよそそれだけである。子供が純真に、天真爛漫に、無垢な好奇心のままに動く。たったそれだけの話しなのに、それが実に面白く、素晴らしい。
 そして同時に、この作品にはたくさんの「別れ」が登場する。大人にとってはなんて事もない出来事であっても、子供達にとって多くの場合それは、耐え難い哀しさ、寂しさを孕んでいる。それを受け入れ、乗り越えていく事で、子供達も少しずつ成長していく。
 「さよならを繰り返し、君は大人になる」と、昔の鈴木雅之の歌にもあったが、小生に思うに、本作のテーマとは、そんな子供が子供らしくある事と、大人になるために通らなければならない通過儀礼的な痛み、どちらも大切なんだと言う事かもしれない。児童向けを謳う本作でありながら、実は大人になりきれてない現代の大人に対する、痛烈なメッセージも含まれているのではないかと、勝手に邪推してみる。


 まあ、生粋の山口県民としては、やはり主演の福田麻由子をはじめ、他県出身者の山口弁のイントネーションがどうにも引っ掛かってしまった。できれば声優には、なるべく県出身者(例えば、神代知衣さんや難波圭一さん、今井麻美谷山紀章など)をキャスティングしていただきたかったが、野田圭一さんに免じて、そこはご愛嬌という事で大目に見よう。


 特別な出来事や、本物の魔法も化け物も出てこない。いたって普通の田舎町の、いたって普通の女の子の姿を描いているだけで、どうしてこんなに素晴らしいのだろう。実は、物語を面白くするのに、全世界・全宇宙を又にかける大冒険も、強大で特別な力も、まったく必要ないのかもしれない。ただただ、そこに人と人とがいればいい。すごくフラクタルな話しになるが、本作はある種の理想モデルとも言える。
 確かに何もかも抜群じゃないし、もっと面白いアニメ、映画はたくさんある。しかし、山口が舞台という事を加味しても、これだけシンプルながら、想う気持ちの大切さや郷土愛、その他たくさんのメッセージが込められた作品は、めったにお目にかかれまい。
 まだまだ書きたい事、言いたい事はたくさんあるが、小生の拙い文章力ではこれが限界。
 以前、知人に「お前は何かを最上級に褒める時、必ずそう言うよな」と言われた言葉がある。なので、本作に対しても、この言葉を最高の賛辞として贈りたい。

 この映画は、美しい。

 アニメヲタクとして、映画ファンとして、そして山口県民として、胸を張ってオススメする。この映画、絶対に観るべしっ!!


 それにしても、本作といい「サマーウォーズ」といい、最近のマッドハウスは脱・ヲタク向けアニメでも目指しているのだろうか。だとするならば、その考えには大いに賛同したい。これからは一部のマイノリティばかりを相手にしても、ジリ貧になるのは目に見えている。それよりもシェアを拡大するべく、今までこういった作品に興味を示さなかった人たちへアピールしていく事が、しいては業界全体の活性化に繋がると断じたい。
 この前観た「ライドバック」の出来も良かったし、こっそり応援してます。



 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆☆☆☆★

 気持ちとしては5つ挙げたいぐらい(笑)、星4つ!!



マイマイ新子

【送料無料】マイマイ新子と千年の魔法 【CD】

 余談だけども、この音楽がまた素晴らしい。Minako”mooki”Obataさんの多重録音によるスキャットと、管弦楽の融合は一聴の価値あり。ささ、騙されたと思って、一度映画館へ。






最終更新日  December 3, 2009 11:23:47 PM
[映画レビュー(☆☆☆☆★)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.